FC2ブログ

ニューカレドニア・イルデパン出港

2019/3/20 (7日目) 続き

14:35 十分泳いだし、後はゆっくり散歩しながら今日は早めに船に帰りましょう。ビーチの裏で炭焼きしている人を発見、特産のエスカルゴやロブスターを焼いています。レストランで食べるよりおいしいかも知れませんが、商売気がないのか、値段の掲示も呼び込みすらもしていません。エスカルゴは固有種で島外への持ち出しは禁止されています。

特産エスカルゴなどの炭焼き


カヌメラビーチの先の方へ行ってみました。誰もいなくて、不気味なくらい静かです。
行けるところまで行ってみましょう。

カヌメラビーチの右端


カモメが先導してくれます。

カモメが先を歩く


ここはクトビーチとカヌメラビーチの中間にある場所ですが、昔は何か家とかあったのか、古い廃墟のようなものがあります。段々荒れた場所になってきたので、踵を返しましょう。ちょっと戦場跡のような雰囲気です。

廃墟


桟橋の方へ戻ろうとすると、古い小さなピローグ(伝統的な漁師船)のようなものがポツンとありました。帆もついてないし、ボロボロなので、打ち捨てられているのでしょう。
この辺りは時が止まっているような雰囲気があります。

古いピローグ


岩を利用して城壁のような壁が続いています。昔は何かあったのでしょうかね?
壁の向こうにはお店か何かが1軒?あるみたいですが、人を寄せ付けない感じがします。
桟橋から下りて、そちらへ向かう看板には、Wi-Fi10ドルとトイレの看板があっただけです。

石垣


島にはまっとうなお店はビーチから離れた集落まで行かないとないようです。それでもスーパーマーケットなどがある訳ではありません。桟橋近くには地元民がお土産を売っていますが、手作り品なども多い素人営業です。現地フラン、豪ドルの表記が多く、たぶん米ドルも受け取ってくれそうですが、クレジットカードが使えるようなお店はないと思った方がいいでしょう。

お土産の露店


イル・デ・パンは名前は知れているのでもうちょっと観光地化されているかと思っていましたが、想像以上に田舎でした。単純に海を楽しむ以外の経験がしたければ、高くても船のOPなどを頼んでおいた方がよさそうです。着いてからその場でなんとかできるのは、オロ湾送迎と島内観光の2種類しかなく、時間のタイミングも合わないと利用するのも難しいです。

桟橋の横にあるポールとクトビーチ


桟橋の正面にテントが1つあります。島内観光を売っているのではありません、記念スタンプ200フラン、だそうです。ヌーメアで両替したフランが余っていたので、パスポートにスタンプを押してもらいました。厳密に言うとダメなやつですけどね。

記念スタンプ


15:05 ちょっと早めですが、船に戻りましょう。テンダーボート乗り場もそれほど混んでいません。結局、パスポートチェックなどはありませんでした。そもそも、出入国とか税関みたいなものも何もないのです。

イル・デ・パンの桟橋


テンダーボートで船に戻ります。屋根の席に乗るのが気持ちがいいです。
のどかな島とさよならです。

クト湾


15:20 レディアンス・オブ・ザ・シーズが近付いてきました。それほど大きな船ではありませんが、それでも2000人以上の人が乗っています。こんな船が停泊すれば、島の人口は一気に倍増といった感じなのでしょうか。テンダーステーションにゆっくり横付けします。

レディアンス・オブ・ザ・シーズにテンダーステーションから乗船


船に戻ったらシャワーを浴び、17:00の出港前に再びデッキに上がります。
出港は静かに始まり、船が動き出したことも分からないこともあるので、早めにスタンバイです。周囲には小さな無人島かな?がありますね。

イル・デ・パンの周辺の無人島


市街地やフェリーターミナルにお店などがある寄港地の場合、ギリギリに帰船する人も多いのですが、ここは誘惑が少なかったせいか、皆さん早めに乗船されたようです。
17:00前ですが、船が動き始めました。カモメが周りを飛び交います。

イル・デ・パン出港


何羽かのカモメは船に住み着いているのでしょうか?陸へ行く気配のないカモメもいます。こちらは他のカモメのように目や足に赤みがありません。幼鳥でしょうかね、かわいいです。このまま一緒にシドニー行きますか?

カモメの幼鳥?


船のスピードが上がり、どんどんイル・デ・パンが遠ざかります。
この後は2日半また洋上での生活が続きます。

遠ざかるイル・デ・パン


次回はぐうたらな終日航海日をレポートの予定です♪
(ソウルからの更新でした)

レディアンス・オブ・ザ・シーズ終日航海の怠惰な日々

(昨日ウズベキスタンから帰国しました)

2019/3/20 (7日目) 続き

船内新聞に夕食は18:00と書いてあったので18:00にレストランへ行くと、いつも通り17:30から開いていたよと言われます。船内新聞には時々間違いがあります。
18:00はちょうど日没の時間でした。窓際の席だったので、海に沈む夕日を眺めます。

クルーズ船から見るサンセット


遮るものがなく、きれいなサンセットを見ることができるのは、クルーズ旅の醍醐味のひとつです。天気や時間にもよるので、なかなか見れませんが、今日は運が良かったです。

海に沈む夕日


さて、通常のクルーズ旅ではツアーで来ても毎晩夕食のテーブルに来る人ばかりではありませんが、今回はこれまでの所全員が皆勤賞です。有料レストランの評判がよろしくないのと、ビュッフェのメニューがイマイチなのが原因のようです。

ローストビーフ、巨大なヨークシャープディングが添えられています。このお肉もかなり量があるので、完食するのは大変なのです。しかし、ツアーに参加している6組の夫婦の1組、小柄な夫婦なのですが、やたらとたくさん注文するご夫婦がいて、皆がいつも注目しています。

ローストビーフ


その夫婦は前菜は1人2皿ずつ、メインも2人で3皿以上注文し、デザートも2人で3皿以上注文します。毎日です。小柄なのに、完食するのでまたびっくりです。いくら食べても確かに無料というかクルーズ料金に含まれているのですが、毎日なので、誰も指摘しませんが本人たち以外がちょっと恥ずかしいような気がしています。

そして、このご夫婦のせいで、実は食事の時間が伸びているのです。例えば、テーブルの全員が前菜を食べ終わらないと、メインは出ません。いつも最後のデザートが終わる頃には、周りのテーブルはセカンドシーティングの準備で忙しい感じです。誰も文句は言いませんが、本人たちはマイペースで、皆を待たせていることとか全然気にしてないようです。まぁ、あまりにも気持ちよく完食されるので、見てる方もおもしろいのですが。

今日のショーはマジックです。1回目の終わりだけ見に行ったら、それほど面白そうじゃなかったので、今晩はショーはパスすることにしました。他の場所でやっている音楽などを少し聞きに行って早めに部屋へ帰ります。

クルーズ船で音楽


いつもは部屋を留守にする時間に戻ったら、もう夜なのにまだお掃除が終わっていませんでした。と言っても、今日は昼間寄港地で過ごしているので、部屋が汚れている訳ではないし、タオルが足りないこともないので、もう出かけないから、船内新聞だけ頂戴、と言って部屋に引きこもりました。疲れたので早々に休みます。

2019/3/21 (8日目)

今日は終日航海日です。7:30 朝食を食べにお気に入りになったパークカフェへと行きます。この時間にベーグルを作ってくれる中国人女性クルーは、毎日来る私の事を覚えてくれています。ビュッフェのウィンジャマーカフェは席取りも大変ですが、ここは空いてて、大海原を見ながら朝食が取れます。

朝のパークカフェ(プールサイドカフェ)


そういえば、乗客の中にも中国人が乗っています。大きな団体ではなく他の観光地のように目立つ存在ではありませんし、割とマナーのいい方が多いようです。日本人は我々以外には7人しか乗っていないので、どちらも少数派、圧倒的にオーストラリア人、次いでニュージーランド人ばかりです。

食後は、そのまま屋内プールのデッキチェアを陣取ります。今日は天気がいいですが、外は暑すぎるのです。大きな象の像が見守る大人用エリアです。

レディアンス・オブ・ザ・シーズの屋内プール


こんな感じで場所取りします。30分以上席を開けるのはマナー違反です。いったん部屋に戻って、ここでのんびりするためのグッズなどを取ってくるくらいは席を外しても大丈夫です。食事も含め、席取りのためにできるだけタンブラーを持ち歩いています。目印がないとどこだったか分かりませんしね。

屋内プールのデッキチェア


私はダラダラと過ごし、日記書いたり、パズルしたり、昼寝したりしていましたが、ダンナは屋内プールにあるジャグジーとプール、すぐ隣にある外のプールなどを行ったり来たりしていました。外もとても気持ちのいい天気です。

クルーズ日和


他の皆さんは何をしているかと言うと、添乗員さんと一緒に、イベントなどに参加したりしてクルーズ生活を楽しんでいます。屋内プールと外のプールの間にある卓球台で行われていた卓球大会にも参加されている方を見かけました。

卓球大会


それにしても今日は天気が良すぎです。海も真っ青。

大海原


プールも人気です。私は水着洗うのが面倒なので、もう泳がなくていいという結論になりました。優雅にデッキチェアでゴロゴロする一日です。

賑わうプール


11:45 じゃんけん大会とやらに参加してみました。エントリーして、指名された人と1対1で3回勝負というルールでしたが、2回戦で負けました。
その後、今日はメインレストランでランチにしました。食後にはチーズケーキまで付けてしまいましたよ。今日はどこまでも堕落した1日になりそうです。

ランチのデザートにチーズケーキをチョイス


14:30 紙飛行機大会に参加してみます。紙飛行機大会はだいたいどの船でもあるような。
あまり飛ばなかったので予選落ちしました。今後のためによく飛ぶ紙飛行機の折り方とか調べておこうかな?

午後も屋内プールのデッキチェアでグダグダと過ごします。そして、夕食の準備にウィンジャマーカフェが閉まる前に滑り込んで、ソフトクリームまで食べてしまいました。
ソフトクリームの分、お散歩してから部屋へ戻りました。

17:30 今日はフォーマルです。テーマは70年代だそうですが、フォーマルに70年代とか言われも頭に?マークが浮かぶだけです。そもそもフォーマル率低いですし。デザートはノーシュガーのチェリー・ジュビレにしてみました。

砂糖不使用デザート


さて、今日も全員参加のディナーでしたが、あのご夫妻の注文に皆が注目していました。
いつも品数が多いご夫妻、今日はなんと、1人で前菜3皿ずつ、メインも2皿ずつ、デザートも2皿・・・。段々エスカレートしてきましたよ・・・。何度もいいますが、ガタイのいい外国人でもそれぞれ1皿ずつで十分な量なのに、倍以上食べてます。通常、同じツアーだった方の顔とかすぐ忘れますが、しばらく忘れられないでしょう。

夜は歌とダンスのショーを見て、怠惰な一日が終了です。

2019/3/22 (9日目)

今日は最後の終日航海日です。今日もいい天気になりそうです。

クルーズ船から見る朝日


朝食はお気に入り、パークカフェで作ってもらったベーグルを、そのまま席取りを兼ねてプールサイドのデッキで頂きます。

プールサイドで朝食


その後はプールサイドでまったり昼寝です。とてもいい天気で、気温もちょうどいいし、どこまでもダラダラな生活が続きます。
10:30 これじゃまずいと、輪投げ大会に参加します。実は1投も入りませんでした。逆に記録的な数字です。最後に点数読み上げられたので、恥ずかしさのあまり逃げました。

輪投げ大会


次回はシドニー帰港をレポートの予定です♪

オーストラリア・シドニー帰港

2019/3/22 (9日目) 続き

11:15 セントラムで行われる、クルーによる国旗パレード、を見物しに来ました。
明日は下船なので、こうしたイベントでそろそろクルーとのお別れをする訳です。

国旗パレート


乗船客も様々な国から来ていますが、それ以上にクルーの国籍の方が多いかも知れません。だいぶ人が集まって見にくいので、途中からシースルーエレベータに乗って眺めました。

シースルーエレベーターは特等席


11:45 添乗員さんによる下船説明会、に参加です。あまり行かなかった最上階のスターダストという場所集合だったので、どうやって行くんだっけ?とうろうろ。今日も海が真っ青で、外を歩くと肌がジリジリします。この辺り、鯨とかいないのかな?

南太平洋


下船説明会では荷物に付ける下船タグを配られ、添乗員さんが日本から持ってきたお茶とお菓子が振舞われます。しかし、何回も添乗員付きツアーでクルーズに参加していますが、タグを自分で書けと言われたのは初めてです。書き方説明するより書いて渡した方が早いと思う添乗員が多いでしょうしね。

説明会という名のお茶タイムが終わったら、そのまま船尾の方へと向かいます。
オーストラリア人は、最後まで日干しに夢中です。

日焼けに勤しむ方たち


ランチ前にお菓子を食べてしまったので、今日は量の調節ができるビュッフェのウィンジャマーカフェでランチとしましょう。入口には、乗船を感謝する巨大なケーキ。ケーキとしてはあり得ない色ですね。後で見たら、誰かのリクエストでしょうか、タスマニアが消えていました。

すごい色の巨大ケーキ


ウィンジャマーカフェでお世話になったものを紹介しましょう。焼き立てピザ、数種類のピザがどんどん焼きあがります。

焼き立てピザ


グリルコーナー、ここで好みのハンバーガーを自分で作ります。
パテは厚めで食べ応えがありますよ。もちろん、ダブルでもトリプルでもお好きなように・・・。

自分の好みのハンバーガーはいかが


デザートコーナー、ケーキやクッキー、何種類もの様々なスイーツがあります。
毎日食べ放題に来ている感じですので、途中からは逆に自制心が働きます。が、隣にあるソフトクリームマシンにはつい手がでます・・・。この日は食事してたら、アイスクリームワゴンが来て鐘を鳴らすので、もらってみたら高級アイスでした。

スイーツもたくさん


14:00 シアターでマジック&ジャグリングのショーを見たので、15:45のジャグリング教室に行ってみました。そこでお手玉習います。片手で2個、両手で3個、通常のお手玉とは動かし方が違い、落としては拾いを繰り返し汗だくです。45分、いい運動になりました。

ジャグリング教室ではお手玉飛ばしまくり


17:30 最後のディナーです。今回のツアー、結局、夕食に全日全員出席となりました。
今日はメインはシュリンプリゾットにしてみました。メインダイニング、あまり外れがなく、有料レストランに行く気にはなりませんでした。

シュリンプリゾット


食後、シアターで19:00からのフェアウェルショーを遅れて見に行きます。
コメディって書いてあったので、添乗員さんからは案内がありませんでした。今日のショーは?と誰か聞いたら、どうせ分からないでしょ、という感じで言い訳がましいことを言っていました。

私たちが行ったら、ちょうどコメディは終わりかけで、出入口にオフィサーたちがスタンバイしていました。歌と踊りに続き、オフィサーやクルーが出てきてフィナーレ、これはクルーズ定番のイベントです。お世話になったクルーたちと乗客が感謝し合い最後に盛り上がるのです。

クルーたちとお別れ


フェアウェルショーが終わった後、ウィンジャマーカフェに立ち寄ってみます。今日のビュッフェのテーマはシーフードでした。もちろん私たちは既に夕食食べてますので、何が出てるか見に来ただけです。生の魚をチョイスし、ガーリックソテーにしてくれるコーナーやシュリンプカクテル山盛り取り放題とかがありました。ビュッフェも日によってテーマがあるので、メインダイニングのメニューと見比べてどちらにするか選んでもいいし、何ならハシゴしてもOKです。

シーフード調理サービス


部屋に帰ってからパッキング開始です。下船前夜に荷物を出さなくてはいけません。明日使うもの、着るもの、靴などを除外して、てきぱきと詰めます。

2019/3/23 (10日目)

5:50 アラームで起床、TVの船首カメラチャンネルを見たらもうシドニーの街が見えていました。慌てて着替えて、デッキ12へ急ぎます。
6:05 ちょうどオペラハウスの前に差しかかった所でした。日の出前なので、夜景が見れて素敵です。

早朝のシドニー帰港


オペラハウスを回り込むようにシドニー港に入ります。昼間よりもオペラハウスがきれいに見えます。

きれいに見えるオペラハウス


夜明け前のシドニーの街です。
ちなみに、写真には写せませんでしたが、南十字星らしき星がきれいに見えました。

早朝のシドニー


船は静かに接岸していきます。出港時と違い、まだ寝ている人が多いのか見物人は少なく、デッキの手摺りはガラガラです。ハーバーブリッジはライトアップはしていないのですね、歴史のある橋なのでそれでいいのだと思います。

ハーバーブリッジ脇のシドニー港に接岸中


次回は下船~ブルーマウンテンズをレポートの予定です♪
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR