ドイツ・ハイデルベルク旧市街①

2015/08/18 (8日目) 続き

12:00 ハイデルベルク城の観光を終え、旧市街へ行くために今回はケーブルカーを使います。
城が混んでいた事もありシュロス駅の外まで長蛇の列、改札に入るまでだけで10分以上もかかりました。乗ったらあっという間、1駅で終点である麓のコルンマルクト駅に到着です。

ハイデルベルク城観光に便利なケーブルカー


添乗員は人の少ない道を選んでまずはマルクト広場に案内します。
広場には聖霊教会が建っていて、この辺りが観光の中心地でもあることから、たくさんの人で賑わっています。

マルクト広場と聖霊教会


メインストリートは川と並行して通っていますが、山側に伸びる脇道は静かで奥行を感じる素敵な道が多いです。街の中心だというのに、緑と静寂のある風景というのが何となくほっとします。

ハイデルベルク中心部の脇道


メインストリートを歩く前に、少し戻って隣のコルンマルクト広場に寄ります。
先ほど見学したハイデルベルク城がきれいに見えるスポットです。

コルンマルクトとハイデルベルク城


こちらは市庁舎、18世紀のバロック建築、まるで宮殿風のホテルのように見えます。
ゼラニウムかな?赤いお花のプランターが飾り付けられ、建物を引き立たせています。

ハイデルベルク市庁舎


マルクト広場に戻り、メインストリートであるハウプト通りを歩きます。
ヨーロッパでも最長と言われるほど長い歩行者天国の道路ですが、かなりの歩行者の数なのでグループからはぐれないように気を付ける必要があります。

ハウプト通りとマルクト広場


マルクト広場の脇にひときわ目立つ建物があります。ハイデルベルクに現存する中でも最古の建物、ホテル「ツム・リッター」(騎士亭)です。元々は、裕福な織物商人が1592年に建てたもので、17世紀末のフランス軍の攻撃を耐え抜いた唯一の建物と言われています。

ツム・リッター(騎士亭)


さて、ハウプト通りの中でも賑やかな場所に入ります。普通にショッピングを楽しめる通りで、ウィンドウショッピングも楽しそうです。

ハイデルベルクの歩行者天国ハウプト通り


この通りのいい場所に日本人のお店、ユニコンがあります。日本のツアーの多くが案内されるお店です。トイレを借りられ、お土産を買ってもらえるという持ちつ持たれつの関係、このお店が集合場所なので覚えておきます。

日本人御用達のお土産屋ユニコン


添乗員引率の旧市街観光はもう少し続きます。道を曲がり次にやってきたのは、学生牢です。ハイデルベルクは大学の町としても有名で、ハイデルベルク大学は1386年創設のドイツ最古の大学です。こちらはかつての学生牢があった場所で、現在は観光客向けに公開されていますが、いつも時間がなくて入った事はありません。

ハイデルベルク大学の学生牢


学生牢から少し先に進むと、学生広場があります。
周辺の建物は大学の関連施設が多いです。

大学広場


ピンクの建物を周りこむようにしてハウプト通りの方へと戻ります。
写真右手のピンクの建物は大学の旧校舎、現在は博物館として利用されています。
ここで、13:00に先ほどのお店集合のちょっとだけフリータイムとなり解散です。

ハイデルベルク大学旧校舎の博物館


20分ちょっとしかないため、ほとんどの人はハウプト通りをブラブラするようですが、私には前回この町に来た時のちょっとした心残りがありました。時間がないから母は連れていけないので、ちょっと走っていきたい所があるから行くけど一人で大丈夫だよね、とだけ言うとハウプト通りを逃げるように走って消えました。

ハウプト通り


目指す先はマルクト広場にあった聖霊教会です。
先ほど通った時に、冬季は開いていなかった塔が開いている事を確認していたのです。
塔の高さからして、20分で何とか行って帰ってこれるでしょう。

ハイデルベルク聖霊教会


次回はハイデルベルク旧市街の続きをレポートします♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

こんにちは!

>ヨーロッパでも最長と言われるほど長い歩行者天国の

何メートルくらいあるんでしょうね?

日本にも長いホコテンあります
田んぼの畦道(笑)

Re: No title

こんにちは!

調べました~、1.6㎞だって!結構長いね。
今度は端までいってみないとな~(笑)
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR