フランス・ルション自由散策(ジュゼ~ルション)

2015/10/10 (4日目) 続き

14:00に滝を後にし、滝入口まで戻って分かれ道の坂を少しだけ上ります。すると、視界の開けるポイントがあって足元のジュゼ・ド・ルション(Juzet-de-Luchon)の村とその向こうにはルション(Bagnères-de-Luchon)の町まで見渡せます。登り口から近いのでそんなに高さはありませんが、いい眺めです。正面に見えるのがロープウェイで上がり損ねた山です。こうして見るとかなり遠くに見えます。

ジュゼ・ド・ルションから見たルションの方面


足元にはジュゼ・ド・ルションの村がかわいらしく広がっています。さらに道を上って行けばもっといい景色が見えるかも知れませんが、まだ帰るためにも歩かなくてはなりませんし、坂も斜度があったので、この辺りでやめておきます。

ジュゼ・ド・ルションの村


道を下りた後、先ほどの所から見えた教会に立ち寄ろうと、塔を目指して村の真ん中にやってきました。かわいらしい教会です。残念ながらここの教会も開いていなかったので中は見れませんでした。

ジュゼ・ド・ルションの教会


ルションへの帰り道はこちらの方が近そうと思える道がありましたが、何しろ周辺の地図がなく確証がないので、安全策を取って来た道を引き返すことにしました。(後で調べたら、空港の北側を周りルションの駅に通じる道を歩くルートがありそちらの方が近そうです。その場合はMontauban-de-Luchonは通りません)

暑い中、来た道を戻ります。数少ない車が通る度に、ヒッチハイクをしたい気分になります。
民家もまばらな道ですが途中で羊の群れに会いました。そこまで田舎だとは思わなかったのでちょっとびっくりです。

ルションに戻る途中羊たちに遭遇


15:00くらいにルションの町中に戻ってきました。この時間は静かな町です。

ルションの町の午後


下見したスーパーマーケットCASINOでお菓子などを買ってからエチニー通りの方へと戻ります。ルションはエチニー通りはいかにもフランスの町という雰囲気ですが、一歩脇道に入るとすぐそこに山が見える静かな町です。

ルションの町の脇道


ノートルダム教会の所で山の方へと道を入っていきます。正面から見た教会も立派で、周辺の村々の教会とは格の違いがはっきりです。ここがこの地域の中心都市だと実感します。

ノートルダム教会からマルシェへ


目指していたのはここマルシェ、市場なのでこの時間にはもう閉まっていますが、建物がかわいらしいです。なお、この広場の脇にも公衆トイレがあります。

ルションのマルシェ


このマルシェがあるガブリエル・ルイ広場には、一見すると学校か駅のように見える建物があります。外見に反し、そのような建物ではなさそうですが、結局何の建物かわからず仕舞いでした。

マルシェ付近の建物


別の道からエチニー通りへと戻ります。既にツアーバスに置いて行かれたんじゃないか、と思う程、人の気配がありません。15:00まで昼休みの店も多いので、人々が出てくるのはもう少し後なのでしょう。

人の気配のない午後の町


エチニー通りに戻ったら、泉に立ち寄り水を汲みます。ルションの水と言えば老化防止で有名です。ヨーロッパには珍しい軟水で、しかもカルシウムを含むアルカリ性、奇跡を起こすルルドの泉の水と同じような特徴のお水です。

ルションの水が汲める泉


空になったペットボトルに水を汲みます。ルルドでもエヴィアンでも、そしてここでも、こうして水を汲める場所がありますが、どこも無料です。もっと大きなペットボトルを持って来れば良かったかな?重いし、ほどほどにしておかないとお腹壊すかも知れませんよね。

無料で汲めるルションの水


そろそろ集合時間なので、浴場の方へとエチニー通りを戻ります。こちらは市庁舎、ここでちょっと脇道に入ってカジノを見に行こうと試みますが、あまり時間がないので遠目に見て引き返しました。

ルション市役所


10分前くらいに集合場所の浴場前へと到着です。ちょうどプチトランも止まっています。
直前に水着を持って行った方がいいとアドバイスした母娘は温泉に行ったそうで(ただし昼休みがあり15:00から行ったそう)、洞窟で蒸気浴とか雰囲気よかったと喜んでいました。水着も10ユーロくらいで売っていたそうなので、私達も行けば良かったとちょっと思いました。

ルションの浴場


15:00くらいまではほとんどのお店や施設が閉まっていたのに、皆さんどうやって過ごしていたのかと何人かの人に聞いてみたら、なんと遊覧飛行をしたという人までいました。そうか、あの飛行場、確かに遊覧飛行がメインというサイズだったかも知れません。天気も良かったので、ピレネー山脈がきれいに見えたことでしょう。

16:00 バスでルションを出発し、来た道をヴィエラへと戻ります。
途中の山の中腹にある村々がかわいらしいです。そうだ、この後ヴィエラの上の村に行ってみようよ、旅ともさんと相談します。さっき散々歩いたことはもう忘れたようです。

ヴィエラ近くの山間の村々が見える風景


次回はヴィエラ周辺の村をレポートの予定です♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

ヴィエラ、行くとなれば5月3日前後になりますので、情報間に合って助かります。
いま、パリの気温は9度とのことで、雪が心配。

Re: No title

連れて行ってもらいたいな~
私はこの時期のヨーロッパは好きです。
でも道路事情が悪ければ無理せずお気を付けて!

No title

こんにちは!

私も
ガブリエル・ルイ広場の建物は
駅?とおもってしまいますね


大きなペットボトルは
18リットル容量お勧めします(笑) 筋力UPにもなるし・・

Re: No title

こんにちは!

やっぱり駅に見えますよね?
学校でもなかったみたいだし、なんだったのかなー

18リットルって、持てないより
飲み切らない(笑)
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR