フランス・シブール①

2015/10/13 (7日目) 続き

16:10 バイヨンヌからバスで25分、国境に近い海辺のリゾート、サン・ジャン・ド・リュズに到着です。駅前のプチトラン乗り場近くでバスを下車、17:45までの自由散策です。昨年も来ているので、添乗員ツアーの皆さんとは最初から別行動で、いきなり町を出て港を挟んで隣の町へ足を延ばすことにしました。

サン・ジャン・ド・リュズの港


ニヴェル川にかかる橋を渡り、シブール(CIBOURE)という町に入ります。添乗員からもらった地図の現地語版に港沿いが載っていて、シブールにもいくつか見所があるようです。

サン・ジャン・ド・リュズからシブールへ渡る橋


橋からはサン・ジャン・ド・リュズの町並みがきれいに見渡せます。漁港は2つの町で共有しているようです。

シブールへ渡る橋から見たサン・ジャン・ド・リュズ


橋を渡ったら道なりに町の中心へと歩きます。前方に見える変わった白い建物は灯台でしょうか。かわいらしい大きさです。

シブールの入口に建つ小さな灯台


シブール側の港には大きな建物が建っています。ただの魚市場というには大きく、子供たちの社会科見学みたいのも行われていたので、缶詰製造工場か何かのようです。

シブールの港


港沿いの道を歩くとかわいらしい家並みが並ぶ一角があります。バスク建築の家の奥に1軒だけ屋根が丸みのある特徴的な家があります。オランダ様式の17世紀の建物、ラヴェルの家です。後で調べたらボレロや泣き王女のためのパヴァーヌで有名な作曲家ラヴェルの生家でした。

ラヴェルの生家周辺


港沿いの道からはずっと対岸のサン・ジャン・ド・リュズが見えます。愛らしい町並みです。
町の中からより、一歩離れてみる町並みの方がいいように思います。

港沿いの道から見たサン・ジャン・ド・リュズ


港の出口の所まで港沿いの道を歩きます。よく見ると窓枠が赤だけじゃなくそれぞれカラフルに塗られていて絵になる家並みを作っています。

シブールの港沿いの家並み


港の出口のところまで来ると、そこには砂浜の小さなビーチがあります。とても気持ちのいい場所で穴場です。公衆トイレもあったので利用させてもらいました。

シブールの港入口にあるビーチ


このビーチからは対岸のサン・ジャン・ド・リュズの1㎞近くあるかと思われる長いビーチ、つまり海側から見たサン・ジャン・ド・リュズを見ることができ、その景色はなかなか圧巻です。

シブールのビーチから見たサン・ジャン・ド・リュズのビーチ


近くの標識にビューマークがあったので、町の高台へ上ってみることにします。ここからは地図外なので何があるかはわかりません。

シブールの丘へ


途中からは高台目指し階段を上がります。周囲は高級住宅ですが、この階段の上り下りはちょっと不便そうです。車道は別にあるけど、ショートカットといった所でしょう。

シブールの高台の集落へ続く階段


少し高台に出たら海がきれいに見えます。今回の旅は地中海沿いのバルセロナから始まり、ついに大西洋ビスケー湾まで抜けてきたと実感した瞬間です。

シブールの高台から見たビスケー湾


ビュースポットがどこだったのか結局よくわからず、住宅街の中から周囲の景色を見下ろすのに留まります。そんなに離れていないのにサン・ジャン・ド・リュズのビーチ沿いを見下ろせるのはなんだか気持ちがいいです。

シブールの高台から見るサン・ジャン・ド・リュズ


高台で周辺をうろうろしますが、他にどこへ行ったらいいかよくわかりません。道の先は、さらにシブールの西のビーチの方へと下りて行っているので、ここらで引き返すことにします。

シブールの西側の海沿いへ続く道


次回はシブールの後半をレポートします♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

こんにちは!

二本にあまりないというか

  港沿いの道 の家

 上に行くほど狭くなてる(斜め)

  高台を目指す階段

 道路が家に引っ付いてる

考えてみると
私は二本で見たことがないぞ~~

Re: No title

こんにちは!

階段の脇、家の窓が見えたりしてますね。家が先か階段が先か?
階段の下で家がつながっていたりして(笑)

バスクの海沿い、落ち着いた余裕のある街並みです♪
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR