フランス・ルルド観光①

2015/10/12 (6日目) 続き

14:00 ホテルを徒歩で出発、現地ガイドと共にツアーの観光に行きます。日程表にはロザリオ・バジリカとマッサビエルの洞窟、奇跡の水汲みしか明記がなかったので、てっきり聖域に向かうかと思いきや、逆の方向へ歩き始めました。ホテル周辺の道にはこうした巡礼記念品などを売るお店がたくさんあります。

ルルドのカトリックグッズのお店


向かった先はカショー、つい先ほどレストランから帰る際に立ち寄ったけど14:00からとあって諦めた所でした。ここは、ルルドをここまでの巡礼地にしたそもそもの主人公、マリア様の出現に立ち会った少女ベルナデット・スビルーがその14歳当時に住んでいた家です(写真中央右寄りの家)。

ご出現当時のベルナデットの家だったカショー


ここがカショー(牢獄)と呼ばれているのは、薄暗く衛生的でなかったために牢獄としてかつて使われていたことがあったからだそうです。人のいい両親は製粉業を営んでいましたが破産、そして家賃が払えなくなりここへ越してきたそうです。そんな貧しい家の長女でした。

中の部屋は後で仕切られたのか、それともどこか一つの部屋が当時の部屋だったのかわかりませんが、1つの部屋で6人家族が暮らしたそうです。暖炉も窓も一応あり、日本人から見たらそうひどくはない部屋が奥にありました。十字架がかかり、生活感はあまり感じない空間です。

カショー内部


隣では、当時のものなのでしょうか、または修道女になってからの遺品でしょうか、少しの身の回りのものが展示されています。

カショーに展示されている遺品


カショーを出ると、城塞の入口前近くを通ります。手前の広場の木々(写真では1本ですが並木になっています)は紅葉のグラデーションが見事です。ツアーで仲良くなった人に、城塞は博物館だけどとても眺めがいいので、オススメと耳打ちします。ここは18:00までです。

ルルド城塞入口側


行くなら天気がいい今の内がオススメ、と言ったら、ツアーを抜けて走って行ってしまいました。ちょっと雲がかかってきたのでいい選択かも知れません。これから行く聖域などの詳しい説明などに特に興味が無ければ、どこかで追いつけることでしょう。

ルルド城塞


ガイドは聖域へ行く前に、ベルナデットの生家にも立ち寄りました。ここも前回来てなかったため後で来ようと思っていたのでガイド付きならラッキーです。ベルナデットの両親は製粉業をしていたのですが、当時ここには運河があり、水車小屋が6つあったそうで、その一つボリーの水車小屋がベルナデットの生家です。

ボリー水車小屋(ベルナデット生家)


まずは隣の建物で、その当時、1850年頃のルルドの様子などのパネルを見てから生家へと渡ります。2階の部屋は、ここでベルナデットが生まれ、生活していたスペースです。ベルナデットは約10年ここで幸せに暮らしていたそうです。

ベルナデットの生家2階


その後、生活が苦しくなり、里子に出されたり、コレラにかかったり、下働きしたりと、学校に行くこともできなかったベルナデット、やっと、カショーの家族の所へ戻ることになります。生家の1階は台所とか、水車で動かす製粉機のようなものが残っています。

ベルナデット生家1階


生家を出たらいよいよ聖域へと向かいます。
聖域から見て東側にあたるこの周辺もたくさんのお土産屋や宿泊施設でいっぱいです。

ルルド中心部


ポー川にかかる橋を渡った先は聖域です。この辺りで振り返ると、城塞がきれいに眺められます。手前の建物がなければ、ベルナデットが見た当時とほとんど変わらないのがこのお城の眺めでしょう。ベルナデットもこの川を渡り、薪を拾いに出かけマリア様に会ったのです。

ポー川を渡る橋の上から見たルルド城塞


橋を渡った所から見た聖域です。正面のバジリカ聖堂はそれこそお城のようにしか見えません。その前に広がる広場の道を夜のろうそく行列では一周するのです。昔はここは川の中州だったようです。

正面から見たルルド聖域


バジリカ聖堂に行く前に、地下にある聖ピオ10世地下バジリカ聖堂へと入ります。
ここは教会というより室内競技場か何かみたいに見える大きな空間です。2万人が入れ、車椅子やストレッチャーのまま入れるように、柱もなく、機能的で装飾のない建物です。

聖ピオ10世地下バジリカ聖堂


外側のスロープにはカトリックの聖人のポートレートが並んでいます。こちらの少女が後に聖人となったベルナデット・スビルーです。

ベルナデットのポートレート


外の広場にもベルナデットの像があります。家が破産した後、家計を助けるために羊飼いとして働きに出たためでしょうか、少女の像の周りには子羊の像がたくさんいます。元々はそうした長閑な地域だったようです。

聖域の芝生にあるベルナデットの像


次回はバジリカ聖堂などをレポートの予定です♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR