ドイツ・ドナウヴェルト

2015/11/29 (4日目) 続き

14:14 今度こそ列車に乗ることができました。ドナウヴェルト行きの列車は、長閑な風景を進みますが、途中ハルブルク(Harburg)に立派なお城があるのを往路で見かけたのでシャッターチャンスを狙います。窓はFIXで開かない上、雨でイマイチな写りですが、緑の丘陵地帯の奥に大きなお城があるのが見えるでしょうか。

ネルトリンゲン方面から見たハルベルク城


カーブを周りこんだ後、駅の方からきれいな眺めが見えます。川沿いの麓の町も素敵です。後で調べたら、12~18世紀に建てられたハルベルクのお城は、ホテルやレストランとして使われているようなので、次にこの地域に来ることがあれば立ち寄りたい場所として記憶しておきます。

ハルベルクの町と城と川


14:45 乗り換えの駅ドナウヴェルトに到着です。ミュンヘンに戻る前に、もう1か所どこかへ立ち寄ろうと考えていましたが、その候補がドナウヴェルトかアウグスブルクでした。ミュンヘンから遠いドナウヴェルトに来る機会は少ないだろうと、ここを少し見て行こうと決めます。時刻表を見ると次の列車が30分後、その後はただでさえ1時間1本なのに日曜運休が続きます。急いで30分だけ町を見ることにして駅を出ます。

ドナウヴェルト駅


幸い小雨が降ったり止んだりの小康状態になったので、小走りでバーンホーフ通りを歩き旧市街を目指します。

ドナウヴェルトバーンホーフスフォアシュタット


ヴェルニッツ川を渡ります。この先300mほどの所でドナウ川に繋がります。

ヴェルニッツ川を渡りドナウヴェルト旧市街へ


橋を渡った先はかつてヴェルトと呼ばれた中洲で、町の名の由来となった場所です。
とてもかわいらしい町並みです。ディズニーランドにありそうな作り物みたいな町です。

ドナウヴェルトの中洲の町


そしてその中洲を通り抜けると、リーダー門があります。かつての市壁の門のうち最後まで残ったものだそうです。

ドナウヴェルト市壁のリーダー門


リーダー門をくぐった先にはちょっと目立つ黄色い建物が見えてきました。
1236年に建てられた市庁舎です。現在のはその後何度も改築を重ねたものです。

ドナウヴェルト市庁舎


その市庁舎の前で曲がると、そこが南ドイツ一美しいと評判の町のメインストリート、ライヒス通りです。うわーっと思うほどの色の氾濫です。パステル調の様々な色の壁がこれでもかと続きます。今回時間がないので、この通りを見るのが目的でしたが、時間の許す限り坂を上ってみたいと思います。

ドナウヴェルトのライヒス通り


延々と続くかのようなカラフルなライヒス通りは本来せいぜい300~400mくらいしかない道ですが、坂道のせいか長く感じます。ライヒス通りの上にある教区教会の塔がやっと見えてきました。

パステルカラーの街並みが続くライヒス通り


かわいらしいカラフルな家並みの中でひときわ目をひく赤い切妻屋根の建物は、タンツハウスです。昔の舞踏館で、現在は劇場やレストラン、博物館が入っているそうです。

ドナウヴェルトのタンツハウス


ライヒス通りの突き当りにも目を引く建物があります(写真左の白い建物)。フッガーハウス、大富豪の家だったそうです。この少し先にある聖十字架教会まで行きたかったのですが、残念ながらタイムアップです。

ドナウヴェルトのフッガーハウス


教区教会を覗く時間もなく、残り15分となったので来た道を引き返します。天気が悪いせいか、観光客らしき人の影を全く見ませんでした。ネルトリンゲンではそこそこ観光客がいて、意外にも日本人にも何組かあったのに比べるとちょっと寂しい感じです。

ドナウヴェルト教区教会とライヒス通り


ライヒス通りを小走りに下ります。逆から見る景色もまた素敵です。この道はロマンチック街道の一部ですが、まさにロマンチックな雰囲気です。第二次世界大戦でほぼ壊滅状態となった通りをここまで再建したというのもびっくりです。

パステルカラーの氾濫するライヒス通り


ライヒス通りの一番下には市庁舎が立っています。この町並みのカラフルさは、やっぱり晴れた日には格別なものでしょう。季節のいい時にまた訪れてもう少しゆっくり滞在したいです。今回は下見という位置づけになりましたね。

ライヒス通りと市庁舎


近道も特になさそうなので、来た道を確実に駅へと急ぎます。川沿いにはよく見ると市壁が一部残っているようです。民家の壁と一体となっているようで、往路では気付きませんでした。
ライヒス通り以外にも雰囲気の良さそうな所がたくさんありそうな町です。

ドナウヴェルト市壁


15:20 ドナウヴェルト発の列車に間に合いました。ミュンヘンへと戻ります。

次回再び夜のミュンヘンをレポートの予定です♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

ドナウ川
ドナドナドーナ ドーナ~♪のフレーズおもいだしてしまった(笑)

ドイツの民家て家がおおきですよね

Re: No title

ドナウからドナドナを連想するなんて、すごい飛躍ですね~
もちろん何の関連性もないですが(笑)

確かに建物の大きさは民家のレベルじゃないですよね~。
昔のこの町がいかに豪邸街だったのか、ってことですよね♪

No title

aya1103 さーん
ご挨拶が遅れました。
昨年はaya1103 さんのおかげで
いろんな国を旅した気分になれました。
全く知らない土地の知識も勉強になります。
新しい年も拝見させてくださいねー

Re: No title

イヴまま♡さん!
今年もよろしくお願いします~。
今年はあまり旅行に行けそうにないのですが、まだ書いていない分も
溜まっているので、ブログ上では旅できそうです(笑)
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR