中国・成都~楽山大仏

2015/06/27 (6日目) 続き

10:55 成都の渋滞を走ること1時間、中国ツアーではお馴染みのラテックス寝具店にやってきました。中国圏のツアーでは必ずと言っていいほど連れて行かれる店で、マットレス54000円~、枕9000円~と安くもありません。四川のツアーに来る人はラテックス初めてということはなく、誰も買おうとしないので時間の無駄のような気もします。そんなにいいものなら、中国のホテルは大抵ベッドが硬いので、ホテルに売り込んで欲しいものです。

ラテックス寝具店


12:05 四川風飲茶料理のランチです。見た目以上にラー油がたっぷりと使われているのが特徴でしょうか。あっさりめではありません。

四川飲茶のランチ


かなりの量で、次から次へと運ばれてくる飲茶を置く場所もなく、忙しいランチとなりました。でも、いつもの野菜炒め中心の中華とはちょっと違うだけで、新鮮な感じがします。

四川飲茶料理


12:55 レストランを出て、バスで南西の楽山を目指し移動します。ただでさえ晴れることの少ない成都ですが、PM2.5も中国で3番目とあって、少し先のビルは霞んで見えます。曇りですが、とても蒸し暑い気候です。

成都近郊の空気の悪さ


13:50 高速道路のサービスエリアでトイレ休憩です。一昔前の日本のサービスエリアのような感じです。お土産などを売るお店もありますが、ちょっと高めです。

成都と楽山の間にある高速道路のサービスエリア


15:10 楽山の川沿いのパーキングに到着です。ここも曇っているのに、ものすごく蒸し暑く、気温は35℃くらいでしょうか、気分が悪くなってくるほどです。霞んでいて視界が悪いけど、うっすら影ができるので晴れなのかも知れません。トイレ待ちやらチケット購入待ちやらでかなり待たされ、段々具合が悪くなってきました。

楽山遊覧船乗り場


15:40 遊覧船に乗船です。楽山では有名な楽山大仏を船から観光します。上のデッキに上がれるのは35人というサイズの船なので、グループで貸切です。不快なまでの暑さの中、救命胴衣を着けて乗っていなくてはならないので、かなりしんどいです。

遊覧船に乗船


船が出航すると、多少は風が来るものの不快さは和らぎません。船から見た楽山の町、ここも高層マンションなどがたくさん建っていて、今も開発中という感じです。

楽山の町


さて、岷江を遊覧船で進み、対岸の方へと向かいます。まだ楽山大仏がどこにあるのかよくわかりません。大きなものなので、遠くからでも見えるのかと思いきや、視界が悪いこともあってそれらしきものが見えません。でも、この楽山大仏がある凌云山自体が、遠くから見ると寝釈迦仏に見えると言われています。

岷江と凌云山


船に乗って10分足らずで大仏の前まで来ました。さすがに世界最大の石刻大仏、バカでかいです。高さ71m、山の岸壁いっぱいに掘られた大仏は、逆に山が小さく見えるほどです。大仏の両脇にも彫刻があり、徒歩で観光している人が蟻のように見えます。

楽山大仏


顔だけでもすごい大きさです。この大仏は713年から90年の歳月をかけて造られたものです。
岷江に他の2つの川が流れ込む地点であるこの場所では昔から氾濫多かったために、鎮めるために造られました。同じ時代の奈良の東大寺の大仏は銅製ですが、楽山大仏の顔よりわずかに大きいくらいですから、この大仏の巨大さは驚くべきものでしょう。

楽山大仏の巨大な顔


ズームでよく見ると、単純に掘ったと言うより、レンガが使われているのがわかります。
完成当時は金色など色がついていたということです。彩色の跡などは近くから見ないとわからないでしょう。

楽山大仏


今回は川からだけの観光なので、徒歩で観光して見たかったなあと思いましたが、大仏の脇に造られた階段は怖そうだし、何よりすごい渋滞です。世界遺産でもあるし、何より世界最大というのが観光客が多い理由でしょう。あの破壊されたアフガニスタンのバーミヤン遺跡の大仏より大きいのですものね・・・。実際に歩いて間近で見ればその大きさも実感できるかも知れませんが、船からだと、大きいとは思っても、実際のサイズほどは大きく見えない気がします。

崖に造られた階段は大渋滞


船はいったん大仏を通り過ぎ右側の方へと進みます。大仏の徒歩での見学コースがよく見えます。階段は急で大変そうなので、シニア層が多いツアーでは徒歩見学はなかなか難しいのかもしれませんね。

楽山大仏のある凌云山を遊覧船から見る


さらに右側に行くと、もう大仏は全く見えなくなります。大仏の見学コースは、大仏を見た後も岸壁の中を通り、さらにジグザグに造られた階段を上るようになっています。どうやら一方通行のようです。上にはお寺があります。元々大仏はこのお寺のご本尊として造られたそうです。

大仏見学後も続く見学路


次回は楽山~峨眉山をレポートの予定です♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

こんにちは!
成都って 3番めの都市なんですか___φ(゚ー゚*)フムフム

グーグルマップみてますが(苦笑)

あんな山奥に こんな街が あるもんなんですね~

大仏さま
動き出したら 凄そうです(笑)

Re: No title

こんにちは!

成都は内陸ですが、かなりの大都市ですね~。
楽山はそこからさらに150㎞くらい離れているかな。

大仏は、弥勒菩薩らしいですから、あと五十億年以上は動かないでしょうね(笑)
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR