FC2ブログ

中国・都江堰熊猫楽園2日目①

2019/11/13 (8日目) 続き

青城山駅で102路のバスに乗り換え、14:00に熊猫楽園に着くことができました。熊猫谷から1時間で到着できたので、道路封鎖によるバス迂回で近くなったような気がします。中国大熊猫保護研究中心都江堰基地、通称熊猫楽園の入園料は58元です。

熊猫楽園入口


さっそく肦肦園から周ります。5日前に来た時に、英英(いんいん、1991年生、雌)の元気な姿を確認できなかったので、今日は14:00の笹替えタイムを肦肦園で過ごそうと決めてきました。笹を交換したい飼育員さんが英英を呼んでいますが、寝ていた英英は、呼ばれているのを気付きはしますが、動こうとしません。

英英起きた


お隣の2017年生まれの玉垒(ゆーれい、雄)・興安(しんあん、雄)の所は、先に笹交換が終わっていました。タケノコから食べています。並んで食べるのがかわいいですね。どちらがどちらかは私には分かりません。

玉垒と興安


交互に寝食いする2頭の様子です。パンダはぐうたらに見えますが、腹筋とかすごいです。タケノコ食べ終わってから、竹に手を付けます。



英英もいったんパンダ舎に帰ったので、飼育員さんの交換作業を待ちます。再び出てきて、パンダケーキを見つけて嬉しそうに食べます。
シャンシャン他のおばあちゃんですが、まだまだかわいいパンダです。

パンダケーキを見つけた英英


しかしちょっと気になったのは、やはり前に比べて少し痩せたかな?という事です。頬の辺りやお腹周り、ダイエット後の皮余り状態のような感じに見えます。あくまで以前に比べて、なので、パンダとして痩せている方ではありません。

パンダケーキを食べる英英


英英が出てきて、パンダケーキを見つけて食べる動画です。
とりあえず元気そうで安心しました。



次は念念(にぇんにぇん、2018年生、雌)の庭です。木の台の上にいますが、まだ小さいので笹に埋もれて耳くらいしか見えません。

埋もれている念念


笹を引っ張り出す時に、ようやく体の半分くらいが見えただけです。
ほとんど木の上にいる念念、せっかくだから前に来て~と思いますが、なかなか思うようには動いてくれません。

笹を引っ張り出す念念


次は、ワシントン生まれの泰山(たいしゃん、2005年生、雄)、ちょうど出てきてタケノコを食べている所でした。おいしそうかどうか確認してから食べます。

タケノコを吟味する泰山


おいしいところだけを食べます。



ふと、念念の方を見ると、もう木に登っていました。ここが念念の定位置です。困り顔なので、とても寂しそうに見えてしまいます。

木に登った念念


泰山はタケノコを食べ終わったら、次は竹を割って食べ始めました。

竹を食べる泰山


そして肦肦園の最後のパンダは冰成(びんちぇん、2014年生、雄)です。
サービスよく正面向いてお食事中です。



14:40 さて、今日は次は先日飛ばしたリン洚園へと坂道を上がります。
しかし、今日も空振りです。パンダがいる気配はなく、熊も見えませんでした。

14:50 一番奥の蝶泉園まで上がってきました。
月月(ゆぇゆぇ、1993年生、雌)かな?寝ています・・・。もう午後の食事タイムは終わってしまったようです。

月月


左隣りは、2018年組、香竹(しゃんじゅー、雌)と晴天(ちんてぃえん、雄)ですが、仲良く寝ているようです。

寝ている子パンダ


その向かいにいるのは、神戸のタンタンの兄、希夢(しーもん、1993年生、雄)です。タケノコがまだ庭に残っていないか探して歩いているようです。

希夢


次は、雅星(やーしん、2015年生、雄)、顔も見せずに寝ています。
まぁ、パンダのイメージそのものかも知れません。木の台の上の白い球体がそうです。

寝ているパンダ


蜀蘭(しゅーらん、1994年生、雌)もかろうじて顔が見える感じで寝ています。

蜀蘭


食事やおやつの後はパンダは寝ると相場が決まっているのです。
最後の庭は2018年組の、家宝(じあばお、雄)と玲琅(りんりゃん、雌)の庭です。1頭は左の木の上、もう1頭は右の丸太の上にいます。

家宝たちの庭


起きてるパンダがいたよ~ありがとう。あらかわいい。
後で、家宝の方だと教えてもらいました。

家宝


やんちゃというよりは、やさしい顔立ち、おすまし顔です。何と言っても動きが少なくて写真が撮りやすいのがいいです。

家宝


次回は熊猫楽園の後半をレポートの予定です♪

中国・都江堰熊猫楽園2日目②

2019/11/13 (8日目) 続き

15:00頃になると蝶泉園には他に訪問者が来なくなりました。警備員さんも休憩モードなので、広い蝶泉園の中で、私と家宝(じんばお)だけの時間が流れています。木の皮をしゃぶっている家宝、2018年生まれにしては小柄に見えます。

家宝


家宝は仕草がとてもかわいい子パンダです。皆寝ている中で、私の専属モデルになってくれています。動きがのんびりなので、曇りの天気の中コンデジでもピントが合います。

家宝


誰も来ないし、パンダが竹を折る音などもしないため、あまりに静かです。時々他のパンダが起きないか、蝶泉園の中を周りますが、ほとんどのパンダは起きる気配はありません。2018年組の、香竹(しゃんじゅー)と晴天(ちんてぃえん)は片方は起きたようです。

香竹と晴天


遊びに誘いますが、相棒は起きてくれないようですね。諦めて、1頭だけパンダ舎の方へ帰って行ってしまいました。

香竹と晴天


希夢(しーもん)はまだタケノコを探していたようです。残っていたタケノコを見つけて嬉しそうに食べている所に遭遇しました。運動させるためでしょうか?希夢のタケノコはまとめて置かれずに、庭に1本ずつ投げ散らかしているのです。

希夢


蜀蘭(しゅーらん)は相変わらず寝たままです。今日はちょっと遠い所で寝ているのが残念ですが、先日元気な姿を見たので、まぁよしとしましょう。蜀蘭がどこか見つけてみて下さい。

蜀蘭


家宝の所に戻ると、まだ元の場所に座っていました。そして寝るでもなく、遊ぶでもなく、じっと私の方を見てくれます。

家宝


後から聞いた話なのですが、家宝は生まれつき足に障害があります。指3本分がくっついたような形をしています。上の写真を拡大してみると、右だけでなく、左足も爪がくっついているように見えます。このせいで、あまり木の高い所まで登れないようです。

大人しい性格なのでしょうか?ポーズを変えながら、ずっと私に付き合ってくれています。

家宝


家宝は滑り台の方へ移動し、より私の近くに来てじーっと私を見ています。
20分くらいお互い見つめあってしまいました。ここまでサービスのいいパンダも初めてです。

家宝


15:30 名残惜しいですが、家宝にバイバイして蝶泉園を出ます。
坂道を10分ほど下り、双楠園にやってきました。他の園はパンダの庭の周りに観覧通路があるタイプですが、ここだけ、パンダ舎のある内側からパンダを見る形になっています。石造りの四角い建物がパンダのお家で、中にいる場合には汚いガラス越しに覗くことも可能です。

双楠園


5つのパンダ舎のうち1か所は未入居、2か所は部屋の中で寝ていました。青青(ちんちん、2015年生、雄)だけ外にいるのが見えます。塀の右、木の陰にいます。

青青


寝ているようです。下唇がピンクなのが特徴です。小さい頃からライブカメラのある庭で育ったせいかとても人気のあるパンダです。

青青


最後の庭でパンダを探します。室内にいないので外にいるはず・・・、妙な所に1頭発見しました。もうちょっと奥にいたら完全に見えませんね。

パンダ探し


この庭には2017年生まれの2頭が一緒に暮らしているはずですが、もう1頭は?
こちらも溝にはまるようにして寝ています。妙な所で寝るのが好きなパンダたちです。どちらも顔が見えないですが、パンダの観覧としてはこういうのはよくあることです。

パンダ探し


15:45 誰も起きそうにないので肦肦園へ戻ります。
冰成(びんちぇん)は顔見せた状態で寝てくれています。展示向きのパンダさんです。

冰成


泰山(たいしゃん)は室内で寝ていたので、隣に行くと、念念(にぇんにぇん)はパンダ舎の近くにお座りしていました。扉が閉まっていて中に入れなくて開くのを待っているようです。

念念


英英(いんいん)は寝ています。英英は寝る場所にこだわりがないパンダのようです。

英英


玉垒(ゆーれい)と興安(しんあん)は同じ遊具の上で寝ています。
三角の部分にうまく安定して寝ているようですが、こういうのを見ると、寝返りうった際とかに落ちないのかといつも不思議に思います。

パンダの寝場所


16:00を過ぎると、あちこちで飼育員さんがパンダを呼ぶ声が聞こえます。
夕方の食事タイムのようです。英英もむくっと起きました。

英英


念念も呼ばれてパンダ舎内に入っていくのが見えました。
そしてタライでミルクをもらった後、パンダケーキももらいました。ミルクをもらう歳でもパンダケーキもう食べるんですね。子ども用かも知れません。

おやつタイムの念念


英英の庭にはタケノコが投げ込まれました。
さっそくお召し上がりです。

英英


17年組の玉垒と興安も新しいタケノコをもらって、争うように食べます。
この2頭は寝食い派なので写真を取るのは難しいです。

寝食いが得意なパンダ


もう閉園間際、ずっと静かな園内だったのに、滑り込みで2,3組の大きな団体がやってきて肦肦園は騒がしくなりました。
16:30の閉園と共に園を出ると決めていたので、ギリギリまで英英がタケノコを食べるのを見守ります。とても元気そうで安心しました。



次回は成都への帰路と成都パンダ基地5日目をレポートの予定です♪

中国・青城山~成都パンダ基地(5日目①)

2019/11/13 (8日目) 続き

16:30 閉園時間なので熊猫楽園を出ます。出口はお土産屋になっていますが、時間ちょうどに閉められるので以降は入口から出ることになります。
車に気を付けて道路を横断しバス亭でバスを待ちます。いつも5分と待ちません。102路バスで青城山駅まで移動します。

熊猫楽園バス停


16:45 青城山駅到着です。結局、一度も雨に降られませんでした。遠くの山を見ながら、あの向こうには野生のパンダがいるんだろうなと想像したりします。駅付近はあまり栄えていません。

青城山駅前の風景


17:17 C6156 青城山発犀浦駅で成都に帰ります。1本前のにも間に合いましたが、パンダ見てて出るのが遅れたり、バスを運悪く逃したりしても余裕で間に合うので、熊猫楽園からの帰りはこの列車がちょうどいいです。

青城山駅のホーム


18:30 犀浦駅で地下鉄に乗り換え、今日も成都の中心地、春熙路まで来ました。大都会です。

春熙路駅前


まずはケンタッキー・フライド・チキンでお決まりの37元のセットを食べます。普段あまり肉類を食べないのですが、1週間以上に及ぶパンダ旅では後半はかなり疲労が溜まり、体調を崩しかねないので栄養補給です。

中国のKFCセット


今日はまだ気力があったので、近くのイトーヨーカドーに立ち寄ります。何回も成都に来ていて、ここに来たことがありませんでした。駅の近くにあり便利です。

成都のイトーヨーカドー


おいしそうなサンドイッチ・・・。こういうのを見るだけで安心します。
都心の限られた場所では日本人の食べ慣れたものも売っていますが、多くの場所では洋食と言えるようなものはまだあまり手に入りません。

イトーヨーカドーには食べなれたものがいっぱい


お惣菜のコーナーにも手頃なものがいっぱいです。通常、中国のお店の量り売りだと、言葉が通じなければ量を指定できないので、既に少量パックを売っているお店は重宝しますね。

お惣菜も


もちろん、普通の商品棚には日本の製品なども売っていてとても助かります。
脇には餃子や麺類のコーナーもあります。この近くに泊っていれば独りでも食事に困ることもなさそうです。

点心や麺類などのコーナー


伊藤の名物なるお店には、今川焼まで売っていました。あれこれ試してみたいですが、今は食事した後なので何も食べる気は起きません。成都パンダ基地への近さを重視してホテルを決めているので、私は食事を犠牲にしていますが、この駅周辺は食事や買い物、どこに行くにも便利でオススメです。

今川焼まで売っている


お隣の伊勢丹の地下スーパーも覗きましたが、こちらは人も品数も少なめでした。
それではそろそろ帰りましょう。壁面の巨大パンダもこの街のシンボルです。

ビルの壁面パンダ


地下鉄で動物園駅まで行き、バスに乗って一理村のホテルに20:00前に帰着です。このホテルの周りには慣れ親しんだ味を期待できるお店はありません。


2019/11/14 (9日目)

成都滞在も残す所あと2日となりました。もう他所には行かず、成都パンダ基地で2日間過ごすと決めています。毎日パンダばかり見て飽きないかって?
飽きません。単調なパンダたちの生活の中に毎日いろんなドラマがあるのです。

7:20過ぎ、成都パンダ基地に到着です。今日もチケット売り場に誰も並んでいません。このシーズンは入園待ちの行列も少ない方です。
7:30にチケット買い、入園します。

成都パンダ基地正門前


成年園、亜成年園を通りますが、昨日の竹が残ったまま掃除されていないので、しばらくパンダは出てきません。
幼年園2班の庭に着くと、2017年組の4頭が揃って食事中でした。まだ少し暗く、写真を撮るのは難しいです。冬季は朝夕、光が足りないです。

幼年園のパンダたち


1班側に行くと、パンダが見当たりません。代わりにそこにPandapiaの日本人映画監督さんがいらっしゃいました。今日は久しぶりに晴れるので撮影に来た、そうです。少しお話をしていたら、ふと気付きました。パンダいた!今日は庭の茂みの奥で食事していました。せっかくプロが撮影に来ているのに、そんな所にいたらきれいに撮ってもらえませんよ~。というか気付いてもらってなかったようです。

幼年園のパンダたち


プロはじっと待って狙った映像を撮るようですが、私はじっと立って待てないのであちこち歩き回る派、次に移動です。
太陽産室へ行くと、母子園の庭にはまだ看板が立ったままでした。昨日も赤ちゃんパンダ外に出してないのでしょう。ねずみまだいるのかな・・・。

子供部屋を覗くと、績笑(じーしゃお)と成風(ちぇんふん)だけがいました。
今日も外に出ないのかな・・・。看板は今日出したのではなく昨日から出しっぱなしでしょうから後でまたチェックしに来ましょう。

績笑と成風


太陽産室幼稚園へ行くと、韻文(ゆぃんうぇん)と韻武(ゆぃんうー)の双子が仲良くしていました。ん?手に持っているのは、芝生?子パンダは特に芝生をはいで遊ぶのが好きだったりします。一緒のはずの艾伦(あいるん)は今日は見当たりません。

韻武と韻文


8:05 2号別荘に来ました。大好きな2016年組がお食事中です。
手前に、福順(ふーしゅん)と奇一(ちーいー)、奥では福来(ふーらい)が毛桃(まおたお)にじゃれつかれています。木が多く、見通しの悪い庭で、気付くと木の写真を量産しています。

16年組奇一班


雄浜(ゆうひん)を見に行くとお食事中でした。8:00過ぎの2号別荘はちょうど朝食タイムで、朝は歩く人はまだここまで来ず、観光車使う人は月亮産室から見る人が多いため、とても空いています。

雄浜


雄浜は日本生まれですが、海外生まれで初めて帰国したパンダです。そして近年、この基地で繁殖に活躍している雄パンダとしても有名です。やさしい性格が、雌パンダに人気があるのでしょうか?性格が違う方がうまくいくと言われています。



16年組の所へ戻ったら、食事が終わったのかパンダたちは大騒ぎしていました。その騒ぎから逃げるように福来がハンモックにやってきました。

ハンモックに入る福来


何日も通っても、ここのハンモックが使われるのを見たのは初めてかも。
一息つく福来ちゃんがかわいいです。あなたのお姉ちゃん、七喜(ちーしー)はハンモックが大好きだし、あなたもよく似合ってるよとテレパシーで話しかけます。

ハンモックでくつろぐ福来


しかし、福来のこの穏やかな時間はそう長くは続かないのでありました・・・。

次回は続きをレポートの予定です♪
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR