スペイン・ラスパルマス旧市街(ベゲタ地区)

2016/01/28 (6日目) 続き

10:40 旧市街の入口近くでバスを下車し、ここから歩いて観光です。
こちらは図書館、元はカジノだった建物だそうです。

ラスパルマスにある図書館


こちらは何の建物だったかな、歴史的な建造物です。隣の公園で若者たちが世界平和のための大規模な集会をやっていてやかましく、ガイドの説明を聞き取れませんでした。大西洋の島と言ってもやっぱりヨーロッパの一部、島だということを忘れそうな街です。

ラスパルマスの歴史的建物


大きな道路を渡ってカテドラル(カナリア諸島大聖堂)の方へと向かいます。
周囲の建物に比べ、カテドラルの塔らしきものが出ているのですぐ分かります。

ラスパルマスのベゲタ地区


カテドラルの手前右側の建物は司教の館だそうです。どこからどこまでかな?

ラスパルマスカテドラル前の司教の館


こちらカテドラル前のサンタ・アナ広場です。カテドラルは別名サンタ・アナ大聖堂と言うそうです。四角い広場はきれいな建物に囲まれていて素敵な空間です。

ラスパルマス旧市街サンタ・アナ広場


この広場の中ほどからカテドラルをよく見ることができます。
と言っても見えるのは正面ファサードだけ。入場料がかかるようで、内部の見学はツアーに含まれません。正面にある入口からは有料で屋上に上がることができますが、あまり景色は良くないそうです。

カナリア諸島大聖堂


広場を挟み、カテドラルの向かいにあるのは市庁舎です。建物の色や形はそれぞれ違うのですが、全体的に統一が取れているので、1つ1つ見るよりも広場全体を見るといい感じです。

ラスパルマスの市庁舎


市庁舎の脇から道を進むと、ESPIRITU SANTOと言う小さな公園に出ます。小さな噴水はイタリアかどこかからのものだったと説明していたと思います。歴史ある場所のようでスペイン語の説明書きが建っていました。この公園の雰囲気が周辺の景色も含めすごく好みです。噴水から話題が水の事になり、この島ではほとんど雨が降らないので、水は海水を使っているという説明がありました。

市庁舎の先にある小さな公園


公園からドクトール・チル通りを東、つまり海の方へ歩きます。ちょっと狭めの脇道はいかにも旧市街といった雰囲気でとてもいい感じです。

ラスパルマス旧市街ベゲタ地区の街並み


カテドラル前の道を横切ります。こうして見ると、周囲の建物と比べても際立って黒く見え、歴史を感じさせます。奥行きが見えず、一見廃墟に見える建物、益々教会の内部がどんな感じなのか気になります。

カテドラル


海に近いこの辺りの道は、中米の旧市街と同じような雰囲気です。道はかなりきれいで、あてもなく歩くのも楽しそうです。

ラスパルマス旧市街の家並み


カテドラルの裏を通り、「コロンブスの家」へやってきました。あのコロンブスが滞在したことがある古い宮殿です。木のバルコニーが印象的な建物で、こうしたバルコニーは200年も前のものだといいます。

コロンブスの家


玄関枠と言えばいいのでしょうか?色合い、彫刻が素敵です。この緑は、自然の石で、着色したものではないそうです。

コロンブスの家の自然石による飾り


コロンブスの家は、現在コロンブス博物館として新世界探検に関する博物館になっているのですが、入口は裏側のようです。博物館は入場するので角を曲がって入口側へ回ります。曲がった角の建物もかつての宮殿の一部でしょうか?やはり立派な古いバルコニーがついています。

コロンブスの家の角にあるバルコニーが立派な建物


裏口のような所が博物館の入口です。博物館入口側の近くには、小さなかわいらしい教会がありました。サン・アントニオ・アバド教会、肩にかかるようにピンクの花が咲いていて愛らしさを増しています。インクをこぼして着色したかのような鮮やかな色、この島で時々見かけます。1月というのを忘れそうです。

サン・アントニオ・アバド教会


次回はコロンブス博物館などをレポートの予定です♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR