ドイツ・ハイデルベルク旧市街②

2015/08/18 (8日目) 続き

12:40過ぎ、聖霊教会に着いたら直ぐ、入口のお姉さんに塔に上がりたいといって2ユーロ払い、階段を上がり始めます。すると教会の上の階に出て反対側の階段へと移動します。教会内部を高い位置から見下ろせ、ステンドグラスなどもよく見えるのですが、時間がないので先を急ぎます。

塔への順路から見た聖霊教会内部


さらに狭い通路の奥にある、古い石造りの螺旋階段へと進みます。急いでいたのであまり考える暇がなかったのがよかったのですが、この階段、ちょっと狭いので閉所恐怖症じゃなくても圧迫感で正直怖いです。さらに、意外に長くて不安になります。一方通行じゃないので、人が来たらどうするんだろうかと思うほどの階段です。

聖霊教会の塔の最後の階段入口


時間、間に合うかなと思いながら、一気に狭くて長い螺旋階段を上がるとやっと出口が見えました。やっと頂上に着いたと思ったら柵があかず、一瞬パニックになります。柵越しに展望スペースが見えているので、階段間違った訳ではないですが、まさか鍵がかかっていて外に出れない?

聖霊教会塔の展望台の扉ごしに見た景色


なんだか檻に閉じ込められたような切羽つまった感覚がしましたが、外から人の声が聞こえました。どうやら先客がいるようです。柵を思い切り蹴ったらちゃんと開きました。古い扉で立てつけが、悪く単に硬かっただけで拍子抜けしました。こうして見ると、階段が狭かったのも頷ける小さな塔です。

聖霊教会の塔の展望台


さて、時間がないので、眺めを楽しまなければいけません。幸い、そこそこ幅がある展望台だったので、内側に背中か手をついていれば怖がらずに一周できそうで、躊躇せずに歩みだせます。まずはネッカー川方面、アルテ・ブリュッケを上から眺めます。なかなかの眺めです。

聖霊教会の塔展望台から見たアルテ・ブリュッケ


アルテ・ブリュッケは正式名称はカール・テオドール橋といい、1248年に最初に記録に出てくるドイツでも最古の橋のひとつです。と言っても、第二次世界大戦の時に国防のために爆破され、現在の橋は戦後に復元したものだそうです。

アルテ・ブリュッケをズームで


西方面へと進みます。こちらは先ほど歩いた旧市街、大学施設などがある方面です。
近くのイエズス教会も見えます。18世紀の教会ですが、塔が立派です。

聖霊教会の塔展望台から見たハイデルベルク旧市街


反時計回りに南側へと回ります。山側とハイデルベルク城が見えます。
先ほど乗ったケーブルカーの頂上駅も見えます。さらに乗り換えて行けるというケーニヒシュトゥール展望台まで行けば、かなり高い位置になるので、また違った景色が楽しめるでしょう。いつか行ってみたいです。

聖霊教会の塔展望台から見たケーニヒシュトゥールの森方面


最後に東側へと行きます。足元には教会の屋根、右手にハイデルベルク城が見えます。
それにしても、レンガ色の旧市街の町並み、このほどほどの高さから見るのがとても素敵です。

聖霊教会の塔展望台から見たハイデルベルク城など


そろそろ一周です。川沿いの景色もなんとも言えません。82mの高さの塔、高所恐怖症でも何とか楽しめるオススメスポットです。冬季は閉鎖していて上れなかったので心残りだったのですが、今回わずかな時間に制覇できて大満足です。

聖霊教会の塔展望台から見たネッカー川の景色


更にもう1周してから塔を下ります。気付いたら残り10分を切っていたので、帰りは階段を駆け下りました。幸い、上ってくる人がいなくて良かったです。道をゆずっている時間はありませんから・・・。

走って集合場所のお店へ行くと、集合時間の13:00ぴったりでした。見た所、まだきっちり集まっていなかったので、2軒ほど先でさくっとアイスを買ってきます。悩んでいる時間の無い時、走った後の私の定番レモン味です。1.2ユーロ、アイスもすっきり、コーンまでとてもおいしかったです。わずかな自由時間に走って階段上り下りしたご褒美です。

絶品のアイスクリーム


皆がそろっている事を確認したら、皆で橋まで歩きます。先ほど上から見たアルテ・ブリュッケ(カール・テオドール橋)です。橋の門は、元々は町の城壁の一部だったそうです。塔は昔は牢としても使われていたとか。

アルテ・ブリュッケの門


橋の袂に近代アートみたいなサルの像があります。なんでサルかと言うといろいろなエピソードがあるようです。近くにネズミもいるので、お見逃しなく(写真にも小さく写っています)。
ここは頭をすっぽりと入れて記念撮影するスポットとして観光客に人気になっています。

アルテ・ブリュッケの脇にあるサルとネズミの像


ネッカー川にかかるこの橋、長さは220mもあります。昔は木製の橋だったようですが、今は頑丈な石の橋です。途中まで渡り、川の景色も堪能します。
対岸は高級住宅街です。

アルテ・ブリュッケから見たネッカー川の景色


橋には、この橋を石橋に作り替えたというカール・テオドールの像が立っています。そう言えば、ハイデルベルク城にあったあのワインの大樽を作ったのもカール・テオドールです。そのほかにもいろいろな逸話と共に名を遺した人のようです。

カール・テオドール橋に立つカール・テオドール像


次回はいよいよこの旅の最終レポートです♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

雨 雨

最近の旅は 雨にたたられ この橋も 傘をさしていました。
アルト・ハイデルベルクも 最近はあまりはやらないようですが 
有名な場所を 見ることができて満足でした。
大学の建物街のあり様 思い出します。

Re: 雨 雨

雨は辛いですよね・・・
曇り時々晴れ間でもこの程度の写真(写真がイマイチなのは腕の問題もありますが)、
やっぱり晴れると旅の印象がかなり違いますよね。
私は何回か来ていても、いつも短時間の滞在なので、同じ場所しか見れず、
何かひとつでも新しい場所、視点を探すのがやっとです。

No title

はじめまして
ずいぶん昔に行った新婚旅行を思い出しましたのでメールさせて頂きました 
川の名前も忘れていましたが ネッカー川でしたね  いい景色でした
お天気良くて良かったですね これからももし海外に行く機会ができた時は ブログを拝見してから出かけたいと思います 

Re: No title

はじめまして!コメントありがとうございます♪

新婚旅行を思い出していただけたなら、何よりです!
景色の写真とか見て、そういえばあんなことあったな、とか
私も旅行行ってからブログ書くまで時間がたってしまっていることが多いので
写真を見ないと思いだせない事も多いです。

次にどこかへ行くことがあったら、さくっとだけ見て行って下さい。
あんまり人の視点や感想、ガイドブックのオススメなんか、細かく見ちゃうと
つまらなくなってしまうこともありますから(笑)
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR