FC2ブログ

中国・成都パンダ基地(3日目③)

2019/4/11 (4日目) 続き

13:40 2号別荘に行くも、パンダたちは皆暑そうにはぁはぁしながら寝ていました。すぐに月亮産室へと移動します。すると、いつもの木の上にお気に入りの萌五がいません。
庭には萌萌(モンモン)と萌四の姿は見えず、飼育員さんが掃除をしていました。午後の掃除の時間です。飼育員さんが来てから、萌五が木を下りたのでしょう、萌五は地上にいました。やっぱりかわいい・・・。

地上の萌五


飼育員さんが掃除してタケノコを出したら、萌四を抱えて庭に出しました。萌四、萌五のところへ行きます。たまには双子姉妹っぽい所を見せないとね。しかし、扉が開いて萌萌が登場すると、萌四はママの所へ一直線、ミルクをせがみます。



ママパンダは子どもをかわいがりますが、自分がお腹空いている場合は、優先度が別です。萌萌は食べながら授乳します。奥に好物のりんご片が置かれていますが、気付いてないようです。

萌萌と萌四


萌五は外でママにミルクをせがむことはほとんどなく、一人で離れた所に行き、ママ用に置かれていたパンダケーキを見つけました。

ケーキを齧る萌五


多少タケノコは食べれるものの、まだ乳児、1歳にもなっていませんからパンダケーキはまだ与えられていないのですが、一生懸命齧っています。ちゃんと竹を食べれるようにならないとそれはもらえないんだけど・・・。最終的にはママが来て、取り上げられました。



ママを追ってきた萌四、まだミルク飲み足りないようです。萌五は大きなママの陰に隠れてじっとしていますが、何してるのかな?

萌四はミルクを追う


どこで見つけたのか、こっそりりんご食べてます!
ちゃっかりした子に育ちそうですね。りんごも1歳になってから味を覚えさせたいのでしょうが、ちゃんと竹を食べられるようになる前におやつの味を覚えてしまいました。

こっそりりんご食べてる萌五


いつもなら、早々に自分の場所、木の上に戻ってしまう萌五ですが、今日はおやつ食べて機嫌がいいのか、珍しく自主的にママの側にいます。



ママの隣にぴったりと座って、タケノコを一緒に食べます。きれいに皮が剥けましたね。食べるのはまだ上手じゃないようですが。こんな超かわいいシーンを間近でガラスなどなしで見れるのが成都パンダ基地、パンダ好きには天国のような場所です。



やがてタケノコ1本咥えて、木の股に帰ろうとした萌五、何故か途中で引き返し、もうちょっと地上にいることにしたようです。選んだタケノコをじっと見て、おいしそうか匂いを確認しているのかな。

タケノコをおいしそうに見る萌五


奥では萌四がリンゴ片を見つけて食べています。今日のママのおやつは子どもたちがだいぶ食べてしまいました。見つかったら取り上げられると知っているのか、まるで隠れて食べているみたいに見えます。

萌え姉妹


タケノコを齧る萌五、とにかくかわいいです。まさにぬいぐるみみたい。いえ、実際にはこんなかわいいパンダのぬいぐるみは見たこともありません。

タケノコ食べる萌五


先へ進むと、前日昭美(ザオメイ)がいた庭に、別のパンダさんが出てきてりんごを食べています。福禄(フールー、2013年生、雌)です。北京動物園で会ったことがありますね。北京動物園の所属なので、本来は中心系のパンダですが、萌萌のように血縁のいないこちらにお見合いに来ているのでしょう。ファンの方が動向を気にしていたので、さっそく連絡してあげます。

福禄


13:30~15:00の間は、午後の餌交換で、パンダが起きてて、おやつを食べたりするのを見ることができます。あちこち行ったり来たりしていると、淼淼(ミャオミャオ)も出てきました。やはり子どもより食事が優先のようです。

金玉と淼淼


内側へ行くと慶賀(チンフー)も食事中、側には啓航(チーハン)がいました。
双子の啓程(チーチェン)の方はだいたい奥の草陰に隠れています。

慶賀と啓航


15:50 1号別荘へ上がってきました。疲れたので、16年組の庭の横にあるベンチでちょっと休憩です。近くでは成実(チェンスー、2016年生、雄)が食事中でした。赤ちゃんの頃、黒い毛の部分がグレーだった、16年組の末っ子です。

成実


16:45 亜成年B区に来ました。喜蘭が寝ています。と思ったら目が開いてますね。
こうして、顔が見える状態で休んでいてくれるとファンとしては助かります。

喜蘭


亜成年園、成年園を周り、今日の最後に幼年園に来ました。
2班、全員木の上です。お気に入りの木にいる晶亮を除き、3頭が同じ木の高い所にいました。

木上のパンダたち


1班側に周ると、こちらにも木の高い所に、1頭パンダがひっかかって寝ています。
干してある、といった表現がぴったりです。

干しパンダ


大美(ダーメイ)が庭の奥から出てきて、タケノコを食べ始めました。大きくなる子は本当によく食べますね。

よく食べる大美


17:20 ちょっと早めですが、今日はこれで帰ることにします。14号別荘前を通りますが、閉鎖されていてパンダは見れません。でも工事をしている感じはなく、パンダは住んでいる気配があります。古いパンダ舎なので改修しているのでしょうか。

17:30 成都パンダ基地を出ます。パンともさんが後日使う都江堰行の切符の引き換えに北駅に行くというので同行することにしました。最初に来たバスが87路だったので、地下鉄動物園駅で降ります。地下鉄3号線と7号線を使って、18:10 成都北駅へとやってきました。

成都北駅


D出口にあるチケット売り場に行き、Trip.comで購入してある週末の切符を引き取ります。中国では、乗車当日、その場で次の列車の切符を買う、というのはよほど列車が空いてない限りは無理なのです。手数料かかりますが、事前に買っておくのが無難です。

切符交換後は、パンともさんとホテルは全然違う場所なので、途中から一人で帰ります。
18:55 一里村のバス停に着いたら、ホテル隣の建物にあるスーパーマーケットに中国蚊対策グッズを買いに行きます。探していた六神の製品を見つけました。

六神の痒み止めと蚊よけ


商品を手に取って見ていると店員のおばちゃんが何か言うので、蚊に刺されまくりの腕を見せて、これ買えばいいよね、ってジェスチャーでやり取りすると、別の製品をがっつり強力に推してきました。絶対こっちの方がいいわよ、と言っているようです。確かに同じような製品です。しかしおばちゃんがいなくなった間に六神の製品を買いました。なぜなら、こちらの方がパッケージが洗練されていたから、です。印字がズレてたり汚いのは効き目も?な気がしますよね?

19:10 ホテル帰着です。
何か大災害でもあったかと思うほど、ヘリコプターの音が絶え間なく夜遅くまで続いていました。六神の痒み止めはスース―してしばらくは痒みが収まります。今日は少し寝れそうです。

次回は、成都パンダ基地4日目!をレポートの予定です♪

中国・成都パンダ基地(4日目①)

2019/4/12 (5日目)

痒み止めを買ったものの、結局深夜に何度か起きてしまいました。猛烈に痒いので、春から秋にかけての成都でパンダは要注意です。

7:30 朝食に行こうとして、久しぶりにカードキーの閉じ込みをやってしまいました。ちょっと疲れが出てきているのかも知れません。しっかり朝食を食べてからパンダを愛でに行きましょう。

Prolit Lankecheng Hotelの朝食


今日もバスで成都パンダ基地に通います。7:50 入園して幼年園に向かうと、もうパンともさん(パンダ関係の友人)は先に来ていました。幼年2班のパンダたち揃って朝食中です。

成都パンダ基地幼年園2班の朝食


続いて1班側に行くと、既に成蘭(チェンラン)がいません。食が細いから体が小さいのでしょうね。左から芝麻(ズマ)、芝士(ズス)、青青(チンチン)、大美(ダーメイ)です。

成都パンダ基地幼年園1班の朝食風景


次は太陽産室母子園へ行きますが、既にちびは木の上の見にくい所でした。
続いて、幼稚園側に周ります。今日は艾莉(アイリ)一家の番です。艾伦(アイルン)がどこで寝ようか、木の股で寝床を探しているようでした。双子の艾米(アイミ)は木の上の方に行ってしまいほとんど見えません。

艾伦


8:20 月亮産室に行きますが、萌萌(モンモン)の庭ではお気に入りの萌五は木の上、淼淼(ミャオミャオ)の所には今日も潤九(ルンジュウ)は見当たりません。金玉(ジンユウ)はママにじゃれついています。

金玉と淼淼


それで2号別荘へと移動します。16年組は朝食中でしたが、今日も顔が見えにくい状態です。

成都パンダ基地2号別荘16年組


8:30 パンともさんと9:00ごろレアパンダ龍龍(ロンロン)の所でね、と朝別れましたが、とりあえず龍龍の庭を覗きに行ってみましょう。すると、今日はもう扉が開いているじゃありませんか。えっ、よく庭を見渡すと、龍龍が庭を歩いています!

想定していたより早い時間です。庭を散歩して帰っていく、と思ったら扉の前まで行ったけどパンダ舎には入らず、また下りてきました。そして、通路際にある溝まで来てくれましたよ。私を見ても逃げる様子もなく、今日はご機嫌なようです。龍龍初めまして~。

レアパンダの龍龍


私が立ち止まっているので、来る人が皆そこで足を止めても、嫌がってパンダ舎に帰る様子はありません。そうしているうちに、パンともさんも早めにやってきました。
野生出身で、極端に警戒心が強く、ほとんど庭に出てこないことで有名な龍龍、今朝は気分が乗っているようです。通路の近くを歩き回り、また溝に降りたと思ったら、池の排水?でシャワー浴びました!思わず居合わせた人たちの歓声が上がります。



その後も歩き回り、今度は池で水浴びです。普段姿を全く見せないパンダとは思えない大サービスです。



何度も間近まで来てくれて、池にも出たり入ったり、私が見つけてから30分、庭に居続けてくれています。目撃情報が滅多に出ないパンダだったとは思えません。



たくさんの人間がいても気にすることなく、ヘリを歩きます。いつもはこの場所で人が立ち止まっていることはないし、パンダファンの中にはどうせパンダ出てこないし、と、この道を歩かない人もいるでしょう。

見物人がたくさんいても気にする様子のない龍龍


9:00 過ぎて、今日の散歩は終わり、と龍龍はパンダ舎に帰っていきました。
しかし、今日はいつもと何かが違うようです。ちょいちょい扉から顔を出して外の様子をうかがっています。今回のパンダ旅の目標のひとつが龍龍の顔を見ること、だったので、大満足です。

扉から外を覗いている龍龍


昨日は隣の家園(ジアユェン)も近くに来たよ、とパンともさんに説明しながら、隣に行きますが、今日はパンダの気配がありません。

家園の庭


いえ、ちょっと待って、庭にはいるみたいよ?上の写真のちょうど中央付近です。
ほら、ズームしたら岩を抱えたパンダがちらっと見えます。私ってパンダを探す才能があるようです。家園も目撃情報はあまりないですが、庭にいることはいるようです。

庭にはいるけど見えない家園


龍龍に熱中している間に、16年組は寝たようです。木や台の上で寝るパンダが多いですが、芝生の上に寝ているパンダもいます。木の上は私のお気に入りの奇一(チーイー)です。

福順と奇一


芝生で寝ていたのは、福順(フースン)、最愛の七喜(チーシー)の弟で、寝ている顔は七喜によく似ています。植えたばかりの毛足の長いフサフサの芝生に負けないくらい、福順の毛もフサフサです。無防備ですが、かわいいでしょう?

フサフサの福順


9:40 パンともさんと月亮産室へ行きます。萌萌、また池で寝ています。

萌四と萌萌


パンダを見ながら先へ進むと、木の上の高い所にパンダを発見です。
左の木の上の方です。

木の上の昭美


大人パンダで、そう高い所まで登るのは、候補は限られます。
やはり昭美(ザオメイ)でした。野生出身のパンダには飼育環境の地上はあまり居心地がよくないのかも知れません。人間さんたち、うるさいですしね。

昭美


次回も続きをレポートします♪

中国・成都パンダ基地(4日目②)

2019/4/12 (5日目) 続き

10:35 1号別荘へと上がってきました。2日間使われていなかった室内展示場の扉が開いていたので、入ってみます。奇福(チーフー、2008年生、雌)いました。4日目にしてようやく顔が見れました。この部屋が久しぶりなので、マーキングしてる?

奇福


11:00ちょっと前にパンダケーキをもらった奇福、食べ終わったらタケノコを食べます。
最愛の七喜のママなので、今年あたり、また弟か妹を産んでほしい気もしますが、今年はどうやら産室に呼ばれていないようです。

奇福


奇福がパンダケーキをもらったので、16年組にパンダ釣りしないかなと期待していましたが、どうやらパンダ釣りはないようです。パンダ舎の前でべったり敷物になって寝ているパンダ、こちらは初心者でも見分けやすい雅竹(ヤージュー)です。日本のファンからはブヒ、と呼ばれています。

雅竹


11:40 レッサーパンダの道を下ります。今日は5匹ほど出てきてくれました。
餌場に集まってきた3匹、ジャイアントパンダが食べているのと同じタケノコが置いてあります。先っぽの方からぽりぽりっとかわいらしく食べていました。

タケノコ食べるレッサーパンダ


ちょうど12:00になるので、パンダカフェへ寄り、熊猫便当を食べることにしました。
30元。温かいお弁当で、ちょっと辛い味、なかなか美味しいです。

熊猫便当


12:25 午後はまず幼年園に来ました。1班の庭、珍しく大美(ダーメイ)が木の上にいたようです。お腹空いたのか、下りてくるところでした。

大美


双子の弟、成蘭(チェンラン)は今日もかわいらしく木上で寝ています。

成蘭


ふと溝を見ると、青青(チンチン)が何か噛んでいます。ペットボトル・・・。お客さんが落としてしまったのでしょう。パンダはこうした落とし物に興味津々で何でも齧ります。
よほど乗り出さないとモノを落とす事は無いので、気を付けて欲しいし、落としたらすぐ申告して欲しいですね。こうした状況が続くと、柵やガラスで囲ったりしなくてはならなくなります。

青青


12:40 成蘭も木から下りてきました。いつもなら、そろそろタケノコが追加される時間なので、パンダたちは飼育員さんを待っているようです。芝士(ズス)と芝麻(ズマ)の兄弟は、奥の方で遊んでいます。

幼年園1班


今日はタケノコの追加はまだしないようなので、あきらめて、隣の成年園に行きます。
すると、ずっと庭の養生中だった所に15年組の6頭がいました。しかし、広い庭に散らばっていて、パンダを探すのが大変です。現在、この基地で複数で生活している最年長が15年組です。

成年園15年組


ここでパンともさんと別れて、成年園から亜成年園へと周ります。亜成年A区、4日目にして、初めて奇珍(チージェン、1999年生、雌)の顔が見えました。広い庭なので、通路際で食事中でないとなかなか見れないのです。和歌山のママパンダ良浜の姉です。

奇珍


その後、太陽産室を一周してから月亮産室へ来ました。昨日、溝の柵越しに何かお話していた美奂(メイファン)と陽浜(ヨンバン/ヨウヒン)、今日も柵を挟んですぐ近くにいます。もうお話は終わったのでしょうか、同じような敷物に化して寝ています。

お隣と仲良く寝る陽浜


慶賀(チンフー)一家の庭に行くと、珍しく、親子が揃っていました。ここは広い庭じゃないのに、いつもちびたちが隠れていて、なかなかスリーショットを見ることがありません。



13:45 萌萌(モンモン)の庭に行くと、萌五だけ木の上に残っていて、飼育員さんが掃除が終わり新しいタケノコを出し、おやつを持ってきた所でした。タライにいれたままのおやつを扉前に置き、飼育員さんは退場します。するとそれを見ていた萌五、木を下りてきました。

そこへ、萌萌と萌四が登場します。萌萌はパンダケーキを1個取り、萌四は必死にミルクをねだります。その間に萌五はタライに残っていた2個目のパンダケーキをゲットしました。



しれっとパンダケーキを持って行った萌五、幸せそうな顔してゆっくり食べています。
乳児の食べ物じゃないのですが・・・。少しずつなので時間はかかりますが、確実に小さくなるケーキ・・・。



ママのミルクを飲み終わった萌四もやってきて、タライからりんごをゲットしました。
2人して、ママのおやつを食べてしまいます。萌五は結局パンダケーキ1個、食べきってしまいました。

ママのおやつを食べる萌四萌五


萌萌はタケノコに夢中になっていて、子どもたちが自分のおやつを食べてることに気付いてないようです。パンダはあまり視力がよくないのです。もし見えていたら、たとえかわいい子どもと言えど、自分のおやつは譲らないはずです。

タライで遊ぶ萌五


萌五、タライで遊んでいます。タライの内側を舐めているのかな?パンダファンは、これをタライ仮面と呼んでいます。

タライ仮面する萌五


ママのおやつを食べちゃうかわいい双子姉妹の動画です。



淼淼(ミャオミャオ)の庭で声が聞こえたので、ちょっと覗きに行きました。すると淼淼はいったん帰ったところで扉を閉められ、これから飼育員さんが掃除に出てくる所のようです。庭に金玉(ジンユウ)がポツンと取り残されていました。

取り残された金玉


再び萌萌の庭に戻ると、いつの間にか萌五もりんごを見つけたようです。こっそり食べてるのがかわいいです。しかし、ミルクもタケノコにも目をくれず、おやつだけ食べて、ちゃんとした大人パンダになれるかな?

りんご食べる萌え姉妹


次回も続きをレポートします♪
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR