FC2ブログ

ギリシャ・デルフィ遺跡(アポロンの聖域)

2018/12/09 (4日目) 続き

10:05 博物館から200mほど東に歩き遺跡見学へ向かいます。フェンスの左手はアポロンの聖域です。

デルフィ博物館から遺跡へ


遺跡の入口です。以前夏に来た事があるので、今朝の暑さから想像して上着はバスに置いて、日傘とストックを持ってきました。山の斜面なので、階段や坂が多いし、遺跡というのは日陰が少ないのです。もちろん売店などもないので、水(夏ならスポーツドリンク)も必携です。

デルフィ遺跡入口


ここにも可愛い猫ちゃんが待っていました。まだ子猫かな?

デルフィ遺跡の子猫


アポロンの聖域を見学します。古代にもギリシャ中から巡礼に人が訪れた場所です。その当時の道がそのまま見学路になっています。

アポロンの聖域


まずはローマ時代のアゴラ、要するにこの辺りは広場で、この柱の辺りでは巡礼者に必要なものが売られていたと思われます。

デルフィのアゴラ


そして緩やかな坂を上がります。左右には宝庫があったとされ、礎石などが残ります。
そして最初のコーナーの辺りに、世界のへその石があります。博物館で見た方が発掘されたものなので、これはレプリカみたいなものでしょう。

遺跡にあるへその石


その上にあるのが、アテネ人の宝庫と呼ばれる建物、これだけ復元されています。

復元された宝庫


気付くと、一匹の犬が付いてきています。この遺跡に住みついている犬猫が結構いるようです。

犬を引き連れて見学


蛇の柱があります。どこかで見たような?そうイスタンブールのブルーモスク前ヒポドゥロームにある蛇の柱と同じです。実はイスタンブールにあるあの柱、元はここにあったそうです。イスタンブールにあるのが本物で、こちらにはレプリカが置かれています。

蛇の柱


そして遺跡の真ん中あたりに大きな柱が残っているのが、アポロン神殿の跡です。
ここの地下で、巫女が神託を聞いたそうです。

デルフィのアポロン神殿


少し上まで行ってから見下ろしたアポロン神殿跡です。現在見られる跡は3代目のもので、紀元前4世紀頃のものです。最初の神殿は紀元前8世紀、次は紀元前6世紀だそうです。こんな山の上までそんな大昔にどこから石とか持ってきたのでしょうね。

アポロン神殿


そしてアポロン神殿の上方にあるのがこちらの古代劇場です。以前に来た時は、劇場の上まで上がれましたが、今は上がれなくなっていました。

デルフィの古代劇場


ここでガイドさんの説明はおしまい。あとは、フリータイムとなりました。
劇場のさらに上の方にあるスタジアムまで行ってみようと思っていましたが、雨で土砂崩れがあったらしく、スタジアムに行く道は閉鎖されていました。

スタジアムへ上がる道


11:45に博物館前に集合とのこと、スタジアムまで行けないので、代わりに近くの泉跡に行ってはどうかと添乗員さんはアドバイスしてくれます。ということで、劇場から各自のペースで遺跡を下ります。母にストックを貸しました。坂が多いので、ストックがあると楽です。劇場の辺りからは遺跡一体が見渡せますが、さらに下の方にある競技場跡が見えます。

古代劇場から見た下の方にある競技場跡


さらに右の方に何かが見えたのでズームで確認、アテナ・プロナイアの神域です。
最近のコンデジは目に見えないものまで見せてくれます。

アテナ・プロナイアの神域


この遺跡、夏に来た時は人がいっぱいだったし、暑くて坂登るのも大変でしたが、冬は空いていていいですね。しかも天気がいいので、12月と言っても上着が要らないくらい温かく、遺跡中心の旅ならギリシャも冬来るのは結構オススメです。

デルフィの遺跡


にゃー、声がする方を見ると、小さな猫が泣いていました。
かわいいのか怖いのか微妙な顔をしています。ギリシャの観光地はこんなに猫いたっけ?そう思うくらいどこ行っても猫がいますね。

遺跡の猫ちゃん


次回はデルフィの残りの滞在をレポートします♪

ギリシャ・デルフィ遺跡(カスタリアの泉とアテナプロナイアの神域)

2018/12/09 (4日目) 続き

11:00 フリータイムは後45分あります。添乗員さんが言っていたカスタリアの泉、に他の皆さんと連れ立って足を運びます。遺跡入口を出てさらに東へ向かいますが、途中では、競技場跡が見えます。遺跡の上のスタジアムで行われるオリンピックのような競技会の練習場だっだようです。

デルフィの競技場跡


100mくらい歩いた所、道端に泉っぽいのが現れました。いやいや、これではないでしょう。

カスタリアの泉の手前にある泉


少し先に泉というより、小さなダムみたいなものがありました。観光用の説明版があったので、こちらが正解です。古代の巡礼者たちは、アポロンの聖域に入る前にここで身を清めたのでしょう。銭湯のような光景が目に浮かびます。

カスタリアの泉


まだたっぷり時間があるので、先ほど遺跡から見えた柱があるアテナ・プロナイアの神域まで行ってみようとさらに道を進みます。なだらかな下り坂です。
母と何人か付いてくるようなので、早めに行って先に様子を見ようと足を速めます。

カスタリアの泉からアテナ・プロナイアの神域への道


しかし、途中で振り返ると、他の方たちは遠そう?時間足りない?と断念したようです。姿が見えませんでした。道からは、先ほど訪れたデルフィの遺跡、アポロンの聖域が見えます。写真中央部分あたりです。

道路からデルフィ遺跡全景が見える


ズームしたらアポロン神殿の柱や古代劇場がちゃんと見えます。遠くから見る遺跡も素敵です。私は、見た目遠そうに見えても、歩いたらあそこまでそんなにないと分かっていますが、歳取るとその距離は数倍に感じるのかも知れません。

遠くから見たアポロンの聖域


カスタリアの泉から300mくらい下った所に、アテナ・プロナイアの神域の看板がありました。道路から遺跡が見えないので、少し脇へ下ると遺跡が見渡せるスポットがありました。

アテナ・プロナイアの神域


時計を見たらまだ11:10過ぎです。まだ時間があるので、遺跡に下りてみます。ここは特に入場ゲートとかチケット売り場などもない無人の遺跡です。遺跡まで坂を下って行ったら、遺跡にも人は誰もいません。ちょっと不気味な感じで、天気がいいのが救いです。

アテナ・プロナイアの神域


古代劇場からズームで見た柱は円形の神殿の一部です。

円形神殿跡


彫刻などはあまり残っていません。初めて見るような気持ちでしたが、このブログを検索したら過去にも来ていました。結構覚えていないものです。

円形神殿の柱の上


天気もよく、とてもきれいな景色です。円形神殿(トロス)の上の奥にはアポロンの聖域の遺跡の全景が見えています。しかし、人がいないため静まり返っていて、なんだか過去に連れ去られそうなイメージで孤独感が増してきました。帰ってこないと心配されているかも知れないので、そろそろ戻りましょう。

アテナ・プロナイアの神域


来た道を帰ります。帰りは少々坂道です。前から来た外国人に、神殿の遺跡はこっちであっている?と聞かれたので、あと2,3分行ったら右にあると教えました。あと300mとか書いておいてくれれば皆安心して行けるのに、そう思います。

ゆっくり戻っても、集合時間10分前には博物館に戻ってこれました。皆はのんびり座って歓談しながら時間を潰しています。とても優雅なグループです。
側では猫ちゃんも気持ちよさそうに日向で寝ていました。

デルフィ遺跡の猫


11:45 バスに乗るころには、遺跡の前にいくつかの団体が現れました。子どもの遠足ぽい団体や、アテネから日帰りで来た観光客たちです。今日は天気もよく気温もほどほど、遺跡見学には絶好の日でしょう。バスに200~300mだけ乗り、町の端で降ります。バス乗る必要あったかな?乗ったと思ったら降りる感じで慌ただしいです。

デルフィのメインストリート


メインストリートを歩き、レストランまで歩きます。私と母以外は町を歩いていないので、皆ちょっと楽しそうにお土産屋などに目がいっています。私は猫ちゃんが出てくる度に写真を撮るようになってしまいました。

デルフィの町猫


11:50 こちらのEPIKOUROSというギリシャ料理店でランチです。

ギリシャ料理のレストラン


他にお客さんもなく、窓際のテーブルで頂きます。大パノラマです。

パノラマが売りの店


1皿目はチーズの焼いたの。メインはビーフです。大量のオクラと共によく煮込んであり、とてもおいしいです。ギリシャ料理はそんなにおいしいものがあるわけではないのですが、今回の旅で初めておいしいものに出会いました。ちなみにデザートは甘酸っぱいソースのかかったプリンでした。

煮込み料理


食後はバスのピックアップポイントまで西に歩きますが、何人かが途中のお土産屋に吸い込まれ添乗員さんが慌てて探しに行きました。閑散期のため通りかかった客に全品半額などと言って熱心にセールスするのです。それに今まで買い物するチャンスもなかったので、ついつい足を止めたのですね。少人数だし普段は添乗員さんもお客さんのペースに合わせていますが、小さな町で大型観光バスは駐停車禁止のようです。

13:20 デルフィを出発です。

次回はオリンピアをレポートの予定です♪

ギリシャ・デルフィ~オリンピア

2018/12/09 (4日目) 続き

13:20 デルフィを出たバスはコリンティアコス湾まで下ると、湾沿いの道路を走ります。
見えている山の中腹がデルフィかな?今回のツアーは午前中観光してランチしたら午後は移動、の毎日なので、バスの中はお昼寝タイムです。

コリンティアコス湾とデルフィ


14:50 リオン・アンティリオン橋の手前でトイレストップに立ち寄ります。
高級菓子店が休憩所を兼ねているようですが、量り売りチョコレートやアイスクリーム、ケーキなど高級感があるけど値段は安めです。立派なマロングラッセが1つ50セントとかです。

15:15 再びバス移動です。リオン・アンティリオン橋を渡ります。この橋、2㎞以上あり、かつては船で渡るしかなかった交通の便を一変させました。しかし、通行料が65€もします。雲が多くなってきました。

リオン・アンティリオン橋


橋のおかげでギリシャ南部へあっという間に行けます。見えているのはエーゲ海ではなくイオニア海です。

イオニア海


17:00 オリンピアのホテル、
ベストウェスタンヨーロッパに到着です。
猫ちゃんが待ち構えていました。後からもう1匹来ました。

ベストウェスタンヨーロッパの前では猫が待ってる


本館は改修工事中でお湯が使えないので、隣の別館に宿泊です。
しかしチェックインの際に、添乗員さんが何やらフロントの方ともめています。聞き耳を立てると、どうやら今日の夕食もビュッフェではなく、セットメニューなのだが、そこで皆に不人気のチーズパイが出るという事で、チーズパイは2日連続出てもう皆食べたくない!出しても誰も食べない、なんとかして!という事のようです。

チーズパイの件は添乗員さんがこの後シェフに直談判に行くとなったようです。
部屋に行くと私たちの部屋は問題なかったですが、他はいろいろあったようです。
冷蔵庫に水2本あり。

ベストウェスタンヨーロッパの部屋


部屋に段差があるタイプ、広めのソファにモノを置いてもなお座るスペースがあります。
フラットな部屋もあったようです。

ベストウェスタンヨーロッパの部屋


そして、バルコニーからはプールと本館が見えます。他の部屋は目の前が本館の工事中で音や匂いがひどいとクレームが出たようです。

ベストウェスタンヨーロッパの部屋からの景色


荷物を置いたらいつも通り散策へ出かけようとしたら、ご夫婦参加の一組が一緒に行くと同行することになりました。猫ちゃんが見送ってくれます(何か欲しいだけですが)。

猫ちゃんはすぐ寄ってくる


しかし地図もろくに見ず、ガイドブックも持たず出たのは失敗でした。丘の上のホテルなのですが、町に下りる道が分からず、安全のためバスで登ってきた道を下ります。
ほとんど灯りもなく、坂道なので帰りのことが気になります。

オリンピアの町へ下る


後で地図を見たら、わざわざ町の反対の端に出る道を下ったようです。教会の所にたどり着きました。結構な距離歩きました。

オリンピアの教会


ここからメインストリートが伸びています。オリンピアに来るのも2度目ですが、思い出の中の印象とだいぶ違います。小さな廃れた町?メインストリートなのに灯りも少なく、ほとんど人が歩いていません。夏は観光客で賑わっているのです。

オリンピアのメインストリート


小さなスーパーで、ローカルのワインを購入しました。一緒に行ったご夫婦も購入、後で部屋で飲んでみようといいます。ギリシャのワインをお土産に持って帰るに値するかを試すのをオススメしたのです。それにしても18:00前なのにまるで深夜のような静まり返った町です。

オリンピアの暗い町並み


繁忙期は観光客がいっぱいの町、夜のレストランも人でいっぱいのはずですが、まるで町ごと停電かのような暗さです。ここはオリンピック発祥の地、ギリシャでも有数の観光地ですが、冬場はこんなに人が少ないのですね。

レストランも営業してないオリンピアの冬


メインストリートの終わりの方まで歩くと、スーパーとこじゃれたお店が開いていました。ここで、ホテルまでの帰り道を聞くと、やはりこの先を右上に上がればいいようです。
この店で、ご一緒した奥様が買い物をされ、ホテル帰るならタクシー呼ぼうか?と店の人が言ってくれたので、頼むことにしました。

オリンピアのメインストリート


私一人だったら、タクシー使ったら負けみたいな気分なので、意地でも暗い坂を歩いたかも知れません。タクシーは意外にもすぐに来ました。お店の方の知人だったようです。
ホテルまで5€で行ってくれました。

18:15 ホテルに戻ります。帰りは暗かったし、坂も急だったのでタクシーは正解でした。そもそも、このホテルに泊まって町にちょっと散歩という発想が間違いだったかも知れません。地図上は大した距離ありませんが、丘の上なのです。
夕食まで時間があるので、シャワーを浴びてゆっくりします。

19:00 ホテルの本館で夕食です。
グラスを割ったり、スープのスプーンがなかったりとトラブルが続きます。そして、ワインをボトルで頼んだ方がいたのに、オープナーがないようです。先ほど部屋飲みすると言っていたので私が貸そうと持ってきていたワインオープナーを借りていい?とか言い出す始末です。

さて、添乗員さんの交渉の結果、私たちはチーズパイとチキンを食べずに済みました。
骨付きポークとベーコン入りトマトスパゲティです。これ、そうは見えないかも知れませんが、皿が巨大でものすごい量があります。

交渉の結果の夕食


到底食べ切らないので、端の方は猫ちゃん用に持って帰りました。添乗員さんは、皆が残した大量のポークとスパゲティを回収し、明日オリンピア遺跡にいる犬猫にあげるように加工していました。

2018/12/10 (5日目)

朝起きたら雨がかなり降っています。
小降りの時を狙って7:00過ぎに朝食を食べに本館に走ります。ギリシャの朝食にもだいぶ慣れてきました。ヨーグルトは毎日欠かせません。それにしても、外は台風かと思うような雨風が叩きつけます。

ギリシャの朝食


今日は天気も悪いし、町も坂の遥か下なので朝のお散歩はなしです。9:00の出発時間まで部屋でまったりします。先ほどの雨が一瞬だけ止みました。しかし天候は不安定です。
今日も午前中遺跡の見学、午後移動、何とか午前中の天気回復してくれないかな・・・。

冬は天気も変わりやすいギリシャ


次回はオリンピア遺跡をレポートします♪
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR