FC2ブログ

中国・成都パンダ基地(3日目③)

2019/12/11 (8日目) 続き

11:10 1号別荘に上がってきました。いつもこのくらいの時間になってしまいますが、今日はタイミングがあったようでパンダたちが起きています。
1号別荘の庭は奥行きが結構ありますが、冬は木々の葉が落ち割とパンダが見やすいです。

成都パンダ基地1号別荘


端の庭に暮らすのは、娅仔(やーざい、2006年生、雌)、兄弟姉妹の多いパンダで親戚が多いですが、自身は繁殖に参加はしているようですがまだ子どもはいません。

娅仔


お隣は成対(ちぇんとぅい、2012年生、雄)、そろそろお年頃です。双子兄の成双(ちぇんしゅあん)は月亮産室で暮らしてますが、ちょっと若いのでまだ見習い?かも知れません。お隣が年頃の雌でも、産室以外ではお見合いは行われません。

成対


次の庭では、2頭が並んで竹を食べています。誰だか分かりませんが、一昨日と同じなら、2016年生まれの雅竹(やーじゅう)と文文(うぇんうぇん)です。本当は雅韻(やーゆぃん)も一緒のはずですが、最近姿を見せていません。

同姿勢で竹を食べる文文と雅竹


起き上がった所を確認します。左が文文、右が雅竹でした。
雅韻は体調不良なのでしょう。早く戻ってこれる事を祈ります。

文文と雅竹


そして、最後4つ目の庭には、績美(じーめい)・績蘭(じーらん)の双子が、珍しく近くにいて、同時に写真に収めることができました。(この翌日、江西省の動物園への移動が発表され、次の日には引越ししてしまいました。いつも離れた所にいた2頭、最後に揃った所を見られて良かったです。)

績美と績蘭


そして、最後に室内展示場に入ります。この時間に外のパンダが全員起きていたのはびっくりでしたが、代わりに室内の奇福(ちーふー)は寝ていました。でも顔がばっちり見える姿勢です。長女次女に会いに行ってくるね、そうテレパシーを送ります。

奇福


1度で、1号別荘全員の顔が見れたので今回はもうここへ来ないと決めました。皆にお別れを言いながら来た道を戻ります。
11:40 坂を下り、2号別荘に立ち寄ります。朝足りなかった16年組のパンダたちが全員庭に出たようです。

成都パンダ基地2号別荘


お気に入りの奇一(ちーいー)は今日も木の上で寝ています。

奇一


そして福来(ふーらい)・福順(ふーしゅん)の双子もいつもと同じようにパンダ舎の近くで寝ています。

福来と福順


反対側の端へ行くと、雄浜(ゆうひん)がいた場所は芝芝(ずず)に変わっていました。(芝芝は2020/3/21に出産しているので、今思うとこの前後にお見合いしたはずですが、わざわざ産室から2号別荘へ移動しているのは何だか変です。)

芝芝


(というより、2020/3/17に毛毛(まおまお)が雄浜の子を出産してることから、この時毛毛が季節外れの発情をして、急遽雄浜が月亮産室に呼ばれたのかも知れません。パンダの妊娠期間は3~6か月とバラツキがあります。冬に産室で引越しや部屋替えがあったのは変と思ってましたが、翌3月に出産が2件もあったので今となっては頷けます。)

そして、私が2号別荘にいた間、普段パンダを見ないこの芝芝の隣の庭で何回もパンダを見ました。滅多に姿を見せないレアパンダとして知られる龍龍(ろんろん、雄)です。パンダ舎の前をちょっとお散歩しては中へ入るを繰り返していました。

龍龍


(龍龍はその後、基地内の非公開施設に移動したようです。2000年生まれと見られていますが、野生出身のため正確な年齢は分かりません。雄パンダとしては高齢の部類に入るので、もう展示には出ない可能性もあり、最後に見れて良かったです。)

次はどうしようかな?太陽産室方面へ下りる前に、もう一度月亮産室にちょっと立ち寄ります。2号別荘から月亮産室へ下る道沿い、銀杏の枯れ葉でパンダの絵とPANDAという字が書かれていました。

イチョウの葉で描かれたパンダ


赤ちゃんパンダのいる幼稚園の庭を見ると、皆寝ています。
昭美仔はカゴに寝ていて、カゴが小さくなったと成長を感じます。そして阿宝の双子は一緒に高い台の上で寝ています。

成都パンダ基地月亮産室幼稚園


小丫頭の双子、順順(しゅんしゅん)と溜溜(りうりう)、先ほどは1頭しかいませんでしたが、2頭揃って寝ていました。

順順と溜溜


一周すると、ほとんどのパンダが寝ている中、慶賀(ちんふー)はまだお散歩しています。

慶賀


昭美(ざおめい)もやはり散歩しています。部屋替えがあって、庭が変わったので、落ち着かないのでしょうか?

昭美


内側へ周り、今日は一度も起きている所を見ていない陽浜(ようひん)を見に行きます。まだ寝ています・・・。

陽浜


12:45 太陽産室に下りてきました。このくらいの時間から幼年園のパンダ釣りまでは幼年園周辺で過ごします。太陽産室母子園のちびパンダたちはお気に入りの場所で寝ています。

成都パンダ基地母子園


幼稚園の18年組も同様、いつもの木に2頭が寝ているのが見えます。

成都パンダ基地太陽産室幼稚園


太陽産室を一周しましたが、全員寝ているので、亜成年園へ向かいます。
雅莉(やーり)が斜面の庭をお散歩中です。夏だと葉が茂っていて同じ状況でもパンダはほとんど見えない場合もあります。

亜成年園の庭を歩く雅莉


亜成年園の室内展示場では小乔(しゃおちゃお)が寝ています。

小乔


15年組の庭でもやはり木の台の上で寝ています。3頭いるはずだけど、あと1頭はどこかな?

成都パンダ基地亜成年園B区


奥の方に発見しました。こうした木の台で寝るのが好きなパンダが多いです。

パンダは木の台で寝るのが好き


そして、隣、亜成年A区の北川(べいちゅあん)の庭に行くと・・・、朝一と同じ場所、高い木の上で寝ています。昨夜から野宿の疑いがありますが、一体いつ木を下りているのでしょうか?それとも下りていない?元野生パンダ、北川の1日のスケジュールは謎だらけです。いつ見てもほぼ木の上で寝ているのに、超ぽっちゃりなのは何故でしょう。

いつ見ても木上にいる北川


次回も続きをレポートの予定です♪

中国・成都パンダ基地(3日目④)

2019/12/11 (8日目) 続き

13:00 成年園を周ります。まだお昼寝から起きたパンダは少なく、園潤(ゆぇんるん)だけが起きて笹を食べていました。成年園の内側は運がよくないとパンダが見えないのですが、今回、園潤はよく顔を見せてくれました。

園潤


端の庭は15年組3頭、仲良く固まって寝ています。成年園、亜成年園は、産室などに比べ、かなり広い庭なので、庭中に散らばって寝られると探すだけで一苦労なのですが、一緒にいてくれるととても助かります。

啓啓点点小雅


13:10 幼年園に来ました。この成都パンダ基地に来て、絶対に見逃してはならないのがここです。産室にいる赤ちゃんパンダはかわいいですが、季節によって大きさや、展示方法も違います。

最初は保育器、1か月ちょっとで保育器を卒業すると庭で日光浴か室内子ども部屋、4か月くらいまでは歩けません。4か月前後からかわいい盛りですが、寝ている時間も多いです。その後、1歳前後はママパンダと暮らします。

1歳半ほどで親離れして同級生と暮らすのがこの幼年園です。体は大人に比べやや小さく、個性も出て複数で遊んだりするのが可愛いです。5頭前後が一緒に暮らすので特にパンダ好きじゃなくてもきっと大満足できます。

幼年園はとても広い庭が2つあります。パンダ舎から奥まで100mほどあり、山の中のようで、パンダが隠れて見えない事もあります。
こちらは2班と呼ばれる庭、パンダ舎近くにパンダを3頭見つけました。

幼年園フォークの木


起きているのは妮可(にこ)のようです。遊び相手の晶亮(じんりゃん)が起きるのを待っているのかな?

妮可


そして、木の上には、その晶亮が、珍喜(じぇんしー)に抱き着くように寝ています。顔が見えているのが珍喜、珍喜は幼名で、四川航空がスポンサーについて、三優という名前をもらいました。四川航空の航空会社コード(便名に使われる2レターコード)が3U、なのが由来のようです。

晶亮と珍喜


1班側を見に行きます。庭の奥側から周ると、奥にある木に成蘭(ちぇんらん)と大美(だーめい)がいました。ちょうど大美が木を下りるところでした。

幼年1班の奥にある木


私のお気に入りの成蘭、変な姿勢で寝ています。

成蘭


木から下りた大美は、通路際を歩いてパンダ舎の方へ向かいます。
これから行われるパンダ釣りというおやつタイムに備えて、パンダたちもお昼寝から起きたら集まってくるのです。

大美


誰より先に待っているのはいつも青青(ちんちん)です。かなり早めに待機して、残っている竹などを食べて待っています。

青青


幼年園の側にはベンチがあるので、パンダ釣りの時間までしばし休憩です。使い切った電池などを充電しつつ、PCで日記などを付けながら待ちます。

13:50 飼育員さんがやってきてパンダ釣り開始です。今日は成蘭が一番にやってきました。近くにいた子たちはすぐに集合し、たくさんいる人の中から飼育員さんを見分けておやつを待っています。

パンダ釣りスタート


まずはパンダケーキを1個ずつ皆に配ります。皆ノリノリで張り切って立ち上がっています。そして、どこにいたのか奥の方から芝麻(ずま)もやってきて全員揃いました。

幼年園パンダ釣り


中には、飼育員さんからもらわず、仲間のを取ろうとする子もいます。
その隙に、大美はパンダケーキをもらいます。

大美


一通りパンダケーキを配った瞬間だけは平和な時間です。全員揃って目線をくれました。パンダは1頭でもかわいいのに、5頭も揃ってこちらを向いてくれたりすると誰でも虜になると思います。これが幼年園の醍醐味です。

皆でケーキ


パンダケーキを食べ終わると、リンゴをもらえます。食べるスピードに差があるので、この辺りから大混乱になります。

幼年園パンダ釣り17年組1班


食べるのが一番遅い成蘭には、立たせてリンゴをあげる余裕はもうありません。他の子が気をそらしている間に素早くあげないと、簡単に横取りされてしまいます。

成蘭口元でリンゴもらう


しかし・・・、結局は仲間の総攻撃に遇い、食べかけのリンゴを芝士(ずす)に取られました。芝士は今日リンゴ2個もらったのに・・・。そして青青は、成蘭の口の中まで強引に狙っています。

襲われる成蘭


それでは、動画で一部始終をご覧ください。右手前にいる小さめの成蘭を見て下さい。おっとりで食べるのが遅く、仲間に取られ安い子です。その性格はパパ美蘭(めいらん)の遺伝子のせいだと思います。パンダケーキもらった順は、青青、成蘭、芝士、大美、芝麻です。



1班が終わると、次は2班です。成蘭のリンゴの顛末を見た後だと、私が2班側に行ったときには、もうパンダケーキを配っている途中でした。
そして食べ終わった順にリンゴが配られます。

幼年園パンダ釣り17年組2班


2班の4頭は、力加減が拮抗しています。比較的狙われやすい女子も防御力が高いので平和なパンダ釣りです。妮娜(にーな)はいつも1歩下がって食べ、他の子に取られないようにしています。左から晶亮、妮娜、妮可、珍喜です。

妮娜


今日は晶亮と妮可はリンゴを2個ずつもらいました。お陰でとても平和に終わりました。

仲良くおやつの幼年園2班


2班のパンダ釣りの様子も動画あります。デジカメ2台で、左手で動画、右手で写真を撮っています。コンデジならではの技?です。



さて、ちょうど14:00、これから各パンダの庭はどこも笹交換が行われます。朝一の次に、パンダが起きている時間です。成年園、亜成年園をまた通りますが、ちょっと早かったか、阿宝(あーばお)しか顔が見えませんでした。

楼阿宝


14:20 太陽産室へ行きます。笹交換が終わった庭からパンダが出てきます。こちら妮妮(にーにー、2008年生、雌)、外に出てくると置いてあったパンダケーキに気付き、座ってゆっくり味わいます。産室の場合は、パンダケーキなどは扉付近に置いておくことが多いです。

妮妮


笹に隠れてお食事中なのは成大(ちぇんだー)、今の所庭に出ている時間は子育てから解放されて一息付いている時間です。

成大


そして端の庭、幼稚園では、18年組の子たちも出てきました。パンダケーキをもらえるようになるのは2歳近くなってからなので、おやつにリンゴ片をもらったようです。早々に食べ終わった艾伦(あいるん)は仲間のを横取りしようとしますが、失敗、屑拾いをします。

韻文韻武艾伦


韻文(ゆぃんうぇん)・韻武(ゆぃんうー)の双子は、リンゴの後は手舐め派のようです。徐々にこうした性格や癖がはっきりしてきて、見た目だけでなく行動によっても見分けやすくなっていきます。パンダの名前と顔が一致すると、数倍楽しくパンダを見れます。

韻文


次回は成都パンダ基地最後のレポートの予定です♪

中国・成都パンダ基地(3日目⑤)

2019/12/11 (8日目) 続き

14:45 太陽産室母子園に来ました。星晴(しんちん)はお昼寝から起きたようで、麻袋の近くで独りで遊んでいます。

ひとりで遊ぶ星晴


他の子たちは同じ庭でもかなり離れた所にいます。寝てるのかと思ったら、もぞもぞ・・・ちょっと動いています。

定位置のちびパンダたち


今日朝からずっと姿が見えなかった成浪(ちぇんらん)が高い所に登ってくるのが見えました。午前中はママの成大(ちぇんだー)の所に行ってたのかな?

成浪


成風(ちぇんふん)は双子の妹がやってきたのに気付いたようです。
績笑(じーしゃお)の抱き枕から抜け出しました。

成風と績笑


成風が成浪の所までやって来ました。左が成浪です。
今日でちょうど生後半年の双子、木にも登れるようになり、小さく丸っこい体形でちょうどかわいい盛りです。

成浪と成風


成浪が飼育員さんに連れてこられて、それで皆ちょっと起きた所なのでしょうか?まだまだ眠そうです。

成浪と成風


ちょっと成浪の側でじゃれた後、成風はまた績笑の方へ戻って行きます。
成浪はこの左側が好き、成風と績笑は右が好きで、少ししたら皆また寝てしまいました。

績笑の方へ戻る成風


母子園の近くのベンチで16:00まで休憩し、最後にもう一度月亮産室へと向かいます。途中で2号別荘に立ち寄りましたが、全パンダが寝ていました。
16:10 月亮産室の赤ちゃんパンダ用の庭、幼稚園に行くと、順順(しゅんしゅん)・溜溜(りうりう)の寝ているカゴに阿宝小仔が絡みついていました。

順順溜溜に阿宝小仔


もみくちゃにされちゃう?と思いきや、阿宝小仔は小さい子に興味がないようです。近くのおもちゃなどで遊び始めました。

阿宝小仔もひとりで遊ぶのが得意


ちょっと目を離した隙に、今度はカゴに足を踏み入れています。
小さな双子の安眠はこれまでか・・・。

順順溜溜のカゴに足を入れた阿宝小仔


しかし、カゴを揺らした程度で、阿宝小仔は後ろの茂みに入って行きました。ひとりかくれんぼをしているみたいです。



そのうち、双子兄が寝ているいつもの寝場所へとハシゴを登って行きました。

兄の所に行く阿宝小仔


隣の18年組の庭も、皆お昼寝から起きたようです。
庭の隅っこにいた耀耀(やおやお)は啓程(ちーちぇん)・啓航(ちーはん)の双子と木のまたを争っているようです。

耀耀と啓程啓航


地上でウロウロする川仔(ちゅあんざい)、笹を食べる潤九(るんじゅう)、皆起きています。朝一、14:00頃の笹交換、そして夕方、このタイミングがパンダが確実に起きている時間で、今が最後のチャンスです。

潤九川仔


18年組は遊び始めました。川仔と遊びたい耀耀、他の子たちは遠巻きに見ています。やがて潤九が時々仲間に入るようになりました。啓程と啓航は大人しい性格のようです。親離れ後、当面の間一緒に暮らす仲間になります。



その後、大人パンダたちの所をお別れに周ります。
陽浜(ようひん)の所へ行った際、あれ?どこにもいない!と思ったら、ちょうど死角になっている室内展示場への扉付近にいました。来年あたりかわいい子を産んでね~とファンたちは期待しています。

陽浜


16:50 再び外に出てきた時には18年組は既に回収されていました。
でも赤ちゃんパンダたちはまだ外にいます。末っ子たちはぐっすりです。

順順溜溜


阿宝の双子はお気に入りの場所にいて、帰宅のお迎えを待っているようです。

お迎え待ちの阿宝双子


17:20 さらにもう1周していたら、赤ちゃんパンダたちは室内に回収されていました。順順と溜溜は保育室のベッドに寝ています。

ベビーベッドの順順溜溜


隣の通称営業部屋では、阿宝の双子が三角の遊具で遊んでいます。

営業部屋で遊ぶ阿宝双子


雌雄の双子だからでしょうか、あまりレスリングごっことかしないようです。この時期は動きが予想できず、落ちたりしてそれがまたかわいいです。

三角遊具で遊ぶ宝兄宝妹


17:30 ほとんど誰も来なくなった月亮産室で、赤ちゃんパンダたちが寝るまで見ていようとしていたその時でした。また停電です。もう天窓がある部屋でもほぼ真っ暗です。今日は朝に続いて少なくとも2度目です。慣れているのか、飼育員さんも来ません。檻は物理的な鍵が使われていますが、部屋は電子錠とかも多いので大丈夫なのかな?保育室前の通路は真っ暗です。

月亮産室停電中


保育室は完全に真っ暗でしたが、懐中電灯を持った人が通りがかって、変わらず寝ている順順溜溜が見えました。またね、そう言ったつもりでしたが、私がこの目で順順溜溜を見たのはこれが最後になってしまいました。
(※順順溜溜は2020年5月、相次いで双子双方が亡くなりました。)

停電の中寝ている順順溜溜


停電が復旧する気配もないし、もう時間なので、太陽産室へと下ります。
しかし、どうやら基地全体が停電しているようで、太陽産室も真っ暗です。子ども部屋に張り付くように覗きますが、何となく動くので、どのあたりにちびパンダたちがいるのかかすかに感じる程度です。

停電の中で遊ぶ太陽産室19年組


いつものカゴに2頭、ハシゴの上に1頭いるらしいことがわかりました。
そして、あまりに真っ暗なので、足元を照らすために携帯の画面を開くと、部屋の隅っこに星晴も寝ているのが見えました。星晴を自分の目で見たのもこれが最後になってしまいました。(※星晴は2019年年末に病死)

最後に見た星晴


周囲の自動販売機とかも全て電源が落ちています。停電の中見たパンダたちが最後では何となく後味悪いと思いましたが、復旧する気配がないので、もう閉園時間近いし帰ることにしました。

(何となく嫌な予感が当たってしまいました。19年生まれの赤ちゃんパンダ3頭と永遠のお別れになってしまうとはこの時は思ってもいませんでした。直接見守っていた子たちが相次いで亡くなり、パンダファンになって以来の試練にあっています。加えて、新型コロナで再訪の予定もたたなくなってしまいました。)

17:55 亜成年園を通りかかると、北川(べいちゅあん)がまだいつもの木の上にいました。朝一からそこにいて、昼間通りかかった時も毎回そこにいて、そして今もそこにいます。食事のために木を下りた可能性は高いですが、どれだけその木の上がいいのでしょうか。

いつでも木上の北川


18:00 正門まで来たら、正門周辺は電気がついていました。復旧したのか、別の系統なのか分かりません。
18:05 最初に来た198Aのバスで帰ります。
18:35 動物園駅のホテル帰着です。明日早朝に発つので早めに休みます。

次回は成都~北京動物園をレポートの予定です♪
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR