ドイツ・ローテンブルク朝の城壁散歩(南側編)

2015/08/18 (8日目) 続き

クリンゲン門で城壁を下りてからは、聖ヤコブ教会を通り、今日もブルク公園へとやってきました。ガイドブックには城の遺構が残っていると書いてあるので、今回は奥まで行ってみようと思います。

ローテンブルクのブルク公園


ここが一番奥、緑濃いタウバー渓谷を見下ろすテラスになっています。町のすぐ隣にこんな自然環境が残っているというのは素晴らしいです。

ブルク公園一番奥から見るタウバー渓谷


公園内をくまなく歩きますが、城跡っぽいものはさっぱり見つけられませんでした。先ほどの奥のテラスの一部とかは昔のままとかそういう事かも知れません。

ブルク公園


公園を出る前にローテンブルク旧市街南東部の景色を眺めます。天気は残念ながら曇りといった所ですが、少しずつ明るくなってきました。見えている方向へこれから行きたいと思います。

ブルク公園から見るローテンブルク南部


いったんプレーンラインまで戻ってきました。この後は町の南半分を散策です。
プレーンラインの右側の道、タウバー渓谷へ下りる方の道へ行き、コボルツェラー門へと向かいます。左の塔はジーバー塔です。

プレーンライン


門をくぐって城壁の外へは行かず、塔の所の階段を上がって城壁歩きを再開させます。

コボルツェラー門手前の階段から城壁の道に出る


上の道に出ると、城壁歩きができるポイントがあります。ここは段差が少なく階段怖い人にはもってこいの入口です。

城壁巡りの入口出口ポイント


この辺りも第二次世界大戦で被害にあったのでしょうか?、木材の腐食具合から見て比較的新しい修復を感じます。城壁を南へと向かいますが、城壁外側に時々小さな窓が開いています。ここから見る景色が素晴らしいです。

ローテンブルク城壁南西部


少し晴れてきました。城壁の窓から見る景色です。
聖ヤコブ教会や、先程行ったブルク公園(写真だと左端で切れてしまっている)などローテンブルクの中心部がタウバー渓谷越しに見えるのです。

城壁の窓から見たタウバー渓谷越しのローテンブルク


さて、そのまま真っ直ぐ南へ進んでいくと城壁は階段で下る感じになってきます。そしてその脇に、野外劇場みたいなスペースが現れました。古そうではありませんが、町の端にこんな設備があったのは知りませんでした。

城壁を背にした野外劇場


城壁に沿って進むと、帝国都市ホールの脇に出て、いったん城壁の道が途切れます。

帝国都市ホールのあたりで城壁が途切れる


こちら帝国都市ホールの隅に建つ塔、お城の一角みたいな素敵な塔です。

ローテンブルクの城壁にある塔のひとつ


下の道からシュピタール門へとやってきました。
ローテンブルクの南端の市門です。

ローテンブルク市門シュピタール門


塔門の外側には8の字のような形をした2重にも見えるシュピタール堡塁(シュピタールバスタイ)
があり、堅牢な要塞と言った感じです。今でも大砲が置いてあります。
その外側にあるアーチには、“Pax intrantibus, Salus exeuntibus”「来る者には平和を、去る者には無事を」と書かれています。文字通りの意味ではなかったと言われているそうです。

外からみたシュピタール門


シュピタール門にある階段を上り、再び城壁へと上がります。ここから北上し、城壁の1/4くらいを歩きたいと思います。城壁巡りをする中で、一番ローテンブルクらしい景色が見られる区間じゃないでしょうか。見えているのはプレーンラインにあるジーバー塔です。

シュピタール門から北へ城壁を歩く


ひたすら城壁を北へと歩きます。7:20、やっと城壁で人とすれ違うようになってきました。
この辺りは城壁の中でも東側、第二次世界大戦で被害にあった辺りです。寄付によって修復されたので、寄付した方のお名前プレートが見られます。日本語もちらほら、京王百貨店など親しみのある文字も見つけられます。

第二次世界大戦で被害を受けた城壁は寄付により修復された


次回はローテンブルク散策の残りをレポートします♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

lこんにちは!

寄付金

ホリエモン
とかなかったですか(笑)

Re: No title

20世紀の話ですよ~
子どもの頃に寄付してたらすごいですけど(笑)

ここって元々予定していた攻撃地の代わりに攻撃されちゃったので、
当の攻撃した米国からもかなり寄付あったみたいですよ
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR