FC2ブログ

中国・雅安碧峰峡基地①

2019/12/07 (4日目) 続き

18:55 雅安で高速を下り、出口のすぐ脇のお店で夕食です。事前に運転手さんにオススメのお店で夕食を食べたいと伝えてあり、目星をつけていてくれました。もう暗くて周囲がよく見えませんが、何だか雰囲気のある建物です。

雅安のレストラン


広い店内には先客もいましたが、空いていました。おそらく九大碗というお店だったのだと思います。まずは、注文ですったもんだします。店の人がいろいろオススメもしますが、例えばお魚料理とかは臭みと小骨の面倒くささで食べたくないし、言葉通じないのでいちいち大変です。

雅安のレストラン


しまいには隣のテーブルのおじさんまで加入し、あれこれ親切にも助言してくれます。書いて注文しようとしてたら、後からタブレットを持ってきたので、それで注文しました。7人で料理5品、ご飯や蒸しパン、飲物を頼み全部で240元ちょっとだったので、お店の人はもっと頼めと言いたかったのかも・・・。

四角いお皿のは回鍋肉ですが、四川の回鍋肉はキャベツじゃなくて基本的には葉ニンニク、イメージ的には小ネギに近いかな?ともかく日本で食べるのと全然違います。そして私はこっちの方が好きです。

四川料理


19:55 食事を終えて、今日の宿へと向かいます。碧峰峡風景区の中、パンダ基地のすぐ近くの宿を取っていて、そこは山の中、夜の山道が不安だからと耿达を早めに出たのです。クネクネの山道をひたすら上ります。

20:30 雅安君豪怡鑫酒店に到着です。信じられないくらい真っ暗で、何の灯りもない場所にありました。一応酒店という名前ですが、朝食付き一部屋160元、相部屋なので私は80元です。値段から想像はしていましたが、昨日の宿と同レベル?

雅安君豪怡鑫酒店の部屋


いえいえ、スリッパ、トイレットペーパー、タオル、ちょっとしたアメニティ、水ボトル、そしてなんとエアコンがありました!昨日の今日なので感激です。もちろんWi-Fiもあります。

しかし、シャワーはやはりトイレ上、専用スリッパ履いて使います。ドライヤーもありません。宿のご主人はとても親切で、洋式トイレの部屋が少ないけどいいかって聞かれましたので、この部屋はアタリではありません。

雅安君豪怡鑫酒店の部屋の水回り


今日はしっかり眠れるかな、そう思ったのもつかの間、23:20、突然停電しました。そして復旧する気配が全くありません。窓とか開けても周囲も真っ暗で、この宿だけの問題か地域的な問題かも分かりません。階下へ降りて行き、宿の人を叩き起こそうか迷いましたが怖いし止めました・・・。

結局、またセーターや上着を着こんで、震えながら寝るはめになりました・・・。


2019/12/08 (5日目)

朝になっても周辺はしんと静まり返り、にわとりの鳴き声しか聞こえません。
7:30 停電が復旧します。なんと、私たちが泊まっていた3階だけだったようで、私たちが電気を一斉に使い過ぎただけだったようです。充電やエアコンに加え、寝るときに電気敷マットの電源を入れたタイミングだったのでしょうね。

1人だけ4階のちょっといい部屋にしていた方だけが難を逃れていました。
出発前に、急いで電池の充電などをしますが、エアコンを入れるのは控えます。結局、エアコンあっても使えないのでは喜び損でしたね。

8:30 朝食です。昨日と同じような感じですが、ちょっとだけグレードアップ?おかずっぽいものが増えました。

雅安君豪怡鑫酒店の朝食


出発前に部屋から外を見ると、ようやく少し何があるか見えてきました。うん、山の中の農家、があるだけですね。霧も濃く、いかにも野生のパンダがふらっと出てきそうな景色です。

雅安君豪怡鑫酒店の周り


9:30 チェックアウトし、車に荷物を入れたら、パンダ基地に向かいます。宿のご主人が基地入口まで案内してくれましたが、徒歩2分くらいですね。
昨夜到着時は真っ暗で何も見せませんでしたが、そこそこちゃんとした建物でした。周囲にも宿は何件かありますが、酒店を名乗っているのはここくらいのようです。

雅安君豪怡鑫酒店


2分で着いたのが、雅安碧峰峡熊猫基地です。昨日行った耿达の神樹坪基地と同じ中国大熊猫保護研究中心の系列で、四川だけで、ここと、神樹坪基地、都江堰基地(熊猫楽園)があり、その他に野生化訓練基地などももっています。

雅安碧峰峡熊猫基地入口


入口の前に立っていたおじさんから入園券を買います。100元。事前に聞いていたよりちょっと安い気がしますが、冬季だから?
ここの情報は事前情報が収集できなかったので、まず地図を確認します。緑の所でパンダマークがある所がパンダが公開されている場所です。

雅安碧峰峡熊猫基地地図


大きな景区(観光地、入場料を取られる事が多い)の中にあるこの基地は既にかなり山の上にあります。時々霧が出て、前方が見えないこともありますが、道路がなければパンダがいそうな山そのものです。

雅安碧峰峡熊猫基地内の道


道端のごみ箱、無理やりパンダ柄に塗っています。

パンダ柄のつもりのごみ箱


10分足らずで、最初の白熊坪と呼ばれるエリアに着きました。
でも何か変・・・パンダの気配がありません。パンダが見当たらないだけでなく、笹なども見当たらないし、きれいに掃除されていて生活感がないのです。

白熊坪


パンダ舎の方を探ってみましたが、パンダがいる気配がありません。どうしたのだろう?後から出てくるかも知れないので、まぁ先へ行ってみましょう。
角には小さなお店があり、お土産や飲物が売っていました。

雅安碧峰峡熊猫基地内の売店


白熊坪には4組分の庭があり、このようにネームプレートもついていますが、どの庭にもパンダはいません。警備員らしき人が、パンダはあっちみたいに言っていたので、ここで待っても無駄でしょう。

パンダいない白熊坪


白熊坪の向かいには検疫区があります。扉が開いていたので、ちょっとだけ覗いてみましたが、そう都合よくはパンダは見えませんでした。
庭の端とかをパンダが歩けば、道路からでもちらっと見えるかも知れません。
今は、11月20日にアメリカから戻った貝貝(べいべい)が暮らしているはずです。

雅安碧峰峡熊猫基地検疫区


通常、検疫は1か月、まだ展示エリアには出てきませんので今日は会えません。
まだ1頭のパンダにも会えないまま、次の幼稚園のエリアへと向かいます。

雅安碧峰峡熊猫基地内の道


10分ほど歩いて、幼稚園エリアにやってきました。
幼稚園には、子パンダがいるかと期待していましたが、2016年生まれの乔良(ちゃおりゃん、雄)がいました。元野生パンダ乔乔(ちゃおちゃお)が最初に産んだ双子の弟です。文字通りの幼稚園生活からずっとここに暮らしているのかな?

幼稚園の乔良


ややこしい話ですが、今成都パンダ基地にはやはり野生出身の乔乔という同名のパンダがいます。成都にいる方は雄で、陝西省出身のパンダです。パンダの数は知れているのだから生きている間だけでも、同名を防ぐのは難しくないと思うのですが、パンダらしい名前とか、使う漢字も似かよります。同じ系列内では同名は避けられますが、同名パンダ問題はパンダファン初心者を時々困らせます。

ちなみに、乔良のママの乔乔は、2013年、四姑娘山景区の辺りで歩行困難な所を発見され、治療が必要なため保護されました。2009年生まれと想定され、当時3,4歳、野生で生きる術も知っている貴重なパンダママです。

裏側の庭に周りますが、飼育員さんがお掃除中で、まだパンダ出勤前でした。
こちらのネームプレートは乔伊(ちゃおいー、雌)、乔良の双子の姉です。
双子のパパは、昨日神樹坪基地で見た白杨(ばいやん)らしいので、両親とも野生出身の貴重な血筋、動物園などに行かず、生まれたこの基地に残っているのかも知れません。

幼稚園裏側は掃除中


幼稚園の向かいにもパンダの庭がありました。
庭というか、山、ですね。写真だと分かりずらいですが、かなり斜度があり、奥にあるパンダ舎が高く、手前が崖下みたいになっています。パンダ舎近くに2017年組らしきパンダが2頭くらい見えましたが、遠い上、逆光で全然見えません。

山中そのままのようなパンダの庭


その左隣も同じように山の斜面のような庭が広がっています。

パンダを探すのも大変なパンダの庭


ズームでパンダを探したら、パンダ舎前で3頭お食事中なのが見えました。
遠くて大きさもよく分からず、ネームプレートもありません。
後日、2017年生まれの雄3頭、青城(ちんちゃん)、明明(みんみん)、迈迈(まいまい) だったと分かりました。皆、白熊坪にネームプレートが残っていました。青城、明明には都江堰基地で会ったことがありますが、見分け付きませんでした。

青城たち


お仲間たちはゆっくりパンダを見ているようですが、私は独り、先に豹子山と書かれていた一番奥のパンダ園を見に移動します。
道を歩きながら、ふと今見ていた青城たちの庭の壁の左にもう1つ庭があるのに気付きました。一見するとただの山肌なのですが、何かが塀の上で動いたのです。

道路からもう1つ庭を確認


観覧ポイントからではなく、移動の道路からしか見えない際どい角度です。ズームで確認、やっぱりパンダいました。ここにも3頭いるようです。ですが、これは無理やり見ているのであって、あの庭は観覧させるつもりはないようです。2017年組、震生(雌)、倩宝(雄)、灵岩(雄)だったと後日分かりました。

ほぼ非公開のパンダたち


次回は、雅安碧峰峡基地の続きをレポートの予定です♪

中国・雅安碧峰峡基地②

2019/12/08 (5日目) 続き

10:15 幼稚園の所から車道を2、3分歩くと、ハイキング道入口といった風情の脇道があったので入ってみます。霧がすごくなって、先がどうなっているか分かりませんが、進むと他に人がいるようなのでそのまま足を速めます。
日曜ですが、来園者はまばらです。

碧峰峡基地海帰大熊猫楽園


階段道の途中から、パンダの庭だろうなというのが見えました。
霧の中、動く白黒のものも確認できます。ここが目指していた一番奥の園でしょう。

霧の中のパンダ園


塀で仕切られた庭、パンダが歩いているのが見えます。塀の左の庭にも1頭見えました。霧のかかる庭に暮らしているなんて、より本来の生息地に近い環境です。

広い庭に暮らすパンダたち


ズームして確認、右の庭のパンダは奥にあるパンダ舎の前にいます。
この庭の奥行きは、25mプールはすっぽり入るかな、そんな大きさです。

盼月


左の庭のパンダは笹を食べ始めたようです。後ろ姿です。
顔が見えたところで誰だか分からないので、後で誰かに教えてもらうしかありません。

冰冰


さらに通路を先に進みます。上のパンダの庭の更に左にあたる部分です。
より自然の山中の森みたいになっています。ここにはパンダいるのかな?
その時、大きな咆哮が響きました。後でわかったのですが、今いる山の下に、野生動物園がありました。

海帰大熊猫楽園の森のような庭


鬱蒼とした森という感じ、パンダがいないか見ながら歩くと、動くものが見えました。中央の木の1本左の木の陰です。

森の中のパンダ


やはりパンダでした。ここもパンダの庭だったのですね。一番奥の庭は、ぐるっとそのほとんどを通路に囲まれています。

パンダ発見


周りこんだ先で、先ほどのパンダを間近に見る事ができました。
禧禧(しーしー、2014年生、雄)、とネームプレートがありました。水秀と白杨の子、両親とも野生出身の血筋です。

禧禧


たぶん初めまして、だよね?
この碧峰峡基地の中で、最もパンダを近くで見られる庭ですね。ただ、木々が多い庭なので、奥に行かれたら気配すら消すこともできる庭でもあります。

禧禧


碧峰峡熊猫基地の中で一番奥にあるこの園は、海帰大熊猫楽園と名前が付けられています。つまり海外から帰国したパンダの楽園、しかし今は帰国パンダはいないようです。車道側を来たら、こちら側からの観覧になったようですね。

海帰大熊猫楽園の石碑


パンダ舎側の左側に、もう一つ庭がありました。森森(せんせん、2013年生、雄)のネームプレートが出ています。都江堰基地(熊猫楽園)で会ったことがあるパンダで、上野動物園のママパンダ、シンシンのたくさんいる兄弟姉妹の末の弟です。笹があるけど、どこにいるのかな~。

森森の庭


いましたいました。霧が晴れてきてくれて助かりました。
中国のパンダ飼育施設は、動物園のように展示優先には設計されていないので、パンダを探すのも大変です。その分、パンダにはいい環境には違いありません。

末っ子森森


森森も両親ともに野生出身パンダですね。成都パンダ基地系に比べて野生からの世代がまだ浅いという印象です。

森森


ここで車道の方から仲間たちがやってきました。途中にある繁殖施設は見学不可だそうです。この基地でも、繁殖が行われていてるのですが、施設が非公開という事だと赤ちゃんパンダなどは見る事ができません。

皆と一緒に、海帰大熊猫楽園をもう一度逆回りで見ます。
霧が少し薄くなり、晴れ間も見えてきましたが、坂道とか歩いていても重ね着の上のダウンを脱ぎたくなるほどではありません。

禧禧の隣のパンダが手前に歩いて来てくれました。先ほど遠くで後ろ向きで笹を食べていたパンダです。冰冰(びんびん、2015年生、雌)だ、と誰かがすぐに見分けました。仲間がいるのは心強いです。

冰冰が近くに来た


冰冰には私も都江堰基地(熊猫楽園)で何度か会ったことがありますが、今どこにいるか分からないパンダの中から見分けるのはすごいです。双子の青青(ちんちん、雄)はまだ熊猫楽園に住んでいて、一昨日に会いました。冰冰も元気そうです。

冰冰


こちらは冰冰の隣の庭です。先ほど奥のパンダ舎の方にいたパンダが中央くらいまで来ています。

海帰大熊猫楽園


ちょっと小柄?こちらも盼月(ぱんゆぇ、2016年生、雌)だと誰かが突き止めます。私はたぶん初めましてかな。

盼月


10:55 往復して見た海帰大熊猫楽園をいったん後にします。このように結構な階段道とかで、車道にしても坂道が多いので雪が降ったらかなり滑りやすいと想像します。雪じゃなくて凍結しても危険でしょうから靴には注意ですね。

海帰大熊猫楽園


11:00 幼稚園まで戻ってきました。この基地内も観光車が走っていて、別料金ですが利用できます。しかし元々そう多くない入園者、あまり頻繁には走っていないので歩いた方が早そうです。

観光車乗り場


幼稚園の乔良(ちゃおりゃん)の所へ行ってみると、パンダが見当たりません。と思ったら、上の方に寝てました。ここはぐるっと上側を周る道も作られていて、パンダの居場所によっては上から見下ろすこともできます。今は黄色の遊具の右上にいます。

碧峰峡基地幼稚園


木の根元で寝ているようです。これはしばらくは起きなさそうですね。

乔良


裏側の乔伊(ちゃおいー)も出てきていましたが、寝ていました。
海帰大熊猫楽園に行っている間に食事して寝ちゃったとはタイミングが悪いです。帰るまでには起きてくれるかな?

乔伊


次回も碧峰峡基地の続きをレポートの予定です♪

中国・雅安碧峰峡基地③

2019/12/08 (5日目) 続き

11:10 幼稚園のパンダたちも寝ちゃったし、さてどうしようかな?幼稚園の前にはいくつかパンダに関する大きなパネルがありました。こちらは海外のパンダの紹介です。左2/3は海外で暮らすパンダ、右1/3は帰国したパンダの紹介、今年作ったもののようです。左のグループの右上にはシャンシャンもいます。

海外のパンダ紹介パネル


パンダも寝ているし、その場にいた数人で、もう一度白熊坪に戻ってみようという事になりました。白熊坪と幼稚園の間は徒歩10分ほどです。
しかし、やはりパンダの気配はありませんでした。パンダ舎も、人もパンダもいる気配がありません。

白熊坪のパンダ舎


白熊坪にはベンチがあったので、そこでランチ休憩することにしました。この基地内では飲物を買う売店があるくらいで、食べ物はソーセージくらいしか売っていません。でもたまにトウモロコシとか歩きながら食べている人がいて、あれはどこで売っているのだろうと思いましたが、入園前に買ったもののようです。

白熊坪は広くて見やすい庭が4つあり、もしパンダがいれば10頭くらいは見れたのではないかと思いますが、ここが使われていないので、この日基地全体で見れるパンダは全部で10頭ちょっととかなり少ない事が分かり、少しがっかりします。それで、最近のこの基地の情報が何も手に入らなかったのも頷けます。成都からは遠く、交通の便も悪く、押しのパンダがいるのでない限り、現地ファンも頻繁には通わないでしょう。

12:45 休憩を終わり、再び幼稚園の周辺に戻ってきました。午前中、逆光で見辛く、ほとんどパンダが見れなかった庭です。まだパンダたちは寝ているようです。ここの3つの庭は一番奥は見学できないので、塀の手前と奥、の2か所だけです。手前はパンダ舎近くで2頭寝ていて、奥は・・・斜面で寝ているようです。

山の崖のようなパンダの庭


奥の庭、山の中にパンダが落ちている、そんな感じです。
左に1頭、右に2頭見えますね。

山中で寝ているパンダ


正面側の展望スポットから見ると奥の庭はこんな感じです。
斜面の上の方に3頭います。庭というか、元々の山の斜面、なのでしょうか。

自然に近い感じのパンダ飼育環境


肉眼だとパンダはいることが分かるのがやっと。ズームで確認します。
木の側の1頭、パンダらしい寝相です。

無防備に寝るパンダ


先ほどの手前、正面から見ると右の庭は割と手が入った斜面になっています。
斜面の上、パンダ舎の前で2頭寝ているのが見えます。
皆寝ているし、海帰大熊猫楽園に移動しようか、と背を向けます。

割と斜度がきつい庭


が、その時、何か話ながら仲間を振り返った私は、新たにパンダを発見しました。今見ていた庭、高い木の上にもう1頭いるじゃありませんか!
「ちょっと待って、木の上にいる!」右の木の上の方です。

木の上にもう1頭いた


朝からそこにいたのでしょうか?ネームプレートに2頭分の名前しかなかったし、ここには2頭住んでいるのかと思いこみがあったと思います。今まで誰もこのパンダの存在に気付きませんでした。ハラハラするような高い木で寝ています。

木上のパンダ


よだれ垂らして寝ていましたが、数分後、動きました。2頭分のネームプレートが3頭いたという事もあり、少なくともネームプレートを信用できなくなりました。この子たちは誰、そもそも何年生まれ?小さいので2018年ではないかという説も浮上します。しばらく見て活動を始める感じもなかったので、移動することにしました。

木上のパンダ起きた


13:15 海帰大熊猫楽園に再びやってきました。すると、ここでも先ほど見逃したものがあったことが分かります。庭に屋根付き休憩所がある盼月(ぱんゆぇ)の庭の右、ここはただの山の一部と思っていた場所、塀際を歩くパンダが見えました。そこもパンダの庭だったのか!(写真の右半分)

海帰大熊猫楽園


芦芦(るーるー、雄)、だと誰かが突き止めました。1999年、幼い頃、芦山で発見された野生出身パンダです。芦山は、碧峰峡と宝興に挟まれた地域です。貴重な野生の血筋なので、繁殖でも活躍、子どもがたくさんいます。

芦芦


この基地にいる可能性のあるパンダ、の中から見ただけで誰、と分かる人が一緒にいるのはとても心強いです。誰だか分からない身元不明のパンダはただのパンダになってしまいます。誰か分かってを見るのとは大きな違いがあるのです。

芦芦


お隣の肦月、かわいらしくお食事中です。血筋を調べてみると、父親は野生出身ですが、母方では上野のシャンシャンと親戚関係にあるようです。同じ所属の飼育下のパンダはどちらにせよ遠い親戚関係には違いありません。

肦月


肦月のお食事シーンです。かなり広い庭に住んでいるのが分かります。
肉眼だとパンダの顔付きまでは判別が難しいです。



そのお隣の冰冰(びんびん)は起きていますが、どうやらおやつ待ちのようです。

冰冰


一番奥の禧禧(しーしー)は落ち着きなくパンダ舎を出たり入ったりしています。寒い時期なので、中に入って出てこないという事はありません。

パンダ舎を出入りする禧禧


外に出てくると、マーキングをします。雄の場合、より高い場所にこすりつけようとしますね。

マーキングする禧禧


何度か同じ行動を繰り返していました。



そして、森森(せんせん)の所へ行くと、お散歩中です。



森森もマーキング。ここのパンダ舎の造りからして、もしかしたらこの裏側にももう1頭分パンダの飼育スペースがありそうな気がします。でも、どの通路からも見えそうにありません。

マーキングする森森


13:45過ぎ、おやつの時間のようです。禧禧が出てきてパンダケーキを食べます。



禧禧は両親とも野生パンダですが、兄弟姉妹はいっぱいいます。双子の姉、禄禄(るーるー)は2019年、5歳になる直前に初出産しました(2020年4月おもちゃの紐が首にからまるというあってはならない事故で禄禄仔は亡くなってしまいました)。

ケーキを食べる禧禧


他のパンダたちもパンダケーキをもらえるかと思いましたが、もう食べ終わったのか、これからなのか、冰冰はタケノコを食べていました。

タケノコ食べる冰冰


しばらく待ちましたが、肦月はなかなか出てこないので、木の上のいた子がいる小さい子組が気になるので、幼稚園方面に戻ることにします。

次回は続きから雅安碧峰峡の最後までをレポートの予定です♪
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR