FC2ブログ

黒島・サイクリング

2019/5/1 (5日目) 続き

10:40 伊古桟橋から次は島を縦断して南端にある黒島灯台を目指すことにしました。まずは島の中心部を目指して自転車を走らせます。島民は目に入らず、挨拶してくるのは牛だけです。何か言いたげです。

黒島の牛


まっすぐ南下すると島の中心部です。ちょっとした集落になっていて、家がぽつぽつありますが、あまり生活感がありません。こちら商店、島で唯一の商店らしいです。

黒島の商店


町角には小学生の書いた感謝の看板・・・。数えるほどしかいない子ども、プライバシーも何もなく、島人全員知り合い、なんでしょうね。東京にしか住んだことない私には想像がつかない状況です。

黒島の集落の町角


道の突き当りに比江地御嶽、がありました。那覇でも見かけた御嶽というのは何ぞや?と思って昨日調べました。神との交流の場であり、先祖神を祀る宗教上のもの、男子禁制で、観光客が立ち入ってはいけない場所だと知ったばかりです。鳥居がありますが、皇民化政策によって神道施設化された名残だそうです。

比江地御嶽


この御嶽の前で曲がったことで私たちは目指す方向を見失いました。そのまままっすぐ進んで行きますが、この道でいいのかな?前方から自転車に乗った観光客が来たので、灯台はこっちであってますか?と聞いた所、彼らも灯台に行こうとしている所、道間違えたかも知れないから戻ってる、との答えです。私は何となくこのまま進みたい思いにかられ、私たちはもう少し行ってみます。そう言って先へ進みました。

牧場の端の辺りに、鳥居が見えます。こんもりした小さな木々の集まり、沖縄の御嶽はこうした小さな森の向こうに拝殿がある造りが多いようです。南神山御嶽だそうです。

南神山御嶽


途中で天気が悪化し、雨が降ってきました。ポンチョを持っていましたが、顔に雨が当たって痛いです。

黒島の風景


島の中心から10分弱、辿り着いた場所はいきなり道路が寸断されていました。しかし灯台は見当たりません。道路の向こうに人が踏み入った跡があるので、追っていくと、そこは海岸でした。そして、御嶽の拝殿らしき小さな建物があります。どうやら道を間違え、島の東にある喜屋武御嶽という所に来てしまったようです。この御嶽は現役なのでしょうか?ボロボロに朽ちた桟橋跡があり、周辺全体が打ち捨てられた場所のようにも見えます。

喜屋武御嶽


ひどい空模様ですが、それでも海の一部の色はとてもきれいな青色をしています。

悪天時の黒島の海


再び自転車に乗り、来た道を島の中心まで戻ります。海岸沿いには道がないのです。
比江地御嶽の手前まで戻ったら、灯台と書かれた道標を見つけました。やれやれ。

黒島灯台への道標


先ほどの道と同じような道、つまり両側に広がる牧草地帯の中を走ります。
雨が時々激しく降っては止んだりします。遠くに灯台らしきものが見えてきました。

黒島


11:20 今度こそ黒島灯台に到着です。灯台は大きくなく、登るのはもちろん中にも入れないので、海岸に出てみます。

黒島灯台のふもと


鬱蒼とした草木の向こうには岩場の海岸が広がっています。
なんだかほっとする景色です。ここは日本の南端に近い場所ですが、北端近くにある礼文島と景色が似ています。

黒島灯台の周辺の海岸


海岸から見た黒島灯台です。周囲には人影はありません。同じ船で来たと思われる観光客とすれ違えるかどうか、それくらい人のいない場所です。

黒島灯台


さて、次は元々シュノーケリングを楽しむ予定だった仲本海岸へ向かいます。
道端にはまた御嶽があります。南風保多御嶽、人間の少ないこの黒島にあって、いくつも御嶽がありますが、現在ではどれだけ現役なのか、そしてどの程度真剣に崇拝されているのか知りたいものですが、島民にはなかなか出会えません。

南風保多御嶽


そして、黒島灯台から仲本海岸への道を黙々と走ります。島の内側は牧草地帯、この島は標高が15mしかないのですが、若干の上り坂です。そして、雨が降り、おまけに強い向かい風が吹いていて、何度も途中で自転車を下りてしまう程きつく感じました。

黒島海岸への道


灯台から15分弱かかりやっと仲本海岸へ到着です。聞いていた通り、遊泳禁止の札が出ています。遊泳禁止になっているので、ライフジャケットの貸し出し(無料)もやってないし、そもそも人が常駐していません。

黒島海岸入口


観光客たちは、足を海に浸しに海岸へ下りる人もたまにいますが、多くは入口にある高台の東屋から海岸を恨めしそうに眺めて次のスポットへ移動しているようです。私たちは水着まで着込んでいるので、雨が弱まるのを待って海岸へ下りてみましょう。東屋の奥にはトイレとシャワーがあります。

黒島海岸の東屋


次回は黒島の続きをレポートの予定です♪

黒島・仲本海岸~黒島研究所

2019/5/1 (5日目) 続き

11:50 雨も止みそうなので、海岸へ下ります。仲本海岸は干潮前後2時間が遊泳可能ですが、そもそも今日は遊泳禁止になっています。この海岸の特徴は、300m先のリーフに繋がるワタンジと呼ばれる浅瀬があることです。干潮時間を過ぎてまだ数十分のこの時間、浅瀬は膝下の水位で、海を歩ける状態です。

黒島仲本海岸


遊泳禁止ってことですが、せっかくはるばる来たんだし、足をつけるくらいで、泳がなければ、と水中を覗きます。浅瀬に囲まれた巨大なプールのような海は、ところどころにサンゴがあり、お魚がいますよ!

黒島仲本海岸の水中風景


浅瀬からイノーと呼ばれる礁池に降りても、水深は1mちょっと、余裕で足が付きます。
ワタンジ近くのサンゴの周辺を歩きながらのシュノーケリングです。このお魚、シュノーケリングでよく見ますが、なんて魚かな?

仲本海岸でシュノーケリング


チョウチョウウオの類もいます。水着着込んで、シュノーケルセット持ってきて、沖縄まで来て何も見れないのは悲しいですが、この海岸、泳がなくても魚見れるのですね!とはいえ、海では油断禁物です。絶対に無理はしない、泳がない、単独で行動しないようにします。

仲本海岸で見たチョウチョウウオ


悪天なのに海の中はとてもきれいです。私好みの極小のお魚が泳いでいます。水槽の中みたいです。この青いお魚さんたちはよく寄ってきます。

仲本海岸の水中風景


足元もよく見たら、サンゴの陰からお魚がこちらを伺っています。

サンゴの下のお魚


ついつい楽しくて気付けば30分が過ぎていました。これ以上海中覗きを楽しんでいたら、油断が生じそうなのでそろそろ陸へ上がりましょう。
12:30 海遊びを切り上げ、トイレの裏側にあるシャワーで塩を落とします。鍵がかかるシャワー室が男女2つずつあります。

仲本海岸のシャワー施設


遊泳禁止でなければ、こちらでライフジャケットを無料で借りられるそうですが、今日は人影すらありません。正確な干潮時間は11:14だったようですね。

仲本海岸のレンタルなど扱う売店


12:40 身支度したら出発です。強風のためなだらかな坂がとてつもなくきつく感じます。13:40の船の時間までまだ少し時間的余裕がありますが、ランチするには時間がないので、途中にある黒島研究所へ立ち寄ることにしました。入館料500円です。他に何組かの観光客が来訪していました。

黒島研究所入口


こちらの施設では海の生物などを展示しています。
ガラスの貝に入ったヤドカリ、工夫を凝らした展示方法です。

ガラスの貝に入ったヤドカリ


屋内で何種類かの生物を見た後に外へ出ると、サメが泳ぐ小さなプールがありました。ここでは何種類かの生き物に対して餌やり体験(有料200円くらい)もできます。
サメもおねだりするんですね・・・。

サメに餌付け


立派なシャコ貝もいます。

シャコ貝


ウミガメもいっぱい。私はびびりなので、海でシュノーケリング中にウミガメにもしも出会ったら、パニックになって逃げだすと思います。何等かの理由で保護された個体なのか、たくさんいました。

ウミガメも間近で


再び中に入ると、今度は海と関係ない生物、ヤモリとか、フクロウとか、孔雀とかいました。

フクロウを覗き見る


奥の部屋には各種標本類、サンゴや、ウミガメなどなど。こちらのウミガメの剥製、1mを軽く超える大きさです。

巨大なウミガメの剥製


黒島研究所の入口にはこんな情報も。島の人口216人、牛は2860頭、牛が人の10倍以上ですか・・・。まぁ頷けます。実際見たのもそんな感じです。ハブに噛まれた人いなくて良かったです。

数字で見る黒島


次回は続きから石垣島出港までをレポートの予定です♪

黒島~石垣島

2019/5/1 (5日目) 続き

13:00 黒島研究所を出たら、港へと戻ります。時計回りに周った黒島の道、前半そんなに下りだった印象はないのですが、後半はずっと上り坂です。大した坂じゃありませんが、風が強いので、なかなか前へ進みません。相変わらず牛ばかりののんびりした風景です。

黒島


懸命にペダルを漕いでいる時、風でサングラスが吹き飛びました・・・。取りに10mくらい戻るのさえ悔しかったです。ふと牧場を見ると、何か建っています。お墓、でしょうかね?一般人のお墓とすると、人生で目にした最大クラスです。

黒島の牧場の中にお墓


10分ほどで貸自転車屋さんに到着。これで黒島を一周しました。自転車を返して港へ向かいます。思った通り、客船ターミナルには既に人がたくさんいて、船が到着する前に並び始めていました。ざっと数えて100人近くいます。乗れるかな?

13:35 船がやってきました。来た時と同じのかと思ったら、ちょっとだけ大きい船が来たようです。次の船は16:00なので、これに乗らないとまずいです。びっくりすることに、ちょうどぴったり満員、でした。何時の便で何人渡って、天気がこんなだとこれくらい戻ってくる、そういう予測で大きめの船を用意したんだとしたら、素晴らしい予測です。

石垣島-黒島のフェリー


大勢が乗ったので、ちょっと遅れて黒島を出発します。島の数人がお見送りしてくれました。海の状況もよろしくないので、船はそこそこ揺れ、窓からは水しぶきしか見えません。石垣港に近付くと、やっと私たちの大きなノルウェージャン・ジュエルが見えるくらいです。

波しぶきの向こうに見えるノルウェージャン・ジュエル


天気が悪いせいもあって気温が上がらないので、一度濡れた体が冷えます。船のTVは受信状態が悪かったですが、令和の始まりを報道しています。そのTVに速報が流れ、沖縄本島地方に竜巻のおそれ、と。この天気の悪さですが、一日ずれてたらもっとひどいことになっていたと思うと、ギリギリで良かったと思いました。

天気が良ければ、この後近くの竹富島にも行ってみたかったですが、この天気なので諦めます。そして、ランチ抜きでお腹空いたので、船内ではガイドブックでお食事処を探します。

14:20 石垣島に到着です。桟橋とターミナルの間に具志堅用高さんの銅像があります。
石垣島の出身なのですね。しかし生きているうちに銅像って、私だったら、たとえどんな偉業を達成していたとしてもちょっと抵抗があります。雨は止んだようです。

石垣島離島ターミナルにある具志堅用高銅像


離島ターミナルは街の中心にあり、目の前にはタクシー乗り場もあります。時間のない観光客はここを起点に動くのも良さそうです。GWでも多数のタクシーが来ますし、タクシー料金も出ていて安心です。

石垣島離島ターミナル前のタクシー乗り場


さて、私たちはお腹が空いているので、船の中で目を付けたお食事処へ行きます。
こちら730記念碑のある交差点、730って何だろうと思っていましたが、朝のシャトルバスの運転手さんが左側通行に変わった日だと教えてくれました。

730交差点


GWだからでしょうか、第一候補のお店は営業してませんでした。隣の店がやっていたので、そこでと思いましたが、従業員が休みで一人でフロアを担当しているのかテンパってて、いつ店に入れるかも分からない状態なので諦めます。もう14:30近いのに空いている店は長蛇の列です。

もうどこでもいい、目に付いた比較的列が短くて回転が速そうなお店に並ぶことにしました。まーさん道というお店です。

八重山そばを食べよう


14:45 席に着いたら、とりあえずオリオンビール。いや、自転車で島一周した後だし、体冷えて温かいものと思ってましたが、1杯くらいいいでしょう。

まずはオリオンビール


沖縄のおつまみ類にも心惹かれましたが、こんな時間なので軽く済ませるというのと、面倒なものを頼むと時間がかかりそうなので、結局八重山そば類だけ頼むことに。
ソーキそばと、とうふみそそば、です。疲れていたせいでしょうか?すごくおいしく感じました。

八重山そば


クルーズ船に戻るにはまだ早いので、食後は商店街をうろつきます。シャトルバスの運転手さんが言っていた、市場あっち、はこちらの公設市場のことかな?

石垣公設市場


1階は観光客には縁がない感じです。

市場の一階


観光客は2階にたくさんいます。お土産物がたくさん売っています。

市場の2階はお土産コーナー


でも私はお土産はあまり興味ありません。黒島で海に入って、マリンシューズ欲しいなと思って売っているお店を周辺で探しますがありません。普通のビーチサンダルが島のスタンダードなようで、ちゃんとしたマリングッズを売っているお店がほとんどないのです。

もし、沖縄に来るのに、マリングッズを忘れた!久しぶりに使ったら壊れた!みたいな場合、手っ取り早いのは離島ターミナルの中のこちらのお店です。入って左手奥にあります。シュノーケルセットとか防水グッズ、離島の海で必要になるものが売っています。

離島ターミナル内のマリングッズ専門店


そうそう、この離島ターミナルは遅いけどフリーWi-Fiが使えます。しばしネットタイムを取ってから、クルーズ船に戻ることにしましょう。
16:55頃、離島ターミナル前のシャトルバス乗り場に行ったら、本当は16:30が最終だったんですけど、これが最終ですと言われました。危ない危ない。

17:00過ぎ、たった3組の客を乗せて、シャトルバスは新港まで向かいます。
17:10過ぎ、船に戻ってきました。17:30最終乗船だからまぁギリギリですかね?残り50人と言っていました。船に乗る際、パスポートコピーを1部回収します。

石垣島新港に停まるノルウェージャン・ジュエル


部屋に帰って、少しだけ休憩していると、船が動き出したのを感じました。
ちゃんと18:00に出港したようです。デッキに出ると、遠ざかる島が見えます。
石垣島自体は全然観光してないので、また来たいです。

遠ざかる石垣島


次回は続きから基隆入港をレポートの予定です♪
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR