ドイツ・ホーエンツォレルン城①

2016/08/08 (6日目)

8:00 チューリッヒのホテルを出発、50分ほどでドイツとの国境です。税関で免税手続きがある人だけ下車して手続き、その後ドイツに入ってしばらくしてトイレ休憩を一回取ります。
10:20過ぎくらいから、遠くの山の上にお城のシルエットが見えるようになってきました。

10:30過ぎ、ホーエンツォレルン城の麓を走ります。ここは昨年12月ミュンヘンで終日自由行動があった時に行先候補のひとつとして考えていたお城です。個人で来るには車がないと不便な場所にあり、前回断念したので今回とても楽しみにしていました。来てみて想像以上に、何もない所にあり、一日に何本もない電車とバスを乗り継いで来るのはちょっと大変だと実感します。

天空の城ホーエンツォレルン城


10:37 ホーエンツォレルン城駐車場に到着です。トイレや売店もあり、ここからは山の上のお城までシャトルバス(有料)に乗ります。バスは20分おき、冬季は運休なので、歩いて登らなければなりません。およそ1㎞、城は350m(標高855m)の山上に建っています。

駐車場からホーエンツォレルン城までのシャトルバス


シャトルバスを降りたら最初の門です。チケットは2種類あるらしく、お城の中庭と礼拝堂などまでアクセスできる入場料と、城内部のガイドツアー付きとなっているようです。なんと年中無休。今回のツアーは、もちろん内部も見学します。

ホーエンツォレルン城入口


10:45門を入って螺旋状の坂を上ると、また門、これが繰り返され、4つくらい門をくぐることになります。山の上で、高い城壁があるのに、随分と堅固な造りです。

ホーエンツォレルン城の何重もの門


最後の螺旋通路を上がっているとき、さらに内側を見ると、かわいらしい螺旋階段が見えました。本来はあちらが人間用でしょうかね?

ホーエンツォレルン城入口スロープ内の螺旋階段


やっと上りきった所に最後に高い塔のついた門が待っていました。このお城は19世紀当時のプロイセン国王フリードリヒ・ウィルヘルム4世が祖先の居城を再建したものです。現在もその子孫の所有となっているドイツでも最も美しい城と言われているお城です。

ホーエンツォレルン城の入口の塔門


さて、ここは山の上、下界の景色はどんなでしょう。実はどちらを向いてもとても長閑な景色です。遠くあちらこちらに小さな町は見えますが、大きな街は見えません。緑に囲まれたポツンとお城だけがある、そんな感じです。

ホーエンツォレルン城からの下界の眺め


さて、お城に着きましたが、次の予定は見学じゃなくて、まずはお城のカフェレストランでランチです。11:30の予約なので、それまでは写真タイム。私はまず、この最後の入口とも言える塔に入ってみます。内部はちょっとした展示があるだけですが、塔の上の方まで上ることができます。

ホーエンツォレルン城の入口の塔門内は小さな展示場


塔から撮ったホーエンツォレルン城の写真です。角度的に、城の一部分だけしか入りません。
こちらに向かって左右に礼拝堂が1つずつあります。なかなか城の全景は撮れないようです。

入口の塔門から見たホーエンツォレルン城


塔を出て、スロープを上ります。左手にはテラスがありスタンドで飲物や軽食を買ったり、お弁当を食べることもできるビアガーデンみたいな感じの場所になっています。夏季限定らしいです。

ホーエンツォレルン城のビアガーデン


このテラスの奥あたりから見るホーエンツォレルン城の姿が私は気に入りました。U字型に建物が建ってます。それほど古くないので、とても美しいです。

ホーエンツォレルン城


上の写真の左手の部分は聖ミヒャエル礼拝堂となっています。その南側はテラスになっていてとても眺めがいいです。U字の内側になる中庭からテラスにかけて本物の古い大砲、銅像が建っています。

中庭の大砲


時間があったので聖ミヒャエル礼拝堂にも入ってみます。ここは19世紀の再建以前の建築部分も残っているそうです。こちらは入口部分です。

聖ミヒャエル礼拝堂入口


そして奥に礼拝堂があります。ここは入口から覗くだけです。ぱっと見た感じ質素な礼拝堂に見えますが、この左手には13世紀のステンドグラスも残っていてホーエンツォレルン家最古の紋章が描かれていて必見です。

聖ミヒャエル礼拝堂


11:30カフェレストランでランチです。お城のレストランでお食事という期待を裏切らない雰囲気です。貸切なのかな?他にお客さんはいません。サービスもとても上品です。ウェイターというより、昔からお城でお客様をもてなしている使用人そのままの感じです。

ホーエンツォレルン城カフェレストラン


きれいに盛られたサラダの後、メインはマウルタッシェン、ラビオリみたいな料理です。
ちょっとパスタ生地多めで、添えられたポテトはすっぱい味付けでした。

マウルタッシェン


デザートはシュヴァルツヴェルダー・キルシュトルテ、黒い森のケーキです。あれ、この組み合わせ何だか覚えがあるような・・・。そう昨年ゲンゲンバッハで食べたのと同じ組み合わせです。この地方の定番のメニューですね。コーヒー2.9ユーロをつけて頂きます。
よく見たら、ダルマイヤーとお城のマーク入りのカップやお砂糖でした。ケーキは洋酒が効いて甘さ控えめ、大人な味でした。

黒い森のケーキ


次回はホーエンツォレルン城後半をレポートします♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

これこれ、ホーエンツォレルン城だったのかと。

20年前に、スイスからロマンチック街道を目指して走っていた道で見つけたこの城の場所と名称、ずっとノイシュバンシュタイン城だと思い込んでいて、3年前に行った時に違ったことに気付いて未解決でした。

最初の写真と9枚目(塔を出てスロープを上る)、11枚目(左手に聖ミヒャエル礼拝堂)が決め手です。
私が行ったのは6月でしたけど、観光客が少なくて結構楽しめたことを記憶しています。

来年GWの家内とのドイツ古城巡りで、訪問候補に入りました。
私としては、ayaさんが食べられたレストランも気になるところです。

Re: No title

こんにちは!
ここ、本当に車ないと、って場所ですものね。周り、びっくりするほど何もない。
毎年10万人も訪問客が来るとパンフにありましたが、数えようと思えば数えられるくらいしかいないようにも見えました。
ノイシュバンシュタイン城なんかに比べると観光客は相当少なくて、見ごたえもありますね。
レストラン、雰囲気あって良かったです。ボス(プリンス)のことも気軽に話してくれたりして
楽しかったです♪来年行ったら、正面からの全景写真をお願いします!
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR