スイス・ラウターブルンネン~ウェンゲン

2016/08/05 (3日目) 続き

18:15 バーゼルからバスで2時間、車窓はトゥーン湖畔の美しい景色が見えてきました。
差し迫ってトイレの人がいないようなので、ノンストップでラウターブルンネンへと向かいます。

トゥーン湖畔


湖沿いを走り、インターラーケンの街がちらっと見えたくらいでラウターブルンネン方向へと山の方へ入って行きます。鉄道脇の道路を通ります。

インターラーケンとラウターブルンネンの間あたり


18:42 ラウターブルンネンに到着です。天気が悪かったのでしょうか、空は雲で覆われ、足元も濡れています。今日泊まるウェンゲンは車でアクセスできない山の上の村なのでここから登山電車を使います。スーツケースはここからポーターがホテルまで世話してくれます。

ラウターブルンネン駅


ウェンゲンに泊まるのは今回で3回目ですが、さすがフレンドツアー、自分でスーツケース持って電車に乗らずに済むのは嬉しいです。それに今日買ったワインやらユングフラウ滞在中要らないものはバスに置いておいていいというので助かります。列車を待つ時間、駅前のCOOPが19:00まで開いていたので時間を潰します。

19:07 予約よりも1本早いウェンゲン行きの電車に乗ります。何度も見た景色ですが、私はこの電車からのラウターブルンネンのU字谷の景色が好きです。まとまった雨が降ったのでしょうか、いつもよりもシュタウプバッハの滝がはっきりと見えます。

ウェンゲン行き登山電車から見たラウターブルンネンのU字谷とシュタウプバッハの滝


電車はゆっくりと力強く高度を上げていき、ウェンゲンへと向かいます。ユングフラウの麓、この静かな景色が好きです。雨は降っていないものの天気は悪く、前回に引き続き高い山々はまだ姿を見せません。

ウェンゲンの村の下の方


19:21 わずか14分でウェンゲン駅に到着です。天気が良ければ駅からもユングフラウが見えるのですが(写真左手方向)、明日明後日の景色に期待するしかありません。

ウェンゲン駅


今回のホテルは、駅前ロータリーの目の前にあるシルバホーンです。右隣にはCOOPもあります。ウェンゲンは小さい村なので、ツアーで泊まるホテルは限られますが、どこも駅近で便利な所にあり、グレードもそこそこでいいホテルが多いです。

ウェンゲンの駅前ホテル、シルバホーン


部屋に行く前に、まずはホテルのレストランへ直行し夕食です。
一皿目は私の大好きなラクレット、白ワイン(4.2フラン)がよく合います。皿がこれでもかというくらい熱いので、チーズは固まらないまま楽しめます。ピクルスがものすごくすっぱくてびっくりしました。

シルバホーンレストランのラクレット


2皿目は仔牛肉、わさびソース。デザートはアイスケーキ(洋酒の効いたドライフルーツが入っていておいしかった)でした。

シルバホーンレストランの仔牛肉料理


さて、食後は部屋に向かいます。チェックインの際に、部屋割りで、2,3部屋だけ山の見える部屋になるとのことでくじ引きになりました。部屋から見える必要はないやと、くじ引きを放棄しました。そしたらもらった鍵は101、倉庫のような角部屋を想像しながら部屋を探します。
部屋が簡単に見つからず、やっと見つけてみたらびっくりしました。

そこはレストラン前の天気が良ければ外のテラスから山が見えますと言われた、そのテラスの先の部屋だったのです。しかも、これまでウェンゲンで泊まったホテルの部屋はどこも狭めだったのに、空間にゆとりがあります。さらにびっくりしたことに、左手奥のドアを開けたらなんと、もう1ベッドルームありました。

シルバホーンの101号室


何かの間違いか、当り部屋のくじを誰も引かなかったのか、添乗員を捕まえていいんでしょうかと思わず聞いてしまいました。こういう時は差し迫って困っている人がいない限りは、何が良かったか黙って幸運を享受するというのが暗黙のルールです。部屋が広いとか、山見えるとか余計な事を言わないよう母に釘をさします。ここに2泊です。

空調はなく、コンセントは使い辛かったです。空の冷蔵庫あり。Wi-Fi無料ですが、かなり遅めです。


2016/08/06 (4日目)

今日はユングフラウヨッホ観光なので、かなり早い時間、6:30に朝食に行きます。クロワッサンがとてもおいしいです。朝食の話題でシングルや上階の部屋がかなり狭いことを知りましたが、母が余計な事をしゃべりかけたので、慌てて話題を変え、後できつく説教です。

シルバホーンの朝食


7:40 ホテルを出て目の前の駅に向かい、午前中はユングフラウヨッホ観光です。
8:03 の電車でラウターブルンネンへと向かいます。ユングフラウヨッホへはウェンゲンからクライネシャイデック経由で行くのが普通ですが、なぜかラウターブルンネンへと下ります。

ラウターブルンネンとクライネシャイデックの間を走る登山電車


どうやらこのツアーを企画した人は若くて経験が浅かったらしいです。ユングフラウと言えばグリンデルワルトと思いこんで、最初からウェンゲンにホテルを取っているにも関わらず、わざわざグリンデルワルト経由でユングフラウに行くという行程を組んでしまったようです。宿泊税とか電車代が余計にかかり、パンフレットに書いてしまったので変更するわけにもいかず、東京では一切宣伝していないにも関わらずお得なコースだったのでバカ売れしてしまったらしいです。

ということで、ウェンゲンに泊まるのに電車とバスを乗り継いでグリンデルワルトまで行って、そこから登山電車でクライネシャイデック、という時間もお金も無視したコースをたどります。母がいなければ、メンリッヒェンにロープウェイで上がって、歩いてクライネシャイデックに行って、皆がぐるっと周って来るのを待っていたい気持ちですが、まぁこんなコースもおもしろいので離団は諦めました。どうやら天気は昨日より格段に良さそうです。U字谷の向こうには白い山々がきれいに見えます。

ラウターブルンネンの景色は登山列車から


ラウターブルンネンに着いたらツアーのバスに乗り換え、8:30 グリンデルワルトに向けて出発です。企画者が常識的な人だったら丸一日休みだったろうにドライバーも被害者です。
雲は多いですが、天気は悪くなく、今回こそユングフラウ3山を母に見せられるとほぼ確信です。

ユングフラウから遠ざかって回り道


道路も空いていて、アッと今にグリンデルワルトに着きそうです。

そろそろグリンデルワルト


次回、グリンデルワルトからユングフラウヨッホをレポートします♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

決めました!!

いつぞやは、ポルトガル旅行じきについてアドバイスをありがとうございました。12月半ば出発に決めました。昨日申し込んだところです。実は、それ以前は満席(涙)決めるのが遅すぎました。

もう個人旅行で行く勇気はありませんので、ツアーです。
クリスマスシーズンなので、少々期待していますが、どうでしょうか。
それにしても、ツアー旅行コースを真剣に検討すると、帯に短し、たすきに・・・・状態で難しいものですね。
バックパッカーのおばあさんが夢だったのですが、現実は~
またいろいろ教えていただけると嬉しいです。

No title

海外旅行に行くときの参考になるので読んでいます。今日の出来事は、思わずクッスとし、「そうよねぇ」と独り言を言ってしまいました。部屋や眺めがよいと他のところもそうだろうとつい言ってしまいがちですが、気をつけないといけませんね。トラブルになりかねません。

No title

こんにちは!

旅行企画の人に日本で
ayaさんがアドバイスしてあげなきゃ(^o^)

>ピクルスがものすごくすっぱく

ときいただけで

口の中が変(苦笑)

酸っぱいのは苦手です

ayaさんは?

Re: No title

加藤さん

コメントありがとうございます!
海外旅行でよくある部屋の格差。ホテル任せにするか、くじ引きじゃんけんにするか
公平に扱うよう添乗員は苦労していますね。中には、先に申し込んだのにとか文句つける
人もいて大変です。
部屋に明らかな格差がある場合は、いい話を聞いて、良かったわね~では済まないことに
発展することもあるし、それでなくても条件の悪い部屋があたった人は決していい気分はしません。

いろんな部屋があって面白いとか、初めからすごくいい部屋があたったと周囲に知られている
以外は、黙っているのがみんなのためですよね。そういう常識なく、しゃべりそうだと思ったら
添乗員だって、そんな人にいい部屋あてないようにするかもしれませんしね!

Re: No title

こんにちは!

企画をチェックせずにうっかり通しちゃった上司の責任ですよね~。
旅行会社は比較的そうしたチェック甘いので、時々こうした間違いみたいな行程とか
価格設定とかの出物があります。一度提示したものを間違いでしたと訂正するわけに
いかないので、現場でうまい言い訳考えなくちゃいけない添乗員が気の毒です。
グリンデルワルト側からだとアイガー北壁に迫りながらユングフラウヨッホに向かえて
景色が違って楽しめますって。

酸っぱいもの、苦手っていうより、酢そのものが嫌いな私です(笑)

Re: 決めました!!

まっぷさん

ポルトガル、楽しみですね♪
旅は申し込む前が一番楽しいかも知れません。そういう意味ではもう始まっています!
下調べもそこそこ程度が一番いいですよ。でないと、行く前にもう行った気になっちゃいますからね(笑)

プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR