FC2ブログ

ポルトガル・トマール

12/10 (2日目)

8:00 リスボンのHTL ルテシアを出発、バスにて一路トマールへ。今回のツアーは38PAXと大人数

10:05 トマールのキリスト教修道院に到着。

修道院入り口


入り口前の展望台からは、トマールの町を一望できる。

トマールの町


外観は城壁に囲まれ小高い丘の上にあるお城のよう。12世紀にテンプル騎士団によって作られ、その後増改築をされた世界遺産の修道院。

修道院外観


3日前に起きたという竜巻の被害で昨日まで入場できなかったとか、入り口前の庭にも倒れた松などが見られる。周囲の木々も折れているものが多い。かなりの被害があったらしい。

竜巻あと


中へ入ると、墓の回廊、奥に沐浴の回廊がある。どちらもゴシックのアーチとブルーのアズレージョ(タイル)の調和が美しい。

墓の回廊


テンプル騎士団の円堂は、八角形と独特の形。フレスコ画などが美しい。

テンプル騎士団の円堂


ルネッサンス様式のジョアン3世の回廊は16世紀に作られたもの。

ジョアン3世の回廊


奥には、サンタ・バルバラの回廊。上部にはこの修道院で一番の見どころ、マヌエル様式の窓がある。マヌエル様式は、海洋のモチーフが特徴、装飾が過多で金泥が塗られているポルトガル独特のバロック様式。超バロックといった言い方をする場合もある。窓は苔などで汚れていて、なんとも言えない雰囲気。

マヌエル様式の窓


さらに奥にある修道僧の住居、ダイニング、キッチンなどを見学。
意外と広く見ごたえがある修道院だった。

修道僧の住居


バスで丘から下り、町中へ。
12:00 バスから降りてモンシャオン公園を少し歩く。流れの早いナバオン川が町中を流れる。

モンシャオン公園


川沿いにあるロケーションのいいレストランへ。町自体がこじんまりとしていていい感じ。

川沿いのレストラン


メインはバカリャウ。味は結構イケルけど2人分にしては多すぎ。ワインはボトルで4€と安い(チップ別)。 

バカリャウ


町からは先ほどいった丘の上の修道院が見られる。住宅街にはそれほど人影がなくのんびりしたイメージ。

トマール町中


次回はポルトをレポートします♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

まだ旅の途中かしら?

体調を崩さないようにね。

大いに楽しんで欲しいなぁ。

空が低い。

やっぱチュニジアとは全然違う。

Re: No title

旅も終盤、リスボンにたどり着きました!
体調も万全です!

冬のヨーロッパはどんより寒いのですが、結構お天気に恵まれて
日中はコート要らずです。

次の記事は今日中に挙げられそうです♪
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR