スイス・サースフェー

2015/08/13 (3日目) 続き

13:00 シャモニーを出発し、サースフェーへとバスで移動します。
シャモニーの景色に別れを告げます。前回の心残りはこの天気によってすっきりと消すことができました。

シャモニーにお別れ


13:30 国境を越えスイスに入ってからしばらくの間は山道を走り、気持ち悪さと闘います。添乗員が植村直己さんの話とかしていたようですが、全く上の空・・・。やっと体を起こせるようになったのは、快適な道路を走るようになってからです。車窓を見ると、スイスらしい風景が広がっていました。

スイスの車窓景色


14:10 トイレ休憩に立ち寄ります。作物があまり育たないスイスでは珍しく、周囲には果樹園が広がっています。リンゴや洋ナシなどたわわに実っています。

スイスでは珍しい果樹園


再び出発し、サースフェーが近くなると再び山道です。車窓には滝なんかも見えてきました。
サースフェーはもうすぐです。

サースフェー近くの滝


15:40 サースフェーに到着です。駐車場を出るとすぐに観光局があり、ここで厚めのパンフレットをもらいました。日本語も併記されていて、「自由休暇共和国」の市民募集中と謳っています。添乗員の案内で村を簡単に案内してもらってからフリータイムです。

サースフェー村の入口


サースフェーは「アルプスの真珠」と称される山岳リゾート、何といっても村のすぐ近くまで迫っているフェー氷河などいくつもの氷河、4000m級の山々に囲まれたその景観が売りです。大変残念なことに、前回に引き続き今回もまた天気がイマイチです。スカっと晴れてたら素晴らしい景色でしょう。

サースフェーとフェー氷河


ちょっと空が怪しいので、UVパーカーを羽織って出ましたが、さすが8月、氷河に囲まれていても全く寒くはないです。村の入口付近にあるこちら、ネズミ返しのついた小屋です。200~300年前の建物が保存されています。

サースフェーのネズミ返しのついた小屋


16:00 メインストリートの村の教会まで来たら解散、17:15 駐車場集合のフリータイムとなりました。とても小さな村なので、中心部は端から端まで歩いても、ほんのわずかです。

サースフェーの教会


さて、添乗員がここをまっすぐ歩いていくと氷河の近くに出られる、みたいな事を言ったので、内心そんなことあるだろうか?と思いながらフェー氷河を背に歩き始めます。この村はガソリン車は入れないので、観光客は多くてもとても静かな雰囲気です。

サースフェーのメインストリート


時々雨雲っぽいのが頭上を通ると2,3滴雨が落ちて来ますが、たまに青空も見えたりする変な天気です。15分近く歩いても氷河が近付く気配はなく、宿泊施設の建物がポツポツとあるだけになってきたので、ここらで引き返すことにしました。添乗員の勘違いか、聞き違いだったのでしょう。

サースフェーの村の端


ということで村の中心の方へと戻ります。1時間ちょっとじゃ近くの展望台へ上るのも忙しいし、どうせ村をブラブラするつもりだったので、母を連れて村の中を歩き回ることにします。

サースフェー中心部


狭い村だし、1度来ているので、だいたい道は頭に入っています。パノラマ橋を渡り川の対岸へと向かいます。橋は工事中みたいで橋からの景色を見るのを邪魔しています。

サースフェーのパノラマ橋


橋の辺りから見たサースフェーの村です。見えている範囲、全部の道を歩いたとしても1時間くらいでしょう。いつかゆっくり来て、周囲の山でトレッキングなんてしてみたいものです。

パノラマ橋から見たサースフェーの村


前回来た時に楽しませてもらったアリラン展望台行きゴンドラ乗り場付近のコースター(5フラン)も健在でした。まさか母とこんな森のアドベンチャーアトラクションを楽しむ訳にいかないので、見て楽しむだけにします。

サースフェーの森のコースター


このコースター、この斜面を上がり、滑り降りてくるのですが、さすがスイスだけあって自然の地形を利用しているのに結構な長さがあります。写真右側の山を上っている線が、カタカタと上がっていく部分で、左の方から降りるコースがちらっと見えています。もう一度来る機会があったらまたやりたいかというと私の場合は微妙です。高いのと速いの苦手ですから・・・。

森のコースターのある山


次回は続きからテーシュまでをレポートの予定です♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

自然の中を走るコースターって
初めて聞きますね___φ(゚ー゚*)フムフム

ネズミ返し ってほんとに効果あるんでしょうかね
ネズミってどこでも這いそうで
空も粒くらい(笑)

Re: No title

この手ののコースターって山岳リゾート系で見かけますね。
ブレーキしかない乗り物で、コースから外れないよう設計されているだけ。
ちょっと大人は乗るの恥ずかしいけど、子供専用って訳でもないようだし・・・
でっかい滑り台みたいなものかも。

ネズミ返しね、かなりデカいですよ。あれだけ半径あればネズミも手が伸ばせないかな~(笑)
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR