ドイツ・ミュンヘン~ネルトリンゲン

2015/11/29 (4日目)

今日は終日自由行動の日、ミュンヘンで一日過ごすか、他の町へ行くかでギリギリまで迷いました。体調は昨日より良くなったもののあまり思わしくないので、電車に乗って出かけることにしました。電車に乗っている間は歩かないので逆に体力使わないだろうという判断です。

8:15 ホテルを出て、最寄り駅BERG AM LAIMまで歩きます。早めに歩いてもやはりホームまで25分かかります。ホームの自動販売機でバイエルン州の電車などが乗り放題(特急は除く)のバイエルンチケットを購入しようとしますが、途中で選択肢が消えてしまうので、ホームにいた女性に助けてもらい切符を購入します。

BERG AM LAIMのホームと切符の自動販売機


バイエルンチケットは23ユーロに1人追加5ユーロ、つまり2人で28ユーロ、一日乗り放題のお得な切符です。平日だと9時からの利用という制限がありますが、今日は日曜日。何故か英語画面だと途中で消えてしまう選択肢でしたが、ドイツ語画面だと無事に買えました。打刻機に入るサイズじゃないので、ただ持っていれば大丈夫のようです。

8:55 Sバーンで、まずは中央駅へと向かいます。
15分ほどで中央駅へ着いたら長距離列車のホームへと向かい、列車の時刻を調べます。

ミュンヘン中央駅


BERG AM LAIMは無人駅で情報が仕入れられなかったので、出発時間までの間に、窓口の脇で路線図も手に入れました。その間に、旅ともさんが窓口で行き方を確認してくれました。ドイツ語ですが、到着時刻や乗り換えのホームの番号など行程表を作ってくれて分かりやすいです。事前にインターネットで同内容を検索することも可能です。

ドイツ国鉄の工程表


9:36 ミュンヘンを出発です。私たちは今日はネルトリンゲンという町に行ってみる事に決めました。行ってみたい町の中で、一番遠そうな町をまず目指すことにしたのです。列車は長距離乗るにも快適な感じで、結構空いています。ちなみに途中で前後で行先が分かれるタイプの列車なので、乗る車両には注意が必要、ホーム番号の後ろに14ABなどとアルファベットが付きます。

ドイツの列車内


偶然にも隣には現地在住の日本人男女が乗り合わせました。彼らもまだ知り合って間もないようですがローテンブルクへ行くようです。
列車内のトイレ、車椅子で楽に入れるサイズで、しかもとてもきれいです。駅や公衆トイレは基本有料なので、列車利用の場合列車内で済ませた方がいいでしょう。

ドイツの列車内のトイレ


10:56 ドナウヴェルトで降りて、列車を乗り換えます。
11:03 ドナウヴェルト発の列車も、車両は少ないけど、先ほどのと同じきれいな車両です。あいにく外は雨ですが、眺めは急に田舎っぽくなり素敵です。

ドナウヴェルトの先の風景


11:31 ネルトリンゲンに到着です。この路線はそんなに本数なさそうなので、戻りの列車の時間を調べてから駅を出ます。駅舎はそれなりに立派ですが、係員ぽい人などはいないので、掲示されている時刻表を写真で記録しました(土日運休の列車があるので注意)。

ネルトリンゲン駅


ネルトリンゲンは1500万年前に隕石が落ちたクレーターにできたと言う丸い町で、その円形の城壁に囲まれた旧市街が見所です。その旧市街へは駅から徒歩5分もありません。
一番近いダイニンガー門から旧市街へと入ります。

ネルトリンゲン旧市街ダイニンガー門


私にしては珍しく雨の中の観光となりました。三角屋根の続く町並みはとてもかわいらしいもので、道路が石畳だったらさぞ風情があるだろうなぁと思います。遠くに見えるのは、町の中心にある聖ゲオルク教会のダニエル塔です。

ネルトリンゲン旧市街


門をくぐった所で振り返ると、城壁があり、このダイニンガー門の所からも上れるようなので、一区画歩いてみる事にします。城壁は高さ10mほどでしょうか、進撃の巨人の舞台のモデルになったのではと言われている町なのです。

ネルトリンゲンの城壁


1つ北のレプジンガー門まで城壁を歩きます。城壁はローテンブルクの城壁とよく似た感じで、幅は人がすれ違うのがやっとといった感じです。雨の日には嬉しい屋根付きです。

ネルトリンゲンの城壁とレプジンガー門


城壁は一周できるらしいし距離も知れていますが、何しろ円形なので景色は似たような感じじゃないかと一区画だけで城壁を下ります。ちょっと高い所から見ると、城壁含めて、城壁内の屋根がオレンジで統一されていることがわかります。

城壁から見たネルトリンゲン旧市街


それでは中心にある聖ゲオルク教会目指して歩きます。よく見ると三角屋根も、いろんなタイプがあるし、家の壁の色も様々でとてもかわいらしい町です。古そうな家は歪んでいるのも分かります。

ネルトリンゲンの家並み


町の半径は300~400mほどでしょうか、すぐに中心部へとやって来ました。
中心部ではクリスマスマーケットが開かれているので、屋台に沿って歩いてみます。天気のせいか人通りが少ないです。

ネルトリンゲンのクリスマスマーケット


そしてこちらがネルトリンゲンのクリッペ。キリスト生誕の場面ですが、本物の羊がいます。
ドイツの町では、こうして本物の動物を置いている所も多いような気がします。雨のせいもあって、寒そうです。

ネルトリンゲンのクリッペ


お目当ての聖ゲオルク教会の周りまでクリスマスマーケットは続いています。小雨なので、傘をさす人の方が少数派です。(ちなみに私は海外旅行中はポンチョです)
いかにもアドベントのドイツの町という光景です。

聖ゲオルク教会脇のクリスマスマーケット


次回はネルトリンゲンの続きをレポートします♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

こんにちは!

進撃の巨人って
東京ドーム(巨人)じゃなく(笑) ドイツが舞台やったんですね___φ(゚ー゚*)フムフム

今日の主な写真が
普通(観光街じゃなく 民家?など)のまちなみですか?ね
アスファルトの道路とか



Re: No title

こんにちは!

進撃の巨人のモデルになった町は他にもカルカッソンヌとか噂されている場所は
いくつかあるみたいです。真相はどうなんでしょう~。

ネルトリンゲンは観光客は多いですが、そんなに観光化されていないようです。
写真のあたりはほとんど民家、ですね♪
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR