イタリア・カルタジローネ②

2015/07/31 (2日目) 続き

カルタジローネのスカーラ(サンタ・マリア・デル・モンテ大階段)を上った見返りは教会だけではありません。階段上からの景色はそれは見事です。視界は広くないものの、遠くまでが見渡せます。

スカーラの上から見たカルタジローネの景色


残念ながらゆっくりしている暇はないので、ぼちぼち階段を下ります。上りと違って、垂直部分に貼られた陶器タイルが見えないので、上から見るとただのデカい階段です。この階段は、丘の上の旧市街と下の町を結ぶために1606年に造られたものが元だそうです。季節のイベント時には花などが飾られたりイルミネーションが灯されたりするそうです。

スカーラの上から見た階段の様子


階段両脇の店があまり開いていなかったので、同じ道を戻るのも勿体ないと思い、途中で脇道に入ってみる事にしました。住宅街や教会などがあるごちゃごちゃした坂の町にはほとんど観光客はおらず、たまにすれ違う人は挨拶の言葉をかけてくれる、そんな素朴な雰囲気です。

スカーラ脇の道


シチリアの陶器のほとんどはこのカルタジローネで作られていると言われるだけあって、狭い路地にも陶器の工房やお店がいくつもあります。中にはかなり変わったデザインの作品もたくさんあり、見るだけならとても楽しいです。

カルタジローネの陶器屋


スカーラ(階段)の下の方に無事合流したら、市庁舎前広場の前にある建物でトイレを借りて、急いで大聖堂前のプチトラン乗り場へと戻ります。

大聖堂前のプチトラン乗り場


16:40 再びプチトランに乗り、カルタジローネの町を走ります。カルタジローネは後期バロック様式の町として世界遺産に登録されていますが、そもそもは1693年のシチリア地震で町がほぼ全壊し、その後バロック様式で再建されたという歴史があるそうです。

カルタジローネ旧市街


そしてまたスカーラ前を通ります。こうして見るとさほど斜度があるようには見えません。階段は、エトナ山の溶岩などで作られているそうです。

スカーラ


その後プチトランは迷路のような旧市街の細い道を通り抜けていきます。町の中は生活環がいっぱいです。

カルタジローネの旧市街


かなり細い道や、急なカーブ、路上駐車がたくさんの道など、到底車体の長いプチトランが通れると思わないような道もなんなく進んでいきます。だんだんどこを通っているのかわからなくなってきました。

細い道が多いカルタジローネ


大きな橋が見えてきました。大聖堂の所まで来る時に渡った、 サン・フランチェスコ橋です。上を渡った時は、これ橋なの?と思いましたが、下から見ると立派な橋です。1666年に造られた橋で、2つの丘を繋いでいます。

サン・フランチェスコ橋


プチトランはどこをどう通ったのか、単に駐車場へ直行というより、町中をあちこち走った気がします。これと言った観光名所を巡ったというわけではないようです。こちらは新しそうな教会です。町中教会だらけです。

カルタジローネの教会


何といっても印象に残るのは、南イタリアらしい住宅風景、洗濯物を道路側の外に干すためのロープがいっぱい出ている景色でしょうか。ちょっと荒れた感じもする景色ですが、危ない気配はないのが不思議です。

カルタジローネ住宅街


パーキングに戻り、17:00 ツアーバスでカルタジローネを後にします。本来、 町の自由散策だったので、あちこち歩き回ろうと思っていた思惑は見事に裏切られました。プチトランで観光して、スカーラの所だけ下車してトイレ休憩した、そんな感覚です。町を去る際に、外側の道を通ったので、標高600mの丘の町カルタジローネの全景を見る事ができました。

丘の上のカルタジローネの町


カルタジローネが見えなくなると、景色は茶色に染まります。南イタリアのイメージとしては、緑豊かな所、だったのですが、こんな砂漠みたいな未開の土地もあるのにちょっとびっくりです。

カルタジローネ近郊の荒れた地


そして1時間も走ると海が見えてきました。この辺りはリゾート化どころか、建築物もまばらです。どこまでも続く波打ち際、ポツンと一つパラソルがあり、ファミリーなのか、グループなのか数人が海で戯れる様子が見えました。私も絶対泳ぐ!とまた決意を新たにします。

シチリアの海岸


次回はアグリジェントをレポートします♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR