スペイン・ラスパルマス(ラスカンテラス海岸)

2016/01/28 (6日目) 続き

12:45 トリアナ通りを戻って来ましたがまだ15分あったので今度はベゲタ市場に近い海側に出てみます。バスのロータリーなどがあり、海沿いをカナリアス通りが走っています。ここからクルーズ船が停まっている港までは4~5㎞はあると思うので、車がないとアクセスは難しそうですが、バスはぱっと見た感じ観光客に使いやすそうな便利な路線はなさそうでした。

カナリアス通り


海にはヨットが出ています。夏の風景に見えるし、気温や風も爽やかな夏といった感じですが、1月です。

ラスパルマスの海に浮かぶヨット


バスのロータリーの近く、角の所にスーパーマーケット(SPAR)があったので、入ってみます。トリアナ通りにはスーパーはありませんでした。あまり大きな店ではありませんでしたが、そこそこの品ぞろえです。港にもショッピングセンターがあるので、荷物になるようなものは後に回したいと思います。

ラスパルマスの中心にあるスーパーマーケット


ということで、ちょうど喉も乾いたし、味見がてら「トロピカル」という地元の缶ビールを買ってみました。1缶59セント、安いですね。島なのでもっと物価が高いかと思っていました。船には持ち込めないので、飲みながら集合場所へと向かいます。喉渇いていたので正確な味覚じゃなかったと思いますが、薄めで飲みやすいビールでした。

グランカナリア島のビール、トロピカル


13:10バスに乗り、船へと戻ります。ここで置いて行ってもらって帰りはバスかタクシーというのもちらっと考えましたが、お腹空いたし、港の近くも散策したいし、素直にツアーのバスで船に戻ります。もうちょっと旧市街はゆっくり堪能したかったと思いましたが、まぁそのくらいの気持ちで帰るのが一番いいのかも知れません。

ラスパルマスのベゲタ地区入口


13:20 港に戻り、乗船して寄港地ツアーはおしまいです。そのまま15Fのガーデンカフェ(ビュッフェ)に上がり、軽くランチにします。麺コーナーで、春雨みたいな麺に好きな具を入れて作ってもらいます。具にはチーズとか、とても麺の具じゃないようなものも用意されているので、エビやキノコ、ブロッコリーくらいならいいかなという感じで作ってもらいました。そこそこおいしかったので、あの超不味い上海よりも何倍もいいです。

ノルウェージャン・エピックのガーデンカフェの麺


14:20 上着とか要らないものを船室に置いて、旅ともさんと2人でもう一度下船します。
まずは目の前のショッピングセンターに寄って、Wi-Fi繋がらないか試しますが、マクドナルド等のWi-Fiが遅くて全く使用に耐えられないので諦め、ビーチへ向かうことにしました。

ラスパルマスのクルーズターミナル前のショッピングセンター


船を背に2~300mほど西に真っ直ぐ歩いて行くとラス・カンテラス海岸に出ることができます。
この辺りは近代的な街並みでレストランなどお店がたくさんあります。

ラス・カンテラス海岸へ


ラス・カンテラス海岸に出ました。都市のすぐ横にあるとは思えないほどの砂浜の長いビーチは人でいっぱいです。

ラス・カンテラス海岸のビーチ


こうしたビーチに来たら海に足をつけずにはいられません。細かい砂のビーチを歩き、ちょっとだけ海に足をつけます。砂は暖かいけど、水はヒンヤリしていて気持ちがいいですが、さすがに泳いでいる人は少ないです。あ、前の女性、トップレスです。人多いのにいい度胸だなぁ・・・。

ラスカンテラス海岸のビーチ


海岸沿いにはラス・カンテラス通りという遊歩道があってホテルやレストランが並んでいます。
しばし歩いてみますが、ちょっとお茶だけするのに適した所がありません。

ラス・カンテラス通り


海岸を散策した後、港方面に戻りがてら休憩しつつWi-Fi接続できるお店を探します。
感じのいいカフェがあったので、Wi-Fi繋がるか確認してから入店します。「Ellingson」お店の人も親切で感じのいいカフェでした。

ラスカンテラス通りから一本入った所にあった感じのいいカフェ


コーヒーを注文し、久しぶりのネット接続です。船のWi-Fiは高い上に遅いので、最低限の事だけ休憩がてらここで済ませます。コーヒー代が2杯でたったの1.8ユーロだったので、フリーWi-Fiなんて提供していていいんだろうかと思いましたが、小さいのにとても居心地のいいカフェでした。

0.9ユーロのコーヒーで無料でWi-Fi使わせてもらう


16:00 そろそろショッピングセンターに寄って船に戻ろうとお店を出ます。
ショッピングセンターではスーパーマーケットへと立ち寄ります。地元のワインがあると聞いていたけど、散々探して見当たらなかったので、店員にを捕まえて聞いてみたら、白は置いてなくて赤が1種類だけあると教えてくれました。グランカナリアの赤ワインと、お隣テネリフェの白ワイン、先ほど飲んでみたビール「トロピカル」、缶詰などを購入します。

ラスパルマス港のショッピングセンターに入っている大型スーパーマーケット


ゆっくりお買い物したら船に戻ります。乗船の際には毎回セキュリティチェックがあるので、そこでワインとか持っていると見つかります。セキュリティの先にはアルコール持ち込み手続き所があり、そこで持ち込み料ワイン1本15ドルを支払うか、下船まで船内預けにするかを選びます。
船内預けにすると下船日の前夜に回収可能となります。船のワインは高くてあまりいいものはないので、現地で買って15ドル払って持ち込むのもオススメです。

ショッピングセンターを出ると目の前にクルーズ船


17:00 最終乗船の30分前に戻りました。あまりギリギリで何かあって置いて行かれても困るので30分前くらいがベストです。グランカナリア島、島はもっと大きいので、いつかまた来て南の方へも行ってみたいと思いました。

次回はラスパルマス出港~テネリフェ島をレポートします♪
(フランクフルトからの更新でした)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

こんにちは!

ayaさん

せっかくなのに
海は泳がなきゃ
トップレス
(公共の場でトップレス犯罪にはならないんですかね?
プール・海水浴などはいいのかな?)

Re: No title

こんにちは!

やっぱり泳がなきゃダメですか。でも1月なので勘弁して・・・。

ここはヌーディストビーチって訳じゃないと思うんですけど
トップレスはどうなんでしょうかね~。思わず見ちゃいましたけど(笑)

No title

グランカナリア島、うわさには聞いていましたけど、テネリフェ島よりも随分垢抜けた感じですね。
テネリフェ島は、リゾート開発した地域は凄い(≒魅力無し)ですけど、中心部の街並みは、もっと古びた印象を受けました。

女性でもトップレスに目が行くんですね。
西欧の海岸では、かなり普通に見る気がします。
目のやり場に困るので、夏のシーズンにはビーチには行かないことにしていますけど・・(ホント。夏の基本は山です)

Re: No title

テネリフェは山行っただけで町を見ていないのでなんとも言えませんが
確かに思ったより垢抜けていましたね。

トップレス、女性でも見ちゃうと思いますよ。
見せられるってどんな立派な胸よって。まぁ、日本の温泉でも見ちゃいますね。
女性の目から見て、これはと思うほどのものはあんまりないし
海外だとサイズも違いますから、どれどれって。凝視しない程度に観察しちゃいます。
せっかく見せてくれてるので。

でも気持ちはなんとなくわかります。上だけじゃない場合は、やっぱり目のやり場に
困りますから(笑)
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR