ドイツ・ケルン

今回から8月に行ったドイツ・フランス・スイスの旅レポートスタートです。
フレンドツアーの「スイス・ドイツ・アルザスの美しき村8日間モニターツアー」に母のお供で参加、全日空ビジネスクラス利用で、旅費は諸税込で1人50万円です。20PAX。

2016/08/03 (1日目)

今回のツアー、日程表が届いてから知ったのですが、参加者の半分は大阪から出発、添乗員も大阪から来るので搭乗ゲートにてご挨拶という形になりました。私は関西弁が苦手なので最初は不安でしたが、ビジネスクラス利用と言うこともあり、上品な方が多くて助かりました。やはり50万円クラスになるとドケチとか下品な方はいないようです。

11:00 NH-0209便て、成田からデュッセルドルフへ。スタッガードシートはすっかり気に入り、何百回も飛行機乗って、初めて”快適な空の旅”という気分を味わいました。搭乗記はこちら

16:44 デュッセルドルフ到着です。
17:25 バスにて空港を出発します。今回デュッセルドルフの観光はなく、ケルンへ直接向かいます。

18:55 ケルンのホテル、レオナルドに到着です。ケルン中心部からは少し離れた、郊外の住宅街っぽい所です。スーパーマーケットREWEが隣にあります。

ケルンのホテルレオナルド外観


部屋は快適な感じで、ガス入りの水1本がついています。冷蔵庫なし。Wi-Fiは無料ですが、遅めです。

ケルンのホテルレオナルドの部屋


19:30 早速スーパーへ買い物に出かけます。先ほどまで降っていた雨は止んでいました。隣のREWEの他、少し歩いた先にはNORMAというディスカウントのスーパーマーケットもあります。ドイツに行ったら必ず買って帰る日本では売ってないHARIBOなどが66セントと安売りだったので大量買いしてしまいました。


2016/08/04 (2日目)

7:00過ぎ朝食に行きます。やはりいつものツアーと違って、朝一から朝食に来る人は少なく、皆さんゆったり来てゆったりと朝食を楽しんでいます。サーモンや生ハム、焼き立てクロワッサンなどがおいしかったです。

ケルンのホテルレオナルドの朝食


8:30 日本人の現地ガイドさんもホテルへやってきて、バスにてケルン中心部へと出発します。
ほどなくライン川の向こうにケルン大聖堂が見えてきました。ここに来るのはもう何回目でしょう?

ケルンの街


8:37 ケルン大聖堂横でバスを降り大聖堂の見学へと向かいます。高さが157mもあるので、近付く前でもカメラを横に使った場合は写真に納まるのがギリギリです。

ケルン大聖堂


正面である程度大聖堂の説明をしたら、現地ガイドが隣の大聖堂広場へと案内します。広場の一番後ろに下がって、やはりギリギリ全部入る大きさです。建設完成当時(1880年)世界で一番高いの建造物でした。
この広場はクリスマス前にはクリスマスマーケットで賑わいます。

大聖堂広場から見たケルン大聖堂


上の写真の右手にあるのはローマ・ゲルマン博物館です。中へ入ったことはありませんが、今回のガイドさんは外から覗けるガラス窓から、見事なモザイクを見せてくれました。ダイニングの床だったそうですが、相当なお屋敷ですね。

ローマ・ゲルマン博物館の外から見えるモザイクの床


その博物館の先、大聖堂の脇には、大聖堂の修復作業場があります。
そもそもこの大聖堂は3代目、1248年に建設が始まって、1880年までかかって完成したもの。第二次世界大戦で被害を受けて復元されたものの、戦後の修復は質の悪い建材などが使われたようで、修繕は大変なようです。

ケルン大聖堂修繕場所


いよいよ大聖堂内部を見学かと思いきや、現地ガイドさんは逆の方向へと歩き始めました。こちらケルン大聖堂の隣にあるケルン中央駅です。この大聖堂はまさに街のど真ん中にあるのです。そしてすぐ裏手にはライン川が流れています。

ケルン中央駅


ということで、何度目かのケルン訪問で初めてケルン大聖堂を裏側から見ました。別の角度で見ると違う建物のようです。

裏側、ライン川の方から見たケルン大聖堂


大聖堂内ではガイドできないので事前に見所を説明してから9:00解散、自由見学の時間になります。35分しかないので、塔には上らなくていいよねと母に確認、内部の見学をします。ここの塔の階段は怖いと知っているのでできればもう上りたくなかったのもあります。入口のドアノブ、光っています。触るといい事があるかも知れないので、念のため触っておきます。

ケルン大聖堂ドアノブ


大聖堂の一番の見所はステンドグラスです。600年前のものからあり、90%以上がオリジナルと言われています。第二次世界大戦で直撃を受けているのに何故かと言うと、大戦前にガラスを外して隠していたのだそうです。

ケルン大聖堂のステンドグラス


奥の方の単純な幾何学的模様のものは13世紀と古いものですが、時代が様々なステンドグラスを見ることができます。一番新しいものは2007年のゲルハルト・リヒターの作品で、古いガラスの破片等をコンピュータで合わせてデザインされたものだそうで、賛否両論あるそうです。今生存している作家の作品としては最高額と言われている作品でもあります。

ケルン大聖堂の一番新しいステンドグラス


他にも見所はいくつか、そのうちのひとつが東方三博士の聖遺物を収めた入れ物です。30年の制作年数がかかったと言われています。結構大きな、豪華絢爛の入れ物です。

ケルン大聖堂東方三博士の聖遺物入れ


ちょっと首を傾げるものも。壁画?大聖堂の内部はちょっと暗いので不気味に見えます。

ケルン大聖堂の変わった壁画


こちらは、ゲロ大司教の十字架、10世紀のもので、樫の木の一枚板で作られたものです。

ゲロ大司教の十字架


その他一通り母を見所に案内したら、母を大聖堂に残し、残り時間は周辺をぶらつきます。10:00前なので開いているお店は少ないですが、ドラッグストアDMで自宅用のお土産を買います。旅の前半で欲しいものをゲットしておけば後で観光に時間を割けるのでできるだけ早めにちょっとした時間に買い物を済ませるようにします。

ケルン大聖堂周辺


10:00ケルンを出発です。

次回はベルンカステル・クースをレポートします♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

こんにちは!

ケルン大聖堂って


どこか ちょと
サグラダ・ファミリアと似てる感じがします
実際はかなりちがうんでしょうが


関西弁柔らかく喋ってもらえば
いいのですが

ちょと
声を荒らげられると
迫力でますよね~

Re: No title

こんにちは!

> サグラダ・ファミリアと似てる感じがします

遠くから見たら、デカい!という点で似てますけど、サグラダファミリアは近くで見ると
かなり特徴的ですからね~

関西弁、イントネーションがそもそもダメで、それ以前に東京生まれ東京育ちなので
方言は外国語みたいな感じ?
そして一番いやなのは、図々しい発言、ドケチな発言。安いツアーだといるんですけど
ちょっと高めだとそういう人もいないので、ほっとしました~。

次はどちら?

aya1103 さま

いつも、楽しく拝読させていただきます。
読み逃げしてすみません。

次どこ行こうかと思うときに、いつもayaさんのページを参考にしてます。

次はどちらに行くんでしょう?

私はめっきり旅行に行く回数が減ってしまいました。
しばらくは、ayaさんのブログでバーチャル旅行楽しみます。。。。



Re: 次はどちら?

こんにちは!

こちらこそ長年のお付き合い、ありがとうございます!

私もめっきり回数が減りました。今年気付けば2回しか出かけていないので
後半頑張ります。
次はパンダを見るためだけに中国成都へ行きます!
最近パンダにはまってしまいました(笑)

ケルン大聖堂行ってきました

いつも楽しく読ませてもらってます。
私も夏休みに息子とドイツへ行き、ケルン大聖堂を見てきました。
パリからタリスでケルンに入りましたが、窓から大聖堂が見えた瞬間、興奮しました。
光が差して、ステンドグラスもとってもキレイでした。塔へも登って来ましたよ。さらに、橋を渡って対岸からみる橋&大聖堂もステキでした。

Re: ケルン大聖堂行ってきました

ケルン大聖堂のステンドグラスは時代によってかなり違うものが見れて、しかも
とても大きく美しいものが多いので大好きです。
外観もとても立派なので、最初に見たとき興奮する気持ちとてもよくわかります!!
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR