イタリア・ファヴィニャーナ島②

2015/08/01 (3日目) 続き

ファヴィニャーナ島の港から30分、島の北東にあるカーラロッサに到着です。着いたらビーチで降りて写真撮ったりとか添乗員が言っていましたが、ビーチというか海岸は岩壁で、陸からアクセスする人より、船でアクセスして湾内に停泊し周辺で泳いでいる姿が多いようです。
この場所は、東芝レグザのCM(福山雅治さんがボートに立っている)の撮影ポイントです。

ファヴィニャーナ島カーラロッサ


船頭さんがエンジンを切ったので、私達の船もここで少し停泊して写真撮って終わりらしいですが、添乗員やガイドが乗っている船が近くにいないので、どのくらい停まっているのかもわかりません。すると、イタリア語しか話さない船頭のおじいさんがしきりに何度も同じ言葉を繰り返して質問してきます。

もしかして、と思って、泳ぐポーズをして見せたら満面の笑みが返ってきました。ここで泳げるならもちろん泳ぐと、そのボディランゲージのままSiと答えます。すると、周りに船がいない少し離れたポイントに移動して、梯子を下してくれました。水着着たままで大正解でした!

えー水着着て来ればよかったという新婚カップルの残念そうな顔にちょっと悪いなという気はしましたが、せっかくのチャンスなのでこの素晴らしい海でちょっとだけでも泳がせてもらいました。多少波があって、CMのような浮いた様な感じには写真には写りませんが、水が澄んでいるので、時々ふっと水面下が透けて見えるような時もあって、浮いて見えるかも~とか言いながらはしゃぎます。

ファヴィニャーナ島カーラロッサで遊泳


水深がどのくらいあるか全くわからない深そうな所だったので、泳いだという実績を作って満足したら早々にボートに上がります。他の船が集まるエリアに戻ると、他の小型ボートに乗っていた少年が海に入っていたくらいで、後は小型遊覧船に乗ってた現地ガイドが気持ちよ良さそうに泳いでいました。

カーラロッサには優雅な船がいっぱい


ということで、わずかな停泊で、また港に引き返します。ツアーの人達は泳がなかったというか、水着持ってきても着てもいないし、そもそも添乗員にツアーでは遊泳は認めてないと言われたそうです。こんなきれいな海に長袖長ズボンで船から見るだけなんて、日本人団体ツアーくらいでしょう、変な人達に見えたに違いありません。帰りも飛ばして港に戻ります。

ファヴィニャーナ島北部遊覧


途中で漁をしている船を見かけます。このボートの船頭さんもあんな感じで仕事していて、今は引退して遊覧ボートやっているんだろうなぁと思います。安全上もどうかと思うボートで、しかも塗装のペンキが服に色移りするという被害にも遭いました。それでも、添乗員と別だったからこそ、カーラロッサで泳げたのでいい事もありましたね。見られたら怒られたかも知れません。

ファヴィニャーナ島の漁師船


北の方には、島に来る前に寄ったレヴァンツォ島(Levanzo)が見えます。あちらの島は港付近に人工的な建物が集中しているようです。

隣のレヴァンツォ島


14:50 港に帰着です。チップの事を聞いていなかったのでどうしようかと思いましたが、ちょうど次の客が来たみたいで、そのまま船頭さんと別れます。こうして見ると、他に山ほどまっとうな船があるので、あのボートに乗ったのは希少な体験だったかも知れません。

ファヴィニャーナ島港


15:00ヨーロッパ広場まで皆で歩き、そこで解散、16:15集合のフリータイムとなりました。午前中に泳ぎたいと聞いたときにそんな時間はないと答えた添乗員さん、ファヴィニャーナ島での滞在時間は、船の予約などからかなりわかっていたんだろうし、1時間以上のフリータイムが作れることをその時まで黙っているってアリですか?

地図を見ると、1時間で例えば島の南側に出るとか、ちょっと危険な感じなので、結局中心地をプラプラするしかなさそうです。町並みは青い空の似合うシンプルできれいな感じです。中心地にはカフェやお土産屋などが多いです。

ファヴィニャーナ島セントロの広場


まだ歩いていない通りなどをプラプラ歩きますが、1時間もあるのに暑いからとカフェでまったりというのも勿体ないし、頭をフル回転させてどうしようか考えますが、お土産屋を見る気分でもありません。ダンナと喧嘩口調になりながら、どうしようかと悩みます。

ファヴィニャーナ島セントロの道


そんな中、癒されるのは、あちこちで聞こえるツバメのさえずりです。この島もツバメ天国です。私はツバメが好きで近所のツバメ観察に毎年余念がないので、ツバメの声や姿に敏感です。日本で見るツバメはファミリー単位ですが、ここでは山ほどのツバメが観察できます。

ツバメがたくさん


結局、時間を持て余したので、もう一度パブリックビーチで少し泳ぐことにしました。というか気温が暑すぎるので、水に入った方が気持ちがいいのです。事前に時間があるって分かっていたら、島の南のビーチまで行ったんだけどなと思いながら、近場のビーチできれいな海を満喫です。

ファヴィニャーナ島港にあるパブリックビーチ


もっとも、シャワーはビーチのバーにあるだけでしかも混んでて使えないし(使用条件もわからない)、着替える場所もないので、泳いだ後の事を考えると泳ぐのはどうか?というのもあります。でも、暑い時期にきれいな離島まで来て、泳がないのももったいなさすぎます。
ミネラルウォーターをかけてから、体を拭き、少し乾かしてからパンツなどを履きます。
後は、日差しが乾かしてくれるでしょう。

泳いだ後は広場の方に戻ます。脇道なども一通り歩き、島の中心部はだいたい制覇です。

ファヴィニャーナ島セントロの脇道


ツアーの皆さんは暑さの中それぞれいろんなカフェでまったりしている姿を見ましたが、この島で日本人は他に見かけませんでした。同じツアーの方が誰もいないPLAZZA MADRICEという広場の奥の方のカフェを見つけて、ここで集合時間まで時間調整です。

ファヴィニャーナ島広場沿いのカフェ


暑い中泳いだりして体力を奪われたので、ジェラートを注文。2フレーバーで2.5ユーロ。
2人で注文すれば4種類を楽しめます。ジェラートはやっぱり本場はすっきりして美味しいです。

イタリアに来たらやっぱりジェラート


16:15ヨーロッパ広場で集合し、16:30の船に合わせて港に戻ります。少し船が遅れましたが、イタリアではよくあることでしょう。これでトラパニに戻ります。結局、この島では他に東洋人は見かけませんでした。まだまだ穴場かも知れません。

ファヴィニャーナ島とトラパニを結ぶ高速船


合計約5時間のファヴィニャーナ島滞在、もうちょっと時間の使い方があったんじゃないのかなぁと思うとちょっと残念な気がします。結局、中心部とカーラロッサにちょっと行っただけ、事前に時間配分がどんな感じか分かっていればフリータイムの時間の使い方もあったんじゃないかなと思います。地図のこのエリア直径500mくらいしかないですからね・・・。

ファヴィニャーナ島中心部の地図


次回はトラパニ~モンレアーレをレポートの予定です♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

こんにちは!

福山雅治さん まだ海にいませんでしたか(沈んでるとか)ヾ(--;)なんでやねん

泳がれたんですね
気持ちいいでしょうね~~~
水深図るのには
潜って砂取ってくることですね(笑)苦しいというか 危ないですけど

Re: No title

こんにちは!

ふふふ、ここには福山雅治さん以上の金持ちそうなイケメンがごろごろですよ~

泳げてよかったです♪
今度素潜りの練習してから行きますね(笑)
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR