スイス・インターラーケン(アルプス野生動物園)~ヴェンゲン

2015/08/15 (5日目) 続き

12:10のケーブルカーでハーダークルムを下ります。下りたら帰りのヴェンゲンまでの切符をもらって解散です。ツアーではこの後、オプショナルツアーに参加する人は添乗員と一緒にユングフラウヨッホ観光へと行きますが、列車の予約時間まで時間があるのでインターラーケンで時間を取るようです。それ以外の人はこの後はフリータイムで好きな時にホテルへ戻ることができますが、不安な人はOPの人たちと一緒の列車でヴェンゲンまで帰ることも可能です。

ハーダークルム展望台のケーブルカー


皆はインターラーケン駅の方へと向かいましたが、私はケーブルカー駅の横にあるアルプス野生動物園に寄って行こうと母と残ります。入場料とかないし、駅のすぐ隣にあるので、上りのケーブルカー待ちの時間つぶしにもオススメです。とても小さなミニミニ動物園です。

ハーダークルム展望台ケーブルカー駅隣にあるアルプス野生動物園


こちら昨日のスネガ展望台付近で見れなかったマーモットです。小さいのが数匹と、屋根の先に大きなのが一匹います。巨大なネズミという感じですが、ぽっちゃりとしていて親近感が湧くせいか、とてもかわいらしく見えます。

アルプス野生動物園のマーモット


母子なのでしょう、ついて歩く姿などとてもかわいいじゃありませんか。
野生のを見れませんでしたが、ここで見れて満足です。

マーモットの親子


そしてこちらは、シュタインボック(アイベックス)。ポーズも格好いいですけど、置物??
いえ、本物です。立派な角にテンションあがります。

岩の頂点に立つシュタインボック(アイベックス)


アルプスに生息する動物、しかもマーモットとシカ類くらいしかいませんが、自然に近い姿で間近に観察できるし、立ち寄って正解です。私たちがいる間、他には観光客はもちろん飼育員みたいな人も誰もいなかったので、じっくり楽しめました。

立派な角のアイベックス


旅へ出る前にこの日のフリータイムをどう過ごすかいろいろ考えていましたが、まさか雨が降ると考えていなかったので、インターラーケンで時間を過ごすことは全く考えていませんでした。なので、持っているガイドブックしか情報はないのですが、半日時間を過ごす程の興味を引くプランが全く浮かびません。そこでやはり、ひとまずインターラーケンから出ようと提案しました。アーレ川を見ながら駅へと戻ります。

アーレ川


次の列車の時間を確認して、駅前のスーパーマーケットCOOPへも立ち寄ります。今回の旅の中では一番大きなCOOPで、品揃えがとても豊富です。

インターラーケン駅前COOP


13:05 インターラーケン発ラウターブルンネン行の列車に乗ります。車内で、同じツアーの母娘に会いました。シーニゲプラッテに行こうと思っていると言います。私も候補に考えていた一つですが、列車の本数が少ないし、天気が悪いので眺望は望めず、植物園がありますが花の時期を少しずらしている、などの理由で今回はやめようとさっき思ったばかりでした。
インターラーケンの次の駅から、赤い列車に乗り換えて行くことができます。

シーニゲプラッテ行の列車


列車でそのままラウターブルンネンへと向かいます。あの山あたりがシーニゲプラッテなのでしょうか。いつか機会があれば訪れたい場所のひとつです。

シーニゲプラッテ近辺


ラウターブルンネンへの線路沿いには川が流れているのですが、そこでカヤック?で急流を下る人達を見かけました。この天気もなんのその、です。これを見て、まだ迷っているこれからの時間の使い方を少し考えさせられました。やっぱり予定通りハイキングに行こうかな?

急流下り


ラウターブルンネン周辺で過ごすことも選択肢のひとつでしたが、やっぱりメンリッヒェンのハイキングコースを今のところ第一候補にしようと、列車を乗り換てヴェンゲンへ一旦帰ることにします。列車は乗り間違えようがありませんし、車内の掲示もとても見やすいので旅行者も簡単に乗ることができます。1時間後くらいにはツアーの皆がこれでクライネ・シャイデックへ行き、そこからユングフラウ鉄道に乗り換えユングフラウヨッホへと行く予定です。

わかりやすい列車の掲示


ラウターブルンネンのU字谷を見ながら谷の反対側(写真右側)、シルトホルンやミューレンも行ってみたいなと思いを馳せます。天気さえ良ければ、いろんな選択肢があったのに、と悔やまれます。

ラウターブルンネンのU字谷


標高をぐんぐんと上げ、ヴェンゲンが近付いて来ました。線路沿いにも道があったりして、近所でハイキングというのも楽しめる村です。

ヴェンゲンの近く


13:51 ヴェンゲン着。小雨が降っているのでまずはメンリッヒェンへのロープウェイが動いているかを確認に行きます。するとちょうど3人ほどが乗り込んでいく所でした。よし、じゃ、私達も行こう、とファイナルアンサーを出します。帰ってきた頃にはCOOPは閉まっているので、フルーツなどを買いに寄って、いったんホテルへ戻り身支度を整えます。

ヴェンゲンメインストリート


次回はメンリッヒェン~クライネシャイデックのハイキングの模様をレポートします♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

こんにちは!

動物園て なんかいいですよね
大蛇とかいたらいやですけど(笑)

シュタインボックの写真
良いアングルですね

どうやって登ったんでしょうかね?

ayaさん
あのシュタインボックの上に乗って写真撮ってもらわなきゃ
日本で言う戦国武将の銅像みたいに(笑)

Re: No title

こんにちは!

そういえば私、昔は○○(動物)と私、って写真撮るの好きだったんですよ。
でも、どれも腰が引けてましたね(笑)

シュタインボックの上に乗る、いい案ですけど~だぶん潰れちゃう!
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR