ターキッシュエアラインズ(トルコ航空)・エコノミークラス

今回はターキッシュエアラインズ(トルコ航空)の搭乗レポートです。夜便が増便になって以来2年弱、よく利用していますが、今年もヨーロッパ行きで2往復しました。
飛行機の評判、口コミについては検索が多いので、座席、機内食、サービス、ラウンジなどの感想について最新情報をレポートします。(2015年7、8、10月搭乗)

1年ぶりに搭乗したターキッシュエアラインズの夜便、TK-0053便ですが、需要が増えたのか機材が変わっていてコンフォートクラスのある3クラス制になっていました。夜便で機体の写真が撮れないので、写真は新塗装の別の機材です。成田-イスタンブール夜便の機材は、B777-300ERです。

ターキッシュエアラインズの飛行機


この夜便TK-0053、22:30発予定でしたが、いつも30分前倒しの時間変更になっていました。この10月からついに正式にスケジュール変更となり、21:20発となりました。ツアーなどでは団体チェックインになるし、席は混んでいることが多いので、座席の変更は難しいかも知れません。ゲートは変わらず第一ターミナルの奥、47です。

座席配列は、ABC-DEG-HJKの3-3-3配列、エコノミークラスは23~53列です。オススメなのは、一番後ろ、座席に余裕がある場合、後ろを空けている場合が多いのと、サービスが一番前と一番後ろからなので、機内食やドリンクにチョイスの余地があるからです。

個人モニターのスクリーンは大きめで、10月からエンターテイメントシステムが刷新されていました。もちろんタッチパネル対応、日本語で楽しめる映画もたくさんあり、各種条件での絞り込みなども可能です。USB、座席の下にAC電源のコンセントもあります。

ターキッシュエアラインズの新しいエンターテイメントシステム画面


機材はWi-Fi対応機材で、以前は無料だったのですが、現在は1時間9.99ドル、24時間14.99ドルです。座席のシートピッチはやや狭め、フットレストはあります。私の経験からは、9割以上座席が埋まっていることが多く、日本人客の割合が段々減っているような気がします。

ターキッシュエアラインズではエコノミーでも長距離便の場合はアメニティが付きます。日本発便では、こちら。中身はアイマスク、耳栓、歯磨きセット、リップバーム、靴下、スリッパです。入れ物であるポーチの色は10月に乗った時は青に変わっていました。

ターキッシュエアラインズのエコノミークラスのアメニティ


トルコ発の場合も同じ内容のアメニティが付きますが、ポーチの色形がいろいろ変わるようです。8月はシルバーでしっかりしたもの、10月は黒で、すぐにファスナーが壊れそうな安っぽいものでした。以前の缶ケースとかの方が個人的には良かったです。

それでは機内食の紹介に移ります。まず、安定飛行に入ったら、トルコのお菓子ロクムが配られます。その後にアメニティを配り、おしぼりを配り、メニュー(日本語差し込みあり)と続きます。日によって多少順番は前後しますが、最初にロクムを配るのはどうかといつも思います。手が汚れ、喉が渇き、ゴミが出るからです。ドリンクサービスと一緒でいいのに、と思う訳です。

さて、次にドリンクサービスです。日によって食事と一緒の時もあります。ワインはガラス瓶のミニボトル、ソフトドリンクでは、レモネードかオレンジジュースがオススメです。

1回目の機内食は新しいスケジュールだと23:00頃になります。中ほどの席の場合はチョイスがなくなる場合もありいます。チョイスは2択で、メニューは毎回違います。写真はサーモンとスズキの蒸し物、この時のもう一方のチョイスは鶏むね肉でした。カトラリーはステンレスです。

トルコ航空成田→イスタンブール機内食1回目


ちなみに私はターキッシュエアラインズ利用の場合、事前に特別食であるシーフードミールを頼んであります。上のようにシーフードのチョイスがある場合でも、ちゃんと別に用意があります。白身魚のスパイシーカレーソース、副菜もシーフードです。

トルコ航空成田→イスタンブール機内食シーフードミール


ちなみにシーフードミールもいろいろレパートリーがあり、定番メニューもありますが、特に日本発便では毎回違うメニューが出てきます。10月の時は、白身の魚のクリームソース、エビのせでした。残念ながら味がぱっとしなかったので塩コショウで調整です。

トルコ航空成田→イスタンブール機内食シーフードミール


1回目の食事が終わると、下げるときにホットドリンクなどを持ってきた後は、水のボトルを配って消灯となります。間食サービスはなく、ギャレーに行くとドリンク数種類と一緒におにぎりやチョコレートブラウニーケーキ、サンドイッチが置いてあります。

トルコ航空機内ギャレー


機内食2回目は到着2時間前から配り始めます。ここでも和食ぽいのと洋食ぽいのの2択が用意されています。和食は甘い味付けのお魚です。

トルコ航空成田→イスタンブール機内食2回目


シーフードミールはスクランブルエッグにエビ乗せ。どっちかというと、通常食の方がシーフードっぽいかも。私は卵NGなので、ちょっとがっかりですが、2食目はほとんど食べないのであまり気になりません。

トルコ航空成田→イスタンブール機内食シーフードミール


10月の時のシーフードミールは鱈っぽい魚とチーズオムレツでした。当り外れはあるものの、シーフードミールは通常食に比べるとそれでも外れは少なく、おいしい気がします。シーフード好きにはいいのですが、そうでない方には全食事がシーフードになるのでオススメはしません。

トルコ航空成田→イスタンブール機内食シーフードミール


帰国便TK-0052の機内食も簡単に紹介します。
1:15発なので、深夜の2:30とかの食事になります。トルコ風ハンバーグ。独特の味がするので、好き嫌いがあるかも知れませんが、ターキッシュエアラインズの定番メニューのひとつです。

トルコ航空イスタンブール→成田機内食1回目


シーフードミールは鱒?のグリル。こちらもターキッシュエアラインズの定番メニューです。

トルコ航空イスタンブール→成田機内食シーフードミール


2食目は到着前、こちらはチキン。お国柄、ポークが出る事がないので、チキン、魚、ビーフ(ミンチ)、パスタの中の2つがチョイスになることが多いです。

トルコ航空イスタンブール→成田機内食2回目


シーフードミールは白身魚のグリル、ターキッシュエアラインズのシーフードミールで一番多く出される超定番メニューです。乗り継ぎがある場合などではかぶる場合が多いのですが、おいしいので許容することにしています。

トルコ航空イスタンブール→成田機内食シーフードミール


ヨーロッパ乗継の便の場合の機内食ですが、少々時間が短くてもちゃんとホットミールが出ます。写真だけ公開、イスタンブール→カターニャ(シチリア島)便で出た朝食。

トルコ航空イスタンブール→カターニャ機内食


バーリ→イスタンブール、かなり短い便でもホットミールです。

トルコ航空バーリ→イスタンブール機内食


ちなみにシーフードミールの場合、例えコールドミールでサンドイッチでもツナサンドとか出されます。こちらはイスタンブール→バルセロナで出たもので、メニューを見たらスモークサーモンオムレツとありました。解剖して見ましたが、サーモンはほとんどいませんでした。

トルコ航空イスタンブール→バルセロナ機内食シーフードミール


さて、サービス面です。日系やルフトハンザなどに比べると雑です。言葉遣いも丁寧ではないので、逆に聞き取りやすくていいかも知れません。日本人CAが乗っている確率は極めて低く、日本語を話すCAが1人乗っていることが多いですが、かなり怪しい日本語です。
また、機内販売はありません。

最後はスターアライアンスゴールドの資格というかターキッシュエアラインズの上級会員として利用した空港ラウンジの話です。成田空港では、提携のANAラウンジの利用となります。47ゲートの下で、何度か紹介しているのでレポートは割愛します。具だくさんのカレーライスを食べるのが恒例になっています。

ANAラウンジのカレーライスなど


イスタンブールのアタチュルク空港のCIPラウンジは私のお気に入りです。こちらもレポートは省きますが、とても広くて居心地もよく、いつもシャワーを使ってのんびりさせてもらっています。イスタンブールでの乗り継ぎが短い時はがっかりするくらいです。詳細はこちら

イスタンブールのトルコ航空ラウンジ


夜便で着いた後なら焼きたてのパニーニを食べるのが恒例なので、成田からの2食目はあまり食べません。そして、いつも必ず頂くのが、デメルのケーキ、ザッハトルテとトルココーヒーです。最近あまり飲めなくなった分甘いものに走っています。

トルコ航空ラウンジのザッハトルテとターキッシュコーヒー


帰国の際に出発する空港は小さな空港だとラウンジがない場合もありますが、スターアライアンス系の航空会社のラウンジが無くても、提携ラウンジのインヴィテーションを発行してくれることが多いです。こちらはビルバオの提携ラウンジ。サンドイッチやスナックなどありました。

ビルバオの提携ラウンジ


その他、ターキッシュエアラインズ利用で感じたことを列挙します。
・イスタンブールでは沖止めが多いです。(早朝は外気温かなり寒いです。)
・シェンゲンからの乗継で帰国の場合は、セキュリティチェックを通らないで済むこともあります。
・機内で配られるロクムはおいしいですが、お土産屋で買うときは同じようなおいしいものは滅多にありません。カラフルなものは買わない、味見をして買うのがオススメです。
・機内食はチョイスがなくなることがよくあります。
・スーツケースの重量制限は20kgまでですが、23kgくらいまでは目をつぶってくれることもあります。
・機内のトイレにはコロンヤとクリームが設置されています。
・イスタンブール・アタテュルク空港では出発便のゲートは丁度2時間前にならないと発表されません。
・イスタンブール・アタテュルク空港には無料Wi-Fiはありません。
・成田-イスタンブール間のマイル数は片道5753マイルです。

今までターキッシュエアラインズを好んで利用してきましたが、ひとつ大変ショックなことがありました。今年から、ツアーで利用するチケットの予約クラスがWと低いものになったことです。Wクラスだと全日空やUAのマイレージにはマイルは一切加算されません。ターキッシュエアラインズのMiles&Smilesには25%の、1438マイルだけが加算されます。

マイルを貯める一方で使っていない私なので、あまりインパクトはないのかも知れませんが、2年くらい前まではツアーでも100%加算されていたので、ショックです。TKは、プレミアムエコノミーであるコンフォートクラスのシートがいいので(昔のビジネス並)、値段によってはコンフォート利用を考える必要がありそうです。

次回から南イタリアの旅レポートスタートです♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

カターニャとかバーリとか、ずいぶんマイナーなところに飛んでいるんですね。
シチリアはリピートしたいと思っているので、お世話になろうかしら・・
トルコ航空はビジネスクラスしか乗ったことが無いので、エコノミークラスも試してみたいですし。(エコノミークラスのくせに、意外にも真っ当な機内食で驚いています)

Re: No title

かなりいろんな所に飛んでますよ、TK、夜便できて乗継1回で行ける場所がかなり増えました。
とにかく安いのに、サービスがまぁまぁなのでお気に入りです。
近いうちに乗ってみて下さい~♪

No title

こんにちは!

スリッパがついてるんですか

でも
いざというときに逃げるのにつまずきませんかね
もっとも空の上ですけどね(笑)

Re: No title

こんにちは!

今どきエコノミーでスリッパついてるのは珍しい方になりましたよね~
私は自前のサンダルとか持ち込んでるので必要ないですが
いっそ土禁の飛行機があってもいいような気も(笑)

プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR