スイス・サースフェー~テーシュ

2015/08/13 (3日目) 続き

サースフェーの村の中をぐるっと大回り、解散した教会が見えてきました。
せめて2時間くらいあれば展望台のひとつにも上がることができるでしょうけど、1時間ちょっとじゃ、村をくまなく散策で終わってしまいます。

サースフェーの散策


それでも時間が余ったので、スーパーマーケットCOOPに買い物の偵察に行きます。私はリンツのチョコレートが大好きなのでスイスに来たら大人買いするのです。生憎、セット売りが品切れ中でした。サースフェーは小さい村ですが、村の中心にCOOPとミグロと2つのスーパーがあって観光客にも嬉しい存在です。駐車場近くのキオスクはスーパーの倍する値段なので、お菓子や飲物などはスーパーで買うのがオススメです。

サースフェーのスーパーマーケットCOOP


17:15に駐車場に集合しますが、1名戻って来ません。旅経験豊富なご夫婦の奥様、集合場所をちゃんと聞いていなかったみたいで、狭い村ながら探すのに手間取り15分遅れで出発となりました。明日は我が身、ツアーの場合、ツアー行程に影響を及ぼすような遅刻をしないよう改めて教訓にさせてもらいます。サースフェー、次来る時は是非晴れていて欲しいものです。

サースフェーの氷河が迫りくる景色


今日の宿泊地、テーシュに向けてバスは走ります。またしても山道、バスの座席に余裕があるので、辛くなったら一番後ろで横になって寝て過ごします。車窓もスイスらしい景色満載なので、時々起き上がって気分転換です。

サースフェーからテーシュへの車窓風景


バス車内では、添乗員が明日の予定などについて説明をしています。ちゃんと聞いていれば、手荷物どうするかとかフリータイムどうするかとか、イメージがわきやすく準備がしやすい。さすが人気添乗員、説明の仕方がとてもうまく、旅を楽しむ準備ができそうです。

18:20 ツェルマットの玄関口、テーシュのホテル、エリートに到着です。テーシュの駅から歩いて3分という距離で、ツェルマット行の線路沿い、この先には建物がほとんどありません。ツェルマット方面、今は天気がいいようですが、明日はどうでしょう。

テーシュのエリート近辺


このホテル、日本に35回も行ったと言う日本語ペラペラのマダムが取り仕切っています。
エレベータは小さいのが1基のみなので、階段を使うのがオススメ。

テーシュのホテル、エリート


部屋は狭めですがモダンな内装で、レースカーテンしかないと思いきやブラインドがついています。NHKが入り、Wi-Fiはロビー周辺のみで無料(PWなし、スピードは速い)。

エリートの部屋


部屋のベランダからはツェルマットに向かう列車が見えます。ツェルマットは車の乗り入れができないので、ツェルマットに宿泊するツアーでもここでバスを降りて列車でツェルマットに向かうのです。今回のツアーは安いので、ツェルマットに泊まらず、テーシュ泊まりという訳です。

エリートの部屋から見た景色


18:45の夕食までのわずかな間に、一人でテーシュの村をちょっと偵察に行きます。とても小さな村で、スイスっぽいホテルがポツポツあるだけのこじんまりした本当に静かな所です。

テーシュの村


駅前のCOOPまで小走りで行ってリンツのお買い得品とかチェックして戻ってきます。スーパーは19:00までで朝は平日は7:30から、日本と違って朝方です。
観光客どころか村人も誰も歩いていない村、この村を通り過ぎる観光客の数からは考えられない静けさで、川の水音が耳に心地よいです。

人の少ないテーシュ


18:45 ホテルのレストランでビュッフェの夕食です。ホテルと言っても、日本で言うとちょっと大きなペンションみたいな感じです。

エリートのレストラン


ほとんど貸切に近く、品数は少ないですが、日本風ぽいカレーもあります。飲物はほとんどのものが4フラン(4ユーロまたは500円)統一で、日本円の小銭のお釣りまで用意があります。とてもアットホームなお宿という感じでした。

エリートの夕食


夜中、まさかの雷雨・・・。外を見なくても、かなりしっかりと降ったと分かりました。

2015/08/14 (4日目)

6:30 モーニングノックで起き、7:15 味噌汁やごはんもある朝食を食べます。

8:15 スーツケースとバスに預ける荷物をホテルに置いて徒歩にて3分ほどのテーシュ駅へと向かいます。わずかに小雨が降っていて、晴れる見込みが絶望的な厚い雲に空は覆われています。

テーシュの駅へ


8:35 テーシュ駅からツェルマットに向かうシャトル列車を利用します。駅には改札があり、往用切符をバーコードで検札し、ホームに入場します。

テーシュからツェルマット行の列車


列車に乗るのは1駅だけですが、快適な列車です。朝早いこともあり、とても空いていて座席は自由に選び放題です。写真の他、サロンぽい座席もあります。晴れていれば、進行方向向かって左側がオススメです。

ツェルマット行列車の座席


車窓は・・・、残念、雨が強くなってきたような気がします。最早、風景もまともに見えないくらい雨のしずくが付いています。なんだか悲しい気分ですが、山の天気はどう変わるか分からないし、ツアーの場合、天気が悪いから行くのやめましょうという訳にも行きませんからね。今回は強烈な雨男がいらっしゃるようです。

天気の悪い日のツェルマット付近


次回はツェルマット、スネガ展望台を中心にレポートの予定です♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

こんにちは!

高いところはやはり辛いんですね

バスの一番後ろの席で横になれば酔いませんか?

Re: No title

こんにちは!

標高は2000mないので、車酔いですね。
ということは、バスの一番後ろは一番場所的にはダメですよね。
でも横になって、もしかしてちょっとでも練れたら、楽だしって。
雨、薬と併用で、最近はあまり吐かなくなりました(笑)
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR