中国・松藩~九寨溝

2015/06/23 (2日目) 続き

17:25 松藩古城の中、南北に伸びるメインストリートをちょっと歩き始めたかと思ったら、今日は早めに九寨溝のホテルに入りたい、渋滞で遅れたのでもう切り上げましょう、と引き返すことになりました。もう少し町を見たかったですが、まぁ仕方ありません、チベット民族が主に暮らす町ということで、特異な雰囲気は多少は味わえたような気がします。

松藩古城内


両脇の店で良く売られているヒトデのような花のようなこれ、冬虫夏草(とうちゅうかそう)という名産の漢方だそうです。万病に効く高価な漢方で、1㎏30万元もすると現地ガイドは言います。気になったので後で調べたら、虫に寄生するキノコの一種で、天然の本物はやはり非常に高価なのだそうです。売っているのは束ねて花のようにしているみたいですね。

冬虫夏草


城壁の外へ出て駐車場へと戻ります。そこそこ大きい町ですが、都会的雰囲気はなく、地方の中心の町という感じです。中心部は商店が多く、西洋文化の影響がほとんどないため、中国らしさが色濃いと言えます。

松藩古城の外側


17:35 わずか30分の滞在で松藩を後にします。この町は標高3000m(ガイドブックなどによりかなり差があり)クラスのため、かなり頭が重くなってきました。恐れていた高山病の初期症状が既に現れ、明日の九寨溝観光のため以降徹底的におとなしくすることにします、
松藩の町では、ヤクの肉などを売る店がとても多いです。

ヤクの肉などを売る店


松藩の駐車場でチベット族が観光客相手に商売を積極的にしているのですが、その中で大きなパンを売っている人が多かったのが気になっていました。現地ガイドさんが買ってくれて、皆に味見をさせてくれました。素朴なパンを食べながら、ぼんやりと車窓を眺めます。町からほんの数分ですっかり山の中です。

松藩近郊


松藩から先は高地の移動ですが、しばらくは視界も開けそれほどの山道という訳でもありません。山の中腹や川沿いなどに、チベット族の村などが見られます。この距離ではよくわかりませんが、屋根に特徴的な小さな飾りがついていたりします。

松藩近郊の村


それと立派なお寺が多く見られます。ブータンもそうですが、寺や一見何もない山の斜面などに5色の祈祷旗がたくさん掛けられています。

松藩→九寨溝の大きなお寺


少しずつ山が深くなってきました。こちらはチャン族の村なのかな?集落の雰囲気が全く違います。と言っても、どうも廃墟のようです。九寨溝県は思っていた以上に広く、四川九寨黄龍空港が山の中にあり、観光地まではまだ相当に遠いようです。

松藩→九寨溝の車窓景色


空港付近からはカーブの多い山道に変わり、民家もほとんど見られない深い山の中を走ります。既に薄暗くて不気味な感じです。私はかなり頭が重くなってきて嫌な予感でいっぱいなのに、加えて車酔いの気配もしてきました。酔い止め薬を飲み、吐き気が収まるよう念じ続ける時間が続きます。1時間ほど山道を下り、途中にはいろは坂のような坂もありました。

やっと町らしきものが見えてきて、そのうちびっくりするような景観が目に入ります。ものすごいケバケバしたテーマパークのような町が広がっていました。この辺りが九寨溝の町の中心部のようです。

九寨溝の町


山の中に突然のように現れたネオンだらけの町にびっくりです。かなり人も多く、賑わった温泉街と歌舞伎町を足して割ったような感じです。日本からのツアーはこういった中心部にはホテルを取らないみたいですね。

ド派手な九寨溝の町


そこからさらに進み九寨溝景区観光の入口前を通り、またさらに進んでやっとホテルに到着です。何とか吐かずにホテルまで辿り着きました。
19:40 千鶴国際大酒店に到着です(写真は翌日撮ったもの)。周囲は小さめのお店(売店とか土産物屋)があるだけで中心部からはかなり離れています。

九寨溝のホテル千鶴国際大酒店


19:45 まずはホテルで夕食です。ここも四川省ですが、野菜中心で辛い物がほとんどありません。あまり油っぽくなかったので少し頂きましたが、気持ち悪かったのでスプライト(15元)で体調回復に努めます。吐気がある時、体調が悪い時は炭酸水がいいです。

千鶴国際大酒店の夕食


少し食べられた事もあり、体調は悪化しませんでしたが、明日の観光に備え、食後に周辺散策などは控えてホテルでおとなしく過ごします。部屋は明るくきれいで使いやすいです。冷蔵庫なし、水ボトル一人1本、龍井茶あり。強力なドライヤー、水圧のあるシャワー。Wi-Fi無料。

千鶴国際大酒店の部屋


2015/06/24 (3日目)

昨夜はものすごく早くに寝て十分睡眠を取ったこともあり、体調は悪化せずに朝を迎えられました。今のところ九寨溝観光に支障はなさそうです。最もホテルがある場所の標高はそれほど高くないので、ここで具合悪いなら観光はもっと高度高い所に行くので無理でしょう。朝食をしっかり食べて体力をつけたいと思います。

千鶴国際大酒店の朝食


千鶴国際大酒店の朝食はやはり中華のビュッフェになりますが、やっぱり麺がオススメです。
スープが2種類あるので、どちらが希望か調理担当の方に伝えます。お好みに合わせて、トッピングを自分で盛って完成。辛いスープを選んだのですが、やっと四川らしさを感じる味になりました。こういうのが普通に食べられれば、体調は大丈夫でしょう。

千鶴国際大酒店の朝食の麺


次回は九寨溝観光をレポートします♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

高山病 ですか~
富士山よりたかいんですかね?
旅行の前に富士山で合宿しておくべきでしたかねヾ(- -;)(笑)

温泉街と歌舞伎町を足して割った
ところ
ちょと意表を突かれる感じを超えてますね(苦笑)

Re: No title

富士山ほどは高くないです(笑)
九寨溝は観光地の高い所で3000m級、でもこの町に行くまでにも3000mの峠越えが
あるので、ちょっと辛かったですね。

町はかなり怪しい雰囲気でしたー。
周りの自然とあまりに不釣り合いで(笑)
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR