フランス・ガヴァルニー渓谷ミニハイキング②

2015/10/11 (5日目) 続き

開けた平坦な道を抜けた後は、一転、滝も見えなくなり上り坂に入っていきます。砂利道で足元はそう悪くはありませんが、段々ときつく感じてきます。トレッキングポールは持っていて正解でした。この天気なのに汗で暑くなってきたので上着類を全部脱いでしまう程です。

ガヴァルニー渓谷ホテルまえでの山登り


ひたすら続く登り道は下ってくる人ばかりで、途中から雨もぽつぽつと来ました。すれ違う人何人かに、半袖Tシャツだった私は上着着た方がいいとアドバイスされます。先が見えない上り道は本当に辛く、息が上がって休憩したいなと思う頃、やっと目指すホテルらしきものが見えました。

登り途中でやっと見えたガヴァルニー渓谷の奥にあるホテル


レストランを出発してから1時間弱でゴールに設定していたホテルHotel du Cirqueに到着です。辿り着いたらビールとかコーヒー飲めると思っていたら、営業している感じはまったくありません。夏季のみなのか、廃業したのか、ちょっと残念です。

ガヴァルニー渓谷の町から1時間の所にあるホテル


添乗員からはホテルまでと言われていましたが、ツアーで最初に辿り着いたようだったので、少しだけ先の見晴しの良い所まで行ってみる事にしました。ちょうど柵がある所まで行くと、注意書きがあってここから先は高山エリアでリスクがあるよと3か国語で書いてあります。まぁ、知識も準備もない人は行くなという事でしょう。

ホテルの先、ここからは落石などの危険も


3000mほどの山々の頂きは雲に隠れ、一番大きく見えるのがヨーロッパ最大の滝落差422mのグランカスケードです。この距離で見ても、400mの落差があると言われてもピンと来ないし、正直、ちょっとしょぼいなと思ってしまいましたが、それだけ周囲の山々が壮大と言うことでしょう。他にも見えないくらい細い滝が何本かあります。

ガヴァルニー渓谷のホテルの先から見た渓谷の奥の景色


滝の麓の方まで道は伸びていて、うごめく人影も見えます。写真右下や、ルート上に何人かの人がいるのがこの写真でわかるでしょうか?それだけこの風景が巨大なのです。右側の方へ抜けて、山を上って行けば、ローランドの裂け目に通じているそうで、体力のある人はチャレンジしてみてはとさも気軽に観光局のサイトに書いてありましたが、そういうレベルじゃなさそうです。

グランカスケードの下まで行ける道


ふと時計を見ると集合時間まで残り1時間を切っていたので、来た道を引き返します。
ホテル前に戻る間に、仲良くなった母娘、昨日カサウなどの村に一緒に行った女性、あと男性1人、と私達入れても6人だけ(27人中)がホテルに辿り着けたことが判明しました。皆途中でリタイアしたようです。

ガヴァルニー渓谷奥のホテル付近


滝の方を見ながらちょっとだけ岩に腰かけて休憩を取って、急ぎ足で戻ることにしました。下を流れる川もとてもきれいです。紅葉も見事で吸い込まれるような光景です。

カヴァルニー渓谷の奥の川と紅葉の景色


ピレネーの山々からの水はとてもキレイで、天気が悪いにも関わらず神秘的な色をたたえています。ちょっと足でも洗ってみたい気分です。

ピレネーの山々からの水の色がきれい


休憩したら残り時間がないので、一気に帰らなくてはなりません。下り坂とは言え、足元に気をつけながら速足で山を下ります。ストックがあってバランスも取りやすかったですが、かなりのスピードで下りました。平坦な所まで戻ってくるとのんびりとした牛さんがお出迎えです。かわいい親子、家に帰るところでしょうか。

牛の放牧、集団の中のかわいい親子


雨は時々ポツポツ来る程度で本格的には降らず、上着のフードすら要らない状態で助かりました。連日の歩行でガタガタ来ている足を根性で動かしながら歩くと、あの石橋が見えてきました。なんとか間に合いそうでほっとします。

ガヴァルニー渓谷ミニハイキングの目印のひとつ石橋


石橋は渡らず、来た時とは反対側の道を歩くことにしました。この辺りでのんびり景色を楽しむだけでも素敵そうな場所です。

ガヴァルニー渓谷ミニハイキングの入口付近の景色


道端に大量のサフラン?が咲いていました。モリエレス渓谷でもたくさん見ました。秋は花がほとんどなく、紅葉だけなので、この時期に咲く花は嬉しい存在です。

平地に咲くサフラン


集合時間5分前に町に戻ってきました。帰りもツアーの人はほとんど見なかったので、多くの人が展望台まで行って早めに引き返したようです。元々90分のミニハイキングの予定なので、走らない限り、ホテルまで往復するのは難しい設定な訳ですが、今日は約2時間あったので健脚の人だけホテルまで行けたと言うことのようです。

ガヴァルニーの町


バスの側まで行くと、昨日一緒にカサウの村などに行った女性(彼女は文字通り走って山を下りた!)が、教会が今開いたと教えてくれました。ガヴァルニーはサンチャゴ・デ・コンポステーラへの巡礼路なので、ここの教会も世界遺産に登録されているのです。

サンチャゴ・デ・コンポステーラ巡礼の道にある世界遺産の教会


どこに残っていたのかと思える体力で、走って教会を見に行きます。小さな教会ですが、ホタテ貝やユネスコのマークもあります。中はこじんまり。旅の無事を祈って、バスへと戻ります。

ガヴァルニーの教会内部


17:00 バスでガヴァルニーを出発、ナポレオン橋など来た道をかなり戻り、ルルドへと向かいます。

次回はルルドをレポートします♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

こんにちは!

トレッキングポールは現地レンタルですか?

ayaさん
足を洗いたいと遠慮せず
泳いでもらっても結構ですよ(笑)

400Mの滝なら
風があれば・・・雨になりそうな(横風でとばされて)(・∀・)

Re: No title

こんにちは!

トレッキングポールは自前です!
I字のを2本、1本500円の安物ですが、これまでにかなり役立っています♪

泳ぐ、かぁ。水着持っていけばよかった。って氷河の雪解け水でしょうから
滅茶冷たいですよ!

滝のシャワーの方なら気持ちよさそうかな♪

No title

うわ〜大自然!
ハイキング大好きなので、こんな素敵なブログを読んじゃったら
週末どこかへ行きたくなっちゃいます。

それにしても景色が綺麗ですね
東京では味わえない、いろんな刺激がありそう・・・。

Re: No title

自然のスケールが大きすぎて、いまひとつピンと来ないほどでした。
目の前にあるのが3000m級の山とはどうしても思えなくて。
午前中天気良かったのに、午後は曇ってしまって、残念な写真ばかり、
本来の良さが伝わらなかったかな~と思いましたが、ちゃんと
イメージしてもらえたようですね♪そろそろ暑くなってきましたので
ハイキングの際には気を付けて下さいね~
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR