FC2ブログ

中国・オルドス野生動物園(2日目②)

2019/4/17 (10日目) 続き

11:20 カンガルーの所から少し歩くと、動物園の中心レストランなどがあるエリアです。
レストランの隣はミニ遊園地みたいな感じになっていて、お化け屋敷まであります。
今日はポツポツと自家用車で周っている人に出会いますが、遊園地に人影はなく、お化け屋敷なんて別の怖さが加わりそうです。

オルドス野生動物園のお化け屋敷


レストランの前まで非州区で、昨日見なかったライオンエリアの端だけ覗きます。
ホワイトライオンの雄が同居しています。隣には雌ライオンたちがいました。

オルドス野生動物園のライオン


11:45 パンダ館に戻ると、今日は七姉妹は既に起きて遊んでいました。起きる時間を見誤りましたね。飼育員さんがこんな感じだったよと動画を見せてくれました。
幸いまだ遊び飽きていないようで、姉妹は一緒に遊んでいます。

遊んでいた七姉妹


しばらくすると七巧(チーチャオ)はまた寝に行ってしまったので、七喜(チーシー)は一人で遊びます。今日も遊具に乗る七喜、気に入っているようです。

おもちゃ大好き七喜


芝生の上でお馴染みのかいかいを見せる七喜、今日もご機嫌そうです。

かいかい七喜


やがて、おもちゃに登り、なんとそのままそこで寝ました。
このおもちゃ、倒れそうで倒れないですが、体重移動でグルグルと周ります。
すっぽりはまったまま30分くらいぐっすり寝ていました。

おもちゃの上で寝る七喜


ガラス際にあるので、間近でかわいい七喜の寝顔を見ることができます。飼育員さんも思わず撮影していますね。パンダ館専属の飼育員さんは数人いて、朝の掃除などが終わった後は交代でパンダを見守ったり、お客さん対応をしたりしています。

七喜の寝相を見る飼育員さん


12:50 七喜起きたので回収します。七巧は呼んでも起きません。
13:25 やっと七巧が起きました。七巧回収し、七喜出てくるかなと思ったら出てきません。10分後、今日は暑いから室内展示場に入れたと飼育員さんが教えに来てくれました。

室内展示場に行くと、七姉妹が揃ってガラス際でタケノコを食べていました。
室内は暗く、パンダたち近すぎて、写真はブレブレになってしまいます。

室内の七姉妹



建物が円形のため、少し移動して隣のガラス面からだと横向きの様子がよく見えます。
手前が七喜で奥が七巧です。

横から見える室内展示場


途中で七喜が振り向いてくれました。ドアップで最愛の七喜の食事シーンが見れて幸せです。

七喜どあっぷ


タケノコを食べ尽くすと、少しだけ2頭で遊びます。七喜は逃げるように上へ行きます。

逃げる七喜を追う七巧


そしてすぐにそれぞれ寝てしまいました。
奥が七喜、この部屋の場合、高い場所で寝るのが好きなようです。

お昼寝タイムの七姉妹


屋内はこんな感じで、この時期の平日、滅多にお客さんは来ません。パンダがいる部分より、人間用の通路の方がかなり暗いです。しかし、ここは涼しく、パンダが寝ていても待つのも苦ではありません。ちなみに外は暑いと言っても25~26℃くらいです。昨日は最高気温20℃あるかどうか、先週は雪まで降ったので暑いと言えば暑いのかも知れません。

オルドス野生動物園パンダ館室内展示場


15:20 七巧が先に起きて、おやつまだかなーと飼育員さんが来る扉の脇で待機しています。

飼育員さんを待っている七巧


20分くらいすると、おやつがもらえないのは七喜が起きないせい、と七喜を起こしに行きます。七喜が起きた所で、飼育員さんは食料投入、タケノコを投げ入れると七喜は手直のから食べますが、七巧はりんごは?とばかりに飼育員さんに詰め寄っています。

タケノコ食べる七喜とおねだり七巧


室内展示場は夕方に近付くにつれ、どんどん暗くなるし、これ食べ終わったらまたパンダたち寝るだろうし、そうだ年間パスポートを買いにチケット売り場が開いているうちに今日は早めに帰ろう、そう決めて、今日は帰るまた明日と飼育員さんに言ってパンダ館を去ります。

16:00 何時までチケット売ってるか分かりませんが、まだチケット売り場に人がいました。朝の人と同じでした。明日と明後日も来る。年間パスポートが欲しいと書いたメモを渡すと理解してくれたようです。IDと言われて、パスポートを出すと、困った顔をしてどこかへ電話していました。たぶん外国人が年間パスポートを買ったことがないのかも知れません。初めてのケースだったからかどうか、手続きにはとても時間がかかりました。

幸い、このチケット売り場にいた方たち、最低限の英語が話せることが分かりました。
さっきメモに書いたのに、まだ来るのかと聞かれたので、あと2日来るし、来年も来る、そう説明すると頑張って手続きを進めてくれます。

今日の入園券頂戴と言われ、その後、200元頂戴、渡すと、31元返してきました。つまり年間パスポート代の299元から今日の130元を引いた額169元を徴収したという訳なので、やはり今日買ったおかげで今回の滞在で元が取れるという事になりました。

明日からは毎回、チケット売り場にパスポートを持って来るようにと言われ手続き終了、登録証のようなものはないみたい・・・。年卡、つまり名前にカードって字が入っているのだから、登録証をもらえると思っていましたが、レシートの類もなく、こちらとしては証明するものが何もなく不安です。まぁ後2日は今日対応してくれた2名のうち1名でもいれば大丈夫だろうし、とこれ以上の確認などはせずに立ち去ります。

よく見たらチケット売り場にもでかでかと年パスの宣伝がされていました。目には入っていたでしょうが、自分に関係あるものと認識してなかったのですね。初日に気付けばよかったです。この年パスの登録に15分かかりました。開園しているのに、全く人の気配がない動物園です。

鄂尔多斯野生動物園チケット売り場と本来の入園口


16:15 さて、ホテルに帰りましょう。動物園前の道、全くと言っていいほどタクシーどころか車が通りません。以前はここになかったバス停が出来ていますが、時刻表もなく、いったいいつバスが来るのかも謎です。

オルドス野生動物園前の道路


日差しがきつく、肌がヒリヒリ感じる中、最寄りの交差点まで歩きます。乾燥しているので蒸し暑くないだけましですが、熱中症になりそうです。
そして、交差点まで行きますが、全くタクシーが通りません。

どうしようか10分は待ち、そろそろ限界という頃、青ランプのタクシーが見えました。しかし助手席に誰か乗っているし、メーターを使っていないのが明白です。しかし、砂漠に取り残された旅人気分の私、もう相乗りでも構うものかと手をあげました。

止まってくれたので、ホテルの情報を書いたメモを見せるとOKのようです。
何故か私の乗った所からメーターも使ってくれました。やはり橋の方まで遠回りです。

ホテルは町の端なので、先に乗っていた人より私の目的地に先に寄ってくれました。メーター19元だったので、20元渡して降ります。
16:50 ホテル帰着です。ホテルの周辺はこんな感じの建てたけど使ってません状態のビルがたくさんあります。しかも最初に訪れた2年前から変わらない風景です。

東勝区の端の廃墟ビル群


次回はオルドス3日目をレポートの予定です♪

続き、は動画です。

続きを読む

中国・オルドス野生動物園(3日目①)

2019/4/18 (11日目)

8:45 今日もタクシーでオルドス野生動物園にやってきました。既に開園している時間ですが、入口周辺に人影はありません。チケット売り場に昨日年間パスポートの手続きをしてくれた女性を見てほっとします。言われた通り、パスポートを提示すると、一応何か登録情報とか確認後、手書きの入園証を発行してくれました。普通にチケット買うより時間かかります。

今日も本来の入口は閉鎖されていて、自家用車用出入り口まで行きます。タクシーなどで来た人のためでしょうか、数人乗りの自転車の貸し出しもここでやっているようですが、一人でこんなのこぐのは歩くよりエネルギーが必要です。

オルドス野生動物園自家用車入口


入園証の紙切れを見せると、身分証と言われたのでここでもパスポートを見せます。
今日も黙々とパンダ館まで歩きます。

9:10 パンダ館に到着です。今日もパンダの出勤に間に合いました。パンダ館の外にはガラス沿いに屋根を付けてくれていて、そこに七巧七喜(チーチャオ、チーシー)の成長記がパネルで紹介されています。奥に見えるベンチはパンダが寝ている間の私の休憩スポットです。

オルドス野生動物園パンダ館の観覧スペース


9:20 パンダたち出勤です。出てきたらりんごをもらい、仲良く食べます。
左が七巧、右が七喜です。そろそろ皆さんも見分けがつくようになりました?

出勤時にりんごをもらった七姉妹


りんご食べ終わったら、ゆっくりと奥に用意されている竹や笹の所まで歩いて行く七喜、竹は気に入らなったのか、笹を食べ始めました。

笹を食べる七喜


七巧は途中でグズグズと遊んでいます。

遊んでいる七巧


やがて七巧も七喜の側に来て竹を物色しますが、やはり気に入らないようです。
笹も食べる気がないのか、七喜を遊びに誘います。

笹なんて食べずに遊ぼうと七喜を遊びに誘い七巧


今日も朝からハンモックレスリングです。ここで遊ぶのが楽しいのか、長いことハンモックで遊んでいます。ただ一緒に座っているように見えますか?続き、の動画をご覧くださいね。

ハンモックで遊ぶ七姉妹


たっぷりじゃれあって疲れた七姉妹、休憩です。ハンモックに入っている方が七喜です。

休憩する七姉妹


その後、七喜はお散歩を始めました。普段あまり行かない庭の奥の方まで歩いて行きます。

お散歩する七喜


そしてガラス沿いを歩くので、私も七喜と一緒にお散歩を楽しみます。

一緒にお散歩する七喜


七巧はおもちゃで遊んでいます。どうしても竹や笹を食べたくないようです。

紐の付いたおもちゃで遊ぶ七巧


飼育員さん用の扉の前で、タケノコとか欲しいんですけどーみたいな顔をする七姉妹、しばらくここに張り付いていましたが、何ももらえないと悟ると、七巧は朝食抜きで寝に行きました。七喜はそのままここで寝てしまいました。

タケノコないよと言っている?七巧


連日たくさん歩き、足が痛い私は今日は午前中はパンダ館を離れない事にしましたが、七姉妹は午前中ずっと寝ていました。この日パンダ館を訪れたお客さんを数えてみたら、午前中は合計8名でした。広大な動物園に客が数組しかいないってすごいです。

12:00過ぎに起きた七喜、一人でおもちゃで遊び始めました。小さなおもちゃも忘れられていません。

おもちゃで遊ぶ七喜


シーソーと遊ぶ七喜、こうやって遊ぶのだと決めているかのようです。

シーソーで遊ぶ七喜


少し遊んだら次々とおもちゃを渡り歩きます。この遊具もお気に入りです。
体重移動でくるくる回ります。

おもちゃに乗る七喜


起き上がりこぼしはまるで人形か何かのようです。いつも抱いて遊びます。
いずれは成都に帰って、こんな感じに赤ちゃん抱いてくれたら嬉しいです。

おもちゃを抱く七喜


今日はとてもご機嫌がいいようです。ふっさふさのお腹を見せて遊ぶ七喜。
他のパンダに比べると、毛が長いです。パンダの毛は実はゴワゴワしてタワシっぽいと聞いたことがありますが、七喜の毛はやわらかそうに見えます。

フサフサのお腹を見せて遊ぶ七喜


七喜が遊んでいる姿を見ているととても幸せな気分になります。これを独り占めで見れるってすごいですよね。厳密に言うと、飼育員さんはいますけど、ほとんどの時間他にお客さんはいません。

一人遊びが上手な七喜


次回は続きをレポートします♪

(続き、は動画です)

続きを読む

中国・オルドス野生動物園(3日目②)

2019/4/18 (11日目) 続き

12:30 一人遊びが得意の七喜(チーシー)、パンダは体が柔らかく、意外なほど身体能力が高いので、自由自在に転げまわることができます。

転がる七喜


ハンモックに遊びに行った後、ふとお腹空いたと気付いた七喜、笹を食べます。でも、もう乾いているし、ちょっと残念な味のようです。

笹食べる七喜


食べるのはやめ、やっぱり遊ぶことにしました。双子姉の七巧(チーチャオ)が寝ている台の下のブランコで遊びます。上の七巧、下で遊ぶ七喜が気になって覗いているのではなく、単に頭を垂らして寝ています。血が上らないのかな・・・。

七巧の寝ている下のブランコで遊ぶ七喜


ブランコを揺らして遊ぶ七喜、たくさんのおもちゃがある庭ですが、全てを楽しんでいるように見えます。成都にいたころは、いつも同じ場所で寝るばかりで、あまり庭の奥へ行くこともなかった大人しいパンダでしたが、オルドスに来て活発になりました。

ブランコで遊ぶ七喜


木でポーズをとる七喜。七喜はあまり木に登るタイプではありませんでしたが、でももうちょっと大きい木があったらいいのに、と思います。

木に登る七喜


13:00近くになってやっと七巧も起きて来ました。七巧は七喜が大好き、一緒に遊ぼう!

七巧も来たよ一緒に遊ぼう


元々は人間の子ども用遊具と思われますが、結構頑丈なようで、2頭で乗っても大丈夫、そして、人間と同じように登ったり、中で遊んだり、楽しんでいるようです。

遊具で遊ぶ七姉妹


てっぺんにいた七喜、上の穴から中へ下りますよ。もし太ったら、はまって抜けなくなりそうなので、ニュースにならないように気を付けてね!

穴を通る七喜


その後も遊び続ける七姉妹、こちらは七巧です。七巧もこのおもちゃに乗るのが好きです。

おもちゃに乗る七巧


13:10 七喜を先にいったん回収、いつも午後一で1頭ずつ一度回収しますが、すぐ出てくるので、身体チェックとかしているのかな?七喜出てきて、交代で七巧が回収されます。
出てきた七喜、パンダケーキをもらいました。食べる前に、こうして、えへへケーキだ、みたいに持っているのが七喜らしいです。昔はこの隙に仲間に横取りされてましたね。

七喜ケーキもらったよ


その後、七巧も再び出てきてパンダケーキをもらいます。ぼんやり食べている七巧のケーキを、途中で七喜が取りました。

要らないならちょうだいする七喜


七巧はケーキがそれほど好物という訳でもないようで、取られても微動だにしません。
それどころか、七喜が嬉しそうにケーキを食べる姿を温かい目で見ています。
タケノコが投げ込まれたので、タケノコを食べます。七巧は必ずしっかり座って食べます。

タケノコ食べる七姉妹


13:40 タケノコをきれいに食べ終わると、パンダたちは寝てしまいました。七巧はちゃんといつもの場所で、七喜は枯れた芝生の上でそのまま寝てしまいました。

お昼寝タイムの七姉妹


パンダが寝たので、どうしようかなと考えていると、去年まではいなかった飼育員さんに話しかけられました。私が中国語話せないのは前からいる飼育員さんたちは知っていますが、この方は初めてなので、容赦なくぶわーっと話しかけてきます。えっとー、と思っていると、听不懂吗?と知っている中国語を言ってきたので、听不懂を返します。听不懂(ティンプートン)は言葉が分からないって意味です。チンプンカンプンはこの中国語からきてるらしいですね。

でもこの飼育員さんは、そうかそうか、分かんないのかと言いながら話続けました。
分からない、が分かった段階で、会話を諦める人と、分からないが通じたと話を続ける人に分かれますが、後者のパターンですね。仕方なく筆談で返し、そのうち全く話は通じてないと悟ってくれたようです。日本から来たパンダファンですと紹介しましたが、たぶんそれは既に知っている情報でしょうね。

この飼育員さんとのティンプートンごっこに疲れたので、しばらく別の場所で時間を過ごすことにしました。旅も11日目、疲れているので、雨林区の湖の周りを散歩します。
まずは青山羊の仔山羊たちに今日も挨拶、初日には私を見て逃げてた子たちがだんだん懐いてきたような気がします。

青山羊の子たち


湖の水鳥には餌やりもできます。餌を売る係の人はいつも暇そうにぽつんといますが、偶然お客さんがいるところに出くわしました。

水鳥にエサ槍する人たち


ワオキツネザルの島に渡り、ワオキツネザルとコモンリスザルを見学します。あんなにいたワオキツネザルどこ行った?どうやら固まって休む習性のようです。

ワオキツネザル


この湖、どういう訳か、来るたびに鳥の数は大きく違い、怖いほどいる時もありますが、今回はそれほどでもありません。飼育されている以外の鳥も来るのかな?

オルドス野生動物園の雨林区にある湖


湖の端まで来ました。今日はフラミンゴは室内です。このまま一周してパンダ館に帰りましょう。湖の周りを一周するだけでも小一時間かかります。

オルドス野生動物園のフラミンゴ


次回は3日目最後までをレポートの予定です♪

(続き、は動画です)

続きを読む

プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR