イタリア・ファヴィニャーナ島①

2015/08/01 (3日目) 続き

11:40 ファヴィニャーナ島に到着です。小さな港には小型のボートなどがいっぱいですが、水は透き通っていてとてもきれいです。船着き場にインフォメーションがあり、そこで地図をゲットします。島の形は歪な四国という感じです。

ファヴィニャーナ島の港


港を回り込んだ所にはきれいな建物がありますが、市役所のようです。

ファヴィニャーナ市役所


まずは歩いてランチのレストランへと向かいます。ここはヨーロッパ広場、島の中心とも言える場所です。地図を見ると、物理的にも島の真ん中あたりです。

ファヴィニャーナ島ヨーロッパ広場


少し歩くと、港のある湾のちょうど反対側に出ました。正面に見える山の上には、サンタカテリーナ城塞というのが残っているようです。

サンタカテリーナ城塞とファヴィニャーナ島のパブリックビーチ


12:00 リストランテ ノーチラス(Ristorante Nautilus)でランチです。写真左側の白い建物です。空調がなく暑いのが難点です。

Ristorante Nautilus


けれど、なんと目の前はパブリックビーチです。ランチなんて食べてる場合じゃないよ、という気分です。という事で、レストランで席についたら、料理が出てくるのを待つ間に、トイレでこっそりと水着を下に着込みました。

Ristorante Nautilus前のパブリックビーチ


サラダの後、メインはシーフードパスタです。これ、具はちょこっとムール貝があるくらいなのですが、かなりしっかりシーフード味で見た目以上に美味しかったです。

Ristorante Nautilusのシーフードパスタ


食後、レストランを出る時間は13:10と案内されます。お、30分時間があるじゃないですか。今がチャンスです。早速目の前のビーチで泳ぎました!小さな港の湾内なのに、透明度がとても高く、メダカくらいの小さな地味な魚がいます。気温が暑いので、水がとても気持ちいいです。ひとまずシチリアで泳ぐ、という目的が果たせて大満足です。

ファヴィニャーナ島のビーチで泳ぐ


この後遊覧船に乗るので、その間に渇くでしょうと、そのままの格好(ショートパンツとラッシュガードっぽいTシャツ)で、何食わぬ顔でレストラン前に集合します。

13:30 皆で港に行き、これから貸切小型船の遊覧クルーズで、カーラロッサという所に行きます。ところが、小型遊覧船2艇と、4人乗りボート3艘に分乗になると言われます。ボートでもいい人を募りますが、揺れそう濡れそう暑そうという事でほとんど志願者がいません。

じゃんけんやくじ引きにすると添乗員が言うかと思いきや、いつまでも希望者を募り埒が明かないのでボートでもいいよと志願しました。最後は若者という理由で新婚さん等が半ば強引にボート組になりました。

ボート組だけ少し離れた所に連れていかれます。そのボートとやらを見てちょっと唖然、傘付きのボートと言っていたけど、昔漁船に使っていました的な小さなボートで、もちろん傘なんてありません。座席というより、昔生け簀に使っていたスペースといった感じの穴に前後に2名ずつ座らされました。

4人のり遊覧用小型ボート


日差しが滅茶苦茶強いので、最初は自前の日傘をさしていたけど、持っていると飛ばされそうで景色も見えないので結局閉じることにしました。湾内の水はやっぱりきれいで、優雅に楽しんでいそうな船とすれ違います。

きれいな湾内ですれ違う素敵なボート


添乗員や年配の方達が粘って乗った小型遊覧船はこちら。安定感はありそうだし、屋根もついているし、少しは動き回れそうな船で、私達の乗せられたボートとはあまりの違いです。
これは旅行会社にクレーム付けなきゃと頭にメモします。乗り切れないほどの人数集めておいて、乗り切れない分を安全性に問題のあるボートに乗せるのは問題です。

皆が乗りたがった小型遊覧船


他のボートも後からやってきました。こちらは予告通り一応傘付きみたいです。
私たちが一番外れを引いちゃったみたいです。一緒に乗った新婚さんカップルと、忘れられない旅になりそうだね、と笑うしかない状況です。

かろうじて屋根付きの小型ボート


ボートは公園にある手漕ぎボートみたいなものに、エンジン付けたようなボートで、かなりのスピードですっ飛ばすので、しがみつかないと危ない状態です。といっても手摺りがあるわけじゃないので、ここを掴めとか言われた所を抑えているしかない状態。そして、この船には救命胴衣も積んでいません。船頭のおじいさんもイタリア語しか話せなくて意思疎通もままなりません。ボートは島の北側を東に向かってハイスピードで移動します。

ファヴィニャーナ島北側の遺跡発掘現場付近


しばらく行くと岸壁に穴などがいくつも見られるようになってきました。何か説明しているようですが、イタリア語さっぱりわかりません。地図を見ると、1枚上のあたりが遺跡発掘現場、そしてこの辺りは採石場のようです。それにしても水がすごい澄んでいて吸い込まれそうです。

ファヴィニャーナ島北側採石付近


そして、どんどん周りに豪華なヨットやクルーザーが増えてきました。目的地が近そうです。
いっそ、エンジン壊れて、周りの船にお情けで拾ってもらいたい気分です。

ファヴィニャーナ島には優雅なヨッなどがたくさん


次回はカーラロッサからファヴィニャーナ島後半をレポートします♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

こんばんは!
きれいな景色の数々ですね。
シーフードパスタも食欲そそる見た目。
とっても美味しかったのでしょうね(^_^)

Re: No title

こんばんは!

シチリアからさらに船に乗っていく島、かなり海がきれいで感動ものでした!
パスタはイタリアのツアーにしてはいい方かな?
イタリアのツアーで行くようなレストランは日本のイタリアンには負けますが
あの気候、雰囲気で食べればやっぱりおいしいですね♪

手違い

手違い?いい加減? 今度の旅は 読んでて ひやひやしますね。
でも 青く透明な美しい海で癒されてますね。
わたしだったら ぜったい 落ちてる。この後も 楽しみです。

Re: 手違い

こんばんは!

今回の旅はイライラ多かったので、読んでる人まで不快にさせちゃうかもと思いながら
書いてます・・・(汗)。
主な原因は2つ。1つは、まだ新しいコースで、これが2本目とかで実績がないこと。
もう1つは添乗員がベテラン独善的、自分のやり方でがっちり管理しないと気が済まない
そして、事前に調べものとか全然していないタイプだったこと、があります。
景色とかきれいじゃなかったらやってられないという感じでしたけど、まぁ頑張って
笑い飛ばしながら楽しもうと頑張りました!続きもいらっとくること多いですが
一緒にハラハラして下さい(笑)

No title

こんにちは!

海水がマリンブルーなんですね___φ(゚ー゚*)フムフムv-32

サンタカテリーナ城塞
ってほんとナンもないとこに建ってますね
水とかこまりそう

Re: No title

こんにちは!

海は本当に汚れてなくて、空の色なんでしょうね~。
泳げてよかった♪

あの城塞はあまりに見晴がいいですよねー。登るのはそう大変でもなさそうでしたけど。
上ったら島が一望できそう♪
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR