FC2ブログ

マルタ・スリーシティーズ(聖アンジェロ砦)

2019/10/23 (6日目) 続き

14:00 聖アンジェロ砦の先端の方、この辺りから行けるとチケット買った時に教えてもらいましたが、この左の門かな。教えてもらってなかったら、行ってもいいのか分かりにくいです。

聖アンジェロ砦の宮殿などの区域入口


門を入り、階段などを上がっていくと広い場所に出ました。旗があるのが、砦の先端部分のようです。この砦は、1565年のオスマントルコによるマルタ大包囲戦で拠点となりました。この戦いの後、対岸に城塞都市ヴァレッタが築かれました。この一番先端の部分からの眺めを楽しもうと思いましたが、思いのほか城壁が高く、私の身長では飛び跳ねないと何も見えません・・・。

聖アンジェロ砦の先端


そして、広い場所の中央にひとつの小さな建物があります。
聖アン礼拝堂、1450年より前のものだそうですが、何度か修復されているようです。

聖アン礼拝堂


内部は思ったより広いです。見学はできませんが、教会裏手にクリプトに降りる階段があり、かつては初期の4人の騎士団長が埋葬されたそうです。1577年に改葬され現在は空と現地の説明書きにはありました。ともかく重要な場所だったのですね。

聖アン礼拝堂内部


夏のように暑いし、高低差もあるし、疲れたのでちょっとだけ休憩。
砦の外が見える場所はどこも絶景です。

聖アンジェロ砦


さて、裏手にも建物があります。地図を見ると、Magisterial Palaceとあります。
騎士団長の館ってことかな、行ってみましょう。

聖アンジェロ砦の宮殿入口


宮殿というよりはおしゃれな小さな館といった感じです。
元々あった1300年頃の建物を騎士団長が館として利用したようです。

聖アンジェロ砦の宮殿


内部の部屋は公開されていないようですが、階段とか行けるところには入って行ってみます。アーチの間から見える景色が素晴らしいです。

宮殿のアーチ


バルコニーにも行ってみました。騎士団長もここに立ったのかな・・・。

宮殿のバルコニー


宮殿前の中庭にあったこちらは、屋根付きの泉?Nymphacumと書いてあったので、泉の神ニンフを祀る小神殿のことですが、1531年建設とのことなので、涼むための場所として作られたものかも知れません。

宮殿前の泉


先端上部を見学の後は、中段、砦の真ん中あたりに戻ります。この辺りにはバラックなどが立ち並んでいます。そのひとつを覗いたら、このような感じで、当時の騎士団の宿舎っぽいものが再現されていました。

騎士団の宿舎


もうここまでで十分聖アンジェロ砦を楽しみましたが、まだまだ見学できるエリアがあります。砦の中で一番高い部分、体力がきつくなってきましたが行かない訳にも行きません。Ferramolino's Cavalier、1542年に造られた要塞です。

聖アンジェロ砦の一番高い要塞


一番高いだけあって景色は抜群です。こちらはスリーシティーズのセングレアとヴィットリオーザ方面の景色です。

聖アンジェロ砦からの景色


そしてこちらはもうひとつの町カルカーラ方面です。次マルタに来たら、行ってみたいです。

聖アンジェロ砦から見たカルカーラ


聖アンジェロ砦の先端方面です。正面に見えるのが宮殿、手前にはテーブルなどが出ていますが、簡単なカフェのようなものもあります。こうして見るとほとんど人影がありません。そう、広い砦の中、数えるほどの観光客しかいない穴場です。

聖アンジェロ砦内側


こちらはチケット売り場付近にあった通路、昔の通路、抜け道みたいなものだったのでしょうか?

古い通路


最後に、一番町側にあるD'Homedes Bastion、1536年建造にも立ち寄ります。
この要塞も第二次世界大戦時に部分的に破壊されたそうですが、現在は修復されてきれいになっています。先ほど上がったFerramolino's Cavalierを見上げます。

D'Homedes Bastion


14:35 他にも見る場所はありましたが、15:00のフェリーに乗るために、聖アンジェロ砦の見学を終えることにしました。思っていた以上にあちこち歩き回れるのですが、とにかく広くて、日陰も少なく暑くて疲れました・・・。

次回は続きからMSCベリッシマ帰船までをレポートの予定です♪

マルタ・スリーシティーズ~ヴァレッタ

2019/10/23 (6日目)

14:35 聖アンジェロ砦を出て、来た道を戻ります。真夏のような日差し、既に歩き疲れ、持っていた水も飲み干してしまいました。小さなスーパーやカフェのようなものがないかな?と注意しながら歩きますが、期待するようなお店がありません。

ヴィットリオーザの海沿いの道


ヴィットリオーザの中心近くにある海事博物館の所まで来ました。外に大砲やら、大きなスクリューがあります。いつか内部見学することがあるかな?

海事博物館


海事博物館は、聖ローレンス教会と向かい合って立っていて、二階建て観光バスのバス停がありますが、その近くは観光用ルッツ(ルッツは小型漁船)の発着場所になっていました。片道は一人2ユーロと書いてありました。ヴィットリオーザからヴァレッタに戻るにはより近いですが、1人では運行してくれないかも?

ルッツでグランドハーバーを渡る


往復チケットを買ってしまったし、私はフェリー乗り場のあるセングレアへ向かいます。スリーシティーズは観光客が少ないので、どこに行く当てもなく歩くだけでも楽しい気がします。

セングレアに渡る橋


セングレアに渡る橋の上から、釣りをしている人が見えました。
ここは入江の行き止まりで川ではありません。どんな魚が釣れるのかな・・・。

入江で釣り


少しセングレアを歩こうかとも思いましたが、最終乗船ギリギリに戻るのもリスクあるので、15:00発のフェリーに乗ってヴァレッタに戻りましょう。これがフェリーの切符です。フェリーに乗ってから対人で購入し、帰りは見せるだけです。持ってフェリーを待っていたら、それどこで買えるの?と観光客に聞かれました。

スリーシティーズへ渡るフェリーの切符


このフェリーは地元の人も使っていますが、そんなに混雑しません。でも上部デッキは人気なので、最終的にはほぼ全席埋まります。

スリーシティーズへ渡るフェリーの上部デッキ


時間通りに出発すると、先ほど観光した聖アンジェロ砦を真横から見ることができます。こうして見ると、今でも砦として使えそうな立派な建造物です。

横から見た聖アンジェロ砦


聖アンジェロ砦を過ぎると、目の前にはヴァレッタの街が全景を表します。
こちらは街全体が要塞化され、まるで軍艦のようです。

城塞都市ヴァレッタ


振り返ると、聖アンジェロ砦が遠ざかって行きます。
外側から見ると中がどんな感じになっているかまるで分からない砦、今回中を見れて良かったです。

聖アンジェロ砦


10分でヴァレッタに着くと、ゆっくりと接岸です。下階はガラガラでした。

スリーシティーズへ渡るフェリーの中


このフェリー、往復で2.8ユーロでグランドハーバークルーズができると思ったら、移動手段としてだけじゃなく、遊覧と思ってみてもいいかもしれません。

スリーシティーズへ渡るフェリー


15:15 フェリーを降りたら、そのまままっすぐMSCベリッシマの停泊している方向へと歩きます。左側はずっとフェリーターミナルになっていて、制限エリアです。

フェリーターミナルへ


途中のバーの店先に冷たい飲み物売っていたので、マルタの炭酸飲料キニー(Kinnie)を購入、1.8ユーロ。ちょっとオレンジの味がするコーラ、ですかね。すっかり忘れていましたが、おいしくはありません。でも、のどが渇いていたので、ゴクゴクと飲めました。

キニーはちょっと変わったマルタ版コーラ


船が近づいてきました。でもすんなり制限エリアに入れる訳ではありません。船は左ですが、先に進むと右手に制限エリアへの入口があります。その周辺、フリーWi-Fiが入りますが10分しか繋げませんし、座れる場所も少ししかありません。

MSCベリッシマ


10分ネットで最低限のことを済ませ、中へ入ります。クルーズカードを見せ、セキュリティチェックを通ります。すると、免税店の建物に出ます。空港にあるような免税店と同じ感じです。この建物を抜けたらやっと船の前に出られます。できるだけ近くの乗船口から乗りたいですが、人を分散させるために、遠くの乗船口へ誘導されることもあります。

MSCベリッシマ


15:55 乗船します。16:30が最終乗船ですから、ちょうどいい感じです。

次回はヴァレッタ出港をレポートの予定です♪

マルタ・ヴァレッタ出港

2019/10/23 (6日目) 続き

15:55 乗船し部屋に戻ろうとした時、ふと、普段使わないエレベーターの存在を思い出しました。MSCベリッシマには、中央付近左右に、1基ずつ展望エレベーターがあるのです。部屋がこの場所に近い人以外は、意識して利用しない限り、存在すら気付かないかも知れません。外が見れるエレベーターが付いている船はそう多くありません。

MSCベリッシマの展望エレベーター


部屋に戻ると、母はちゃんと帰っていました。大聖堂の見学が終わった後、一緒にいた何人かでカフェで軽食を取り、アッパーバラッカガーデンのエレベーターで帰ろうと思ったら混んでいたので、遠回りして帰ってきたと。まぁ、ともかくよく分からない人たちだけで、手探りながらちゃんと帰って来れて良かったです。

17:00 出港なので、10分前くらいに上階デッキへ上がります。手摺際にも人が集まり始めましたが、メインプールも今日は賑わっています。

MSCベリッシマのメインプール


17:00ちょうどには離岸を始めました。ヨーロッパの人は時間にルーズな人が多いという印象なのですが、クルーズ船ではどういう訳か皆ちゃんと時間を守れます。時間までに戻らないと容赦なく置いて行かれるからかも知れません。乗っていない人がいる時は、確認のため船内に呼び出しがかかります。

ヴァレッタ出港


アッパーバラッカガーデン前を通過です。先ほどもフェリーから見た景色ですが、目線の高さが全然違います。やはり50mくらいあるのかな?そう考えると、ヴァレッタの街の城壁もかなりの高さがあるという事です。

MSCベリッシマから見たアッパーバラッカガーデン


船はゆっくりとグランドハーバーを進みます。
街の先端に近付くにつれ、段々と見下ろしている感が増してきます。

クルーズ船から見たヴァレッタ


こちら出っ張った部分、左の緑の部分は、ローアーバラッカガーデン、中央の丸い塔はグレート・シージ・ベル、第二次世界大戦の犠牲者を追悼する記念塔です。

ローアーバラッカガーデン付近


そして少し進んだ先、こちらがヴァレッタの先端、聖エルモ砦です。
聖ヨハネ騎士団によって1552年に建設された砦で、第二次世界大戦でも利用されました。

聖エルモ砦


よくもまぁ、こんな細い所を巨大な船が通れたね、そう思う水路を抜けてグランドハーバーを出ました。ヴァレッタの景色を船から見るのは、なかなか素晴らしいので、入港、出港どちらかだけでも上部デッキから見るのがオススメです。

グランドハーバーを出る


船はそのまま北西に向かいます。マルタのスリーマやセント・ジュリアンなどのリゾート地域が遠くに見えます。

マルタのリゾート地域


プールデッキではダンスなどのイベントで盛り上がっています。
カジュアル船ならではの盛り上がりと、やかましさです。

賑わうプールサイド


部屋に戻り、着替えです。今日のドレスコードはトロピカル、です。あまり気にしなくていいドレスコードですが、今日は有料レストラン利用するので、ワンピースくらいは着て行きましょう。

今日も食事の時間と重なるので、サンセットの瞬間は見れませんが、きれいな夕日を見ることができました。

クルーズ船で見るサンセット


18:00 フレンチの有料レストラン、アトリエビストロに向かいます。今回のツアー、海側バルコニー以上のキャビン利用者には有料レストランが付いているプランで、日時とレストランは添乗員さんが割り振っています。有料レストランですが、店内は簡素、ただし時間も早いこともあって他にほとんどお客さんがいません。

アトリエビストロ店内


私が選んだのは、まずオニオングラタンスープ。濃厚で量も多いですが、おいしかったので残さず頂きました。チーズとパンがこれでもかとたっぷり入っています。

ビストロのオニオングラタンスープ


メインはマッスルにしてみました。ひたすらムール貝を食べる、というやつです。
日本ではなかなかこの食べ方をしないのですが、私は好きです。そうそう、有料レストランでいいことは、ワイングラスがいいことかな?MSCは飲物はお水も含めて有料のものしかないのが残念ですが。

ビストロのムール貝


デザート、私はタルトタタンだったかな。母のはおそらくレモンのタルトでしょうね。メニューをメモするのを忘れました。2名用のテーブルが多く、お隣は同じツアーの方たちでしたが、微妙な距離でおしゃべりしながらの食事となりました。

ビストロのデザート


食後、19:45のショーに間に合うと思って行ってみましたが満席だったので、あらかじめ予約していた21:15の回に行くことにしていったん部屋に戻ります。

21:15のショーは、ミュージカル、内容がシンデレラで母にもストーリー分かったかなと思います。終わった後は、いつもプロムナードで何かしらイベントとかやっていて、ここを通り抜けるのが大変です。

プロムナード


次回は終日航海をレポートの予定です♪
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR