FC2ブログ

マルタ・ラバト(聖パウロの地下墓地)

2018/12/20 (5日目) 続き

12:50 聖アガタの地下墓地から路地を戻った場所、道路の真向かいに聖パウロの地下墓地があります。こちらは入口が近代的な建物となっていて、観光客の受け入れ万全といった感じ、聖アガタの地下墓地とは対照的で、訪れる人の数も段違いです。

聖パウロの地下墓地のビジターセンター


5€のチケットを買って入ると、まずは展示コーナーです。
古代ローマ時代の葬列はこんな感じだった?そんな壁絵が描かれています。

聖パウロの地下墓地の展示コーナー


足元には埋葬の様子を再現した展示があります。公開されている地下墓地の部分は穴があるだけで、棺や副葬品があったことすら想像が難しいのです。

聖パウロの地下墓地の埋葬再現


建物を出て外へ行くと、地下墓地の見学口があります。ここはマルタでも最大の地下墓地と言われ、この施設内に24もの入口があります。いくつかは閉鎖されていますが、ほとんどを見ることができます。振られている番号順に見学しましょう。まずは1番から、地下への階段を降ります。

聖パウロの地下墓地への入口


1番が一番大きな地下墓地のようです。階段を降りた先に広い地下世界が広がっていて、四方に通路が伸びています。聖アガタの方と違って、鉄製の通路の上を歩きます。どこを向いてもお墓の穴だらけです。

聖パウロの地下墓地内部


狭い所は幅40㎝ほど、高さも150㎝ない所もあります。入り組んだ迷路のようになっているので、左手法で見学しました。

結構狭い通路もある聖パウロの地下墓地


一通り見学したら、番号順に地下墓地へと入ります。入る前にこのようなマップがあるので、要チェック、見学がしやすいです。これは3番の地図、黄色い部分が見学通路で、青い番号が振られている所が見所のある場所です。!マークは非常ボタンの場所です。1番以外はそれほど広くないです。

各地下墓地の地図


見所にあるのは、このような彫刻や文字や絵などが残っているものが多いです。

見所にあるもの


入口はこんな感じ、人ひとりが入っていける小さい小屋みたいなものです。
中は暗いですが、人が来ると自動で電気が点きます。中にいる時もし電気消えたらかなり怖いです。

地下墓地の入口


3番を見学した後は、いったん道路に出て、向かいにある敷地へ移動します。
時間がなければ、1番だけ見て出てもいいと思います。
向かいには6番以降の地下墓地の入口があります。こちらはユダヤ教徒の地下墓地だったようですが、素人目には何が違うのかよく分かりません。しいて言えば蓋が残ってますが・・・。

ユダヤ教徒の地下墓地


各入口にはマップの他に、規模や宗教を示す案内があります。こちらは6番、ユダヤ教、同時に入れるのは6人まで(入ってみないと何人いるか分からないけど。この時期は先客は基本的に0)、階段は9段、最も低い所が171㎝、狭い所で幅76㎝。マップを見て、見所が特になかったらパスしてもいいでしょう。

地下墓地入口の案内


何しろ20くらい見れるのですが、地下墓地はどれもあまり違いがないというか、途中で飽きてきます。人も誰もいないのでちょっと怖いですし、全部を見る必要はないかも知れません。よく見れば、各お墓は少し違いはあります。こちらは一人用でしょうか?ちょっと立派です。

立派な墓地


後は、こうした丸いテーブル状の石が見られる場所がいくつかあります。これは聖アガタの地下墓地でも見ましたが、埋葬の際に家族がここでお別れの食事をしたらしいです。

丸テーブル


13:35 一応すべての公開されている地下墓地をさらっと見学終了です。今日も暑くてしんどいと感じますが、地下にいる間は涼しいです。階段上り下りなどで結構体は疲れます。聖アガタの地下墓地にはホンモノかどうか骸骨とかありましたが、こちらはそういうのはないので、もし時間なくてどこか1つというのであれば、聖アガタの方が私はオススメかな?

14:00のバスに乗ろうかという事で、他の観光はもうやめて、バス停の方へと戻ります。

ラバトの町並み


気になっていた路地に立ちよりました。この辺りの風景がとても私好みです。

ラバトの路地


来た道を戻るだけではちょっともったいないので、あえて別の路地からバス停を目指します。やはり道路がアスファルトじゃないだけで、ぐっといい雰囲気です。

ラバトの路地


次回はマルタ旅最後のレポートです♪

マルタ・ラバト~帰国

2018/12/20 (5日目) 続き

ラバトの路地をバス停方面へと歩きます。この町も一歩中に入ると観光客の姿は消え、素敵な町並みが広がっています。

ラバトの路地


小さなかわいらしい教会もありました。ギリシャの島っぽい雰囲気もありますね。

ラバトの小さな教会


ほどなくバス停のあるひらけた広場に出ます。バス停はいくつかに分かれていて、行先によって場所が違います。

ラバトのバスターミナルがある広場


来たのと同じ202で帰ろうとそのバス停に向かいます。まだ10分前ですが、もう何人か待っていますね。その中に、来る時一緒だった日系ブラジル人の女の子がいました。

ラバトのバス停


しかし、14:00過ぎてもバスが来る気配がありません。TD14というバスが毎時30分発、ヴァレッタ方面を経由するのであればもっと本数がありますが、しばらくは遅れていると思われる202のバスを待ちましょうか。マルタのバスは遅れることで結構有名みたいです。

14:10を過ぎた頃、日系ブラジル人の子が、もう今日の授業に間に合わないから、諦めてもう少し観光して帰るね、と言って町へ消えて行きました。その後しばらくしてバスが来ました。

14:17 結局17分遅れでバスが出発します。往路と少し違う経路みたいですが、モスタは通ります。奇跡の教会、下から見上げると、やはり巨大なドームの屋根はほとんど見えません。

モスタの教会


15:05 Rossのバス停に到着です。観光の予定はこれで無事に終わったので、ガイドブックで印象的な写真が掲載されていたマリーナ・レストランへやってきました。
湾をホテルやレストランが囲む高級リゾート感満載の場所です。停まっているクルーザーもとても高そうなものばかりです。

マリーナ・レストラン


このマリーナ・レストランには何軒かのレストランが段状に並んでいます。
そのうちのマリーナ・テラスで休憩します。この時期、この時間なので、先客は1,2組しかいません。

マリーナ・テラス


テラス席で、湾のきれいな景色を眺めながら軽食タイムです。今日もランチ抜きでしたからね。マルタ風ピザとビール、ピザはもちもち、ドライトマトの酸味もよくとてもおいしかったです。結構大きいんですが、2人で平らげました。チップ込みでも20€くらいかな?旅ともさんがおごってくれました。いつもありがとう~。

ピザとビールで旅を総括


後ろから声をかけられたので振り返ると猫が私をガン見しています。好みの顔じゃなかったので相手しなかったら、視線を外さないので、写真一枚撮ったらやっと納得したようでした。

写真撮るまで断固として視線外さない猫


16:00 このマリーナ・テラスを出て、ホテルへ戻ります。途中で、お土産屋を何軒か覗きましたが特に興味をそそられませんでした。
セントジョージ湾の所で添乗員ご一行に出会いました。なんと20数人いたので、ちょっとびっくりしました。連れて行ってもらいたいけど、OPは高いから申し込まなかったという人がこんなにいたんですね。

ホテルに帰り、荷物を引き取って、詰め替えや着替えなどをします。
17:00集合の予定でしたが、全員が早めに帰ってきていたので、5分以上前にバスでホテルを出発です。お手軽料金だったし、また気軽に来たいです。

コリンシアホテル出発


17:20 マルタ空港に到着です。
既にチェックインカウンターは開いていたので、私たちは優先カウンターでチェックインしました。グループの人数多いからその方が全体が早く終わりますしね。

マルタ空港


ラウンジインヴィテーションも出たので、先に行きますね、と添乗員に断りを入れてラウンジへ向かいます。マルタの空港には、ターキッシュエアラインズはもちろんのこと、スターアライアンスのラウンジもないようで、提携ラウンジの利用です。

マルタ空港の提携ラウンジ


航空会社のラウンジではない提携ラウンジはフード類がイマイチな所が多いのですが、ローカルフードなどもいろいろありました。でもさっき大きなピザ食べたばかりで何も食べられません。後で添乗員も来ましたが、顔を洗って湿布を貼っていた私に気付き、どうしました?と声かけられてしまいました。2日前に一人で道路に顔から突っ込みましたけど、大丈夫です、自由行動中ですし。きっぱり言い、それ以上の面倒な会話を防ぎました。

マルタ空港の提携ラウンジのミールコーナー


19:15頃出国の列に並びますが、既に長蛇の列になっていました。なかなか進まず、並んでいるうちにファイナルコールになります。でも、並んでいる人は全員同じ便に乗る人なので焦る必要はありません。この空港は沖止めなので、バス移動です。

20:10発のTK-1372便にてイスタンブールへ移動します。
機材はB737-900、座席配列はABC-DEFの3-3配列、最前列に座った私たちの隣には日本語話せる中国人が来ました。乗ったけど、遅延で飛行機が動かず周りの中国人たちがイライラし始めます。しかし聞けば彼らが乗り継ぐ北京行は私たちの便より5分早いだけでした。

20:50 やっと飛行機が動き出し、皆一安心です。
安定飛行に入ると機内食が出ます。チキンのトマト系ソース、ライスにもよく合い結構おいしいです。パンも温かいです。デザートはコーヒームース、味見だけするつもりが結構なカロリー摂取になってしまいました。

ターキッシュエアラインズ・マルタ→イスタンブールの機内食


2018/12/21 (6日目)

00:30着の予定が1:10着陸です。
1:20にはバスに乗り、セキュリティのない口から1:30にはゲートに着くという早さでした。02:00の便ですが、まだ搭乗が始まっていませんでした。

2:00 TK-52便、成田行にて帰国です。機材はA330-300、シート配列は2-4-2、ほぼ満席です。2:30ごろ動き出し2:45離陸、フライト時間は約11時間です。

離陸後の機内食はチキンのカフェ・ド・パリソース添えというのを選んでみました。実際はチキンバターカレーみたいな感じです。もうひとつのチョイスはパスタでした。

ターキッシュエアラインズ・イスタンブール→成田の機内食1回目


私はターキッシュエアラインズの上級会員なので、Wi-Fiも無料で無制限に使用できます。これは嬉しい特典ですね。眠れないので、映画を何本か見て時間が過ぎるのを待ちます。
到着2時間半前に点灯するまで機内は暗いです。

到着2時間前くらいに機内食2回目、ナスの煮込み料理かパスタでした。私はこのリガトーニが結構好きなのでこちらを選択、結構いけます。あれ?1回目もリガトーニの選択肢があったので、失敗すると2連続で同じようなものを食べる派目になりかねませんね・・・。

ターキッシュエアラインズ・イスタンブール→成田の機内食2回目


19:45 成田空港着陸です。
今回は怪我しましたが、いい湿布を持っていた旅ともさんに助けられ、前のようなひどいお岩さんにならずに済みました。けれど、気付かなかった腕とか足に後からアザができました。痛みが強くなかった部分は湿布貼っていなかったので、逆に完治に時間かかりました。今度から湿布は必携品として私の持ち物リストに加わりました。

冬のマルタ、観光客も少なく、観光するには気候がちょうどよく、そして何よりお値段がぐっと安くなるのでオススメです。私もまた行こうと思います。

これでマルタ旅の旅レポートはおしまいです。いつも最後まで見て下さり感謝です!

カンタス航空・エコノミークラス~オーストラリア・シドニー

今回から3月に行ったニューカレドニアクルーズの旅レポートスタートです。
ダンナと2人で、クラブツーリズムの添乗員付きツアー「ニューカレドニア・バヌアツクルーズ11日間」を利用、費用は、諸税および船内チップも含めて1人35万円強(現地お小遣い除く)です。12PAX。

今回の旅はオーストラリアのシドニー発着のクルーズですのでビザが必要です。と言っても電子渡航許可ETASを取得するだけです。ちょっと調べたら直接オーストラリア政府の公式サイトで取ると手数料が20オーストラリアドル、旅行会社から案内されたテレキュートという代行申請会社だと、キャンペーン中で540円という事が分かりました。代行の方が安くあがるというのも珍しい話です。

早速テレキュートさんのサイトで申請を依頼しますが、私の場合、旧姓併記パスポートというビザ取得時に国ごとによって対応が異なるパスポートを持っているので、その旨備考欄に書いたところ、ちゃんと大使館に確認してくださって速やかにETAS取得ができました。

2019/3/14 (1日目)

旅立つ前に、不安を解消するために病院へ行きます。ずっと体調不良が続き、ひとつは花粉症ですから渡航することによってむしろよくなりますが、いくつか緊急ではないけど懸念事項がありました。体にデキモノなどができていたので、皮膚科を受診、いくつかはヘルペス、いくつかはおできのようなものでした。どうも免疫力が弱っているようです。
旅には心配は要らないようなので、安心して出かけることにしました。

18:40 羽田空港に到着、旅行会社の受付とチェックインを済ませます。
USドルとクレジットカードがあればいいだろうと思っていたのですが、添乗員さんがオーストラリアドルを持っていた方がいいと強めに言うので、5千円だけ両替をしました(レートは88.23)。羽田空港のレートはどこも良くありません。(なお、今回はオーストラリアドルの現金がなくて困ることは結局ありませんでした。)

搭乗まで時間があるのですが、今回はカンタス航空の利用で、ワンワールドはステータスを持っていないのでラウンジの利用もできません。久しぶりの国際線ターミナルなので、一通り歩いて周ります。一足早く桜の展示がされていてきれいです。

羽田空港国際線ターミナル


いつも旅の初めはANAラウンジでANAカレーを食べるのが一種のルーティーンとなっているので、混んでいるおいしそうなレストランを通り越し、吉野家へやってきました。
ANAカレーの代わりに牛カレーです。

旅立ちの前のカレー


そして旅立ちは日本橋から、ということでこの橋をわざわざ渡ります。

旅立ちの前に日本橋


デッキから飛行機見たりも・・・。夜の空港なかなかこの雰囲気もいいですね。

夜の羽田空港


羽田空港も出国は顔認証、頼まないと出国スタンプはくれません。私は記録のためにも、何かあった際の渡航証明のためにも必ず出入国のスタンプはもらうようにしています。

21:00 ゲート前集合でツアーの顔合わせです。今回は6組12名、すべて夫婦参加で、1組は見た目未成年と思う程の若い新婚カップルで、間に私たち、後はシニア夫婦でした。
クルーズの旅はツアーと言っても、全員で行動することはほとんどないので、どうでもいいのですが、人数少ない方が動きやすいので楽です。

22:00 QF-26便でシドニーへ向かいます。写真は到着時のものです。
機材はB747-400、つまりジャンボです。今となってはなかなか乗る機会がありません。
エコノミーは43~75列、シート配列はABC-DEFG-HJKの3-4-3配列です。

カンタス航空のジャンボ


フライト時間は8:50、他の航空会社に比べ、いろいろ細かいです。小さなポシェットなども膝にかかえることは許されず、座席下へ入れてとか、PCもシート前ポケットに入れたらカバンにしまってとか、そして注意した事を守ったか確認にも周ってきます。

シートはピッチは狭さは感じず、個人用モニターのサイズはまぁまぁ、USBは肘置きにあります。ジャンボなのに、修学旅行か何かの学生がいっぱい乗っていて満席です。
ヘッドフォンは壊れやすいです。飛んだらまず、水ボトルと入国書類が配布されます。

メニューは日本語あり、日本人CAも一応乗っていて、日本語アナウンスも入りますが、一度も姿は見かけませんでした。

深夜便ですが、離陸後の機内食もあります。3チョイスで、寿司盛り合わせ、イタリア風野菜のスパゲティトマトハーブソース、鶏の照り焼きとご飯でした。
こちらはスパゲティです。残念ながらおいしいとは言えません。カレー食べておいて良かったと思ったくらいです。ちなみにトレーが小さすぎて、乗らないものとかテーブルから落ちそうで食事するのも大変です。

カンタス航空羽田→シドニーの機内食1回目スパゲティ


こちらは寿司盛り合わせ。こちらもスーパーの寿司の方がマシといった感じです。
頭痛するのでロキソニンを飲みます。これは旅の前からで、さらにジャンボの気圧は苦手なので、飲まないと耐えられそうにありません。

カンタス航空羽田→シドニーの機内食1回目寿司


機内は寒くはなく、上着も毛布もいらないくらいでした。映画は日本語があるのは半分くらい。オーストラリアは時差もないし、近い国というイメージですが、9時間近くは結構な距離です。フライト中程で誰かが機内で倒れました。ドクターコールがなかったので、大事ではないのでしょう。

カンタス航空羽田→シドニーの個人用モニターのルートマップ


最後尾の棚にスナックなどが置かれていますが、暗いし、あまりにきれいに並んでいるので、勝手に取っていっていいと思う人が少なく、往路の飛行機では結構余っていました。
オーストラリアのお土産の代名詞みたいなTimTamがすごい数並んでいます。

最後尾にTImTamなどが置かれている棚


2019/3/15 (2日目)

到着1時間半前に点灯、やがて機内食の2回目が配られます。
フルーツ盛り合わせとマフィンの朝食、もはやトレーもありません。
トレーがないと、ちょっと揺れたりするだけで、いろんなものがテーブルを滑り、複数のものを手で押さえるのは大変です。片付けるまで席を立つのも難しいですし、テーブルに淵がないので、やはりトレーは必要なものなのですね。

カンタス航空羽田→シドニーの機内食2回目フルーツとマフィン


後方座席だったせいもあり、かなり揺れ、またジャンボは音もうるさく全く眠れないフライトとなりました。

9:20 シドニー空港に着陸です。
9:50 降機すると、到着の案内で歩いている間にパスポート読み取り機が何か所かにあります。手前の方ほど空いている印象です。その読み取り機で読み取りをして出てきた紙をもって、先まで進み、最後の所で顔写真の撮影があります。

その後ターンテーブルで荷物を引き取ったら、税関です。
オーストラリアは食品の持ち込みが厳しいので、たとえ飴持っているだけでもきちんと申告することをオススメします。食品と薬にチェックしてたので、有人の列へ回されますが、係官は片言の日本語で、何持っているか聞いてきて、「お菓子?ばいばいさよなら。」という感じでスーツケースとかあけずに済みました。

税関出たところで日本人ガイドとミートし、10:50 バスで空港を出発します。

シドニー空港


11:15 オペラハウスの近くで下車します。シドニーは雨と言われて飛行機降りましたが、雨は止んでいるようです。

オペラハウス手前の公園


少し歩いてオペラハウスへ向かいます。オペラハウスより前に、さっそく今日我々が乗る船とハーバーブリッジが見えてきました。

レディアンスオブザシーとハーバーブリッジ


そしてすぐに右手にオペラハウスが現れます。あれ?オペラハウスってこんな形だっけ?
見る角度によって全然違った形に見える、それがオペラハウスなのですが、オーストラリア初訪問の私はそんなことも知らなかったので、ちょっと驚きです。

シドニーオペラハウス


オペラハウスの内部の見学はできないというかツアーに含まれていないので、お土産屋まで案内されて、30分のフリータイム、各自バスに戻ってね、という事になりました。

オペラハウス内にあるお土産屋


次回はオペラハウス周辺をレポートの予定です♪
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR