スイス・グリンデルワルト~ユングフラウヨッホ

2016/08/06 (4日目) 続き

8:50 道が空いていたので、ラウターブルンネンから20分でグリンデルワルトに着いてしまいました。予約の電車は9:47なので、その10分前に駅集合、予定外のグリンデルワルト自由散策時間となります。

グリンデルワルト駅


遥か昔初めてスイスに来た時にここまでは来たことがあります。が、大雪で登山電車が運休でユングフラウ観光が中止になったという苦い思い出が残っています。その時の事はほとんど覚えていませんが、そもそも視界一面真っ白だったのでどんな場所だったかは今初めて見ると言ってもいいかも知れません。まだ早い時間なのにさすが観光地、お店はちらほら開いています。

グリンデルワルトのメインストリート


メインストリートをお店を覗きながら歩きます。昨日バーゼルでふらっと買った帽子について、最初はなんで行き当たりばったりで帽子なんて買うのって顔してた母でしたが、用途に合って似合うものを安く手に入れたのが段々羨ましくなったようです。あちこちにある登山用品屋さんで何かいいものはないかと目を光らせていました。グリンデルワルトにもかわいらしいマムートストアがあります。昨日の帽子買った同じブランドだよと教えます。

グリンデルワルトのマムートストア


昨日買ったのと同じ帽子はここでは定価で売られていました。何かいいものないかなと時間潰しに見ますが、これいいなと思うジャケットとか値段を見たら800フラン(9万円)します。さすがに手が出ません。お店を出ようと外に出たら、店頭にセール品が出ていたので何気なく見たら、これいいじゃん?ゴアテックスだし、と見つけます。試着してみたらサイズもいい感じ。衝動買いしてしまいました。450フランの半額225フラン(24,000円)です。お買い得でした。すごく軽いし、防水だし、山登りしない私でも海外旅行の必需品になりそうです。

マムートのジャケットと帽子


9:47 グリンデルワルト発クライネシャイデック行の電車に乗ります。
車内で、着てきた上着を仕舞い、先ほど買ったジャケットを早速着てみたら、ツアーの皆さんからいつの間に買ったの、似合ってる、いいわねと嬉しい言葉を頂きます。滅多に現地調達とかしない私ですが、今回は予定外の出費にも気持ちいい感じです。

グリンデルワルト発クライネシャイデック行きの登山電車


電車は少しずつ高度を上げ、車窓からはグリンデルワルトの村がきれいに見えます。
ウェンゲンに比べるとかなり賑やかな印象です。

登山電車から見たグリンデルワルト


クライネシャイデックに近付くと、車窓からは見覚えのある景色が見えてきます。そう昨年母を連れ悪天候の中ハイキングに出て遭難状態にあった辺りです。あの家のように見える牛小屋でおじいさんに道聞いた・・・。とすると、右奥の森を突っ切ってきたのか、と記憶が甦ります。

クライネシャイデックから少し下ったあたりの放牧地帯


残念なことに雲が多く、せっかくグリンデルワルトを経由したのに、アイガー北壁を見ることはできませんでした。下の方がちらっとだけ・・・。これから乗り変える電車はこの山の中をつっきってるんだよ。ここにアイガーって人が登るとは思えないような山があってね、とまた見えないものの話を母にします。

アイガー北壁の下


10:21 クライネシャイデックに到着です。ほら去年、あっちから歩いてやっと到着した駅だよ、と母に説明します。あの時は周辺に人の気配が全くありませんでしが、今日はこの通りたくさんの人で混雑していて同じ駅には見えません。

クライネシャイデック駅


10:30 クライネシャイデックからユングフラウヨッホに向かう電車に乗り換えます。新しいきれいな電車です。

最新のユングフラウ鉄道車両


座席も以前のに比べて格段によくなっているし、揺れもなく、スピードも上がったようです。
ユングフラウ鉄道乗車記念パスポートなる小冊子をもらいました。鉄道の歴史や展望台の説明などとても分かりやすく日本語で書かれています。

ユングフラウ鉄道の最新車両シート


次の駅、アイガーグレッチャーの辺りでは目の前に氷河が見えます。この後はずっとトンネルの中に入ります。このトンネル、100年以上前に16年の年月をかけ掘られたもので、犠牲者も出ています。今は多くの観光客を簡単にヨーロッパで最も高い標高の駅へと運び上げています。

ユングフラウヨッホへ行く前には、途中あと2つの駅に停まります。乗降用ではなく、観光用の駅です。10:46 アイガーヴァント駅に停まります。ホームへ降りたら近くの通路を進みます。

アイガーヴァント駅ホームから展望窓へ


標高1865mにあるアイガーヴァント駅、アイガー北壁に開いた窓から下界の眺めを楽しむことができます。見えているのはグリンデルワルトの村です。下から見たときはこちらは雲の中でしたが、ちょうど雲が晴れて村が見えます。昨年のOPでは全く何も見えなかったそうです。

アイガーヴァント駅から見たグリンデルワルト


10:59 3160mにあるアイガーメーア駅に到着です。同じような通路の先には今度は素晴らし景色が待っています。ひとつの通路の先に、こうした大きな窓が3か所くらいあり、その窓同士を繋ぐ通路にはトイレもあります。

アイスメーア駅の窓


窓からの絶景。思わず歓声が上がります。これも天気が悪い日には何にも見えないというから驚きです。素晴らしい氷河の眺めです。

アイガーメーア駅から見た氷河の絶景


途中の2か所の駅では5,6分ずつの停車してこうして素晴らしい景色を堪能します。
よくこんな所に鉄道敷いて、駅やら展望窓やら作ったなと感動する景色です。
ガラス一枚隔てただけなので、すごい迫力です。

大迫力の景色に感動


次回はユングフラウヨッホ、スフィンクス展望台などをレポートします♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

こんにちは!


ayaさんは
スイス訪問は何回くらいあるんですか

ジャケット 800フラン(9万円)高いのに
ゴアテックが半額で225フラン(2,4000円)やすいですよね
このギャップ(笑)

アイガーヴァント駅からの眺めは
飛行機からみてるみたいです・・たかい

Re: No title

こんにちは!

スイスは、えっと6回目、かな?
好きだけど、高いのでそんなに行ってません。

勝ったジャケットは800フランのものとほとんど同じ機能・デザインに
私には見えました。登山家が見れば何か違いがあったかもしれませんが。
勝った後で、マムートのサイト見たけど、新商品だったし、小さい店舗だったから
在庫が減ってセールに回したのかな?というお買い得品でした。
円高だったのもラッキーでしたね。

ユングフラウ鉄道って、切符も高いですけど、それだけの価値ありますよね~。
駅からこんな景色が見えて、お客さんも大感動、トンネル掘った努力は
もっと報われてしかるべきでしたね。当時は給料安かったらしいです…。

確認

えっと。。。
ジャケット 800フラン(9万円)高いのに
ゴアテックが半額で225フラン(2,4000円)
   → 2万4千円ですよね?

Re: 確認

ご指摘ありがとうございます!

カンマの位置がずれてましたね。2万4千円です!
修正しておきました。
ちゃんと読み直ししないとダメですね・・・反省
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR