フランス・ディジョン~アヌシー

今回から約半年前の夏に行ったヨーロッパの旅レポートスタートです。
阪急交通社の「花々の楽園マイナウ島と美しき自然ローヌアルプ・スイス4つのアルプス9日間」のツアーに母のお供で参加、旅費は燃油等諸税込で一人約30万円です。23PAX。

2015/08/11 (1日目)

10:40 NH-0215便、羽田発パリ行きにて出発しますが、機体トラブルのためエアターンバック(離陸後出発空港へ引き返す事)となりました。空中で燃料を投棄してから羽田へ戻ります。

16:00 機材を変更し、改めて出発です。搭乗レポートはこちら
21:00 予定より5時間遅れでパリに到着です。イミグレにかなり並びました。
22:25 シャルルドゴール空港をバスで出発、今夜の宿泊地ディジョンへと向かいます。300㎞はあるので、到着は深夜になりそうです。

今回、ツアー参加人数が23名とちょうどいい数でバスも一人2席使えます。もう夜遅いし、疲れている人が多くてバス車内はしんと静まりかえっていましたが、添乗員とドライバーが打ち合わせする声がうるさいと思ったのか、「うるさい黙れ」と文句をつけたおじさんがいました。実は飛行機でも同じツアーの別の方で、すごく感じの悪い事を面と向かって私にも言ってきた方がいたので、先が思いやられます。お盆の時期なので、格安を狙った客層は来ないはずなのですが、残念です。一度途中でトイレ休憩をはさみ、真っ暗な中バスは進みます。


2015/08/12 (2日目)

2:50 ディジョンのホテル、キリアドディジョンエストミランデに到着です。辺りは真っ暗で何もなさそうですが、明日に備えて寝るだけです。写真は翌朝撮ったものです。

キリアドディジョンエストミランデ外観


部屋は機能的できれいですが、とても狭く、スーツケースを開けるスペースもないほどです。
お茶セット、ドライヤー、バスタブあり、Wi-Fi無料です(PWなし)。

キリアドディジョンエストミランデの部屋


最低限の支度とシャワーを浴びて、やっと寝られたのが5時頃になってしまいました。
それでも、私が今回の旅で一番楽しみにしていた明日のアヌシー観光が予定通りできそうで、ほっとします。今回は母のお供なので、ほとんどの観光地が私は2度目、3度目、とかで、初めての所がほんの少ししかないのです。

7:30 わずか2時間ほどの睡眠時間、起きたらすぐに朝食です。
バンケット対応で、パンはクロワッサンとバケットが1つずつ席にセットされていました。他にハムチーズとコーンフレーク、コーヒー、オレンジジュース、フランスらしい朝食です。

キリアドディジョンエストミランデの朝食


8:30 ホテルを出発します。
今回の添乗員は阪急の人気添乗員さんで、まだ若くとてもかわいらしい女性です。両替もしてくれるし、何でも対応します系、基本的な説明からして丁寧で押しつけがましくない話し方、常に笑顔でとても感じがいい方で、久しぶりにいい添乗員にあたりました。私は別に何もしてくれなくてもいい派ですが、至れり尽くせりを望む人から私のような人までそれぞれに適した対応をしてくれます。

事故渋滞もあって途中で高速下りたりし、途中で2度ほどトイレ休憩を取ります。
泊まったディジョン、この辺りはマスタードで有名です。休憩で併設されたショップなどにはいろんなマスタードが並んでいます。首をひねるような変わったフレーバーのマスタードもありますが、お値段がそこそこする割に、使い道が思いつかないので購入はやめておきます。

ディジョンはマスタードで有名


13:25 アヌシーに到着です。アヌシー湖から伸びる運河を渡ります。まさに氷河湖ならではの色合い、天気もいいのも手伝って想像以上に美しい光景にテンションがあがります。

アヌシーの美しい水の色


町の中心部です。奥にはアヌシー城があります。あの高さならフリータイムの時間が短くてもさくっと行けそうだなと頭にメモします。

アヌシー中心部


そしてこちら、奥に見えるのは、有名な愛の橋です。地図を見ながら、町の見所の位置関係がだいたい頭に入りました。

アヌシーの愛の橋


市庁前でバスを降り、歩いてまずはランチのレストランへと皆で向かいます。
市庁舎の建物もとても立派です。

アヌシー市庁舎


13:35 レストランに到着です。Brasserie Restaurant Saint Maurice、店の前のメニューによると、コース料理42ユーロ、アラカルトでもアントレでサラダ12ユーロからと、いいお値段のするお店です。

アヌシーのレストランBrasserie Restaurant Saint Maurice


1階のカフェバーを貸切です。気取らない感じです。
でもドリンクは高め、グラスワイン5ユーロからです。サービスはとても早いです。

Brasserie Restaurant Saint Mauriceの1階


サラダにメインはこの地方の名物タルティフレット、ポテトとルブロションチーズを使ったグラタンのようなものです。チーズたっぷりでとてもおいしかったです。ざっくり言うとカマンベールみたいなチーズです。流石スイスとの国境近く、町の景色だけでなく食べ物もスイス寄りです。

タルティフレット


14:25 レストランを出てそのまま徒歩にてプチ観光、添乗員が愛の橋まで案内します。
お店の周りも旧市街、ほどよい草臥れ感があっていいです。

アヌシー旧市街


ティウー運河(Thiou)の所へ出ます。中洲いっぱいに建てられた建物は船みたいな形をしています。パレ・ド・リル(Le Palais de I'lle)、元監獄と裁判所、現在は歴史博物館です。見た目は小さなお城のようです。この辺りはとてもきれいな場所なので後でゆっくり来たいと思います。

ティウー運河とパレ・ド・リル


市庁舎の裏、アヌシー湖の畔になるヨーロッパ公園に進みます。広い公園には、そこかしこに市民だか観光客だかがのんびりとした時間を楽しんでいます。

アヌシーのヨーロッパ公園


公園を抜けると愛の橋が見えてきました。隣のシャン・ド・マルスという公園に渡る橋ですが、定番の恋人たちのデートスポットらしいです。
14:35 ここで解散、1時間のフリータイムとなりました。

アヌシーの愛の橋


次回はアヌシーでのフリータイムをレポートします♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

こんにちは!

女性の立場からなら
添乗員さんは
若くて、イケメン笑顔の似合う子がいいのかな(笑)

花々の楽園マイナウ島と美しき自然ローヌアルプ・スイス4つのアルプス9日間
このツアーの名前考えるの大変そうですね
サスペンスドラマの 題名みたいに(^O^)

Re: No title

こんにちは!

若くてイケメンの添乗員?その場合、仕事は期待できませんね。それに、半分くらいの確率で
たぶん女性に興味のない方かと(笑)

そう言えばツアータイトルはあんまり気にしたことなかったですね。
だって、自分がいいなと思うポイントは大抵名前にいかされてませんもの~
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR