中国・黄龍~都江堰

2015/06/25 (4日目) 続き

16:00 ようやく黄龍で最も下流にある迎賓彩池に辿り着きました。標高3230m、350の池が連なります。上流の池に比べると周りの木が多く、その影が映るせいか、若干緑がかって見えます。下の方にまでこんなきれいな石灰華の池がたくさんあるとは思っていなかったので、黄龍の見所の広大さを実感しました。高山病弱い人はここだけ歩いて見にきてもよさそうです。

黄龍の迎賓彩池


さて、残り時間は30分、何とか間に合いそうです。
今度は黄色いアツモリソウに出会いました。最初から最後まで何かしら見所があるのにもびっくりです。花の季節は意識していなかったのですが、ちょうといい時期だったと言えるでしょう。

黄龍の黄色いアツモリソウ


16:15 やっと出口に到着です。五彩池から出口まで3750m、あまりにも下りが長く、同じような景色が延々と続いたので、今どこを歩いているかわからない不安がありました。でも、無理しないで自分のペースで歩いたことによって最後まで軽い頭痛で済み、自分的にはほとんど奇跡に等しい快挙と言えます。

黄龍の徒歩用出入り口


16:20 ランチをした山荘に帰着です。結局、ロープウェイを降りてから約4時間、休憩もろくに取らず(酸素バーで座りましたが)、無事に帰って来れました。私は普段、どちらかというと歩くのは早い方だと思いますが、その私が一番最後になったというのには本当に驚きました。これでも一応ツアーで最年少だったんですけどね・・・。

16:30 黄龍の山荘を出発し、今日のホテルがある茂県へとバスで向かいます。旅ともさんはまだ具合悪そうなので、席を開けて横になってもらい、私は別の方と相席させてもらいました。
そんな予感はしていたのですが、来た道を引き返し、あの4000mの峠雪山梁子を越えます。
今度は写真ストップはないので、酸素缶をバンバン使いながらやり過ごします。こんな高所でも動物はいろいろいます。

雪山梁子の周辺


17:30 やっと峠を越えたと思ったら、途中で検問みたいのにひっかかりました。バスを降り、一人ずつ名前、住所、パスポート番号などを書かされます。何の意味があるのかわかりません。写真は検問手前にあった近くの橋のある風景です。

検問があった辺りの橋


一人ずつの記入に時間かかったので、検問の所にあったトイレでトイレ休憩も兼ねてと言われましたが、一部の人はこんなトイレは無理といって戻ってきました。ついたてのみのボットンですが、タイル作りだし、キルギス辺りのトイレに比べればかなりマシでした。中国の地方では観光地を除き、この程度のトイレで無理とは言っていられないのが現状です。

その後は成都から九寨溝へ行く時に通った道を戻る形で、松藩なども通ります。まだまだ標高高い辺りですが、相席になった方と楽しくおしゃべりしながら過ごしたせいか、高山病は悪化しませんでした。

松藩


途中2度のトイレ休憩の後、日も暮れると車窓は恐ろしいほど真っ暗になりました。
21:20 暗闇から突然現れた茂県のホテル、国際飯店に到着です。周囲は店などはおろか明かりひとつない場所です。

国際飯店外観


そのまま先にホテルのレストランで夕食です。品数、量がすごいです。
中国では食べきる必要がないというか、残すのが礼儀とはいえ、大量に残す羽目になりました。

国際飯店の夕食


部屋はいつもと同じような感じです。そこそこ広さがある暗めの部屋。冷蔵庫なし。ポットとお茶セットあり。フロント脇に24時間営業の売店があり、高めですが、飲物なども購入できます。

国際飯店の部屋


2015/06/26 (5日目)

朝起きると筋肉痛で体中がギシギシいっています。カーテンを開けると、目の前の山に、何故こんな所に?と思う家が一軒だけ、そして、村へ続く道路が川を渡っています。村の先の山間にポツンとある大きなホテルでした。

国際飯店の部屋から見た景色


8:30 ホテルを出発します。途中の町や村の建物がおもしろいです。こちらはどうやら学校か何かのようです。

学校か何かの建物


羌族(チャン族)の村もあちらこちらに見えます。特徴的な石組みの塔などですぐに分かります。

チャン族の村


9:35 3日前にランチを食べた町、汶川を通過です。
崖の上の建造物が気になります・・・。

汶川


10:20 この辺りは四川大地震で崩れた山です、と説明されます。あちらこちらに崩れた跡が見られます。今バスが走っているのは地震後に作られた新しい道で、当時隣にあった道路を走っていた車のほとんどは地震で埋まってしまい、トンネルの中だけ無事だったそうです。この地方を旅するには、地震の周期も気にする必要がありそうです。

四川大地震で被害のあった地域


11:05 行きは素通りした都江堰の町に到着です。
何重にもなる塔は遠くからでも目を引きます。

都江堰


まずは観光前にランチです。いつものようにたくさんの種類の郷土料理、つまり中華ですが、ここならではの一品はこちら、ナマズ料理です。ソースが味噌っぽい味でした。ここも四川とはいえ、辛くないものばかりでした。

都江堰のナマズ料理


次回は都江堰(とこうえん)をレポートします♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

3750m
高さつながりなら
富士山くらいありますね(笑)
結構長い距離だ

食事は写真で2人前ですか?
品数が多いのは健康的でよさそうですね

Re: No title

4㎞足らずと考えれば平地だったら1時間ですよね~
整備された歩道とはいえ、坂道は長く感じました!

食事は恐らく7人分くらい、かな?
それでも一皿ずつがデカかったので量ありますね。
野菜中心の料理が多いし健康には良さそう♪
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR