スイス・スネガ展望台~ツェルマット(アルプスハイキング)①

2015/08/14 (4日目) 続き

10:00 ライゼーを一周したので、私達もそろそろツェルマット目指して下り始めようと思います。いくつかのガイドブックをよく読んできたので、まずはライゼーの下に見えるフィンデルン村エッゲン地区(Eggen)を目指して適当な道を下りていきます。

ライゼーから見たフィン出る村のエッゲン地区


集落に近付くと咲終わりのエーデルワイスを発見。もちろんこんな群生しているのは、人工的に植えたものです。この辺りでは自生のものもありますが、発見するのは結構大変だし、もう少し早い季節がオススメです。

エーデルワイス


集落はひっそりとしていて、ほとんど人の気配がしません。この辺りではマーモットも出没するという情報がありますが、注意深く周囲を見た所で、何かが動くような物音ひとつしません。

フィンデルン村エッゲン地区


次に目指すはフィンデルン村のガッセン(Gassen)という地区です。まぁ、下に見えているのがそうかも知れません。しかしこの辺りは一本道という訳ではないので、注意が必要です。

フィンデルン村


分岐には大抵、黄色のハイキング標識が立っています。スイスのハイキングコースに共通の標識で、目的地の方向や想定時間が書かれています。この時点では複数にツェルマットと書かれていて逆に悩ましいです。コース上にある村などの名前も確認する必要がありますし、時間が明記されていない時、同じツェルマットを目指しても何倍も時間がかかることもあるので安易に頼るのも問題です。

スイスのハイキング標識


雨はすっかり止んで、歩くにはちょうどいい気温、ですが霧が出てきました。すぐ近くにあるはずの次の集落が霞んで見えます。

霧のかかるフィンデルン村


しばらく行くとガッセン地区に突入です。ここにはおしゃれなカフェレストランが3軒ほどあります。このコース唯一の休憩ポイントとも言えますが、まだ30分くらいしか歩いていないし、ウェルカムとありますが果たして営業しているのか、という程人の気配は皆無です。

ガッセン地区のカフェレストラン


本当であればこのガッセン地区からはマッターホルンがきれいに見えるという事で有名なので休憩する人も多いのかも知れませんが、山どころか霧で視界がこの状態。やれやれ、こんな日に好んでハイキングする人もほとんどいません。

霧に包まれるガッセン地区


名前は分かりませんが、唯一コース上に盛大に咲いていた花です(上の写真と同じ花のアップです)。

フィンデルン村に咲く花


フィンデルン村の周囲は結構お花が咲いているので、こんな天気でもそこそこハイキングを楽しめます。こちらも名前分かりませんが、かわいらしいお花です。

フィンデルン村に咲く白い花


意外にもいろいろな色の花を見ることができました。たくさん咲いているシーズンではないので、注意深く左右を見ながら歩く感じです。

フィンデルン村に咲く紫の花


ガッセンは道沿いに家が転々とある集落ですが、ここも実にひっそりとしています。先に下りて行ったツアーの人たちも通ったと思われますが、追いつく様子もなく、他のハイキング客もなく、村人も見かけない状況です。

ガッセン地区


こちらは家の屋根です。薄い石の瓦屋根。味があります。

ガッセン地区の家の屋根


さぁ、ここで集落は終わりのようです。天候の悪い日などはゲートを閉じるという事でしょう。
開いているということは道に大きな問題はないようです。

ガッセン地区の終わり


この後はフィンデルンバッハの滝へ出るコースを目指して、集落も何もない所をひたすら下って行くことになります。こうしてみると、結構斜度があって、考え込むと怖いような道です。ハイキングコースはだいたいこのように狭く、並んで歩くことはできません。霧は晴れてきたようでひとまず安心です。

スネガ展望台からツェルマットへ下りるハイキングコース


次回はハイキングの後半をレポートします♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

こんにちは!

エーデルワイス、エーデルワイス
 毎朝、私を迎えてくれる~♪

歌のイメージが強くて
花の名前だったんですね___φ(゚ー゚*)フムフム

いろいろな花がありますね
曼珠沙華とツツジを足して2で割ったものや
薄紫ですが枝豆みたいな(笑)花

Re: No title

こんにちは!

何の話かわからなかったので、ネットで調べてみたら、私の知っているエーデルワイスは
日本語詞で。原曲の訳とはだいぶ違うんですね!
私は元々花の歌と思ったいたのですが、故郷を思う歌だったとは知りませんでした。

いろんなお花がありますが、今度はもっと花がたくさん咲いている時期に行きたいです!

No title

ayaさん タフですね。
お母様も 健脚ではないですかぁ。
旅をしているだけでも 疲れちゃうのにハイキング!
空気が気持ちよさそうで エーデルワイスって素敵!
廃墟ではないのに 街人さんたちは いったい何処に消えているのでしょうね?(^o^)

Re: No title

私はともかく母は年の割に健脚ですね~。
せっかくスイス来たらハイキングさせなきゃと無理させたかも。
住人は、天気の悪い日はおとなしくしてるのかな?
どんな人が住んでいるんだろう?山のガイドさんとか?

No title

霧がかかって迫力ある景色ですね。
壮大さも感じました。

Re: No title

こうして見ると霧も悪いもんじゃないですね~。
歩いているときはこれ以上濃くなったらどうしようと密かに心配しましたが。
どうせ、山見えないなら、これくらいの天気の方が諦めがつくというものです(笑)

はじめまして。。。

いいなぁ~
本物のエーデルワイスを見られて!
大好きなのです!

この花をどうしても見たくて
利尻山を登って
礼文島に渡り
エーデルワイスの親戚筋に当たる
「礼文薄雪草」に対面しました^^

Re: はじめまして。。。

はじめまして!コメントありがとうございます♪

エーデルワイス、絶対自然のものだ!というのは私も今まで見たことがありません。
スイスでも手近なハイキングコースなどに咲いているのは盗掘にあったりしていますからね・・・。
だからもし山に咲いていたとしてもこんなに群生していることはないんです。
私は個人的に花は小さければ小さいほど好きという性質なので、エーデルワイスはそんなに
好きじゃありませんがファンは多いようです。

ちなみに礼文島、大好きです。南の島じゃないのに、まるで天国みたいな島に思います♪
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR