中国・楽山大仏~峨眉山(報国寺)

2015/06/27 (6日目) 続き

遊覧船は楽山大仏の前で数分滞在したら、乗り場へと戻ります。この楽山大仏の全景を見るには遊覧船に乗る以外に方法がないようです。遊覧は全部で20分くらい、70元(1400円、ツアー組込)、汚い救命胴衣の着用が必要で、この日は滅茶苦茶蒸し暑く汗だくになって不快でした。

楽山大仏


蒸し暑さもあって、かなり具合が悪かったので、後半は船内に入りぐったりとして外を眺めていました。岷江に大渡江が合流しているこの辺りでは、水の色の違いで、川の合流する様子がはっきりと見る事ができます。

岷江と大渡江が合流している部分は色が違う


船の乗り場があるのは旧市街だそうですが、川から見ると、高層建築が目立ちます。空気がよどんだ様子がよくわかります。これで蒸し暑いのです、ちょっと滞在しただけで気分が悪くなりましたが、住んでいる人に健康被害はないのでしょうか。

楽山の町


16:00に船着き場に戻り、16:05には楽山を出発します。自分の具合が悪かったせいか、楽山大仏は巨大だと最初からわかっていたせいか、実物を見てもあまり感激することもなく、ちょっと拍子抜けに終わりました。楽山を去る車窓から対岸の凌云山の方を見ると、かすかに楽山大仏が見えました。川幅がここまでなければ、そして空気が澄んでいれば、対岸からでも大仏を見学することができるのではないでしょうか。写真中央やや左、岸壁に楽山大仏があります。

対岸からわずかに見える楽山大仏


16:50 峨眉山の駐車場に到着です。峨眉山と楽山大仏は一緒に世界遺産に登録された観光名所ですが、今回私は九寨溝、黄龍、そしておまけにパンダで既に満足してしまっているので、消化旅行に入った気分です。峨眉山は仏教の聖地で、山全体にいくつものお寺があります。

峨眉山報国寺入口


昔は峨眉山には300くらい寺があったと現地ガイドは言いますが、その中でも最初からあるのが山の麓にある報国寺、今日はその報国寺を訪れます。何段かずつの階段を上がり、静かな林の道を歩きます。

報国寺までの道


駐車場から歩くこと5分ほど、こちらが4万㎡もの敷地を持つ峨眉山最大の寺院、報国寺です。元は4世紀頃の建立ですが、清代初期に現在の場所に移されたそうです。明代の獅子像が守る入口、報国寺の文字は、康煕皇帝の親筆とのことです。

報国寺山門


さて、入場しますが、殿内は写真撮影が禁止、特に仏像を撮るのは良くないと言われています。こちらは門の内側を守る像ですが、説明をメモし忘れました・・・。

報国寺の門にある像


現地ガイドが言うには、中国のお寺はだいたい造りが似ていると言いますが、手前からいくつかの殿が奥に続いている感じになります。最初の殿は弥勒菩薩がある弥勒殿です。参拝者がたくさんいます。

峨眉山報国寺弥勒殿


そして、弥勒殿の裏側に、韋駄天、次の建物が大雄宝殿と続きます。そして普通は次は釈迦三尊だそうですが、ここでは釈迦七尊の七仏殿へと続きます。殿と殿の間には階段があり、山を上っている感じです。

峨眉山報国寺七仏殿


そして更に、観音殿、普賢殿と続きます。最後の普賢殿の普賢菩薩は象に乗っている姿で現されています。ここまで上がってくるのに、かなり疲れてしまって、思わず座り込んでしまいました。階段も急だし、黄龍などでの筋肉痛が治りきらない中、上ってきた階段を下りる方がげんなり来ました。

峨眉山報国寺普賢殿


17:45 駐車場まで戻ってバスでホテルへと向かいます。
18:05 峨眉山のホテル、峨眉山華生酒店に到着です。大通り沿いにあり、外観は豪華に見えます。少し歩けば商店街などもありそうでしたが、旅の疲れが溜まって散歩に出ようという気はおきませんでした。

峨眉山華生酒店外観


部屋は少しきれめです。お茶セット、冷蔵庫あり、ミネラルウォーターだという水が冷水ポットに入っています。Wi-Fi無料(PWなし)。他のホテル同様、スリッパもあって、ベッドも固めです。

峨眉山華生酒店の部屋


19:00 ホテルで夕食です。北京ダックやエビの揚げ物などが出た他は、いつも通り野菜炒めなど中心に乗り切らないほどの料理が出ました。

夜は周辺から古臭い音楽が大音量で遅くまで聞こえて来るので、窓の外を見ます。近くに公園かな、木々にイルミネーションがされています。音楽は隣のホテルから聞こえてくるようです。明日は峨眉山の標高高い所に行くというのに、頭痛がしてきたので、早めに薬を飲んで就寝です。

峨眉山華生酒店の部屋からの眺め


2015/06/28 (7日目)

今回の旅の中で、ここは朝食が一番おいしいホテルでした。
麺を茹でてくれるので、自分でトッピングし、雪菜麺ぽいのや担々麺ぽいのを作って食べます。一日中炒め物が多いので、朝はなるだけ控えるようにしたい所です。

峨眉山華生酒店の朝食


次回は峨眉山観光をレポートします♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

なんか
四国八十八ヶ所お参りみたいな(笑)

内側を守る像
なんか 中国のイメージでもないですね
独特です

Re: No title

中国でも3大とか4大とかの仏教の聖地ですからね~

このお寺は元々、仏教、儒教、道教、3つを奉る寺院だったということで
ちょっと変わっているかも知れませんね。いろいろおもしろいものがありましたけど
テンション高くなくてあんまり写真が残っていませんでした(笑)
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR