ドイツ・ネルトリンゲン①

2015/11/29 (4日目) 続き

ネルトリンゲンの旧市街中央に建つ聖ゲオルク教会です。直径1㎞足らずと思われる町の教会にしては相当に大きな教会、1427~1505年にかけて建造されたゴシック様式の教会です。

ネルトリンゲン聖ゲオルク教会


こちらは教会前のマルクト広場、木組みの大きな家はブロート・タンツハウス(1442~1444建造)で、かつては毎年開かれた布地の見本市が行われたそうです。また、上階はダンスホールなどにも使われたと言われています。

ネルトリンゲンマルクト広場タンツハウス


聖ゲオルク教会内部に入ります。外観が黒っぽいので暗い教会かなと思っていましたが、中は白を基調としたきれいな教会、雨の日にもかかわらず十分に明るさを保っています。修復などを行っているためか、隕石の跡があるという祭壇の台座の石とかどれだけよくわかりませんでした。

ネルトリンゲン聖ゲオルク教会


パイプオルガンはちょっと独特です。教会の規模、造りからして、かつてはかなり栄えた町だったことがわかります。

ネルトリンゲン聖ゲオルク教会内部


ダニエルと呼ばれる塔への入口は修復で閉まっているようだと思いながらも、外へ出て少し回ってみると、修復の足場の下に塔への入口がありました。扉が開いているし、最終入場時間は15:30までということでしょう。この塔からの眺めが素晴らしいらしいので、もちろん上ってみる事にします。

ネルトリンゲン聖ゲオルク教会ダニエル塔入口


この塔、これまで上ってきた数々の塔と比べてもかなり怖い塔でした。高所恐怖症なので、下が見える階段とかダメなのですが、ここのは途中から木の階段で、それほど透けてはいません。ですが、階段も修復中なのか心もとない支えがあったり、とにかく階段の強度自体が恐怖の原因です。ギシギシ音がするし、構造的に階段がどう支えられているのか非常に不安に思う造りでした。

ダニエル塔階段


足元から崩れそうな、頭上から階段が降って来そうな恐怖に襲われながら頑張って上へ上っていくと、やっと足元の確かなフロアに出ました。ここにはガラス窓があり、あまりきれいではないものの下界の景色を眺めることができます。さらにこのフロアにはトイレまでありました。

ダニエル塔上部


1つ階段を上がると、塔の番人がいるフロアに出て、そこで初めて料金が徴収されます。旅ともさんは高所恐怖症ではないのに、階段が怖かったのか、先ほどのフロアで待っているというので、私は一人、料金3ユーロを払い更に上の展望スポットへと上がります。

いざ外に出ようとすると足が固まりました。幅は人ひとり分とは言え、石造りのがっしりした柵は何とか私一人でも行けそうな気がしたのですが、ものすごい強風なのです。ここまで来て写真のひとつも撮らずにスゴスゴ引き返すのは旅ブロガーとしての沽券にかかわるし、高所恐怖症克服の断念にもあたります。何も飛ばされないようポケットなど全部閉め万全の準備で一歩踏み出します。

ネルトリンゲンダニエル塔展望通路


逡巡しながらも、まずは片足と手を出して写真を撮ってみよう、とか試みます。風が強すぎて怖すぎ涙目になりますが、これでは埒があかないので、意を決して通路に出て写真を撮り、速攻で出入口に戻ります。こちらは駅方面です。中央あたりに城壁があり、入ったダイニンガー門(中央やや右)、城壁を歩いて下りたレプジンガー門(中央左)などが見えます。

ダニエル塔からのネルトリンゲンの眺め駅方面


塔上部の展望通路は一方通行になっていますが、他に誰もいないので、1、2歩行っては戻るを何度か繰り返します。別の方角は城壁の外側に緑が広がっています。こうして見ると丸い町だというのがよく分かります。

ダニエル塔から見るネルトリンゲンの丸い旧市街


出入口を中心に2歩ずつしか行かないと裏側180度の景色はまったく見れないので、どうしようかと考えましたが、旅ともさんも待たせているし、ここはもう行くしかないと一周することに決めました。

角を曲がると、あれ、風向きのせいか風が弱まりました。どうやら出入口付近が一番風が強かったようです。ダニエル塔は90mの高さなので、怖いことには変わらず、塔にべったりくっついて景色を記録します。ダイニンガー門の反対にあるベルガー門方面、城壁の向こうに池のようなものも見えます。

ダニエル塔から見るネルトリンゲン旧市街ベルガー門方面


頑張って一人心細い中、一周できました。確かに眺めはとても素晴らしく、町が丸いというのもよく実感できました。晴れていたらもっと素晴らしい景色だったろうなと思います。戻ろうと階段を下りた時に初めて別の客とすれ違いました。複数で階段上ったり、怖い展望通路で停滞を余儀なくされることがなくて本当に良かったと胸をなでおろしました。

ダニエル塔から見るネルトリンゲンの絶景


ダニエル塔から降りて、川があるみたいだから川の方へ行ってみようと上から見て池が見えた町の奥の方へ行きます。住宅街は素敵な感じですが、川は見当たりません。どうやら方向を間違えたらしいです。何しろ町は丸くて、目印は城壁と塔しかないので、ちょっと方角がずれると全然違う場所に行ってしまうことになるのです。

ネルトリンゲン旧市街の住宅街


雨で地図を確認できないことも方向を見失う理由のひとつですが、教会に辿り着きました。教会内で地図をゆっくり確認すると、聖ザルヴァトール教会にいるようです。地図で見ると川とはまるで反対方向でした。

ネルトリンゲン聖サルヴァトール教会内部


そろそろ電車の時間が気になる残り時間となったので、最寄りの城壁と門まで行って現在地をしっかり確認して駅へ戻ることにしました。城壁、と言っても城はないので、市壁というのが正しいかも知れませんが、この辺りは壁に小さな民家がくっついた感じです。

ネルトリンゲン市壁にくっついた民家


城壁に沿って歩いていくと、公園に出ました。城壁沿いの静かな空間です。

ネルトリンゲン市壁沿いの公園


結局、ダニエル塔を目指して中心に戻ってから駅へ向かうのが確実で早いという結論になりました。せいぜい直径1㎞あるかどうかの町ですからね。

次回は続きをレポートします♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

確か去年の目標にされていた高所恐怖症克服、もう大丈夫そうですね。
あとは慣れでしょう。

私は逆で、だんだん高所恐怖症になりつつあるようなので、どうしたものでしょう。度胸が足りないということなんでしょうけど・・

Re: No title

高所恐怖症、まだまだです。
この後、別の塔で一周できませんでしたから(笑)

要は腰の辺りまで、視界が遮られていれば大丈夫なんですよね。足元透けてるとか、柵が細いとかだと
ダメですね。訓練がまだまだ必要そうです。
後は、追い込まれた状況にある時には、多少恐怖が緩和されるみたいです。火事場のバカ力!
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR