中国・成都パンダ基地(幼年パンダ園)

2015/06/27 (6日目) 続き

9:00 成都パンダ繁殖研究基地の太陽産室のパンダ山を途中まで周った所で、下の展示場へ降りる道へと入っていきます。その先には、最初に道からちらっと見たパンダたちがいるはずです。わー、いたいた。かわいいパンダたちが、ゴロゴロ!これよこれこれ、こんなのが見たかったのよと大興奮です。

成都パンダ基地の幼年パンダパーク


ここは幼年パンダ園、少し小さめ、2012年生まれの2歳児7頭が一緒にご飯中です。
人間で言えば小学校低学年くらいのお子ちゃまたち、とても愛らしいです。
しかもかなり近い距離ですぐ間近でこの光景が見られるのです。

食事に夢中の幼年パンダたち


仲良しなのか、くっついていたり、お互いもたれ合ったり、それぞれ勝手な恰好して笹をむしゃむしゃ。こんなシーンが見れたら最高だけど、そうはいかないよねとあまり期待していなかっただけに、このなんとも言えない可愛いパンダたちに心奪われ、夢中で写真を撮ります。中には段々あられもない姿になってきたパンダちゃんも・・・。

好き勝手な恰好で餌を食べるパンダたち


しばらくすると、怒鳴るようなものすごい声が聞こえてきました。ちょっと、動物の飼育している場所でなんて非常識、と思っていると、どうやらパンダの名前を呼んでいるようです。少し離れた所で、呼ぶその声に、パンダの一部はご飯を止めて移動し始めました。パンダが群れて歩いてる・・・!

幼年パンダ、飼育員に呼ばれて移動中


くつろぎモードでご飯に夢中の子たちは呼び声も無視。呼ばれてほいほい行く派と、マイペース派に分かれたようです。右の方ではおじさんが金属製のボールをカンカン叩きながら、パンダたちの名前を呼んでいます。

仲間が行ってしまっても食事を続ける幼年パンダも


叫んでいたおじさんはどうやら飼育員のようで、さっそくおじさんの方へと私も先回りします。何かの撮影のようで本格的な撮影機材でTVカメラがパンダたちを狙っています。集まってきたパンダたち、何が始まるのかな?

呼ばれて集まってきた子パンダたち


飼育員のおじさんの横に陣取って、様子を見守ります。パンダの飼育イメージってもっと繊細なもので、子パンダに接するときはパンダの着ぐるみ着るんじゃないかと思っていただけに、大声で叫び、音を出して、パンダを集める様子にはちょっとびっくりです。

子パンダを呼び寄せる飼育員


最初に3頭、続いて3頭が集まってきました。最後まで現れない1頭は、名前を連呼されています。さすが飼育員、どのパンダがいないのか判別できているみたいです。もしくは一番マイペースなのはあの子ってもう決まっているのかも知れません。

集合中の幼年パンダ


一列に並んだ一瞬。かわいい盛りの同じサイズのパンダたちが整列する姿なんてなかなか見られるものじゃありません。ぬいぐるみじゃありませんよ、本物です。

整列した幼年パンダたち


最後の1頭がやっと合流した所で、飼育員がフルーツのようなものを投げ込みました。
パンダたちの好物なのでしょうか。あっという間に整列は崩されました。

特別なおやつを探す幼年パンダたち


折り重なるパンダたち、可愛すぎです。

入り乱れるパンダたち


パンダ基地のPRのためか、記録用映像なのかわかりませんが、短時間の撮影のためにパンダたちが呼ばれ、なかなか見られないショットを撮らせてもらえました。ちょうどこのタイミングでこの幼年パンダ園に来たのはラッキーでした。

パンダ撮影隊を撮影


この呼び寄せが終わったら、元の位置に戻るパンダやら、そのままヘリで愛嬌ふりまくパンダやらそれぞれです。人間の柵に一番近いヘリの部分で座り込んで愛嬌振りまく子もいます。

人慣れしたパンダ


そして、ご飯の続きに戻るパンダたち。この2歳児パンダたちの中には双子ちゃんもいるのですが、私から見ると、どの組み合わせが双子なのか全く見分けがつきません。七つ子にしか見えません。これだけ群れて生活するのも、いくらパンダ基地とはいえ、小さいうちだけ。同級生がいっぱいいるここならではの風景でしょう。

個体識別が難しい幼年パンダたち


後ろ髪惹かれる思いでこの幼年パンダ園を後にし、太陽産室の母子パンダ園の方へ戻り、まだ見ていないエリアを見ならが、太陽産室の建物の入口の方へと戻ります。朝のお食事にいったん満足したパンダたちが、寝転がったりしています。

成都パンダ基地の母子パンダ園でくつろぐパンダたち


見学した2か所のエリア(太陽産室の周りの母子パンダ園と幼年パンダ園)に総勢15~20頭のパンダたちを見る事ができました。結構、客も多かったし、騒いでいる人もいたけど、パンダたちは環境に慣れているのか動じない様子です。ガラスもないし、自然な感じで近くで観察でき、並んだり背伸びしたりしなくてもゆっくり見れて、大満足でした。以前は別料金でパンダと触れ合ったり写真撮ったりするオプションがあったらしいですが、現在は行われていないそうです。

お土産屋もありますが、他で売っているのとあまり変わりなく、ちょっとお値段高め、やっぱり実物の方が遥かにかわいいです。

お土産のパンダの出来栄えはイマイチ


余談ですが、パンダ基地のトイレはびっくりするほどキレイで、洋式で便座シートやトイレットペーパー完備、手洗い台にはクリームなども自由に使って下さいと置いてありました。

9:30に集合した後は、来た道を戻り、駐車場へと歩きます。駐車場近くの露天商が売っていたストラップ付の手頃な大きさのパンダが一番できのいいお土産物に見えました(20元)。

9:55 成都パンダ繁殖研究基地を後にします。中国ツアーは離団お断りなので、いつか個人で来て、今度は一日ゆっくり滞在し、今回見なかった他のエリアなども含めてパンダ三昧の一日を送ってみたいです。

次回は楽山を中心にレポートの予定です♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

こんにちは
日本ではお目にかかれない、うじゃうじゃパンダ。
可愛いですね。ナイスショットでした!

Re: No title

こんにちは!コメントありがとうございます♪

今年はこれまですでに15頭の赤ちゃんが生まれたということなので
3年後にはもっとうじゃうじゃの子ども達が見れることになりますね。
結構動き回るパンダ、とても可愛かったです♪

No title

こんにちは!

パンダ
可愛いですよね

もし肉食なら クマになるんでしょうね(笑)

No title

いつも楽しくブログを拝見させてもらっています♪

本当にかわいすぎるパンダたちですね!!
こんなにたくさんのパンダが見られるなんて☆
癒されました♪

Re: No title

tookueさん、こんにちは!

パンダ、元々は肉食みたいですよ。
食べるものなくて、笹を食べ始めたとか聞いたことがあります。
白い所を黒く塗ったら、まさにクマ、でしょうね・・・。
そう思うと、クマもちょっとかわいそうかな(笑)

Re: No title

ホトさん、コメントありがとうございます♪

今年はパンダのベビーラッシュみたいで現在この基地でも記録更新中みたいです。
年々数が増していけば、いつか日本でもこんなシーンが見れるようになるかもしれませんね♪

No title

こんにちは。
可愛すぎる〜〜パンダ最高!!
何頭もゴロゴロいる感じがめっちゃいいですね。
一緒に戯れたいw

Re: No title

こんにちは!

1歳までくらいのパンダは言うまでもなく可愛いですが、このお年頃も最高です。
もう立派にパンダなんですが、顔と体のバランスもいいし、何より仲間たちと
じゃれ合ったりするのが可愛いですよね。
私も着ぐるみ着て一緒に遊んでみたいなぁと思いました。
いや、来世はパンダに生まれたいかな~♪
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR