FC2ブログ

野付半島・ネイチャーセンター

2020/11/7 (2日目) 続き

10:20過ぎ、野付半島トドワラのネイチャーセンター付近にて、10:50までフリータイムです。まずは、北側の海岸で、北方領土の国後島を見ます。
地平線に見えているのが国後島です。(ちょっとこの写真だと難しいですね・・・)

野付半島から見た国後島


国後島はかなり大きな島で、高い山もあります。
北海道何回か来ているのですが、さすがにここに来たのは初めてだと思います。海外と違って、過去の旅行履歴がきちんと残っていないので、何回来たかも定かではないので、本当の事は私にも分かりません。

野付半島から見る国後島の情報


ここは海に囲まれた場所だし、寒いだろうと思っていましたが、あまり風もなく、薄い上着1枚でOKでした。国後島は16㎞先にあるらしいですが、もっと近くにあるかのようにはっきりと見えます。

国後島


どの山か特定できませんが、高い山も見えています。
今いる場所は波にさらわれ無くなってしまいそうな平地であり、民家もない半島なので、国後島が本土で今いる場所が島のような錯覚に陥ります。

国後島には高い山も


この半島は、よく道路造ったね、と思えるほど、道路の両脇にわずかな土地しかありません。前方左手に、災害時避難施設がぽつんとあります。
平常時は展望施設として上っていいそうです。

避難所兼展望台


せっかくなので階段上って景色を見てみました。南の方向、こちらトドワラの方面です。トドワラとは、トドマツの立ち枯れのことです。

トドワラ


避難所兼展望台を降りて道を横断すると、野付半島の石碑がポツンと立っています。大き目の墓石みたいな感じです。

野付半島の碑


その先に、トドワラへ続く遊歩道があります。片道30分くらいあるらしく、時間ないから行かないでね、と言われましたが、いつものごとく、ちょっとだけ歩いてみようという気になりました。

トドワラへの遊歩道


人一人が通れる程度の細い轍を歩くと、ところどころに看板があります。
野生動物がたくさん生息しているらしく、ここでは野鳥が紹介されています。姿の見えない鳥の声はしますが、どこにいるのか見つかりません。

野付半島で見られる野鳥


さらに進みますが、キタキツネはもちろんその他何の動物も顔を出しません。夏にはお花も咲きみだれるらしいですが、今は寂しい景色です。

見通し良く景色は変わりませんが、この半島全体では、こんなに多様な植生が見られるそうです。

野付半島の植生


このまま進んでも大して景色も変わりそうにないし、何も出てこないようなので、来た道を戻ります。
見えている家のようなものがネイチャーセンターです。この半島には作業小屋的なものくらいしか建物はないそうです。

野付半島ネイチャーセンター付近


遊歩道の脇に、トラクターが通る道があるのですが、歩くのはちょっと、という人向けに、観光トラクターがあります。次来るなら夏に来て、最先端まで歩いてみたいです。

トラクターバス


トラクターと遊歩道の案内です。トラクター使っても往復30分以上かかるようなので、今回のような短時間の滞在では無理ですね・・・。

遊歩道とトラクターの案内


ネイチャーセンターには、自然の情報の他に、お土産屋や小さな食堂があります。奥にある食堂では、ホッカイシマエビが5尾1100円踊り食いという案内が出ていました。生で食べるなら、ここでしか提供されていないとガイドさんは言っていました。

ネイチャーセンター


そのホッカイシマエビですが、こちらは純粋に展示用、水槽にいました。
シマエビのシマは横縞だと思っていたら、縦縞でした。

ホッカイシマエビ


10:50 バスで再び移動です。トドワラ見に行けませんしたが、車窓から同じような景色が見えました。立ち枯れているのか、単に葉が落ちてるだけの木なのか区別はつきませんが・・・。

立ち枯れ?


野付半島の付近には白鳥はいっぱい見る事ができます。
あちこちにたくさんいるので、なんだか有難みがないです。キタキツネやエゾシカをついつい探してしまいます。

白鳥


次回は納沙布岬をレポートの予定です♪

白鳥台~納沙布岬

2020/11/7 (2日目) 続き

11:15 白鳥台を通過します。こちらは北方領土の四島を見立てた4本の柱と、叫びの像です。島を返せ、と叫んでいる姿だそうです。16㎞先の国後島方面を向いて叫んでいます。

叫びの像


すぐ隣には、白鳥の碑というのがあります。白鳥の慰霊碑なのだそうです。この辺りには昔から白鳥がたくさんいたそうで、エサ不足などで命を落とした白鳥も多かったことに心痛めた方の尽力で立てられたそうです。

白鳥の碑


今も白鳥はあちらこちらにたくさんいます。

白鳥たち


さらに30分ほど走ると、風景が変わってきました。
ほとんど民家もなく、茶色い平原が続き、時々川も見えます。

道東


少しぼんやりしている間に、根室半島に入ったのかな?
今日も車窓に人間はほとんど見かけず、牛がのんびり草を食んでいます。

牧場


相変わらずよく見かけるのは白鳥ばかり、エゾシカもキタキツネも姿を見せません。

白鳥


12:45 納沙布岬に到着です。
ここもおそらく初めての訪問だと思うのですが、自信はありません。
塔はオーロラタワーというものです。現在休業中だそうです。

オーロラタワー


アザラシ?の像がありますから、この辺りは野生のアザラシが見られるのかも知れませんね。後で海をじっくり見てみましょう。

アザラシの像


岬周辺は、望郷の岬公園を中心に資料館やお土産屋などがいくつかあります。中心広場の芝生では猫が日向ぼっこをしています。

望郷の岬公園と猫


観光マップです。灯台はちょっとだけ離れています。

納沙布岬観光マップ


まずは納沙布岬の碑、でガイドさんの説明を聞きます。
ここは一般の人が訪問可能な日本最東端(日本の最東端は東京都の南鳥島なので、本土最東端という言い方もします。)です。

納沙布岬の碑


足元には北方領土の4島の地図が描かれています。
ここから見えるのは歯舞群島の島々です。

納沙布岬の碑の足元は地図


天気がいいので、島見えます。肉眼でも割とはっきり見えるのは、たぶん萌茂尻島(もえもしりとう)です。他に3島、全部で4島の島影を確認できました。

もえもしり島


そしてこちらが納沙布岬灯台です。
5分くらいで行けそうです。

納沙布岬灯台


説明を聞いた後は、13:20に東光集合のフリータイムです。
皆、灯台の方へ行ったので私たちは少しだけ時間をずらすことに。
こちらは四島の架け橋という北方領土返還を祈念して造られたモニュメントです。巨大なもので、高さ13mあります。

四島の架け橋


ここから見える北方領土の島々について解説版などもあります。
左の方は知床の山々で、北方領土については、やはり歯舞群島の4,5島が限界のようです。ガイドさんは見えない日も多いと言いますが、本当なのかな?

納沙布岬から見た景色


納沙布岬の碑や、四島の架け橋の周辺、海沿いには、北方領土返還の願いを込めた碑や希望の鐘など、ずらっと並んでいます。
実際には、元住民どころか、この周辺の住民の姿すら見かけないので、今もこの思いがどのくらい受け継がれているのか肌で感じるのは難しいです。

碑などが並ぶ納沙布岬


次回は納沙布灯台~ランチをレポートの予定です♪

納沙布岬・灯台~花咲ガニランチ

2020/11/7 (2日目) 続き

13:00 では納沙布灯台まで行きましょう。海沿いを5分ほど歩くだけです。
柵の所には、北方領土返還がらみの碑などがポツポツと並んでいます。

納沙布岬には碑がたくさん


納沙布岬の周辺は小さな?断崖に囲まれていて灯台の周辺もそうです。投身自殺をするにはちょっと高さも足りないので、足を滑らせないように柵があるのだと思います。海にアザラシとかラッコとかいないか探しますが、カモメがいるばかりです。

納沙布岬灯台


右手には小石が敷かれた一見すると駐車場に見える広場が広がっていますが、これは昆布干し場だそうです。奥の方に実際昆布が敷かれているようです。

コンブ干場


こちらにも北方領土奪還と刻まれた碑があります。いったいいくつあるのでしょう。カエルに囲まれていますが、帰る、をかけたものでしょう。

北方領土奪還の碑


そして灯台の手前には高碕達之助の碑が建っています。
納沙布岬で人気のお土産に、貝殻島昆布がありますが、この貝殻島昆布採取協定に尽力された政治家だそうです。

高碕達之助先生の碑


納沙布岬灯台まで来ました。可愛らしいサイズです。北海道で初めて明治5年に設置された灯台で、現在のものは昭和5年に改築されたものです。
今でも現役だそうです。

納沙布岬灯台


灯台の周りを歩くことができます。まずは北方領土の島々。たぶん萌茂尻島です。

もえもしり島


そしてこちらは貝殻島、というか島影らしきものは見えず、灯台だけが見えています。恐らくとても小さな島、というか岩場なのでしょう。
3.7㎞しか離れておらず、肉眼でも見えます。

貝殻島(灯台)


灯台の先端です。柵があって先へは行けないようになっています。
こういう岩場にはアザラシとかラッコとかいそうなのでじっと見てみますが、残念ながら見当たりません。

納沙布岬灯台の先


右手の岩場もチェックします。
何かいても岩に同化していて分からなそうです。

納沙布岬灯台の南の岩場


もし個人旅行で時間があれば、何か生物を見つけるまで歩きまわる羽目になったかも知れません。北海道の海岸の景色は自然の状態が残っていて見ていて飽きません。

納沙布岬灯台の南側


灯台から、望郷の岬公園方面を見ます。
納沙布岬周辺は、小さな建物が点在するだけで、まさに最果ての地と言えます。

納沙布岬灯台から見た広場方面


そろそろランチの時間なので、お店に向かいましょう。
途中にも、何軒か、お土産屋兼食堂といったお店があります。もう繁忙期を過ぎたからか、または新型コロナの感染を恐れてか、何店かは閉まっているお店もあります。開いているお店の多くは、地域共通クーポンが使えます。

お土産屋兼食堂


望郷の岬公園を横断してランチのお店に向かいます。
北海道の岬というと11月なら寒いだろうと思いましたが、今日は特別天気がよく、コートだのダウンだのが要らない陽気です。

広場


13:20 東光というお店が今日のランチ会場です。プレハブのような建物、中は、海産物のお土産売り場の奥が食堂になっているのですが、この旅で唯一、感染対策大丈夫か?という状態でした。

東光


まず、テーブルは4名がけ、町の食堂や蕎麦屋のテーブルを思い浮かべて下さい。テーブルとテーブルの間も人一人分あるかないかです。そのテーブルを相席で使います。つまりぎっしりです。団体を収容できる食堂があまりないのか、今日も予約でいっぱいでこの時間しか取れなかったようです。密だね、と思いましたが、そんな時こそ黙って座ります。

花咲ガニの吹雪丼が今日のランチです。密だからか皆殻をむく訳でもないのに黙々と無言で食べます。私はカニが大好きですが、一口食べて、あれ、あんまり味がしない?付け合わせの昆布の煮物を食べたら味したので、どうやらこの花咲ガニがズワイガニなどに比べ、カニ味が薄いのだと思います。カニだけ食べないとカニの味が分からないくらいです。

花咲ガニ吹雪丼


他の団体が食べ終わった隣のテーブルを見ると醤油が置いてあったので手を伸ばしちょっとかけてみました。すると相席した方たち、既に食べ終わってましたが、「ですよね」とマスク越しで一言。根室近海でしか獲れない幻のカニと言われますが、カニとして美味しい!と断言できなかったのがちょっと残念です。これがツアー内での会話2度目、でした。

食後は14:30の出発までフリータイムです。あら?食後の方が小一時間ありましたね。どうしようかな?
四島の架け橋の奥には「祈りの火」が灯されています。

四島の架け橋と祈りの火


次回は続きから風蓮湖をレポートの予定です♪
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR