FC2ブログ

中国・オルドス野生動物園(2日目②)

2020年も旅レポートをよろしくお願いします♪

2019/8/1 (11日目) 続き

七喜(ちーしー)に追い払われた七巧(ちーちゃお)、頃合いを見計らって、七喜の側に度々戻ってきます。どうしても七喜の側がいいようです。

七喜の側に寄っていく七巧


しつこくすると七喜に蹴られるので、様子を見ながらそっと近付きます。顎乗せを許してもらえて嬉しそうです。この後は、隣でぐっすりとお昼寝しました。

七喜にそっと抱き着く七巧


12:50 飼育員さんがパンダたちを呼びます。七巧は素直にバックヤードに戻って行きましたが、七喜は無視して寝続けます。

回収に応じる七巧


今日も気温が高いので、飼育員さんは室内展示場に入れたいようです。何度も七喜を呼びます。呼び続けたらやっと起きましたが、マイペースに痒い所を掻いたりして、動き出すのに15分くらいかかりました。いつも以上に動きがゆっくりです。

ゆっくり帰る七喜


13:10 室内展示場に入ってきたパンダたちはパンダケーキをもらいました。
七喜のんびりと食べています。

パンダケーキ食べる七喜


七巧はガラスを背にして食べています。すごく近いので、パンダの大きさを実感することができます。

ガラス際でパンダケーキ食べる七巧


隣のガラス面に行けば、こうして横顔を見る事が可能です。成都パンダ基地だとパンダいても顔が見えない事も多いですが、この動物園では見る角度を変えればほぼいつでもパンダの顔を見ることができます。

顔が見えない時は隣の面から


パンダたちが笹を食べるのを見ていたら、動物園スタッフだという男女に声をかけられました。パンダ館の飼育員さんから日本からパンダファンが来ていると聞いたのかな?いろいろ質問されます。

七巧と七喜は日をまたいで生まれた双子で、明日は七巧の誕生日。2014年のその日は七夕節でした。動物園では、毎年七夕節の日に誕生日会を開催し、今年はそれが8月7日です。明日から8月7日までパンダファンは無料で入園できるそうです。8月7日も来るかと聞かれますが、3日までと答えると、誕生日のメッセージビデオを撮らせてと言われました。

日本だったら丁重にお断りする所ですが、言葉も満足に通じない中で感じ悪くなく断るのも難しいので、協力することにしました。何に使われるか分かりませんが、名前を出す訳でもなし、大した影響はないかな、と。

その場で、メッセージ動画を撮ると、明日のランチを約束し、動物園スタッフの方たちは去って行きました。そうこうしているうちにパンダたちは仲良くお昼寝タイムになっていました。

近くで寝る七巧七喜


16:10 七巧が起き上がった所で、気温の下がった外に出すため、飼育員さんは移動を促します。しかし、七巧しか動きません。七喜がついてこないので、七巧は何度か呼びに来ますが、七喜は動きたくないようです。

七喜はもう移動したくない


七喜はもう移動したくないようで、竹を食べだしてしまって、飼育員さんの説得をガン無視です。

飼育員さんの説得を無視して竹を食べる七喜


その後も飼育員さんたちがあの手この手で七喜を説得します。パンダケーキで誘ったりいろいろしますが、七喜は言う事聞く気がないようです。そのうち、説得の甲斐もなく、寝てしまいました。飼育員さんも諦めたようです。

室内で寝る七喜


16:50 七巧だけ、再び庭に出てきました。用意された竹を食べます。

外に出た七巧


4歳最後の日の七巧、なんとなく寂しそうな顔をしているように見えます。
やっぱり七姉妹は2頭揃っていないと、ですね。

七巧


夕方はパンダ館はお客さんが多い時間帯です。七喜の分も一人で営業を頑張る七巧。ちょっと遊んで見せます。



風が強くなり、そのうち雨が降り出しました。雷も鳴っています。
七喜は室内展示場で寝たままです。ここは自然光のみなので夕方はかなり暗いです。
昨日から元気がないので心配です。

暗い部屋で寝る七喜


17:45 七巧が帰宅するのを見届けて、私も帰ります。動物園の出口では、着ぐるみたちが来園客を見送ります。パンダの他、恐竜までいます。

お見送りする着ぐるみたち


18:10 26路のバスで帰ります。
今日は珍しく雨が降っていますが、降水量がとても少ない場所です。動物園ではスプリンクラーなどで植えられた木々の水やりがされていますが、街中の街路樹にも豪快に水をやっていることが分かりました。砂漠に造られた街ドバイを思い起こします。

街の街路樹に放水する車


18:40 バスがホテル近くの長距離バスターミナル前に到着です。周辺の散策などしながらホテルに帰ろうとしたら、雨風がすごく、台風並みになってきました。避難の意味も兼ねて地下に入ると、びっくり。巨大なショッピングモールが広がっていました。大きなスーパーマーケットもあり、迷子になりそうな程の空間です。

東勝区の中心部の地下


しばらく見て歩き、適当な出口から出るとホテルの目の前でした。ホテルがあるブロックの地下が全部ショッピングモールになっているようです。

次回はオルドス野生動物園3日目をレポートの予定です♪

中国・オルドス野生動物園(3日目①)

2019/8/2 (12日目)

7:00 朝食を食べ、7:20 ホテル出発、7:30ちょっと前に出発する26路バスで今日もオルドス野生動物園へと向かいます。

8:00前に動物園に到着してしまいます。チケット売り場が開くまで30分待たなくてはなりません。繁忙期だと開園少し前には他にもお客さんがやってきますが、そうでなければ、開いているのか疑わしいくらい人が来ない動物園です。

オルドス野生動物園入口


今日はパンダファン無料と言っていましたが、どうやって入ったらいいのか分からないので、いつも通り、年卡(年間パスポート)の入園証を作ってもらって、入園します。入園したら徒歩でパンダ館にまっすぐ向かえば何とか9:00に到着できます。

9:10 七巧(ちーちゃお)が出勤して来ました。七喜(ちーしー)が出てこないので私はちょっと心配します。私が来てから2日間、元気がないからです。

誕生日に出勤した七巧


七巧はりんごをもらって、扉口で食べています。バックヤードで、七喜を呼んでいる声が聞こえてきます。とりあえず、今日は七巧のお誕生日です。5歳、おめでとう。

りんご食べる七巧


5分ほどすると七喜が出てきました。昨日より表情が少しはいいような気がします。

七喜も来たよ


七巧は先に笹を食べます。誕生日会は8月7日にやると言っていましたが、きっと今日も七巧のために後で何かお祝いがあるはずですが、朝はお客さんがいないし、いつも通りです。



七巧、竹筒からりんご片を出して食べています。



やがて七喜もやってきました。七喜のお誕生日は明日なので、七喜はまだ4歳です。

七巧と七喜


七喜、よく見ると、目の周りが白くなっているように見えます。そういえば一昨日、駆虫と言って治療していたようですが、これでしょうかね。ダニによる感染で、脱毛、白く見えるようです。七喜は成都にいる時もこの病気にかかった事がありますが、またでしょうか。上野のシャンシャンもかつて同じ症状が現れたことがあります。

目の周りがまた白くなってる七喜


並んで食べる七姉妹、七喜、今日は昨日よりは食欲があるようです。



先に朝食を食べ終わった七巧、七喜と遊びたいようです。しかし七喜は右手を上げて、拒否の姿勢です。



いったん退散した七巧でしたが、やっぱり大好きな七喜と遊びたい・・・。
七喜は度々食事の中段を余儀なくされます。



七巧はいつも同じ場所で寝ることがほとんど、屋根付きの台の上で寝ます。その後15分くらい食事を続けた七喜ですが、やがて水を飲みに行き、飲み終わったらその場で突っ伏して寝てしまいました。

それぞれの場所で寝る七姉妹


11:25 ひと眠りして起きた七巧、隣に七喜がいないので、早速七喜の所へ行きます。まっすぐ七喜の所へ行き、抱き着きます。今日は気温が低め、涼しい風も吹いていますが、抱き着かれたら暑苦しいでしょうね。

七喜の所に来た七巧


仲良しの双子姉妹、こうして横たわる姿は、私が初めてライブカメラでこのかわいいパンダたちを見つけた頃からあまり変わっていません。その頃は、この姉妹はそっくりで全く見分けがつかない!と思っていましたが、今では顔見えなくても見分けられます。

七喜と七巧


12:00近くなって、昨日お話した動物園スタッフさんが何人かでやって来ました。英語を話せる人たち中心に同僚と来たようです。一緒にカートに乗って、動物園内の中心付近にあるレストランへ向かいます。

ここは、初めて来た時にはファストフードショップ、次来た時は閉店していて、その次は確かお土産屋に変身、そして今またハンバーガーなど売っているようです。動物園スタッフさんたちは、マーケティング部門の方たちだそうです。

オルドス野生動物園の中心にある食堂のひとつ


隣のレストランから中華の食事を持ってきてくれ、一緒に食べます。すごいボリュームです。従業員の人達もランチタイムのようで、何だかやたらと視線を感じます。どうもこの動物園で今私はちょっと話題の人らしいです。昨日撮った動画を見たのでしょう。わざわざパンダの誕生日に海外から飛行機乗ってくるなんて、いっちゃってる人、そういう存在でしょうかね。

中華のランチ


次回は七巧の誕生日祝いをレポートの予定です♪

中国・オルドス野生動物園(3日目②七巧5歳の誕生会)

2019/8/2 (12日目) 続き

12:50 動物園のマーケテイング部門の方たちとランチした後は、パンダ館に送ってもらいます。七巧(ちーちゃお)と七喜(ちーしー)の双子姉妹は当初3年の予定でこのオルドスに来ましたが、その3年はもうすぐです。来年もいますか?と聞くと、2021年まではいる、と言うので、2,3年延長したようです。

12:55 パンダ館に戻ると七巧の誕生日祝いが始まっていました。ランチ食べに行っている場合じゃなかった、ちょっと出遅れた!繁忙期とは言え、パンダ館は隙間がないほどは混んでいないので急いで誕生日の飾りの前に駆けつけます。

七巧5歳の誕生日会


幸い、まだ始まって間もなかったようです。誕生日の飾りはまだ無事でした。可愛いパンダ型(熊型?)の氷を中心に、花やフルーツが飾り付けられています。この季節には貴重なタケノコが周りに置かれていて、パンダ姉妹はそちらに夢中のため、飾りが無事でした。5歳の5の氷や、誕生日おめでとうと書かれたハートの氷など趣向が凝らされています。

七巧5歳の誕生日ケーキ


フルーツが置かれているので、飾りは少しずつパンダたちによって壊されます。
パンダの誕生日会としては豪華な方で、毎年いろんな趣向を凝らし、年々写真映えするものになっている気がします。

ケーキよりタケノコの七姉妹


動画です。飾りが女の子らしく華やかです。氷やフルーツ類よりタケノコがいいようです。



双子の誕生日が2日に跨っているし、七夕節の日にもお祝いをするので、1年で3回も誕生日祝いをしてもらえます。その他にも〇〇節に氷やフルーツのケーキなどの特別なご馳走?が出るし、飼育にゆとりがある動物園です。ついに七巧が氷のパンダを倒しました。

氷のパンダ倒した七巧


七巧はおいしそうにタケノコを食べています。赤ちゃんの頃から萌え担当と言われた人気ものでした。5歳になったので、人間で言えば花の女子高生になろうかという歳です。七喜は先に食べ終わってもう寝に行ってしまいました。

タケノコ食べる七巧


しばらくは今日の主役らしく、顔を見せてタケノコ食べていた七巧でしたが、倒した氷を背にして食べ始めました。それでもパンダは後ろ姿も可愛いですね。

氷のケーキを背もたれにする七巧


ついには、飾りを全部なぎ倒して、残っているタケノコを探して食べます。



徐々にぐちゃぐちゃになっていった誕生日祝い、タケノコに夢中で氷やフルーツは無視されています。ブドウや桃もありますね。

誕生日ケーキの残骸


13:50 七巧はタケノコを食べつくしたようで、七喜の側へ行って寝ます。

大好きな七喜と寝たい七巧


さて、ここで北京から来たというパンダファンの女性を紹介されました。午前中いなかったので、ランチ行っている間に来たのかな?彼女は少し日本語が話せるようで、帰りは一緒にと言ってくれました。この動物園でパンダファンにお目にかかるのは初めてです。

パンダたちが寝ている間に、飼育員さんに七喜は元気ないけど痩せたのではないか、と聞きます。七巧119㎏、七喜109㎏、七喜は3月に発情して痩せて、今は偽妊娠の可能性があると言います。やはりそうでしたか。おませな七喜は前回来た時に発情した後だったので、偽妊娠の可能性があるとは思っていました。成都に戻ればお見合いのチャンスもありますが、オルドス滞在が延長されたという事はしばらく出産は見送りで、複雑な気持ちです。

15:35 七喜は起きて誕生日ケーキの所まで来ました。薄くカットしたパンダケーキを見つけたようです。

ケーキ片を見つけた七喜


七喜が起きたのを見て、バックヤードへの扉を開きますが、七喜はケーキ片を3つくらい食べていて、なかなか帰ってくれません。七巧も寝たまま起きてくれません。

薄いパンダケーキを食べる七喜


16:05 パンダたちはいったん回収されます。
新しい竹を置いて、再びパンダを出しますが・・・出てきたのは七巧だけです。

七喜はやはり具合がよろしくないようです。べたっと寝たまま動かない、とバックヤードの様子を飼育員さんが教えてくれました。今日は七喜はもう営業終了。明日は七喜の誕生日ですから、何とか少しでも元気になって欲しいものです。

七巧は一人営業、竹を食べます。

竹を食べる七巧


七巧は竹を食べた後、誕生日ケーキ周辺に残飯漁りに行きます。そこで見つけた桃にもチャレンジ。大好きなリンゴとは食感が違うし、種もあるから食べにくそうだけど、味は気に入ったみたいです。

桃を食べる七巧


食べたり寝たりする七巧ですが、七喜がいないのでちょっと落ち着かない様子です。七喜どこ?とでも訴えているのでしょうか。

七喜はどこと言っているような七巧


17:50 七巧の帰宅を見届けて、北京のパンダファンさんと一緒にパンダ館を出ます。
出口までは観光車で移動します。繁忙期には、このようなサファリバスも運行されていて、別料金でアフリカエリアとかの中を走っています。

オルドス野生動物園のサファリバス


北京のパンダファンさんは、私とは隣のホテルに泊まっているらしく、動物園スタッフが一緒に車で送ってくれる事になりました。北京動物園にいる七姉妹の異母弟の萌蘭のファンの方で、来る時に北京に寄ったけど萌蘭には会えなかったと言うと、この季節は暑くて外に出ても朝の1時間くらいしか会えない、と教えてくれました。

一緒にランチした動物園スタッフの女性がホテルまで送ってくれましたが、ナビにない道を走ります。国道109が閉鎖されていて、すぐ近くの街に出るのに遠回りをしなくては行けませんが、地図に乗らないすごい裏道?を通り方向感覚を失いました。

18:40 ホテル到着です。北京のファンさんも明日までいるそうです。

次回はオルドス野生動物園4日目をレポートの予定です♪
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR