FC2ブログ

中国・成都パンダ基地(1日目④)

2019/12/05 (2日目) 続き

10:10 2号別荘へ移動して来ました。朝一人で来たので私は今日2度目です。
ちょうど飼育員さんが通路から新しい竹を投げ入れています。2016年組の5頭、パンダ舎近くで福順(ふーすん)・福来(ふーらい)が笹を食べていて、手前に残りの3頭がいます。

10:00のおやつ?奇一班に笹の差し入れ


手前で並んでいるのは、奇一(ちーいー)と毛桃(まおたお、雄)です。
この子たちの代からは産まれた時から見守っているので、横顔でも見分けが付きます。

奇一と毛桃


2016年組の私のお気に入りはこの奇一です。最愛のパンダ七喜(ちーしー)の妹である福来を見守っているうちに、見た目が好みという事と、目を引く行動から目が離せなくなり、イチオシになりました。七喜の叔母なので、やはり顔が好み、なのです。

奇一


かわいいパンダですが、実はよくよく見ると、おつまみ食べてるおっさんみたいです。2016年組は成都パンダ基地で最も多い出産があり、26頭のうち23頭が生き残りました。その中でも、1,2を争う人気ものです。

おっさんぽい奇一


2016年組も今は3歳、例年であれば地方動物園などで大人になるまで暮らすのですが、今はパンダ余り状態です。2016年組は、地方動物園に行った子もいますが、今も3組がこの基地に残っています。この班の5頭が一番大所帯です。

2号別荘には4つの庭がありますが、隣の艾莉(あいり)はもう庭の奥に消えていました。3つ目の庭は、龍龍(ろんろん、雄)という野生出身のパンダが住んでいますが、滅多に庭に姿を現しません。最後の庭には、日本産まれの雄浜が暮らしています。通路近くで食事中のようです。

雄浜


パンダは食事中、あまり動き周らないので、座っている場合は、笹を取る時などしか角度を変えてくれません。ですから、見えやすい場所にこちらが移動するしかありません。横顔が精いっぱいですね。

雄浜


10:25 月亮産室へと移動します。2号別荘からは緩やかな坂を少し下り5分かかりません。月亮産室も産室なので、繁殖に参加する大人パンダとその子どもたちが住んでいますが、太陽産室より大きな施設です。月の形をしていて、外側に庭が9つ、内側に中庭2つと室内展示場4つ、保育室と子供部屋があります。

外側の最初の庭は今は2018年組がいます。3週間前3頭でしたが、中庭の2頭が合流して、今は5頭います。真ん中の木の台に1頭、三角屋根の木に1頭、右奥の木の上に1頭その根元に1頭、後はどこかな・・・?何と、庭の左奥の隅に1頭いました。

18年組の庭


隅にいたのは意外にも耀耀(やおやお、雄)でした。三角屋根の木がお気に入りだったはずですが、新入りが来て、勢力図が変わったのかな?いえ、この班で一番やんちゃと思われる耀耀なので、譲ったと言うべきかも知れません。

隅っこ寝の耀耀


残る4頭は全員が顔を隠して寝ていますが、台の付近が啓程(ちーちぇん、雌)・啓航(ちーはん、雄)の双子、そしてこの木が上が川仔(ちゅあんざい、雌)、根本が潤九(るんじゅう、雌)でしょう。各パンダには指定席があり、予測を立てて見れば、背中の帯の感じなどから確認が可能です。

川仔と潤九


2つ目の庭は幼稚園、赤ちゃんパンダ専用の庭です。他の庭のように溝がありません。毎年月亮産室で生まれた赤ちゃんパンダは、保育器を出た後、天気や気温が問題なければこの庭に出ます。日光浴をし、歩くこと、木に登ることを覚えていくのです。生後半年くらいになったら、ママと一緒の庭で展示に出ます。

右隅を歩いている子がいますが、カゴの中に小っちゃいのがいます。3週間前保育器にいた小丫頭(しゃおやーとぅ)の双子の順順(しゅんしゅん、雄)・溜溜(りうりう、雌)のどちらかです。

阿宝小仔と小丫頭双子のどっちか


他の子はどこかな?今年月亮産室の赤ちゃんパンダは全部で5頭です。
1頭は庭の真ん中あたりにある木の台の上にいました!3週間前歩けるようになったばかりだったので、台に登れるようになっているとは思わず地上を探していました。庭には木が多く、私のカメラは木にピントを合わせるのが好きで困ります。

阿宝大仔


気を取り直して、頑張ってパンダにピントを合わせます。阿宝大仔(あーばおの双子の先に生まれた方、兄)の方ですね。生後5か月ですからもう木にも登れる頃です。高い所に登れるようになると、そこが安心なのかなかなか下りなくなります。

阿宝大仔


カゴの赤ちゃんパンダは10/11生まれですから、3か月も月齢差があります。
この子が歩けるようになる頃は、先に生まれた子たちはママと暮らす時間が長くなるでしょうから、同級生で過ごす時間は短いかも知れません。

生後2か月未満の赤ちゃんパンダ


阿宝小仔(あーばおの双子の後に生まれた方、雌)はずっと庭の右の方で一人で遊んでいます。阿宝の双子にはまだ名前がないですが、後々公募などするつもりなのかな?ママの阿宝はアトランタ生まれの帰国子女、この双子は出生時体重が双方200g以上で、世界で最も重く生まれた双子です。

阿宝小仔


庭の中央付近の板の上に、昭美仔(ざおめいの子、雄)が連れてこられました。
先月、里親さんが康尼(かんにー)という名を付けましたが、後に金宝(じんばお)と命名され、これが正式名らしいです。阿宝大仔も飼育員さんがいるからか寄ってきました。

昭美仔に寄ってきた阿宝大仔


阿宝大仔が昭美仔の邪魔しないよう引き離します。この年頃の赤ちゃんパンダは飼育員さんの長靴に抱き着いたり噛んだりして構ってもらいたがります。

阿宝大仔


飼育員さんが相手してくれないので、昭美仔の所に行った阿宝大仔、お決まりの乗っかりをします。1か月の月齢差、すっぽり覆われてしまいました。
先月もそうでしたが、双子の妹より弟分が好きなようです。

昭美仔を押しつぶす阿宝大仔


阿宝大仔が起こしてくれたおかげで、昭美仔の顔が見れました。野生出身のママの第一子ですから、将来も期待されています。ママとは全然違う顔立ちですが、他の子とはちょっと違う見分けやすい顔をしています。

昭美仔


昭美仔を見ていたら、阿宝大仔を見失いました。どこ行った?
よく探したら、右奥の木の台にいつの間にか登っていました。写真中央上の方です。

昭美仔と後ろの台に阿宝大仔


昭美仔は安眠を妨げる存在がいなくなったのを確認すると、そのままつっぷして寝てしまいました。ごめん寝と呼んでいます。

ごめん寝昭美仔


阿宝小仔は独りで遊ぶのが好きなようです。竹筒のおもちゃで遊び始めました。何をやっても可愛いし、顔が見えなくても可愛いです。

阿宝小仔


やがて、阿宝小仔は先ほど兄が登っていた真ん中の台に登って行きました。私も登れるよ、と見せてくれたのかな?

阿宝小仔


いつの間にか、阿宝大仔は、さらに庭の左にある木の台に登り、白く丸い繭玉のようになって寝ています。右の妹がいる台より少し高いかな?ハシゴで登るのです。

左兄、右妹


そこに飼育員さんが来て、指導が入ります。せっかくだから、お客さんに顔見せなさい、と。いったん起きて姿勢を変える阿宝大仔です。

阿宝大仔おやすみなさい


お客さんに顔見せてあげようなんて、珍しい事もあるものだ、と飼育員さんをよく見たらどこかで見た顔です。TVで見たことあるアドベンチャーワールドのパンダ飼育員さんじゃないですか。研修で来てるのかな?どっちがいいかは別として、基地の飼育員さんとはパンダの扱い方が違うなぁと思いました。

次回も続きをレポートの予定です♪

中国・成都パンダ基地(1日目⑤)

2019/12/05 (2日目) 続き

11:00 月亮産室の赤ちゃんパンダの庭で釘付けになること30分、阿宝小仔はまだ起きています。一日の中でもちょうどいい時間に来たかも知れません。これだけ遊んだ後だと、この後夕方までぐっすり、という可能性が高いです。

阿宝小仔


カゴで寝ていた小丫頭(しゃおやーとぅ)の双子の片割れ、寝相が変わって横顔が見えます。生後もうすぐ2か月、頭の大きさがやや小さめで、逆三角っぽいですが、もう少しすると丸っこくなり、可愛らしさが増します。

小丫頭の双子のどっちか


飼育員さんが抱っこして、お顔を見せてくれました(通常はこういうサービスはなく、日本からの研修飼育員さんだったからかも)。この時期は、一時的に耳が埋もれて見えます。そして、正面から見ても双子のどっちか全く分かりません。

こんにちは赤ちゃん


特徴的なのは、足首の所にうっすら白い毛がありますね。かかと部分に白い毛がある子は成都基地では結構いるのですが、前側にある子は記憶にありません。見分けの特徴になりますが、双子とも同じ特徴あるかもしれませんし、この程度だと成長につれて消えてしまうかもしれません。

順順か溜溜


そろそろ大人パンダを見て回りましょう。幼稚園の先に、7つの庭があります。
こんな時間なので寝ているパンダが多いでしょう。寝ていると顔が見えなくて誰だか分かりません。産室ではネームプレートが1つの庭に2つとかあったりして、どちらが出ているのか分からないし、どちらでもない場合もあります。

3つ目の庭で、まだ食事中のパンダがいました。多分、アトランタ生まれの美奂(めいふぁん、2013年生、雌)だと思います。ネームプレートの1つがそうだからですが、双子の美轮(めいるん)とは見分けが付きません。並べて比べればどちらと分かると思いますが、別々になったら分からなくなりました。

美奂


そのお隣は寝ていて、次の庭にはネームプレートはありません。
でもこの顔は功仔(ごんざい、2008年生、雄)ですね。
竹を食べやすい大きさに割っています。

功仔


功仔は先月は成年園にいたので、越してきたのですね。来年の繁殖に参加するのかも知れません。それにしても大人になると雄パンダの方が見分けが簡単な気がします。基地に残っている雄パンダが少ないせいもあるかも知れませんが・・・。

功仔


その隣はネームプレートが小丫頭(しゃおやーとぅ)と昭美(ざおめい)なので、子育て中のママが休憩に出てくる場所になります。今日は昭美がいました。子を産む前は、地上にいるのが奇跡に近かった元野生パンダです。

昭美


以前はほとんどの時間、木の上にいました。最近は逆に木の上の昭美を見る事がなくなり、代わりに溝にいるのをよく見かけます。今日もわざわざ溝に下りて行って笹を食べ始めました。

昭美


2014年、泥だらけの熊みたいな状態で発見された野生パンダ昭美ですが、今ではふっくらした普通の白黒パンダになりました。そしてなかなか飼育生活に慣れなかったのか木の上にいましたが、初めての子を産んでからだいぶ飼育生活にも慣れたように見えます。特徴的な顔は、すぐに見分けが付きます。



最後の庭は淼淼(みゃおみゃお)・慶賀(ちんふー)のネームプレート、どちらも子離れしたばかりのママパンダですが、木の台で寝ているのが見えます。背中の帯の感じからたぶん淼淼でしょう。

淼淼っぽいのが寝ている


外側はここまで、ここからは月の形の内側へ行きます。内側に行ったところにトイレがありますが、日中は混んでいます。トイレは、太陽産室の近くか、1号別荘の下が奇麗でオススメです。そこならウォシュレット・ペーパー完備です。

内側には中庭に挟まれる形で4つの室内展示場があります。中庭にパンダがいなかったので、隣の室内を見たら、外と出入り自由になっていました。余裕がある場合は、中庭と小さな室内はセットで使われています。寝ているのは陽浜のようです。まさか朝から一度も外に行っていない?

寝ている陽浜


4つ並んだ室内展示場のうち内側2つが広いです。片方は顔が見えなかったのであきらめ、次に行くと、ありがちな恰好で寝ているパンダがいました。この格好されると全部同じに見えるのですが・・・雅二(やーある、2013年生、雄)かな?まだ繁殖に参加するには若い気がしますが、亜成年園から越してきたようです。

雅二


そして4つ目の室内はいなかったので、隣の中庭に出ているのでしょう。
毛毛(まおまお、2003年生、雌)のようです。2020年3月17日に双子を産んでいるので、この時妊娠していた可能性が高いですが、12月のパンダ妊婦なんて想定外ですのでそういう目では見ていませんでした。

毛毛


さて、次は少し通路を戻って吊り橋経由で1号別荘へ上がることにします。
11:40 1号別荘に到着です。地図上では遠くない1号別荘ですが、一番の高所にあり、必ず坂を上がらなくてはなりません。ここには室内展示場と4つの庭があります。

唯一起きていたのは反時計回りで3つ目の庭です。2頭見えたので、2016年組です。大人になったら独り暮らしなので、複数いたら5歳以下、子どもの頃から一緒の同級生パンダの組になります。寝ている1頭は顔を確認に行ったら雅竹(やーじゅう、雌)でした。

文文と雅竹


そして食べているのは、文文(うぇんうぇん、雄)かな。雅竹の双子の妹雅韻(やーゆぃん)と文文がよく似ているのですぐに区別付きません。そして、一緒にいるはずの雅韻が庭のどこを探しても見当たらないのです。パンダは体調によって展示エリアに出ないこともあるので、いるはずのパンダがいない場合もあります。

文文


1号別荘の室内展示場は、円形で広め、飼育員さんの作業中以外は常にパンダが見れます。1号別荘のパンダたちは1か月くらいのローテーションで室内展示場暮らしになります。今は奇福(ちーふー、2008年生、雌)です。ぐっすりお休みです。

奇福


1号別荘のすぐ上には何か新しい施設を作っています。観覧通路のようなものが見えるので、動物の展示エリアだとは思うのですが、パンダ舎のようなものを作っている気配がないので、何を作っているのか完成するまで分かりません。

新しい施設


11:55 この新施設の前にある休憩所で休憩です。持ち込んだ携帯食などをそれぞれ食べます。

30分ほど休憩した後、1号別荘をもう1週周ってから道を下ります。1号別荘の帰り道はいつも、急ぎでなくても、トイレに寄ります。

私が通称レッサーの道と呼んでいる通路を通って幼年園方面へ下ります。高台の餌場でさっそくレッサーパンダが現れました。

レッサーパンダ


さらに下を見ると、レッサーパンダの通路にも他のがいるのが見えます。
これから階段を下りていくと、下の道を通り、その場合頭上にレッサーパンダが見えます。

レッサーパンダの通路


よく見たら2頭いました。山の広大な斜面にレッサーパンダが自由に暮らしていて、その中にできた通路を人間が通り抜けられます。以前はその人間用通路をレッサーパンダが横切っていましたが、今は頭上にレッサーパンダ用の通路がいくつも設置されています。

レッサーパンダ


先ほどのレッサーパンダたちが移動せずにいてくれたので、下を通った時に見上げることができました。エリア全体ではいったい何匹いるのか分かりませんが多い時は10匹くらい出てきます。ここのほかに、ジャイアントパンダと同じような施設が、レッサーパンダ用にも2か所ありますが、ここが一番広くて自然に近くてオススメです。私はわざわざは来ませんが、移動ついでに通ります。

レッサーパンダを見上げる


13:00 幼年園にやってきました。幼年パンダたちはまだ皆寝ています。
木の上に寝る子も多いので、2班側も寝ているな、というのが見えます。

幼年園


幼年園のパンダ釣りまで少し時間があるので、隣の成年園を見に行きましょう。私と周っていると、いろいろ見れていいかも知れませんが、とても疲れると思います。それでも1人の時よりペースは落ちているはずですが・・・。

次回も続きをレポートの予定です♪

中国・成都パンダ基地(1日目⑥)

2019/12/05 (2日目) 続き

13:05 幼年園のパンダ釣りまでの時間、近くの成年園を見に来ました。
成年園には、4つの庭があり室内展示場はありません。

端の庭では、2015年組の3頭が一緒に暮らしています。1頭はまだお昼寝中のようですが、2頭が起きて朝食の残りを食べています。十分に食べ散らかした後だと、竹が倒されていてパンダが良く見えます。

成年園の2015年組


食べていたのは、啓啓(ちーちー、雄)・点点(でぃえんでぃえん、雄)の双子でした。日本人ファンからは、「あんにん・おとうふ」と呼ばれています。右の点点はママ似でアイパッチが小さく余白が多いので顔が白っぽいです。

啓啓点点


ふと、動くものが目に入りました。庭を隔てる仕切りの向こう、木の上にパンダがいるのが見えます。写真やや左上です。パンダ舎から放射状に仕切りがあるので、内側のパンダがパンダ舎の近くにいて、木に登ったりした場合にのみ、見えることがあります。

隣の隣のパンダが見える


ズームで確認すると、隣の庭ではなく、さらにその隣の庭に暮らす園潤(ゆぇんるん、2012年生、雌)です。木の上で遊んでいます。出産経験のある大人ですが、童心に帰っているようです。

木上で遊ぶ園潤


隣の庭は看板が出ていたのでパンダはいません。通路を周りますが、その隣の園潤は先ほどパンダ舎近くにいるのが見えたので、通路からは遠すぎて全く見えません。端の庭の楼阿宝は今朝見ましたが今はどこかに隠れています。

すぐ隣は亜成年A区ですが、木上に北川(べいちゅあん)が寝ているのが見えました。北川はいつも同じ木にいて、お腹が空くまで下りてきません。閉園時間までに下りてこないこともあります。

木上で眠る北川


幼年園のパンダ釣りにスタンバイするためそろそろ戻りましょう。
先ほどの2015年組の庭で、残飯あさりを終えた啓啓点点が寝ていた小雅(しゃおやー、雄)を襲っていました。仲がいいですが、同級生と遊べるのもそろそろ限界かも知れません。

小雅を襲うあんにんおとうふ


幼年園に戻ります。幼年園には室内展示場がありますが、ここはパンダを外に出せない時だけ使います。3週間前に比べて、改装されていました。
ベンチのような木の台がいくつか置かれていたのが、壁に据付の台に代わっていました。パンダのベッド替わりです。

幼年園室内展示場


13:30 幼年園の1班側の庭でスタンバイです。芝士(ずす)と青青(ちんちん)もパンダ釣りを待ちつつ、残飯漁りです。いつもこの2頭は早めにここに出てきてスタンバイしています。

パンダ釣りを待っている芝士と青青


13:48 飼育員さんが来て、通称「パンダ釣り」が始まります。
芝麻(ずま)と大美(だーめい)もすぐに集まってきました。あっという間にパンダも人も集まり大混乱になります。

飼育員さんは長い竹竿を器用にさばき、まずはパンダケーキと呼ばれる穀類などでできたおやつをパンダに配布します。2歳にもなると基本的に飼育員さんも直接接触はせず、こうしておやつをあげながら、パンダにも運動をさせるのです。

幼年園のパンダ釣り


今日は集まりよく、すぐに成蘭(ちぇんらん)も顔を出しました。これで全員集合です。飼育員さんが呼ぶだけでパンダが集まるという事自体がすごいですよね。

成蘭も登場


後ろ足を鍛える目的があるので、できるだけパンダを立たせるようにします。
特に男子は将来の繁殖のために必要だと言われていますが、いつも立たないで手元に来るのを待つ美蘭(めいらん)が子だくさんなので、どの程度意味があるのかは謎です。

幼年園パンダ釣り


仲良く並んでパンダケーキを食べる2歳児たち。この歳頃には個性がかなり出てきます。体の大きい子、食べるのが遅い子、そしてさっさと食べて次のおやつをもらおうとアピール必死な子と様々です。アピール必死は班長の芝士です。一番先に生まれた子が班長と呼ばれます。

張り切り過ぎの芝士


パンダケーキの後は、リンゴを1個ずつ配ります。ここでも性格が出ます。
おっとりした性格の大美・成蘭の双子は、芝士・芝麻の双子にリンゴを取られます。あまりに簡単に取られたので、飼育員さんが予備のリンゴをあげます。

りんご取られた成蘭にもう1つ


芝士の張り切りぶりはすごいです。みんな大好きなリンゴ、1個ずつなのに、仲間から強引に奪う子と、奪われても取り返そうともしない子、取られる側の子はここ数年は大抵美蘭の子です。

もっと欲しい芝士


1班のパンダ釣りの動画です。パンダケーキをもらった順に芝士、青青、成蘭、大美、芝麻。大美は芝士に、成蘭は芝麻にリンゴを取られ、もう1個飼育員さんからもらいますが、成蘭は逃げ回った挙句に芝士にまた取られます・・・。



1班が終わったら2班側に行きます。飼育員さんはリンゴを配布した時点で、食べ終わるのを見届けずに移動しているので、1班の顛末を見た後だと、いい観覧ポジションは取れません。行くと、もう全員揃っていて、パンダケーキを食べている所でした。先に食べ終わった晶亮(じんりゃん、雄)が他の子のを取ろうとしています。

2班のパンダ釣り


晶亮は食べるのがすごく早いです。珍喜(じぇんしー)のケーキを取った後も他の子のを狙います。早く食べて、誰かのを取るのが計算済みのような気がします。2014年組の成就(ちぇんじゅう)に見た目も性格も似ています。容赦なく仲間のおやつを取るのは、乔乔(ちゃおちゃお)の子どもが多いです。

晶亮を釣る


2班は狙われる側の子たちもそれなりに防御策を身に着けていて、比較的平和なおやつの時間になります。4頭という数のせいもあるかも知れません。
左から、晶亮、妮可(にこ、雄)、珍喜(じぇんしー、雌)、妮娜(にーな、雌)です。

幼年2班のパンダ釣り


2班のパンダ釣り動画です。晶亮は珍喜のケーキを取ります。妮娜はいつも少し下がって食べる事で、攻撃を免れています。



14:00 幼年園のパンダたちが回収され、笹替えタイムになります。
今日まだいっていない亜成年B区に行きましょう。B区には庭が4つと室内展示場がありますが、庭のうち内側2つは通路に面してないのでパンダが見えません。
室内展示場には雅莉(やーり、2009年生、雌)がいました。

竹を割る雅莉


そして、この時間は笹替えでパンダが再登場する時間です。
一番通路に面している見やすい庭に、2015年組の3頭が出てきました。
奥林匹亚(おりんぴあ、雌)と福娃(ふーわー、雌)の双子と晶奥(じんおう、雄)が一緒に暮らしています。扉口でリンゴをもらって食べてから竹の所に来ました。最初は竹がこのように立てられているので、食事が進まないとパンダが見え辛いです。

奥林匹亚班


幼年園に戻ってくると、ここも笹替えが終わって食事中でした。
やはりパンダが複数一緒にいる庭は人気があって、人だかりもすごいです。

幼年園の午後の食事


次は月亮産室へ行こうと、太陽産室母子園の前を通りかかります。
星晴(しんちん、雌)がぽつんと寝ていました。この子だけはまだこの場所から動かず寝る年頃です。績笑(じーしゃお)と成風(ちぇんふん)は午前中からずっと同じ場所で寝たままです。

独りで寝る星晴


次回も続きをレポートの予定です♪
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR