FC2ブログ

旭川・雪夜の散策~OMO7

2020年も旅レポートをよろしくお願いします♪

2020/12/19 (1日目) 続き

21:00 ホテル方面へ戻りつつ、来た時とは2本東の道を北へ進みます。
雪かきで寄せられた雪の山は私の身長を超え、2m程あり、普通乗用車が中に隠れていてもおかしくない大きさです。雪山の右が車道ですが、全然見えません。

旭川の道は雪山に囲まれている


-11℃の気温で、雪も降っているし、私がこれまで体験した中でも一番低い気温と思いますが、不思議な事に3枚しか着てないしダウンの前は閉めてないのにさほど寒くありません。中国のオルドスでは-5℃くらいでしたが、倍の枚数着ていても震える寒さだったので、実際の気温より体感気温が重要だと分かります。

あの、ブルドーザーは雪かき用なのかな?車も音もなく走っていてとても静かです。

雪だらけの街


途中で、らーめんや天金の近くを通りました。当初行こうと思っていたラーメン屋さんです。おそらくホテル着いてすぐに行っても間に合わなかったでしょう。

らーめんや天金


21:05 サッポロドラッグというドラッグストアにやってきました。
前回の旅同様、常備薬や日用品を購入して地域共通クーポンを少し減らしておきます。食品も置いてる大きな店舗で、通路も広く、商品探すだけでも結構大変です。クーポンを5枚消費しました。

サツドラ


それではホテルへ戻りましょう。みずほ銀行の前に、落雪注意と書いてあり、上を見ると大きな看板にたくさんの雪が積もっていました。でもどきっとしたのはすぐ先にあった街灯のツララの方です。

雪と街灯


大量の雪が落ちてきても窒息死するのは知っていますが、それでも、ツララが落ちてきてグサっていうのも嫌です。足元ばかり気にしてましたが、上も注意が必要ですね。

該当のツララ


ホテル近くの街角で、かわいいものを発見しました。車止め?の石の上に積もった雪に顔が書いてありました。確かに、何か遊んでみたくなるほど、そこら中に雪がたっぷりです。東京で雪が降るとべちゃべちゃして溶けやすく滑りやすくやっかいですが、この雪質なら転げまわっても楽しそうです。

顔書くだけで雪だるま?


21:45 OMO7旭川へ戻ってきました。
改めて白樺のテーブルを見ると、かわいい動物のぬいぐるみがいっぱいですが、どうやら旭山動物園にいる動物のぬいぐるみを集めているようです。

OMO7旭川の白樺テーブル


ロビーにもところどころぬいぐるみが鎮座しています。

OMO7旭川のロビー


ロビーのテーブルにあった動物のミニチュアです。子どもが遊んだ後でしょうか。

動物ミニチュア


ロビーとカフェを結ぶ場所にはブックトンネルなるものがあって、旭川に関連する本が置いてあります。

OMO7旭川のブックトンネル


そしてカフェは、この時間フリーラウンジになっています。22:00までなのでギリギリ間に合いました。

フリーラウンジ


なんとアルコール含めフリードリンク。ダンナはコーヒーで少し温まるようです。手袋なしだったので、手を温めたかったのかな?

ドリンク無料


セルフサービスです。もう終わりの時間だったからかスパークリングワインなどは空だったので、白ワインを頂きました。私たちのツアーは年齢層高めですが、他のお客さんは若い人が多いようです。

カフェ


部屋に戻り、一休みした後、地下1階にあるサウナプラトーへ行きます。まぁ大浴場のようなものです。ここに行く時だけ部屋着スリッパで行ってもOKです。地下に下りると、洗濯コーナーもあります。

大浴場と言わず、サウナというだけあって、普通の浴槽がありませんでした。4人入るのが精いっぱいのジャグジーと、小さいプールのような温度低いウォーキングバス、でもサウナは広かったです。

サウナの見取り図


割と空いてはいましたが、私より年齢の高いお客さんがお風呂や更衣室などでマスクなしで大声でおしゃべりしている姿を3組ほど見かけました。旭川も現地の人は自粛ムードですし、Go Toで来ている人もピリピリしながら来ているかと思いきや、ネジの緩い人もいるようです。全員、標準語ではない方言バリバリでした。

東京だけのツアーに先月参加した時はそもそも家族内ですらおしゃべりもヒソヒソだったのに、今回は様子がだいぶ違うようです。早々に部屋に帰ることにしました。

更衣室の奥に、男女兼用ラウンジがあり、そこにはアイスキャンディーも置いてあります。見落としがちスポットです。

サウナの奥にあるラウンジ


23:20 そろそろ寝ることにしましょう。
外は気持ちいいくらい真っ白です。

冬の旭川夜景


次回はOMO7旭川の朝食~旭山動物園をレポートの予定です♪

旭川・OMO7朝食~旭山動物園

2020/12/20 (2日目)

7:00 起きると外は一面の銀世界、最も昨夜から既に雪だらけだったですが、電柱がなければどこが道か分からないほどです。気温は-13℃。
部屋が狭いせいもあって、空気清浄機の音がうるさ過ぎてよく眠れませんでした。

旭川


メールチェックをすると昨日のANA便のマイルが付いたよとメールが入っていて、たったの255マイルながらちょっと嬉しくなります。マイル付かないJALとの違いは大きいです。

朝食は私たちのツアーは7:30からを推奨されていましたが、今日は動物園でランチ食べる暇ないかもと思い8:00に行きます。
日本人の場合、早い時間の方が人気なので遅い分にはあまり問題ありません。

OMO7旭川のカフェ入口


混んでいなかったので、すぐに広めのテーブルに案内してもらえました。
ビュッフェですが、トングなどは抗菌コーティングしているので(手袋も用意されています)、マスクして取りに行きます。

OMOカフェ


私は朝はパン党です。そんな私に嬉しい、あれもこれも食べたい人向きのミニサイズです。

かわいらしいパンが並ぶOMO7旭川の朝食ビュッフェ


こちらは甘い系。陳列もとてもきれいです。そして、小さくてかわいいのに、パンとして味食感共にしっかり作られています。

種類豊富なOMO7旭川の朝食


フレーバーウォーターコーナー。おしゃれなカフェですかここは。
見た目でワクワクできる朝食ビュッフェです。

フレーバーウォーター


私のチョイスです。焼きたてワッフルはオススメされたので頂きましたが、サクサク系でした。リエージュ系押しの私としてはちょっと物足りないです。

おしゃれでおいしい朝食


もう一品のオススメは、和食系、山わさびいくらご飯です。
私はいくらが嫌いなので、食べませんが、美味しかったそうです。

OMO7旭川の朝食ビュッフェの和食


コーヒーもおいしかったし、大満足の朝食でした。
スタッフもとても丁寧で、食後もエレベーターまで見送ってくれて、外寒いので気を付けてお出かけください、といったおもてなしです。部屋は狭く機能的ですが、サービスは文句なし一流です。

シースルーエレベーターから外を見ると、今日は天気が良さそうです。動物園日和になりそうです。

旭川市内


部屋でまったりした後、寒さに備えて、ヒートテック上下、下はさらにデニムパンツなど2枚重ね、上はシャツにジャケット、ダウン。パーカーも着ようかと思ったけど止めました。

10:00 ホテル出発に合わせロビーに下ります。
ロビーのテーブルにあったこちら、もっとうまく飾ってあげたいと思いましたが、コロナ禍なので、モノに触るのはやめておきましょう。

おしゃれに配置したいシロクマさんたち


ブックトンネル、朝食時はここもテーブルが使用されていましたが、今はもう皆お出かけなのか誰もいません。

ブックトンネル


ロビーにあったツリーは、旭川ラーメンのインスタント麺でできていたのも印象深かったです。コンビニやお土産屋などでも見かけたので、買ってみようかと思いましたが、こういうのはお店で食べてこその味と止めました。

旭川ラーメンツリー


10:00 ホテルをバスで出発です。一路、旭山動物園へと向かいます。
車窓はすべて真っ白。家の周りに塀がないので、どこから道か全然分かりません。

白い世界の旭川


民家など建物がなくなると、もう本当に真っ白、です。

旭川市内から旭山動物園への風景


車内では動物園の地図などが配られます。動物園では自由見学なので、ざっくりした説明をするだけです。しかし、行ったことない場所の地図を見ながら説明されても、ほとんど頭に入ってきません。外を見ながら、寒そうだなぁ、途中でダンナが休憩しようと言いそうだななどと予想します。

北国の冬


10:25 旭山動物園に到着です。開園5分前です。
団体なので東門からだそうです。開園待ちのお客さんは誰もいないようです。

旭山動物園東門


東門のさらに右に団体用の入口があり、脇のゲートまで進み、開園を待ちます。添乗員さんが扉の係の方に、ペンギンのお散歩ありますかと聞きますが、分からないとの答えです。

毎年このシーズン、積雪すればペンギンのお散歩を開始するそうですが、コロナ禍で人を集めないために今年は開始日、実施時間など告知しません、と3日前に動物園が発表していました。

実は私はパンダにはまる前にはペンギンが一番好き!だったので、旭山動物園と言えばペンギンのお散歩!と楽しみにしていましたが、昨日まで行われた形跡はなく、今日もダメかもな、と半分諦めムードで来ました。

しかし、扉を開ける係のおじさん、誰かに確認してきてくれたようで、扉を開ける前に私に、「今日はお散歩あるよ、報道陣来てるから確実だ。11:00からだから先にペンギン行くといいよ。」とこっそり?教えてくれました。嬉しいですが、動物園嫌いなのに、こんな時に運を使ってごめんなさい、そんな気持ちです。

旭山動物園東門脇にある団体入口


次回はぺんぎん館へGoをレポートの予定です♪

旭川・旭山動物園(東門~ぺんぎん館)

2020/12/20 (2日目) 続き

10:30 開園時間とともに東門の団体専用口の扉も開き、入園です。13:00まで各自自由見学(昼食含めて)です。気温は-8.9℃、風がないせいか入園待ちの間も寒さを感じることはありませんでした。

旭山動物園東門


さて、以前から公言していますが、私は動物園が嫌いです(動物は好きです)。特段の理由がない限り動物園には近付きませんが、旭山動物園は行動展示で有名になった動物園なので、一度は自分の目で見たいと思っていました。展示環境が動物にとってどうか、その点に着目しようと思っていましたが、ペンギンのお散歩が見れると聞いて、気持ちはペンギンに一直線です。

東門は動物園の中で一番の高台、まずは階段道を降ります(シャトルバスで階段を回避する手段も提供されています)。いいお天気で景色も最高です。

旭山動物園東門からの階段


階段の両脇にさっそく動物の檻が見え始めました。階段の左右は「北海道小動物コーナー」です。最初に私が見たのは左手のキタキツネです。

北海道動物コーナーのキタキツネ


私のカメラは相変わらず柵が大好きです。なかなかキタキツネにピントが合わないので、ペンギンへの気持ちがはやる余り、撮影はさっさと諦めます。帰りも東門まで戻ってくるので、その時にゆっくり見ようと思います。

雪の中のキタキツネ


次の右手には、エゾユキウサギがいます。夏は褐色なのに、冬になると真っ白な冬毛に衣替えします。雪の中に溶け込んでいますが、2匹いるの分かりますか?

北海道小動物コーナーのエゾユキウサギ


耳の先と目が黒いため、比較的見つけやすいです。

冬毛のエゾユキウサギ


階段を下りきった辺りに、くもざる・かぴばら館がありました。
入口が道沿いだったので、ちょこっと中を覗くと、狭いお部屋にカピバラが2頭、じっと寄り添っていました。ここまでの所は、行動展示とか、特に動物に快適そうな飼育環境とかではないようです。

カピバラ


ここからどちらへ行ったらいいか先に人がいないため良く分からなくなりましたが、ともかく下の方へ行けばいいだろうと適当に歩きます。
こちらは「ちんぱんじー館」、冬季は屋内だけのようです。ペンギンが気になるので、先へ急ぎます。

冬季は使われないちんぱんじー館の遊具


その先には「さる山」の先っぽが見えてきて、近付くと上から眺められるようになっていました。ニホンザルがたくさんいます。

旭山動物園のさる山


地面が騒がしかったので見ると、イノシシ2頭がサルたちに追い回されていました。その様子を撮ったはずでしたが、イノシシはどこへ?ものすごいスピードで走っていたので、山の裏側に消えたようです。これが共生展示というやつでしょうが、イノシシにはストレスじゃないかな?

さる山


下へ下りていくと、地面のサルたちも見ることができます。
一心不乱に雪と格闘しています。何かエサが撒いてあるのかも知れません。いろんな角度で動物を見れるのは確かにいいですが、展示場は思っていたより広くないのが残念です。

雪の中で何かを探すサルたち


そこから坂道を下っていくと、左に「ほっきょくぐま館」があり入口の矢印が見えました。ペンギンまでは確か近いはずだから、立ち寄ってからでもいいような気がしましたが、何かいいシーンに遭遇してしまったらそこで足止め食らうのが動物園です。ぐっと我慢しペンギンを目指すことにしました。

旭山動物園ほっきょくぐま館


ほっきょくぐま館の先に、あざらし館があり、そこまで行くと、ペンギンのお散歩道を整備している方たちがいて、左手奥に「ぺんぎん館」が見えました。東門からここまで雪の下り道で約10分です。

突き当りがぺんぎん館


ぺんぎん館より下、正門方向は冬季閉鎖の展示場があるだけなので、動物園はさほど広大という訳ではなく、10分で縦断できる広さと分かりました。報道陣の一部は既にぺんぎん館でカメラなどを準備中です。

さっそくペンギンです!広くはない外の展示場に立っているキングペンギン!ペンギンにとって広くない状態なので、人間からはとても近いです。

キングペンギンたち


私はペンギンの中でも、エンペラーペンギンとキングペンギンが好きです。この大きさ、丸さ、白黒のバランス、好きになったのはペンギンが先ですが、パンダに通じるものがあります。
ペンギンたちは微妙に動いているのが多いですが、中には寝ているのもいます。

寝てるキングペンギン


雪の上をちょこちょこ歩くペンギンたち、かわいいです。いつか南極に野生のを見に行くのが私の夢です。

ちょこちょこ歩くキングペンギンたち


次回はぺんぎん館をレポートの予定です♪
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR