エミレーツ航空・エコノミークラス

今回はエミレーツ航空の搭乗レポートです。(2016年1,2月搭乗)
飛行機の搭乗記は評判を調べる検索がとても多いので、シート、機内食、サービスなどの感想と、空港の情報も併せて報告します。

ヨーロッパや最近では南米まで、格安ツアーで利用されることの多いエミレーツ、中東行き旅行以外でお世話になる日本人も多いと思います。成田-ドバイ便の機材はB777-300が使用されています。成田は夜便でうまく写真撮れなかったのでドバイ空港で撮った写真です。

エミレーツ航空成田発着機材B777


今回はバルセロナ行きで利用しましたが、ドバイーバルセロナ便にはA380が使われていました。新しい機材が多く、安全面的には安心感があります。

エミレーツ航空バルセロナ便はA380


さて、私はここ数年はスターアライアンス派、ましてや3大アライアンスに加盟していないエミレーツに好んで乗ることはありません。格安のツアーで、ターキッシュまたはカタールまたはエミレーツというので当たってしまいました。そういう機会でもないと乗らないキャリアになってしまいました。

さて、チェックインですが団体の場合も個人チェックインです。成田のチェックインカウンターは2時間半前には長蛇の列でほぼ最後の方となるくらい混みます。オンラインチェックインもできますが、10人以上の団体の場合はカウンターでしかチェックインできません。夜便なのでセキュリティなどは空いていますが、ゲートまで距離があるので3時間前に空港へ行くことをオススメします。

事前に知っておきたい注意事項がひとつ、エミレーツが他の航空会社と一番違う点でもありますが、機内への持ち込み荷物の重量制限が厳しいです。7㎏以内を1個だけしか持ち込めません。しかもちゃんと計量されます。ただし、預け入れる荷物は30㎏までなので、配分を工夫すれば問題ないでしょう。

それでは機内の話に移ります。往路は22:00発のEK-319便です。
座席配列は、エコノミーはABC-DEFG-HJKの3-4-3配列、80%ほど席が埋まっていたと思います。シートピッチはそこそこある方で、機内はやや寒め、個人モニターはやや大きめで、映画はたくさん入っています。AC電源コンセントは2席にひとつ設置されています。

エミレーツ航空エコノミーの個人用スクリーン


エコノミーでもメニューやおしぼりの他にアメニティセットが配られます。
アメニティセットの中身は、靴下、アイマスク、歯ブラシセットです。

エミレーツ航空エコノミークラスのアメニティセット


次は機内食の紹介です。

往路は22:00発のEK-0319便、離陸後1時間くらいで1回目の機内食です。チョイスは洋食がチキンのクリームハーブソース、和食は蟹の蒸し物。途中で和食しか無くなったらしく、いいチョイスだよ~おいしいカニと言いながら配られました。カニの載った炊き込みごはんで、実際かなりイケるおいしさで完食しました。カトラリーはステンレス、飲物はワインはミニボトルで提供されます。

エミレーツ航空成田→ドバイ機内食1回目和食


間食サービスは何か配るということはありませんが、お腹空いたらカップ麺をもらうことができます。海外製品なので、しょうゆ味にも関わらず、微妙なというか違和感のある味で具もありませんのでおいしくはないのですが、暖かいので寒い機内で食べるのはちょっとほっとします。ギャレーには他にスナック類などは置いていません。

エミレーツ航空エコノミークラスのカップ麺


到着2時間前くらいから2回目の機内食のサービスが始まります。和食は鯖のグリル、洋食はスクランブルエッグというチョイスです。和食をチョイスしました。鯖が想像以上においしく、かなりしっかり味付けしていると思われ、機内でもおいしく食べられました。

エミレーツ航空エコノミークラス成田→ドバイの機内食2回目和食


復路帰国便、EK-0318の機内食も紹介します。2:55発の深夜便なので、1回目の機内食は5:00頃になります。洋食はチキン、和食はサーモン、行きの和食がおいしかったので帰りはどうかなと和食を選んでみました。割りと日本食ぽいです。帰国便でも飲物にはスーパードライとかあります。

エミレーツ航空エコノミークラスドバイ→成田の機内食1回目和食


到着2時間前くらいに2回目、朝食です。日本到着前の機内食は要らないという感じですが、和食を頼んでみました。ナイルパーチのみそ焼き、味付けがかなり甘いです。パンがいけます。

エミレーツ航空エコノミークラスドバイ→成田機内食2回目和食


バルセロナ行の機内食も紹介します。
7:50発のEK-0185は乗って最初の食事は朝なのでコンチネンタルブレックファースト。ドバイ発着でもおしぼりが配られます。

エミレーツ航空エコノミークラスドバイ→バルセロナの機内食1回目


到着前に2回目の食事、魚をチョイス、まぁまぁです。ワインはフランスや南アフリカ産のミニボトル、結構おいしいです。

エミレーツ航空エコノミークラスドバイ→バルセロナ機内食2回目


帰りはバルセロナ14:50発のEK-0168便、機内食は1回で、チョイスはチキンかラムでした。

チキンを選択しましたが、まぁまぁおいしいかったです。全体的にエミレーツはパンがもっちりで好みです。ここについているスナックセットが結構いけて、トマト系辛いディップで食べるのがおいしいです。このセットには小さいチョコもついています。

エミレーツ航空エコノミークラスバルセロナ→ドバイの機内食


サービス面に話を移します。成田発着便では日本人CAは5、6名と多数乗務していますが、ハーフも含まれているのでパッと見ではわからない人もいます。CAは感じのいい人とそうでない人の差が大きいような気がします。

ドバイから先の便でもCAは日本人や韓国人、いろんな国の人が乗っています。愛想はあまりよくない人も多く、言葉遣いも人それぞれです。日本人の利用が多いためか、日本語で挨拶くらいするCAは結構います。

機内食のサービスは前方からになり、手際がそれほどよくなく時間がかなりかかるので、やはり前方席がオススメです。食事を配ってからドリンクが来るまでが遅めです。

その他
Wi-Fiは有料になります。
着陸前にイヤホン、毛布などは回収されます。
往路でフライト時間は10時間50分、ヨーロッパ直行便に比べるとやや短いですが、揺れも多く、乗継の場合はドバイからも結構時間がかかるという難点があります。

マイレージは単独プログラムで、JALと提携がありますが、ただしマイルがつかない区間があります。JALにつかなかったから後からエミレーツのマイレージプログラムにやっぱり付けてというのはダメよと言うルールです。


ドバイ空港についての情報です。
広くてお店も多いので、買い物や軽食を取るのにいい空港です。ショップの周りにゲートがあり、ゆったりと眠れそうな椅子もあります。ゲートでは、空港Wi-Fiが60分無料で接続できます。

ドバイ空港


普通のトイレにシャワーが設置されている場所もありますが、タオルや石鹸など準備が必要なので利用するには準備が必要です。

ドバイ空港のトイレにあるシャワー個室


おまけでバルセロナ空港についての情報です。
セキュリティはちょっと厳しいです。靴は脱がされる場合が多いし、ランダムに荷物検査にひっかかると手荷物は開けられチェックされるので時間かかります。出国してしまうとい店が少ないです。空港Wi-Fiがありますが、無料接続のためにはいろいろ入力した挙句に広告を見る必要があります。

特定のクレジットカードなどで利用できるVIPラウンジは、アルコールの種類も豊富、ソファもゆったりです。

バルセロナ空港のVIPラウンジ


最後にエミレーツについての総評ですが、食事とエンターテイメントシステムはかなりいい方だけど、ルート的に揺れやすいのと、ヨーロッパなどに行くには乗り継ぎ時間と、乗継便の所要時間が長いので、マイレージやスケジュールの無駄も考えると積極的には利用したくないという結論です。

次回はマデイラ島とカナリア諸島クルーズのレポート開始です♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR