フランス・ポンデエスパーニャ

2015/10/12 (6日目)

7:00からホテルのレストランは開いていますが、8:00直前に朝食に行くと、ツアーの人達はもうほとんど食事を終えた後でした。8:00くらいから、コーヒーマシンとかホットミールなどを出し始めたのでタイミングはばっちり。朝早いと簡単な準備しかしていないホテルも多いのです。

ルルドのグランドホテルグロッテの朝食


9:00 バスでルルドのホテルを出発し、午前中はポンデ・エスパーニャという所へ行きます。途中から峠道になり、気分が悪くなりました。そういう時は薬を飲み横になってじっとするしかありません。

9:40 コトレ(Cauterets)という町でESGのハイキングガイドをピックアップします。

コトレ


コトレからまた山を上がっていきます。すごいカーブです。この建物は何だったかな、車酔いがひどく説明が右から左へと突き抜けます。

ポンデ・エスパーニャへのヘアピンカーブ


9:45 滝があるのでちょっと写真ストップ、となりました。外の空気が吸えるのは嬉しいですが、降りてみたら一面硫黄の匂いが漂い、吐気が増します。建物は温泉施設だそうです。
このなだらかなのがグリフォンの滝(Griffons)、周辺には湯気もたっています。

温泉のあるグリフォンの滝


そしてここは川の合流地点、左側にはリュトゥール(LUTOUR)の滝があります。カスケード状の、どこからどこまで続いているのだろうと思う大きな滝です。

リュトゥールの滝


10分ほどの写真ストップの後は、さらに峠道を上がって行くのですが、既にシーズンオフで道路工事中、結構待たされたりします。また、3回も切り返さないと曲がれな際どいカーブもあります。この峠道沿いにはさらに滝が4つ程あり段々気分は盛り上がります。

10:20 ポンデ・エスパーニャのパーキングに到着です。門の脇には自動洗浄トイレがあり、出て扉を閉めると自動洗浄し、終わるとランプがグリーンになって次の人が入れるというものがありますが、洗浄待ちに時間がかかります。私は利用は見送り、ガイドと先に歩き始めます。

ポンデ・エスパーニャ入口


本来このツアーの設定では、チェアリフトに乗ってコーブ湖(Lac de Gaube)までハイキングというのが設定されているのですが、10月は既にリストの営業が終わっているので、スペイン滝までの案内、という事になっています。渓流と紅葉、ハイキングにはもって来いの景色です。

スペイン滝の手前


5分も歩いたらガイドが、あれがポンデ・エスパーニャと言います。あぁ、そうかスペイン橋って意味だよね。で、これがスペイン滝ですか・・・。なんだかちょっとしょぼくないですかね?先ほど立ち寄った滝の方が迫力あったと思うんですが・・・。

スペイン橋とスペイン滝の下部


道沿いを更に上がり、スペイン橋の脇まで来たら、少しだけほっとしました。先ほど見えたのは滝のほんの下の方の一部だったわけですね。ここで待っているとトイレに寄った人達も追いついてきました。スペイン滝までと日程表上はなっていますが、ほんとに5分だったので、これじゃね、ともう少し歩きましょうとガイドが案内してくれることになりました。

スペイン滝(CASCADE PONT D'ESPAGNE)


ここは道なんですかね?と思う丘のような所を越えていきます。
今回の出発日を選ぶ際にこのハイキングがショートカットされる事だけがマイナス要因としてひっかかったのですが、特別ハイキング好きじゃないし、この地に強い思い入れがある訳でもなかったので、紅葉シーズンだし涼しくてしかも安いというメリットを優先したのです。

スペイン滝の先をミニハイキング


そして広い所に出ました。素晴らしい景色じゃないですか。きれいな湖が見れなくても十分満足です。しかし、リフト類が止まっていてシーズンオフに入っているからか私達の他にはほんの数人しか人がいません。大自然を貸切みたいでいい気分です。

ポンデ・エスパーニャの更に奥の景色


視界が開けたので安心して自分のペース(人が写真に写らない距離感を保つ)で歩けます。左右の景色を楽しみつつ歩きます。

コーブ湖のある方面


20分ほど歩いたところでそろそろ方向転換し、戻るようです。歩いてきた道を振り返るとこれもまたいい景色じゃありませんか。山登りじゃなくて平坦な所を歩くのであればハイキング大歓迎です。結局、スペイン滝の上流1㎞くらいの所まで歩いたようです。

ポンデ・エスパーニャ方面の景色


来た道は戻らず、別のコースを行ってくれるそうです。川を渡ります。ちなみに右手の草地に見える小屋みたいのは、スキー用のTバーリフトの設備です。今が一番人が少ないシーズンなのかも知れませんが、それがもったいない景色です。

コーブ・デュ・マルカドーという川を渡る


マーモットや動物などどんな種類がどのように生活しているかをガイドは詳しく教えてくれます。高い山の上には大きな鷹などの猛禽類が飛び交う姿が見えましたが、その他の動物は目を凝らしても見つかりませんでした。

帰りは川沿いを歩きます。

川沿いをスペイン滝まで歩く


次回は続きからルルドをレポートします♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

今回のガイドさん、あちこちのマイナーなハイキングコースを迂回ルートまで含めて何度も歩かれているんですかね?
大自然を歩くのは大好きなので、コースが重複するとはいえ、参加してみたくなりました。
ルションから先は、私は東側に向かったわけですけど、ピレネー縦断も悪くはないですし。
早くて来年の秋かなぁ・・

ところで、ハイキングをたくさん組み込んでいるツアーなら参加者のマナーも良さそうですが、どうでしょう?

Re: No title

ガイドはその町々で地元の人がつくので、いろいろと細かい事しっているんでしょうね。
添乗員次第というのもあります。ミートしてから添乗員と話し合って、じゃぁ少し平坦な
所歩くよう案内しましょう、とかね。添乗員によっては、ちょっとでも予定にないことは拒否
するタイプみいます。

今回のコースは「ミニハイキング」3回、だったので、ハイキング目当てに参加した人は
あまりいなかったようで、ちゃんとハイキング趣味ですと言える人は1,2人しかいませんでした。
訪問地がこういったところから、旅慣れている方が多く、英語話せる率も割と高かったと思います。
やっぱりメジャーなところへ行くと、変な人、マナー知らない人も多いですし。

私が紹介したようなコースはガイドなしでも全然大丈夫なくらいの軽いコース、もっと
本格的に楽しみたければ、ハイキングをメインにうたったツアーもいいかもしれませんね。

プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR