FC2ブログ

イタリア・ジェノバ旧市街②

2019/10/20 (3日目) 続き

9:45 ジェノバ旧市街を現地ガイドさんの案内の元歩いています。
ちょっと治安の悪そうな道を歩いていましたが、見通しのいい空間に出るとほっとします。

ジェノバの街並み


今日は日曜、お店も開いていない所が多く、人が少ないのでひっそりとした印象です。

ジェノバの街並み


横道に入ると、がらっと印象が変わります。落書きも増え、一人で歩いたら危険だろうなと思う道です。人がいないので警戒する事もないのですが、いないならいないで、早く通り過ぎたいと思う道です。

ジェノバの路地


路地の先に小さな広場があり、そこに面した建物も古そうです。窓辺に植物などがあり、決して貧しい人が住んでいるという印象はありませんが、建物が密集していて日当たりは望めないでしょう。元の建物は立派だったのでしょうか、壁に大理石が部分的に残っています。

大理石が部分的に残る建物


サンタ・マリア・デッレ・ヴィーニェ教会(Basilica di Santa Maria delle Vigne)にやってきました。外観は簡素ですが、中は豪華です。

サンタ・マリア・デッレ・ヴィーニェ教会


主催壇だけでなく、脇の祭壇も立派です。この教会を見学するために入ったのかと思いましたが、脇の扉から外に出たかったようです。

サンタ・マリア・デッレ・ヴィーニェ教会


教会を脇から出たところにあるこのアパートを紹介したかったようです。
ここは、アインシュタインが、一時期身を寄せていたおじさんの家だった場所だそうです。

アインシュタインが一時期住んでいた家


その先少し広い道を通ります。この辺りは、まぁまぁお金持ちが住んでいたエリアだそうです。

そこそこ金持ち街だった場所


こちらは聖職者の建物と紹介を受けましたが、とても豪華ですね。
中を見てみたい気がします。道の角、右手前の建物にはマリア様の像があるのが印象的です。

聖職者の暮らした建物とマリア像


この先の道はとても趣があります。もし個人で歩いていたら中々通れない道です。地図がないと迷子になりそうな旧市街です。

ジェノバの路地


その道を抜けると、サン・ロレンツォ大聖堂があります。
塔は左右非対称ですが、よくあることです。様々な色の大理石などが使われ、ロマネスクとゴシックの様式が見られます。

サン・ロレンツォ大聖堂


脇を守るライオンの像、なんだか微妙な表情をしています。
石のモザイクなどもきれいです。

サン・ロレンツォ大聖堂のライオン像


観光予定には入っていませんが、中へ入ります。教会は日曜午前中は見学できないことも多いのでラッキーです。外同様、横縞のアーチが特徴的です。

サン・ロレンツォ大聖堂内部


祭壇奥のステンドグラスは建物と調和が取れています。

サン・ロレンツォ大聖堂のステンドグラス


振り返って入口の上には最後の晩餐のフレスコ画があります。
14世紀のフレスコ画だそうです。誰もが知っているテーマですが、いろんな教会に描かれている事を知らない人もいるようです。

サン・ロレンツォ大聖堂の最後の晩餐


次回もジェノバ観光の続きをレポートの予定です♪

イタリア・ジェノバ旧市街③

2019/10/20 (3日目) 続き

10:05 サン・ロレンツォ大聖堂の見学を終え、脇の道を歩きます。
この周辺は観光客も多く、安全そうな雰囲気です。

ジェノバの大聖堂脇


左手にはドゥカーレ宮殿が見えてきました。塔の上の旗はジェノバの旗です。
あら、天気がよくなってきましたね。

ドゥカーレ宮殿に立つジェノバの旗


ドゥカーレ宮殿の前で10分ほどのフリータイムです。この辺りにちらほら日本人がいるなと思っていたら、これから乗る船にバルセロナから乗ったという方たちでした。

ドゥカーレ宮殿前


宮殿前では、プロヴァンスのマーケットが開かれていました。
ここイタリアだし、関係ないと思いましたが、いえ今回のクルーズではマルセイユに帰港しますから、プロヴァンス関係ありです。いいものがあったらお土産買ってしまうのもいいかも知れません。

ドゥカーレ宮殿


もっとも私はお土産を買いませんので、皆さんとは違うものを見てます。これって全部味違うのかな、とか。

オリーブ


エアープランツのお店まで。かわいいですが、買うわけにもいきません。

エアープランツ


縁石に腰かけて休憩しながら、同じ船に乗っているという日本人たちとおしゃべりします。ジェノバでは観光付きじゃないので、フリータイム、治安悪い所は行かないようにと言われたそうです。クルーズのツアーは、同じ船の利用でも、ツアーの内容によって観光付きだったり、乗船地も違ったりといろいろです。

ドゥカーレ宮殿前を走るプチトラン


フリータイムが終わったら、さらに先へと歩きます。この辺りはとてもヨーロッパらしさを感じる街並みです。

ドゥカーレ宮殿からソプラーナ門へ


なだらかな上り坂の道の先には、ソプラーナ門という城門がありました。

ソプラーナ門内側


かつては城壁もありました。門の脇にその形跡がわずかに残ります。

ソプラーナ門脇の城壁跡


門の外側です。12世紀のものらしいです。

ソプラーナ門外側


門を出てすぐ左手、聖アンドリュー修道院の回廊跡が保存されています。

聖アンドリュー修道院の回廊跡


そしてその先の角に立っている小さな家が、コロンブスの家です。コロンブスはジェノバ出身、この家に20歳くらいまでいたとされています。小さく見えますが、一部が保存されているようです。ここだけは見覚えがあり、ジェノバに来るのは、というか今回のクルーズが2度目だという事を再認識させられます。

コロンブスの家


10:50 コロンブスの家の裏で、バスにピックアップしてもらいます。
この街には何台かのプチトランが走っているようですね。

新市街を走るプチトラン


バスに乗ったらそのまま港に直行です。
MSCの巨大な船が2隻見えてきました。MSCプレチオーサとMSCベリッシマ。
こうして街から見ると、クルーズ船はビルのひとつにしか見えませんね。

ジェノバ港に停泊するMSCクルーズの船


次回はMSCベリッシマ乗船をレポートの予定です♪

MSCベリッシマ乗船&キャビン紹介

2019/10/20 (3日目) 続き

11:15 バスはジェノバ港のクルーズターミナルに到着です。スーツケースはそのままポーターが運んでいき、自分の船室に届けられるまで手元を離れます。ですので、今日夕方までに必要なものは予め手持ちにしておく必要があります。スーツケースの中に、アルコールや、発熱する電化製品など持ち込み禁止のものが入っていると、夜まで届かないこともあるので要注意です。

チェックインは並ぶこともなく空いていました。というのも、この地中海クルーズはかつてはジェノバ発着、でしたが、今は各国の港から乗船することができ、乗船地がバラけているからです。日本からの場合、バルセロナから乗っているグループが多いようです。

チェックインでクルーズカードが発行され、すぐに乗船できます。通常のクルーズは乗船地が一か所なので、もっと混雑し、整理券が発行されて乗船待ちとなるのが普通です。乗船前のセキュリティチェックも誰も並んでいません。おかげで乗船記念写真を撮るのを断れませんでした(購入は任意)。

ジェノバの乗船前セキュリティ


今回乗るのはこちら、MSCベリッシマ、2019年3月に就航したばかりの新造船です。171,598トン、デッキ19まであります。この大きさのクルーズ船となると乗船時に全景を撮影するのは無理ですね。ご存じの方も多いかと思いますが、2020年4月に日本に配船される予定の船です。

MSCベリッシマ


11:50 乗船時に顔写真の撮影があり、以降、上下船の際にはシステムに登録されたその写真で本人確認されます。乗ったら、待ち構えていたスタッフによってドリンクパッケージの売込みなどがあります。

その後、今後の寄港地観光などに出発する際の集合場所としてカクテルバーの場所を皆で確認します。船の中央、アトリウムと呼ばれる吹き抜けの脇にあります。アトリウムは近代的な装飾です。

MSCベリッシマのアトリウム


アトリウムの脇に、船内清算のクレジットカード登録機がありました。新しいMSCの船ではチェックイン時ではなく、各自でこの登録機を使って自分のクレジットカードを登録する必要があります。添乗員さんがサポートしながら各自の登録を始めましたが、途中で、添乗員さんが立ち眩みを起こし、倒れそうになりました。頑張って自分の業務を遂行しようとしますが、どうしても自力で立てません。

乗船するなり、体調悪いとは先が思いやられます。大ベテランさんなのですが、医務室行は拒否されたので、クレジットカード登録は私が他のMSCの船でも経験あるし、サポートを代わります、と言って休んでもらうことにしました。

ということで、皆さんのクレジットカードを登録するのを手伝います。デフォルトでは、同室の人の分も払うチェックがついているのでそこだけ気を付けます。意外と家族でも別財布の人が多いのには驚きました。暗証番号間違う人とかいろいろいて、全員分を終えるのは時間がかかりました。

クレジットカード登録機


12:40 クレジットカード登録が終わった後は、15Fに上がり、マーケットプレイス・ビュッフェへとランチに向かいます。この船のビュッフェ式レストランです。どの船にもこうしたビュッフェ形式のレストランが上階にあり、眺めは最高です。

MSCベリッシマのマーケットプレイス・ビュッフェ


船が大きい分、混雑を予想していましたが、座席数もかなりあり奥の方はガラガラです。こちらのドリンクコーナーには、コーヒー紅茶と水のみあり、他は有料です。
MSCはドリンクがほとんど有料なのがちょっとマイナスポイントです。

ビュッフェのコーヒーコーナー


ランチは部屋の準備ができる14:00くらいまで、各自自由にとります。
乗船を歓迎するケーキ、これって各寄港地で毎回出るのかな?こういうのももちろん食べ放題です。

乗船を歓迎するケーキ


食べ物は船の左右、さらに後方に同じものが用意されていて種類もまずまず豊富です。この船ではこのレストラン入口でモッツアレラチーズを作っているので、出来立てピザも取ってきてみました。できたてモッツアレラも右上にのっています。

ビュッフェでランチ


同じツアーのご夫婦たちとおしゃべりなどして時間をつぶし、そろそろ部屋の準備できたかなと、13:45くらいに解散して、部屋に行ってみることにしました。

部屋に行ってみると、準備はできていましたが、荷物はまだ届いていません。今回は、母は1泊というのを除くとクルーズ初めてなので、海側バルコニーの部屋を取りました。広さは結構ありますね、20㎡くらい?まだ新しさが残ります。

MSCベリッシマの海側吗バルコニー客室


今回、申し込みが締め切り前ギリギリだったからか、バルコニー付きがある一番下の階、8Fでしたので、バルコニーからの眺めがイマイチです。下階に設置されている救命ボートの屋根が視界に入ってしまいます。その代わり、他の階の何倍かの広さのバルコニーです。

MSCベリッシマの8Fバルコニー


部屋の場所についてはパッケージツアーの場合は選べないことが多いですが、母は下階で残念だと言います。ですが、一概に良し悪しは語れません。確かに上階は眺めがいいですが、その代わり揺れ幅は大きいです。

船首船尾と中央付近とか位置を気にする方もいます。船首は揺れが大きいです。中央付近であれば、他の場所へのアクセスは楽です。場所は好き好きだし、なんとも言えません。今回は奥行きがかなりあるバルコニーなのでそれで良しとしましょう。

それでは船室を細かく紹介します。
こちらのテーブル、広くて奥行きもあります。下は引き出しで、服などを収納できますが、出し入れはちょっとしにくいタイプです。右上のTVではHNKワールドが入るのと、ショーや有料レストランなどの予約確認や、利用明細の確認などもできます。

MSCベリッシマの海側バルコニー船室テーブル周り


テーブルにコンセント、Cタイプ2個、Aタイプ2個があります。なおUSBはベッド脇にあります。テーブル下にあるのは出せば椅子になるようです。

MSCベリッシマの客室コンセント


そして同じくテーブル下、反対側にはにはミニバーがあります。中の飲物は有料です。

MSCベリッシマの客室ミニバー


バルコニー側から見た部屋の様子です。ソファはかなり長く、足を伸ばしても余裕で寝転がることができますし、ソファ前のスペースは大きなスーツケースを2つ同時に開けるスペースがあります。

MSCベリッシマの海側バルコニー客室


クローゼットは、容量はそこそこありますが、実は扉があまり開かず、左奥の方への出し入れがちょっとしにくいです。右の棚にはセイフティーボックスがあります。貴重品はここに入れておきます。4~9桁の暗証番号を自分で設定します。桁数が多いので、より安心です。

MSCベリッシマのクローゼット


バスルームはこちら。コンパクトにまとまっていますが、シャワーブースの仕切りも透明で大きめ、しっかり閉まるタイプです。母が、乗る前に一番不安視していたのが、シャワールームの閉塞感で、ダメならプールサイドで水浴びるとまで言っていましたが、大丈夫だったようです。ちなみに、ティッシュボックスをセットする場所がありますが、ティッシュは提供しないそうです。

MSCベリッシマの客室バスルーム


シャワーヘッドも可動式、水圧もそこそこです。上の糸には洗濯物をかけられますが、部屋の中にミニ物干しとかで干す方が乾きがいいと思います。客室の壁はどこも磁石がくっつくので、強力磁力のフックを持っていくといいでしょう。また、船のシャンプーはどうしてもパサつきがちなので、コンディショナーやトリートメントの持参をオススメします。

MSCベリッシマの客室シャワーブース


次回は船内探検をレポートの予定です♪
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR