FC2ブログ

メキシコ・コズメル(ビーチ~乗船)

2020/01/17 (7日目) 続き

12:50でシュノーケリングを打ち切りましたが、タクシー乗って帰るには、水着をそこそこ乾かす必要があります。The Money Bar Beach Club、飲食費用のみでシュノーケリングを楽しめオススメです。トイレもきれいです。

The Money Bar Beach Club


支払いはテーブルで、ふむふむ、フード2皿、ドリンク4杯、600ペソくらいです。カードでと言ったらカード端末持ってきて、チップの入力を求められました。0、10%、20%という選択肢だったと思います。10%を選択して支払い、日本円だと3000円くらいかな?

お会計


13:20 店を後にします。今度コズメル島に来ることがあれば、別のビーチも試したいですが、いくつか同様の場所をハシゴしてもいいと思います。

道路と海の間にあるThe Money Bar Beach Club


タクシー呼ばなくても拾えるだろうか?店の向かいの駐車スペースで待ってると、すぐにタクシーが通りかかったので止めます。クルーズターミナル、と言うと船の名前を聞かれます。クルーズターミナルは複数ありますが、運転手さんは船の名前で場所を分かります。あれ?どのターミナルにしても反対方向では?海沿いの道は一方通行かも知れません。

ビーチ沿いの道


先まで行って内陸側の道を戻ってきます。私たちの船が停まっているターミナルはダウンタウンから少し離れていて、あまり周辺に店などない場所なのですが、それでもターミナル付近の道路沿いにはクルーズ客目当てと思われるお店があります。でかいお面持ってる人いますが、なんだろう?

クルーズターミナル周辺


レストランなどもあります。ダウンタウンの側のターミナルならスーパーとかもありお店もいろいろのはずですが、このターミナルの側はあまり栄えていません。

クルーズターミナル周辺


13:35 クルーズターミナルに戻ってきました。ターミナル全体がこのように囲われています。乗った時と同じタクシー乗り場で下ります。帰りは、ちょっと遠回りになるので12ドルでした。

クルーズターミナルのタクシーステーション


塀の外のショッピングエリアも特別寄りたい場所があるわけでもないので、クルーズカードを提示して、制限エリアに入ります。制限エリア内の方が栄えていて、レストランやお土産屋、インフォメーションなどいろいろあります。当日の気分で、ここで相談して、シュノーケリングツアーなどに申し込んでも良さそうですね。その方が船のエクスカーションよりは安くつくと思います。(私たちのようにタクシー代と飲食代だけで済ますという手も)

ツアー案内など


クルーズターミナル周辺にパブリックビーチのようなものはないようですが、すぐ目の前の海がもう泳ぎたくなるくらいきれいです。
制限エリア内でも泳げるビーチを持っている飲食店があったかも知れません。

クルーズターミナル内


船に戻る前にお土産屋を覗きます。制限エリア内なので、若干外より割高かも知れませんが、物価が安いので、割とお手頃価格のお土産が手に入ります。ちなみにシュノーケルセットとかマリンシューズなども売ってます。2枚で14ドルのTシャツを買いました。もっと安いのもあったと思います。今回のコースならお土産はコズメルで買うのが楽でお得です。

お土産屋がいっぱい


ここでも定番撮影スポットがありました。
船を背景に撮ってみましたよ。自分含め、人間の写真は撮りません。

コズメル写真スポット


14:00 ちょっと早いですが、疲れたので船に戻ることにします。
セキュリティを通って、船へと向かいます。
最後までメキシコペソの現金は必要なく、米ドルとクレジットカードで済みました。

桟橋へ


桟橋を船まで歩きます。すぐ隣の桟橋にはカーニバルの2艘がいます。ダウンタウンの方の桟橋は反対側の右遠くですが、やはり船影が見えました。観光で成り立っている割には海も汚染されてなくていい島です。

隣の桟橋にはカーニバルの船


大きな船はこのように船に辿り着くだけでそこそこ歩きます。
カリブ海クルーズは他に比べても車いすの方が多いですが、クルーズ旅行は飛行機乗れない方たちにとってもいい旅のスタイルです。

コズメル停泊中のオアシス・オブ・ザ・シーズ


桟橋からも飛び込みたいようなきれいな海です。透明度が高いので、お魚いると見えます。

コズメルの透明度の高い海


乗船したら、部屋に荷物を置いてそのまま展望ジャグジー行きました。生乾きの水着を脱ぐ前にくつろごうと言う訳です。クルーズターミナル周辺を見下ろしながら疲れを癒します。ターミナルの道の向こうは、すぐ緑ですね。観光開発が進んでいるようでちゃんと自然が残っていてほっとします。

展望ジャグジーからコズメルのクルーズターミナル周辺を見下ろす


次回は続きから最後の終日航海日をレポートの予定です♪

メキシコ・コズメル出港~終日航海

2020/01/17 (7日目) 続き

シャワー浴びて小休憩の後、16:30からアイススケート場が一般解放になっていたので、10分くらい前に行ってみます。アイススケートショー以外の時は滑れるのかと思っていましたが、1週間のクルーズ中解放されたのはこの日の2時間半だけでした。

オアシス・オブ・ザ・シーズのスケートリンク


長ズボン、靴下着用で、会場内で受付をします。画面または紙面で、絶対誰も読んでないと思われる誓約書のようなものにサインをし、手にスタンプをもらいます。そして、貸し靴/ヘルメットのチケットをもらい、指定の時間まで椅子で待ちます。

時間になったら呼ばれ、スケート靴を借ります。何インチか聞かれますが、アメリカサイズで何インチか分からないというと、靴見て5インチのをくれました。ヘルメットも顔見てSサイズ・・・、日本人って子ども扱いに近いです。リンク利用、靴レンタルなど含め無料です。

アイススケートなんて子どもの頃以来ですから、最初は怖くて手摺を磨きましたが、2周くらいしたら滑れるようになりました。ポイントは怖がらないことですね。滑ってたら添乗員さんが見に来ましたが、同じツアーの方は他には誰も来ませんでした。

クルーズ船でアイススケート


17:30 メインダイニングで夕食です。トゥルム遺跡のエクスカーション行っている方たちはまだ戻っていないので、今日は1テーブルで収まりました。スターターはシーフード何とか。パイですね。

シーフードのパイ


メインはラザニア、2度目でしょうか?

ラザニア


寄港地全部でシュノーケリングのエクスカーション申し込んでいた方たち、2か所で催行中止(天候や波で)になり今日はやっと行けた話を伺いますが、3か所でシュノーケリング54ドルのツアー、波もありあまりお魚が見れなかったとご立腹。私たちのシュノーケリングの写真見て、そっちの方が全然いいと言います。お気の毒なのは連れの方、なんと泳げないのに突き合わされたそうで、ライフジャケット着てちょっとだけ泳いだけど怖かった、そうです。泳げないなら尚更、ビーチ沿いの方がオススメでしたね。

デザートはバナナなんとかを頼みました。ちなみに私はバナナが嫌いですが、説明にキャラメルソース、バニラアイスと書いてあったので頼みました。バナナはダンナに食べてもらいおいしく食べました。リキュールも入っていたかもです。

バナナのデザート


食事後、再三Bさんから誘われてたバーに付き合うことになりました。結局断り切れなかったので、好きなバーを選んでいいと言うからライジングタイドバーにしましょうと言います。オープンエレベーターがバーになっているやつです。

ライジングタイドバー


これならバーが停まった時に、お開きにしやすいからです。Bさんのリピーター特典ドリンク対象外ですが、オンボードクレジットがあるそうなので、ご馳走してもらいます。1杯13ドル+サービスチャージくらいです。

お飲み物はちょっと高め


1往復30分で5Fと8Fを往復していて、どちらからも乗り降りが可能です。
途中で、同じツアーの男性たちが乗ってきました。行きたい人がいるんだから、Bさんも行きたい人を誘えばいいのに、若手とお話がしたいみたいです。

ライジングタイドバーは人気


20:00 1周半したところで、混んできたし行きましょうかと言ってお開きにしました。まぁ一人で寂しいから話相手が欲しいのは分かります。でも話噛み合わないし、言ってることもよく分からないので、親切にするのも大変です。明日も夕食前に1杯付き合ってと言われましたが、きっぱり断りました。8Fは降りるとセントラルパークです。

上の階で降りるとセントラルパーク


お部屋に戻ると、今日は小さなタオルアートが待っていました。

かわいいタオルアート



2020/01/18 (8日目)

今日は最後の終日航海日です。7:00くらいに起きました。
船はマイアミに向け航行中で、キューバ沖にいるようです。

航路図


日の出の時間に間に合いそうだったので、デッキに上がります。
7:35 きれいな朝日が見れました。バルコニー付きの部屋にしても、向きによっては見えないし、やはり上階デッキまで行くのがいいですね。

船上で見る朝日


空がどんどん明るくなります。今日も一日いい天気になりそうな感じです。7:30を過ぎていると、ナイスなビーチベッドなど、だいぶ席取りが進んでいますが、空いているのがあったので、キープしてから朝食に行きましょう。風があるので、飛ばされないようパレオなどを結んでおきます。

気持ちのいい朝


8:00 今日は3Fのメインダイニングで朝食にしました。入口で、アラカルトかビュッフェを選べます。ビュッフェにしました。朝食はどこもほぼ変わらないので量が調節できる方がいいです。生ハムがあるのと、ジャムが瓶、テーブルきれいで席も空いてるしサービス行き届いていて、ゆっくりと味わえてとてもいいです。

朝食


食後は先ほどキープした屋根付きベッドでくつろぎます。

このベッドで優雅に休憩


寝そべって大海原を眺めます。贅沢な時間です。

大海原を見ながら寝そべる


次回は終日航海日の続きレポートの予定です♪

オアシス・オブ・ザ・シーズ最後の終日航海

2020/01/18 (8日目) 続き

朝食後、しばらくデッキの屋根付きベッドで休んでから、今日も展望ジャグジーを満喫します。31人も入れるのですが、いつ行っても空いていて、午前中はこの通り貸し切り状態の事も少なくありません。

オアシス・オブ・ザ・シーズの展望ジャグジー


10:00 風が強く、屋外の優雅なベッドでくつろぐのも快適ではなくなってきたので、基地を撤収します。船内を歩いていると、明日下船ということもあって、プロムナードではワゴンセールなどやってて、ショッピングでにぎわっています。何か買いたい場合、セール情報をチェックするといいでしょう。

プロムナードではセール


ところで、今日も、「アルファ、アルファ、アルファ」の全館放送が入りました。実は昨日もあり、私が聞いただけでもこれで3度目です。急病人が出たと言っても、通常は本人あるいは同室者などが自ら医務室へ行くとか、医務室に電話するとかすればこのような放送は入らないはずです。

乗客だけで5500人近く乗れる船、これだけ多くの人が乗っていると、1週間のクルーズで、誰か亡くなるなんて事はよくある事のようです。元々、シニア層も多いですし、太り過ぎの人も多いですから普通の街中よりハイリスクな人が多いのです。深刻な持病をお持ちの方は、大勢の他人の休日を犠牲にする可能性があるので、よく考えてから乗船して欲しいです。幸い今回は航路変更などには至らず良かったですが・・・。

ボードウォークに行くと、何かファミリーイベントをやっているようです。ちょっとしたお祭り、みたいな感じです。

ボードオークではファミリーフェスティバル


巨大なケーキを振舞っています。
何人分?

巨大なケーキ


カップケーキなども。後はバルーンアートとか、綿あめとか、ポップコーン、お祭りというか日本で言えば縁日っぽい雰囲気です。もちろんもろもろ無料です。

カップケーキなど


下船前最後の終日航海日という事で、皆、まだ遊んでいない施設などを試しているようです。ツアーでも、あれこれ添乗員さんがお手伝いをして、いろんな設備をチャレンジできるように毎日計画してくれています。ロッククライミングや、アルティメットアビス、ジップラインなど、シニアの方たちまでいろいろチャレンジしたらしいです。

ロッククライミング


11:30 ブラックライトパペットショーなるものを見に行きます。オーシャンシアターってどこにあるの?探したらお子様エリアのシアターでした。お子様向けのプログラムだったか、と思いましたが、係のお姉さんがどうぞーというので見て行きました。子供向けにしてはよくできていました。

ブラックライトパペットショー


今日はランチは軽めに、という事で、メキシカンに寄ってからボードウォークのホットドックへ行き、さらにピザのお店でちょっと足して食べます。クルーズのランチはB級グルメがオススメです。

メキシカンとホットドック


ボードウォークで先ほど見かけた綿あめが気になってまた行ってみたら、まだやっていました。午前中すごく並んでいたので諦めたのですが、列が短くなっていたので並びます。日本だと子ども連れていないとちょっと恥ずかしいですが、ここでは大人の方が並んでいました。

綿あめ


何(十)年ぶり?の綿あめです。もちろんただの砂糖だというのは分かってますよ?でも、何だかとても幸せな気持ちになれる食べ物だと思いませんか?

綿あめもらって喜んでる


15Fに上がるためにエレベーターに乗ったら、なんとエレベーター内で演奏会とかやっていました。最後までいろいろびっくりがあります。

ソフトクリーム食べながら、うろうろします。これ、やっておいた方が良かったかな?いつも10人くらいは並んでいます。完全な初心者の方が多いです。

フローライダー


14:15 ダンナはジップラインをやることにしました。靴下着用、眼鏡NG、ポケットの中も空にしないいけないそうです(真下はボードウォークです)。10階分の高さの空間が開いていて、向こうにはロッククライミングしている人も見えます。

ジップラインの下


ハーネス付けてもらって、それほど待たずに滑れます。短いけど、怖さとか速さはハイチのあの高くて長いのとあまり変わらないそうです。

ジップラインスタート地点


その後、ミニゴルフをちょっとやることにしました。何ホールかやったら満足しました。ふと地平線を見ると、虹が出ています。向こうはあまり天気がよくないようです。

ミニゴルフのコースから遠くの虹を見る


15:00、15:45のCatsを見るために部屋を出てシアターに行きます。もうシアターは開いていて、中央2列目の席を取ることができました。
ブロードウェイミュージカルが無料で見れるのです。予約は15分前にキャンセルされるので、キャンセル待ちしてもいいと思いますが、予約したなら早めにいってとにかく前方席で見ることをオススメします。これは本当に引き込まれました。必見です。

キャッツの舞台


終わったらそのままメインダイニングへ移動です。
エスカルゴ食べてなかったと最後の夕食なので注文します。一度は食べないとという定番メニューです。ベテランの添乗員さんと一緒に楽しく最後の食事を楽しめました。添乗員さんの当たり外れは大きいと今回も痛感です。

エスカルゴ


20:30 パッキングを開始します。22:00 までにスーツケースを出さないといけません。この後から明日必要なものをまずベッドの上に避け、後は日本まで要らないものから一気に詰めます。40分で終了しました。

次回はマイアミ下船をレポートの予定です♪
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR