FC2ブログ

メキシコ・プエブラ~チョルーラ

07/07 (3日目)

日本では七夕、これといって短冊にこめる願いが浮かばないのは幸せな証拠だろうか。

7:50 HTL出発、バスで2時間ちょっとのプエブラという街へ。
快適な高速道路を通り、車窓からは町や、畑、きれいな山などが見えるのどかな感じ。

現地ガイドがメキシコにもシャーマンがいて、呪いをかけあったりするという話をした。
先日パプアニューギニアでも同様の話を聴いたが、メキシコの方がまだ軽い感じがする。
(メキシコの報告が終わったらパプアニューギニアの報告をします♪)

10:20 プエブラ着。
ソカロでバスを降り、徒歩にて観光へ。まず、カテドラルへ入場。

プエブラカテドラル


隣の家と同じ色の壁はダメという事で、とてもカラフルな街並み。

プエブラ家々


ヨーロッパ風のきれいな商店街を抜ける。

プエブラ通り


サントドミンゴ教会へ。
ここの礼拝堂はとてもきらびやかで豪華!!の一言。彫刻、絵画、祭壇、すべてが美しく息をのむ。

サントドミンゴ教会礼拝堂


別名おかし通りと言われるサンタクララ通りでは、カモーテという有名なお菓子を買う。
10本入って1US$でお釣りがくる値段。味は、芋ようかんのような感じ。

カモーテ


お菓子の家と呼ばれるケーキのような装飾の家の前を通り、パリアン広場まで歩き、約一時間のショッピングフリータイム。集合時間の少し前に雨が降り始め、やがてどしゃぶりになる。雨の中レストランへ移動。

名物のモーレ・ポブラノは、チョコレートの入った少し甘いソースがチキンとライスによく合う。
(右上のカレーっぽいやつ)

モーレ・ポブラノ


Lunchの後は、バスで40分程のチョルーラへ。
歩きだしてからカメラをバスに置き忘れたことに気付く。
テオティワカンより大きかったというピラミッドの痕跡は、スペインの破壊によってほとんど見ることできず、トラチウアルテペルト大神殿も当時の様子を想像するのは簡単ではない。
昔のピラミッドの頂上に現在は教会が。手前が神殿跡。

チョルーラ全景


復元された(過ぎた)ピラミッドの一部を登るが、昨日の筋肉痛が利いている。
博物館で、往時の様子を確認。頂上の教会は往時のものではない。

チョルーラ復元模型


17:50 メキシコシティに戻り、メキシコ国立自治大学へ。
世界遺産に登録されたモザイクの壁画を見学。

メキシコ国立自治大学図書館

メキシコ国立自治大学モザイク


夕方になるとゴロゴロ・・・。
しかし日頃の行いが良いのか、観光が終わるころに雨が降る。
雨季は毎日こんな感じらしい。傘を手放せない。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ハード?

結構ハードな行程の気がするけれど、パッケージってそういうものなの?
私はメキシカン料理大好き♪
今、iーphoneから見ていて、iーphoneだと写真が見れないので帰ってから写真ゆっくり見るね~
ところで、このサイトは他の人に教えて良い?
O井さんとか T中ちゃんとかF田さんとか。

No title

隣の家と壁の色が違わないといけないって。
すごいおもしろい!

標準的かな?

周遊型のツアーにしてはそんなにハードじゃないと思うけど、ゆったりでもないかもね。
他の人に教えてもらって全く問題ないですよ♪
PC壊れたせいで、誰にも連絡できずにいるので・・・
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR